タイル洗い、撃沈、、

お世話になっている建築屋さんの社長からお電話があり、お客さんのお宅の玄関タイルを洗って欲しいとのご依頼でした。

最近フランチャイズで独立を目指す方々に人気のあるコーティング専門の業者さんが施工したが、全く汚れが落とせなかったとの事だそうです。

DSC_1890.jpg 

DSC_1891.jpg

コーティング業者さんの施工後でこの状態です。

ツルツルのタイルなら簡単なんですけど、イメージは御影のバーナー仕上げみたいなタイルでザラザラで穴が多い、そして水をすごく吸い込むタイプです。築年数的にも元々はもう少し艶やかだったんでしょうけど、様々なことがあって表面が削れたりなんだりかんだり色々なんでしょうか?

すごく苦戦しました。そして結果は微妙でした。。。情けない。もっと勉強して練習しなけりゃいけないな~と痛感でした。

酸性洗剤7種類使ったけど、若干薄くなる程度。アルカリ洗剤は5種類使ったけど微動だにせず。フッ化も使ったけど、ピクリともせず。ダイヤのパッドや、極線君も使うも微妙。過酸化水素や次亜塩素で漂白を試みるも何も変わらず。。。

こりゃコーティング屋さんが何も出来なかったのも心中お察しいたしますという感じです。

あの手この手で頑張った結果がこちら。

DSC_1893.jpg 

DSC_1895.jpg

DSC_1896.jpg

まーまー良くはなったけど僕のイメージではもっともっと真っ白になるはずでした。撃沈です。
建築屋さんは「ずいぶん良くなった」、このお家の奥さんは「すごく白くなった」とは言ってくれましたが、まだまだいけると思うんです。。。

僕もコーティングは出来ますけど、コーティング屋さんの面子もありますから、コーティングはコーティング屋さんが行うそうです。
まーいいと思います。

しかし自分の勉強不足にがっかりでした。11月は東京に行って勉強しなおしてきます。ガックシ。。

謎の異臭がする

お昼くらいに「テナントビルの入居者から異臭がするとクレームがあったので、対応して欲しい」とご依頼を頂きました。

古めのテナントビルで4階建てです。

現場に着くと確かに臭い。。

担当者は汚物の臭いじゃないか?と言ってました。確かにそういわれればそんな気もするけど、なんか違うかな?と思い、あちこち調査しました。

ビルの雨水の排水管から水漏れ箇所がありました、でも臭くない。
天井に雨漏り跡があり、そこはなんか臭い。。

雨水の排水も漏れているけど、もしかして雑排水がどこかで漏れているのか?
それか雨水が天井裏にたまり、バイオフィルムみたいなネバネバ汚れになり臭いを出しているのか?

原因ははっきりしませんでしたが、とりあえずテナントの方が不自由なので、においの応急処置をするために、臭い箇所をBeクリーン独自の臭気シールド工法のパターン4番で施工。臭いを一時的に塞ぎます。
それで消臭剤を散布。最新のプロバイオティクス工法で仕上げの消臭。数時間後に再度臭気調査に行き、臭いが無いことを確認。で終了でした。

今日もテナント入居者や管理会社が確認してくれましたが、臭いはないとのことでした。

良かった良かった。

こういう原因不明の臭いが出ているときには臭気判定士の資格があるとか、僕が使っているものよりもハイグレードの臭気測定器があればいいんでしょうけど、どちらも僕は保有していません。

それでも施工現場数や相談件数は相当多い自信はあるので、掃除屋さんの勘で調査です(笑)
一応僕だって建築物環境衛生管理技術者(通称ビル管)の資格は持ってますから、ビルに関しては建物の構造から、水、空気、光、環境、全てにおいて国が認めてくれたプロという扱いにはなっています!すごいでしょ(笑)

僕の友人の札幌にあるリライブルという特殊清掃とか消臭の専門会社の鈴木社長も言ってましたが、北海道でも特に道東は臭いに対応できる業者さんや特殊清掃などのしっかりした業者さんは皆無に等しいと思います。
僕も根室で消臭をしたり、斜里で消臭をしたり、帯広で相談を受けたりとか、道東の人が旭川や札幌の業者さんに相談しなければ解決しないのが現状です。

僕も鈴木さんも人はいいですけど(自分で言うなよって(笑))やっぱり商売ですから、遠くだと出張費とかあれこれ余計な経費は必ずかかります。

それでもよければ僕たちは行きますが。。。

ノーワックス床の管理

DSC_1879.jpg

DSC_1881.jpg

ノーワックスフローリングにワックスを塗ってしまうとこういう風に剥がれてくることがよくあります。

偉そうに書いていますが、このワックスを塗ったのは僕なんです。。

事情がありまして、この分譲マンションをリフォームした際に、業者さんがノーワックスフローリングにボンドを沢山つけてしまいました。靴の裏にもボンドが付いていたようで、靴の足跡の形でボンドが沢山付いており、一部はボンドの溶剤分で工場出荷時のフロアのコーティングも溶けている状態でした。

こうなってくると僕たち清掃業者は太刀打ちできません。だってあるはずのものがなくなっているんだもん、掃除で云々とかの次元じゃないんです、、

建築屋さんに相談され、いくつかご提案させていただき、ワックスを塗ることになりました。「絶対密着する保障は出来ないし、剥がれるほうが確率高い、できれば塗りたくない」と何度も何度も念を押し、掃除屋さんの間では有名なこういう床対応の密着なんちゃらみたいなワックスを塗りました。

で、写真の通り密着なんてしないんです(笑)

予算の兼ね合いもありますから、引渡清掃で塗るサービスワックスは程度がしれています。
きちんと密着させたいなら、下地からきちんと作って施工が必要ですから、それなりにお金が掛かります。

その辺は僕は割り切ってますから、お金が発生しなければ、デメリットはしつこいくらい伝えているわけだし、それなりの施工で終了させます。

結局は入居者さんが自己負担でワックスを剥離することになりました。7月から待って頂いてやっと今日の作業になったのは申し訳ありません。。


こんな感じで剥がれました。

DSC_1882.jpg 

DSC_1886.jpg

サービスワックスしか塗ってないので、塗膜が薄いです。剥離剤を使うとこの手のフロアはすぐに痛みます。剥離用のパッドを使っても線傷が無数に付き、床が汚くなります。

その辺を考えて、僕の剥離剤を使わない剥離と洗浄である程度の光沢を上げる施工で対応です。ワックスは剥がれたけど、ある程度のツヤは出ています。

DSCPDC_0003_BURST20170913105357937_COVER.jpg

DSCPDC_0003_BURST20170913105439276_COVER.jpg

こんな感じでポリッシャーと手作業を使い分けて作業します。もちろんめくれや剥がれはありません。
お客さんにも納得して頂き作業終了でした。

3LDKの立派なマンションで作業時間は3時間。なかなか優秀だと思います。荷物の移動に手間取りましたが、Beクリーンの社員さんやパートさんは力持ちが多いので助かりました(笑)

北海道 タバコの臭い消臭

北海道で消臭、脱臭といえばBeクリーンと言われる様に日々頑張っているわけですが、旭川の消臭のシェアの何パーセントを獲得できているか?微妙なところです。
僕としては41.7%のシェアを獲得できればと考えていますが、もう少し努力が必要だと思います。

そんな中今日は貴重な新規の法人のお客さんからのご依頼です。正直利益なんてどうでもいいです(笑)結果に納得してくれて、次回に繋がるなら初回作業は利益が出ないどころか赤字でも長期的に見れば利益が出ると思います。

それに、市場の2%の人が消臭に注目してくれるなら、それはゆくゆくの41.7%に繋がる可能性が限りなく高くなると考えています。そんなこんなで現状1%しかいないかもしれない注目客を2%に増やすために頑張ります。

DSC_1867.jpg 

僕の言ってるパーセンテージは「またあいつは適当なこと言ってやがる」と笑ってください。

そしてついでに僕のどーでもいい考えで言うなら、旭川はレイトマジョリティといわれる人たちが多いと思います。アーリーマジョリティという人は少数。それ以上の人々は本当に極わずかなのかな?って印象です。
なので一部のアーリーアダプターといわれる人々に消臭サービスを売るのが僕が一生懸命飛び込み営業するよりも早く効率的だろうなと思ったりします。

需要が無ければ需要を作ればいい。需要を作っても売り込み販路を広げる投資をするだけの財力が無ければ財力のある人々に広げてもらえばいい。そんな人脈が無ければ人脈豊富な人の目にも触れるような展開を低予算で開始すればいい。ということなんですね。

と思ってみたりしました。

狙い通り、、、

いつだかの飲み会で美人なお姉さんに「仕事楽しい?」って聞かれて、僕は迷わず「すごく楽しい」って答えました。
楽しくないとかやりたくないって人も多かったです。

何で楽しいかというと、自分の思い描いている絵図の通りに今のところは順調に進んでいるからです。

消臭の仕事も増えて増えて、今日も「消臭は関心ないんだろうな」ってお客さんからも仕事をもらえたし。
エアコンの清掃も僕の設定している高めの価格設定でも相当な件数仕事があるし。
他社さんがトライしたけど全く結果を出せず「Beクリーンに頼むか~」っていうお客さんも増えています。
まーまーあれもこれもとりあえずは狙っていて準備していた仕事は順調に受注を増やしています。

僕は北星学園大学社会福祉学部福祉臨床学科という所を並の人よりも1年も長く勉強して卒業しました(笑)何を勉強していたか?って聞かれたら難しいですけど、まーまー結構幅が広いんです。

特に面白かったな~っていう講義が、心理学とかカウンセリングの講義です。これが今でも役に立っているな~ってつくづく感じます。

「あの人にイエスって言わせたいならどう攻めるか」ってのを組み立てていくのがとても楽しいです。

それで僕の10年計画は次の10年の計画に向けてやっと動き始めました。これもまた面白い。

そんなのもこんなのも基本的な掃除の技術を磨いてこその賜物ですから、もっともっと勉強して練習はしなければいけないなと思っているここ数日です。


白木の漂白

不動産屋さんからのご依頼で「和室の白木に塗装をするが、カビが酷すぎてベッタリした色しか塗れないと言われた。ベッタリした色は嫌なので、うっすらした色を塗れる様にカビを取って欲しい」という旨のお仕事でした。

白木の漂白とその後の仕上げだけでキレイニすることも可能ですけど、それをやってしまったら塗装屋さんが儲からないですしね。僕は言われたことだけで辞めておきます。

DSC_1794.jpg 

確かにひどいです。

僕の知っている敏腕の塗装屋さんだとこんなのも新品以上にきれいに仕上げてしまいます。僕も「その技術には到底適わないわ~」といつもお話しています。
この塗装屋さんは漂白してから砥の粉できれいに仕上げます。だからって触ったら手にベッタリ砥の粉が付くような変な仕上げではありません。それがものすごい美しいんです。憧れますね。

僕は今回よく分からない塗装屋さんの塗装前の下処理ですから無難にカビだけ落とします。

DSC_1805.jpg 

最後の仕上げ前の処理も行っていないので、ちょっと木肌が荒れてますが、そこは塗装屋さんにお任せしましょう。

もちろん全体に色ムラが出ないように仕上げることも可能です。しつこいですけど、今回は塗装の前処理なので。。。。

よく消えないって相談を受けるカビじゃない結露の水の垂れた後も消えているのが分かりますかね?

一般のご家庭でも和室がある方はこういう症状で悩まれている方も多いと思います。
和室全体になると高額ですが、窓の周りだけとかのご依頼でしたら現実的な価格でサービスはご提供可能です。

見積もり無料ですし、どうでしょうか?

タバコのヤニで汚れた壁紙

DSC_1792.jpg

写真がとても分かりにくいんですが、写真向かって右が洗浄剤を塗ってすぐ、左がまだ塗っていない部分です。
市販品だと塗ってから少し時間を行いと変化が出ないことが多いんですが、僕のオリジナル壁紙洗浄剤ですと、塗ったそばからある程度は変化します。
さらに時間を置くともっと白くなっていきます。

新品に張り替えるよりは半分程度の予算で済みますし、色を塗るわけではありませんから質感もそのままです。

マンションオーナーさんで「破れてはいないけど、汚いだけだから張替えは勿体無いな~」って人に大変好評です。

とはいっても僕たちも普段はあまり押し売りせず「張り替えたほうがいいと思いますよ」とは伝えています。どんなに掃除しても新品の煌びやかさには適いませんからね(笑)

壁紙の漂白が出来ると、僕が得意としている各種建材の染み抜きが出来るようになってくると思います。(教えてって人がものすごく多いので、、)

ドラゴンクエストじゃないですけど、メラが使えないとメラミが使えないわけで、メラミを覚えてやっとメラゾーマなんですよね。
なんでもかんでもいきなり飛び級は難しいと思うんです。

FRP浴槽の染抜きや白木の灰汁抜き、カーペットの染抜き、無垢剤の染抜き、人工大理石の染抜きなどなど各種染抜きを色々な人にやり方は伝えましたが、みなさん「上手く行かない」って連絡が来ます。。

基礎があっての飛び道具ですから、まづは壁紙の漂白からスタートがいいんではないでしょうか?

ついでに付け加えると、僕は確かに過酸化水素が大好きで髪の毛が金髪になるほど使ってますし、疲れたときは静脈に過酸化水素を注射してるだろ!と疑われますが(笑)、何でもかんでも過酸化水素だけでシミを抜いているわけではありません。過酸化水素が無くてもシミが抜ける方法も引出にはしまってありますし。

あの洗剤を買えば俺も出来る!って言うことにもならないと思います。


エアコン清掃

先日天カセ4方向エアコン2台、天カセ1方向エアコン1台、家庭用壁掛けエアコン1台を洗ってきました。
DSC_1782.jpg 

DSC_1783.jpg

DSC_1790.jpg

天カセ4方向は葬儀場のエアコンなので、ロウソクの煤なのか?お線香の煤なのか?黒い汚れと油分とで真っ黒でした。葬儀場特有の汚れ方な気がします。

最近気に入って使っているアイリスオーヤマのバケツ式高圧洗浄機でのエアコン洗浄です。

業務用も簡単に水が貫通しますし、なにより一番楽なのは軽いことです。

動力噴霧器やもっと本格的なプロ用高圧洗浄機も使っていますが、本気の高圧洗浄機は重いし圧力が強すぎるし水量が多すぎて扱いにくいことも多々ありました。

アイリスの製品はいい意味でチープ感と圧力の物足りなさがエアコンにはちょうどいいのかな?って思います。

圧力が足りないとはいえ熱交換器を貫通しますし、水量も許容範囲だと思うので便利です。

昔はこんなもの使えない、、、って馬鹿にしてたんですが(笑)用途によってはとても使いやすいな~と思います。消臭剤の噴霧にも使えます。水道直結も可能ですから、濯ぎのときは直結だと水の継ぎ足しが不要になるので、それも便利ですね。

今日の夜はもっともっと本気の高圧洗浄機で別の作業です。
DSC_1791.jpg 

エンジンの高圧洗浄機と業務用100ボルトの高圧洗浄機です。

高圧洗浄機が好きなので、他にも持ってます。高圧洗浄ビジネス。。。広がる予感はしませんね(笑)

MENSA会員さんとのお話

今日はMENSA会員さんで中小企業診断士の秋田舞美先生という方とお話をしてきました。

僕は正直言って中小企業診断士という職業が具体的に何をするお仕事なのかは分かりませんが、経営コンサルタントというか、色々な課題や相談を専門的な知識で解決してくれたりアドバイスしてくれる仕事なのかな?と漠然と解釈しています。

他にも先生の候補はありましたが、秋田先生が色々と面白そうだな~と思ったので、わがままを言ってわざわざ旭川まで来ていただきました。

さすがはMENSA会員さんなので僕の突拍子も無い収拾も付かない話題をきれいに受け答えして下さり、あれこれ面白アドバイスを頂けました。

今日の話題で感じたのは、やっぱり僕が常々思っている掃除屋さんはこれからまだまだ伸びしろがある業種だな~っていうのが確信出来たのと、ブライアンアダムスは嘘を言ってなかった、ロック音楽の中に人生の正解が詰まっているという僕の持論は正解だったな。ってことでした。

色々とやりにくい相手だったとは思いますが、本日はありがとうございました。

買い足し買い足し

20170828193548353.jpg

消臭作業やその他の作業で愛用しているフォグマスタージュニアをもう一台買い足しました。

一台目よりは高く付きましたが、前はメーカーから直接買ったら領収書を発行してくれなかったので、、、、それって困りますよね。領収書を発行して欲しいと頼んだけど、無理です。と。。。

今日届いた二代目はメーカーじゃなくて販売店から買ったので、正直言ってメーカー直販より2千円高いし、オプションも付いてこないけど、領収書は大丈夫ですから(笑)

ついでに軽自動車のワンボックス車ももう一台買い足しです。さっき納車になったようです。僕はまだ見てません。。前のはホンダ、今日届いたのはダイハツ。

フォグマスタージュニアは軽いし使いやすくていいんですけど、タンクに液体が入った状態でコテッと倒れてしまうと、本体内部に液体が入ってしまうようで、スイッチを入れると感電します(笑)ついでにハンドルの部分からも水がブシャブシャ吹き出たりします。

アメリカ製ですから大味なんでしょうか?本体の防水性能の低さは一昔前のアメ車並と言ったところでしょうか。

今年に入って洗剤や消臭剤を自分で作るための材料を沢山買っています。だいたいのものは小袋で売ってませんから、最低でも25キロとかそんな単位からです。1回で150グラム位しか使いませんからなかなか減りません。
ついでにあちこちのメーカーさんからサンプルが大量に届くので、それらもなかなか減りません。今日もやっと数ヶ月前にもらったワックスを初めて使いました。

意外と?というかかなり良かったです。これはもしかして僕の定番ワックス入れ替えの時期なのか?って思うほど良かったです。伸びるし、塗膜が厚くないし、ギラギラしてないし、外国製ワックスのようなクリアな光かた。いいかも?

価格も定番ワックスの値段に合わせます!って無理してくれてるし(笑)

まだ試作品のプロトタイプの洗剤も使ったけど、これも良かったです。ちょっとヌメヌメしすぎなのと希釈がシビアなのが面倒かな?レビューをまとめたらメーカーさんに送らなきゃいけません。

プロトタイプだったタオル?布?はきちんと製品になって売れてるみたいだし、僕もちょっとだけ意見が出来てよかったです。




新しい消臭剤兼用洗剤

カイコーポレーションさんから新しい洗剤が発売されたようです。

DSC_1752.jpg 

手前のグランバイオプロって洗剤です。ベルギー製らしいです。

詳しいことはこちらにたくさん書いてあります。

まだ僕もたくさん使ってないのでなんとも言えませんが、悪くないかも?ってところであります。

今まではオーブテックの洗剤ベースに独自の配合で消臭効果のある洗剤を作っていたり、ピアベースでオリジナル配合の消臭洗剤を作って使用していました。

正直言って今までの洗剤の方がはるかに安いです。新発売の洗剤は僕の今までの洗剤よりも倍以上高い計算にはなります(笑)

でも効果が出ていますね。臭いが消える。正直汚れの落ち具合は劇的ではありません。

今回は俗に言う特殊清掃の分野の現場で使用しましたが、独特の腐乱臭は比較的簡単に消えました。普段ならもう少し時間が掛かりますが、この洗剤は早いと思います。

時間が短縮される分を考慮すれば価格が倍増するのもありなのかな?と思います。

もうすこしあれこれ実験してみて継続利用するかどうかを検討しようと思います。

しかし最近は清掃業界でもバイオ洗剤が徐々に人気が高まってきています。
バイオ洗剤のメリットデメリットは沢山ありますからそのあたりも勉強して選定しなければいけないですよね。

北海道は氷点下の冬がありますから、バイオ洗剤にとって氷点下ってのが一番ネックです。そのあたりをこの洗剤はクリアしているのか?そういうところも見て行きたいな~と思います。


オリジナル洗剤

Beクリーンでは僕が作っているオリジナル洗剤を一部使用しています。

今まで沢山作ったけど、ヒット商品がなかなか生まれずやっと昨年か一昨年か忘れたけど、出来上がったOYG酸という洗剤が大ヒットです(ヒットと言っても社内限定なんですが)

東川町やひじり野、東神楽などの温泉が近くにあり、地下水が水道水になっている地域とか、原水がものすごくミネラル豊富とかの地域用に設計してあります。
しかも北海道特有の氷点下でも効果が出るような洗剤になっているかと思います。

北海道は冬ですと洗剤を塗った途端に洗剤がシャーベットになるなんてざらに起こりますからね。

DSC_1755.jpg 

箱で何を使っているかばれちゃいますね(笑)

僕の数々の無茶振りを幾度となくクリアしてきてくれたBeクリーンの社員さんたちからも「めちゃめちゃ早いし、めちゃめちゃ落ちる」と好評です。

掃除屋さん仲間からも「売って欲しい」と言われたり、某メーカーさんからも「うちから発売したいのでレシピが欲しい」と言われたりとちょっとにわかに人気が出ているんです。。。。

全部食べても飲んでも良いような材料で出来ているのもポイントです。

自分で作っておいて僕はあまり使っていなかったんですが、最近やっとあちこちで使い出して「すんげー早いじゃん!」とか「塗ってトレピカで揉むだけで落ちちゃった!!」とかそういう経験が沢山出来ています。

ただ問題点も沢山あって、僕の得意分野の染抜き作業では全く役に立ちません。。バランスが悪すぎるんです。極端にターゲットを絞りすぎて、針が振り切りすぎてるんですね。
それに原価がやや高め。ついでに臭い。そして材料を混ぜてから数日間は使えない。とか。あれこれありますね。

掃除屋さんには販売してないし、メーカーにもレシピは提供しなかったし、でも僕のお掃除教室を受講してくれた方には販売は出来ないので、小分けしていたりします。

DSC_1757.jpg 

DSC_1758.jpg

写真が分かりにくいですが、こんな感じの分厚くて刃物で削ると幾らでも汚れが出てくるような石鹸カスと水垢の複合汚れのお風呂も、洗剤を塗ってトレピカというスポンジでモミモミするだけで

DSC_1760.jpg 

DSC_1759.jpg

DSC_1762.jpg

こんな感じでツヤッと簡単に汚れが取れちゃいます。これは楽ですね。

ここまでが洗剤を塗って、すぐにトレピカで揉んでで20分くらいです。

これから細かなところを追い込んだり、つやを出すために艶出しの磨きを行ったりするので、結局はトータルでそれなりの時間は掛かるんですが。。

ゴシゴシ擦らなくてもいいのは建材に傷がつくリスクを減らせますし、いいのかな?と思います。

そして最近お風呂でのお気に入りはアピコのパッドなんです。師匠に教えてもらったパッドや、師匠から貰って、気に入って大量に大人買いしたパッドがお風呂では一軍です。

日々色々なことを楽しんで作業できると仕事は楽しいものになるな~と思います。

洗剤もそうだし、道具もそうだし、工法もそうですよね。昨日よりも今日の方が素敵な仕事が出来ているなら、カッコいいな~って思います。


死臭の消臭って難しいんです

自殺とか孤独死とかそういった切なく悲しい出来事って最近多いんだそうです。
僕は特殊清掃専門じゃないので、めったにそういった仕事はやらないので詳しくないですけど。。

そんな僕でも頼まれれば引き受けるので、今は自殺のお部屋の臭い消し作業を行っています。オゾン脱臭機が止まるのを待ってるところです。

この部屋はもともとあまり臭いは酷くないので、すぐに消えちゃいそうですが、臭いが気になるという人がいるので消臭の依頼を請けました。無臭ではないですね。酷くはないけど。


ついでに新進気鋭の業者さんが施工している孤独死現場の臭いも相談されてます。
「カビの臭いって言われたけど、臭い取れてないと思うんだよね。最初の時の臭いするし」ってことでした。確かに取れてない、、、、独特の腐敗臭がありますね。薄くはなってるけど。はじめてこの部屋に来た人が感じるということは、そういうことですよね。

臭いは難しいですよ。
消臭作業を行っているうちに臭いが分からなくなることって多いと思います。
消臭剤の選定も難しいと思います。
この臭いにあの消臭剤噴霧したらこの臭いになるよね。とか、それだとこの臭いのこの部分しか減らないかな?とか、どうやって作業したのかテレビ中継のように頭の中で妄想再生されます(笑)

とりあえず何度かダメ直ししてもらって、頑張ってもらうのがいいと思いますよ。と伝えました。

僕が請けた仕事じゃないですから、相談には乗りますけど、余計なことは出来ませんからね。

消臭の仕事をはじめたい❗とか、消臭はじめました!って人が増えてきました。

僕も頑張ろうと少しだけ思いました。









一生勉強

今朝は定期的に水質検査を行っている物件の貯水槽がエラーを起こしブザーが鳴っているとのご連絡があり、大至急駆けつけました。

同業の大先輩にも相談して「渇水か電極棒が折れてるのかも?」とアドバイスを頂き点検しました。

渇水も満水も故障も全部ランプが点いている。「う~ん???」

DSC_1745.jpg 

DSC_1747.jpg

渇水ならと思い対応するもエラーは消えず。電極棒が折れているかと思い見てみると折れているように見えました。

管理会社さんにも「最終的に水が出れば問題ないので、ある程度は任せるのでお願いします」と言われましたので、貯水槽の修理業者さんを手配して来てもらうと「電極棒は折れてない」とのことでした。。。
水の屈折で折れているように見えるんだとのことでした。

僕の経験不足で誤った判断でした。

マグネットスイッチが壊れているかもしれない、といわれ今度はポンプの修理業者さんを手配するも、そもそも200Vの電気が来ていないとの診断でした。。

貯水槽とポンプの業者さんたちの話では電柱のヒューズが飛んだのでは??との事でほくでんの組合の電気屋さんを手配、電気屋さんも対応できず結局はほくでんさんを呼びました。

line_1503372442109.jpg 

「そんな簡単に終わるの?」ってくらいあっさり終了でした。

ほくでんさんの修理が終わるとポンプもスイッチも全部通常通り動きました。

電極棒の点検からポンプの点検、マグネットスイッチは100Vではマグネットがくっつかずに異音が出る。こういう場合のエラーは渇水も満水も出る、などなど僕が普段行っている清掃メインの知識だけでは何も出来ない出来事でした。

次回こういう事態があった際にはもう少し手際よくスムーズに処理が出来るのかな?と、とても勉強になった出来事でした。

しかし近隣の住人さんは電気が片方来ていないのに4時間近く誰も気が付かなかったんですかね??
電気は点くけど冷蔵庫は動いてないとか、茶の間は電気使えるけど、どこかの部屋は使えないとかが起こっているはずの現象だとの事でした。。

これって近くに病院なんかがあったとしたら相当な大騒ぎになっていたと思います。



北海道では必須の灯油漏れ現場の消臭作業

北海道はオール電化とかガスのセントラルじゃない限りは大体何処のご家庭も灯油ストーブとか灯油ボイラーとか、ポータブル灯油ストーブとか、灯油が燃料の設備って絶対にあると思うんです。

灯油が漏れて臭いが、、、、ってお問い合わせは多いです。

別に冬に限らず夏でもありますね。給湯器が灯油だったとか、ストーブの灯油のコックが壊れてて気が付いたら漏れてたとか。

そんなんで灯油漏れの現場を施工しています。

やり方を教えて!!とお問い合わせが多いのでちょっとだけ企業秘密を公開&解説です(笑)

DSC_1706.jpg 

昨日漏れたので、昨日のうちに床を剥がしてもらい、特に酷い箇所を切り抜いてもらいます。
解体時の粉などはキレイに吸い取ります。これが残っていると木屑に灯油分が残っていたり、匂いの元がいつまでもなくなりません。

DSC_1711.jpg

灯油を分解してくれる洗剤を吹きかけ(この洗剤は秘密です)、ある程度時間を置いて灯油と洗剤を反応させてから、リンサーという機械に回収剤(回収剤も秘密です)を入れて、回収剤を吹きかけながら吸い取ります。
回収剤を入れないで水だけだと濯ぎきれない様な気がしています。

洗剤を打ち込んだと同時に回収だと浸透した灯油に洗剤が反応しきらないので、意味が無いと思います。

カーペットも洗剤で洗った後に水ですすぎよりは回収剤を使ってすすぎが効果的なのと同じことかな?と思っています。

灯油を分解させる洗剤はもっと良いものがあるんですが、今回は在庫切れで違うものです。写真の黄色いのがそうですね。ストリッパーのボトルに入っていますが、中身は違うんです。。

これで大方灯油分は抜き取れるはずです。これで灯油が抜けない箇所はBeクリーン独自の臭気シールド工法で封鎖です。

洗剤も回収剤も秘密秘密と言いますが、大したものは使っていません(笑)

DSC_1712.jpg

消臭剤を撒きます。消臭剤は灯油臭に効く!って宣伝しているものはあまり効かない気がしてます(笑)あれこれ試したけど、どれもこれも効いた試しがありません(笑)

灯油に効く消臭剤はあれですね。あれ。

灯油は水と混ざらないので水では取れないし、消臭剤で化学的に反応させようと思っても環式化合物とか鎖式化合物とかが複雑に混ざってるんでしょうから、分解が難しいと思います。

先月も灯油漏れの現場を施工して、お客さんも驚くほどの無臭に戻せましたし、今回も問題ないだろうと思います。

灯油にはオゾンもほぼ効果がありません。消臭剤もあまり効果がありません。

でも消すことが可能なんですね。ほぼ効果が無いとはいえ、オゾンも消臭剤も無ければ困るので必要ではあります。

熱をかけて気化させる人もいますが、危ないですよね。燃えちゃう。。

今回の作業の具体的な数値は諸般の事情により公開できませんが、作業前の機械による測定で出た数値が100だっとすれば、消臭初日の今日は作業後で55まで下がっています。ほぼ半減。

僕の消臭理論と工法だと最終的には仮に100だったものが15位までは下がると思います。

長々とグダグダ「どーだいすごいだろ!!」みたいに書きましたが、僕の施工方法とか具体的に何を使っているってBeクリーンの社員さんたちは知ってますが「そんなんで取れるんだ。。」とか「それでいいの?」ってちょっと鼻で笑われる程度のことしかやってませんし、そんなものしか使ってません(笑)

大したもんではないんですね(笑)

まーまーそれでもクレームも0ですし、結果が出て消臭のご依頼はものすごく増えていますから、お客さんは満足してくれているんだと思います。


学校の清掃

夏休みですから学校の清掃の仕事が入ってきます。
今年は小学校2つ、中学校1つ、幼稚園1つを請けました。

トイレの清掃はこんな感じです。
DSCPDC_0001_BURST20170803092142533-Edit.jpg 

何十年も色々なビルメンさんがピューミーでゴシゴシ擦ってますから、エコとかナチュラルとか釉薬を残してツヤツヤ仕上げとかそういうことは何も拘れません。

僕たちもひたすらピューミーでこすり、水研ぎやすりで仕上げるだけです。

「正解はお客さんが決めるもの」っていうのが僕の考えですから、こういう清掃も間違いではないと思います。普段の現場では絶対にやりませんが。。。
頭ごなしに「そりゃねーだろ!」って否定は出来ませんよね。

そしてこういう状態の悲しい便器には酸性洗剤もあまり効きません。えぐれるほどの深い傷にオシッコの尿石や、田舎ですから金属分を豊富に含んだ水がくっつき、錆び色に染まっていたり、石と同じくらい硬い塊がくっついています。


僕は品質度外視で入札価格だけを競争する清掃のシステムが無くなればいいな~と思っています。思っているだけではどうにもなりません。

やったことも無い知らないのに、人から聞いた話や「おそらくこうだろう」って想像だけで否定することも僕は嫌いです。入札物件を体験していないのに「㎡単価いくらくらいで、仕上がりなんててきとうだろ」とか言う人多いです。間違ってはいないんですが(笑)

でも僕は、自分で体験してみて良いか悪いか、メリットデメリットを直接確かめてから判断したいと思っています。

そして、トイレに関しては充分体験しましたが「こりゃダメだね」って思いました(笑)

もっと公共の建物もハウスクリーニングの考え方で、キレイに傷もつけずにいつまでもツヤツヤで、って掃除屋さんが優先される結果とか専門性、技術面重視の入札が良いな。って本当に思います。

工具箱

エアコン清掃をするのには色々と工具が必要です。
僕はどちらかというと家庭用壁掛けエアコンよりも業務用の天吊り、天カセ、業務用壁掛け、縦型とかの比率が多いので家庭用よりも色々と道具があるほうが楽だったりします。

天吊りのファンのカバーを外すときのビスを外したり締めたりするのもグニャッって曲がるインパクトの先っちょが便利だし、ファンを軸から抜くのも長い六角がないと不便だし。

一通り道具は持ってますが、今日は色々と自分の道具のダメさ加減にげんなりでした。。

もっとキチンとした高いものを購入しようか。悩みます。

そしてもう少し工具や道具の買い足しをしないと時間が短縮できないな~と思いました。

とりあえず100円ショップで買って愛用していたラジオペンチは今日で卒業しようと思いました(笑)もー折れるんです。僕の使い方もダメかもしれませんが、、、、

あと脚立。もっと低いのも欲しいです。首が折れそうになる。。。。

フローリングワックスがペタペタする

今日のお客さんはブログを見てくださりご依頼を頂いた方でした。

ブログの事例が企業や店舗の写真が多いので「一般家庭は対象じゃないのかと思った」と言われましたが、そんなことはありません(笑)大きな仕事も中くらいの仕事も小さな仕事もお引き受けします(笑)

自宅のフローリングのワックスがペタペタして、ご自分でも拭いたり削ったりしたが、果てしない作業なのでプロに任せるご判断をしていただいたようです。

DSC_1542.jpg 

DSC_1543.jpg

DSC_1544.jpg

DSC_1545.jpg

DSC_1546.jpg

DSC_1547.jpg

こういう現象は比較的良く見かけるものですね。様々な原因が考えられるんですが、湿度やキッチンからの油分、脱衣場からの水分などが主な原因トップ3にランクインするのでは?と思います。

キッチンから居間のあたりが黒ずんでいるとか、脱衣場から居間への辺りが黒ずんでいる、食卓テーブルや、イスの下辺りがペタペタするとか。

今回のフローリングは年式的にも材質的にも床材がワックスの剥離には耐えられないのではないか?と判断しましたので、剥離は行わずに減膜で対応し、ワックスはオーブテックだと塗膜が柔らかすぎるのと湿度には強くないので、フォトンマックスで対応、バーニッシュ仕上げで硬化させるという工程で考えました。

日当たりのいいお宅なので塗膜が硬すぎるワックスだとひび割れも想定されるかな?と思い、フォトンマックスを選択しました。多分ベストチョイスだと思います。
DSC_1548.jpg 

DSC_1549.jpg

DSC_1550.jpg

DSC_1551.jpg

DSC_1552.jpg

すっきりしました。一番初めの写真と最後の写真がほぼ同じアングルですが、窓の映り込みがくっきり、はっきりしたのが確認できます。

もっともっと光らせることも可能ですが、今回はペタペタと黒ずみが無くなればいいとのご依頼ですから、自己満足でやりすぎの施工は意味がありません。

20140617-_DSC7602.jpg 

これは昔の写真ですが、こんなくっきりクリアなツヤも簡単です。これよりあと数段上げることも可能ですけど、そこまでやっちゃうと暮らしにくいですよね(笑)

旭川でもこういう施工をしてくれる掃除屋さんは他にもありますから、僕だけが特別ではありません。
でも気をつけて欲しいのはフェイスブックやホームページで「ピカピカ」とか「きれいになりました」って言って写真を載せてる人で、乾いていないのに写真を撮ってピカピカって言っている業者さんです。
「そりゃ濡れてるんだもん光ってあたりまえですやん!!」って言いたくなりますね。

まーまーそういう悪口は程ほどにしておきますね(笑)僕の写真はカラッカラに乾いてますからね。

今日は旭川でも僕の写真のようなピカピカ施工をしてくれる掃除屋さんと一緒にビールを飲むことになっていますので、僕は今日は早々と家に帰ります。

ダメ学生でした

最近は色々と知識の壁にぶち当たる現場が多くて、悔しい思いをすることもあるんです。

大学在学中は大学にいると友人に「お前辞めてなかったの!?」とか「飯食いに来たの?」とか言われるほど、不勉強でした(笑)

おじさんになって毎日毎日勉強しています。若い頃勉強しておけば今はもっと楽だったのにな~って思います。

20170728162300608.jpg 

20170728161853085.jpg

僕の勉強本の一部です。
下のファイルのほうは印刷した資料や僕の書きなぐりのノートがびっしり挟まっているやつです。これのほかにA4サイズのノートが8冊びっしりになりました。

勉強してるから偉いだろ!すごいんだぜ自分!!って自慢したり「すごいね~」って褒めて欲しいわけではなく、それくらい掃除屋さんって勉強が必要な職業になってきているんだろうな。って感じているんです。

今年に入ってから特にですが、毎日毎日あちこちの掃除屋さんから「こういう場合どうしたらいいの?」とか「困ってるから助けて」とかの相談がものすごく増えました。しかも僕よりもキャリアの長い掃除屋さんが大半です。

僕も困ったら人に聞くこともありますから、聞くことがダメだとは全く思いません。

ベテランの豊富な経験をもってしても解決しない汚れが増えており、なおかつ昔のように「これは染みてて落ちないよ」が通用しない時代なんですね。
お客さんも知識がついてきて「ネットで見たこの写真みたいな仕上げにして欲しい」ってのもありますから。。僕が前言われたのは師匠の施工写真をiPadでみせられて、「これにしてくれ」って(笑)

素直に「それは僕が師匠と仰いでいる方でして、それが出来るのは日本でも何人いるでしょうか???申し訳ないですが、僕の技術では到底無理です」って説明したこともありました(笑)

建材の進歩やホームセンターで購入できる清掃資材の進歩など、汚れの原因や付着の原因、素人でも難しい汚れが簡単に落とせる道具の登場など、プロが苦しい時代に突入だと思います。

一人で勉強して解決していく人もいるでしょうけど、それって難しいことでやはり掃除屋さん同士が連携して、情報の交換や共有をしていく場が必要なんだと思います。

建築家は定期的なセミナーなどで最新の知識の収集をしたりしてますよね。掃除屋さんは展示会やメーカーが講師のいい話しか聞けないセミナーとか。

僕がこの人たちはすげープロ集団だな~と尊敬しているカルモアさんという会社の臭気判定士の皆さんのブログで

「何かに対して不満を感じたら、 

 自分以外にも不満を感じている人はごまんといる。

 

 その多くの人の為に、

 行動に移すことが挑戦なのだ。」

 



と書いてありました。う~ん素敵だな~と思いました。だからって僕が先頭に立って行動するつもりはありませんが、先頭に立ってくれそうな人に「そろそろどうですか?」って話してみようかな?って思いました。。

なんせ僕はボソボソ喋るし声が通りませんから代表者には向きませんから(笑)

床ワックスの日

DSC_1522.jpg
朝はマンション共用部のバフ掛けです。
Beクリーンで管理を始めて7~8年でしょうか?それより以前の20年くらいは他の会社さんが管理されており、水拭きだけしてワックスを2枚塗るって管理がずーっと続いていたそうです。

剥離の相談もされましたが、床の痛み方も酷く、剥離剤に床材(ボンドとか)が耐えられないと予測して、年数回の管理のうち1回はバフで納めています。

毎回塗膜を薄くしていき、黄変しない管理方法に変更し、塗膜は減るがツヤは出るというシステムで施工しています。上手く行っていると感じています。

1番館と2番館と並んで立っている建物で、2番館はワックスで納めました。

ちなみに普段は師匠の影響をもろに受けて購入したMRバーニッシャーを愛用なんですが(ミーハーなんです)、大きな現場ではMRバーニッシャーだとパットサイズが小さいため、作業の効率が上がりません。
それで、写真のバーニッシャーを使います。
これは旭川で老舗の美装屋さんの社長から譲り受けた機械です。

「私も若い頃は大輔君みたいに、なんでも出来る!って思っていて、夜も寝ないで働いて、色々なものに設備投資して、機械も沢山買ったんだけど、今はもう使わないから。大輔君なら使いこなしてくれるかな?」
といってました。
昔の自分にちょっとでも僕を重ねて頂けて光栄です。

社長は未だに現役バリバリで僕なんかじゃ適わない鬼のような体力と精神力の持ち主です。僕は勝手に「闘将Y口さん」と思ってます。
まさに闘将って言葉がぴったりな、先頭に立ってバッサバッサ汚れを切り倒していく、みたいな凄まじさでした。

世を忍ぶ修行時代に何度も何度も「このまま一緒に仕事してたら殺される。。。。」って思うほど、凄まじい働き振りでした(笑)

DSC_1523.jpg

朝のマンションの真向かいのテナントビルの3階フロア、4階フロアの床清掃です。

Beクリーンの社員さんたちは床以外の照明や建具、ガラスなどを清掃しています。僕は一人で510平米の床を洗って行きます。

こちらは前回も僕が施工しているので、ワックスの黄変はありません。
若干黒ずんでいるだけです。剥離が必要ない薄さの塗膜です。

DSC_1524.jpg

洗浄前後の比較です。若干黒ずんでいますが、軽く洗浄するだけで白さは戻ります。

DSC_1528.jpg

イノベーターを改造して使っています。敬愛するレジェンドN松氏のアイデアです。
札幌で床清掃では有名な会社さんがあり、その会社さんの黎明期を支えた方と言っても過言ではない方がレジェンドN松氏ですね。
イノベーターもレジェンドの影響をもろに受けて購入しました。ミーハーなんです僕。

レジェンドはとても独特なポリッシャーの動かし方で床を洗うんですが、何故かムラが出ないで、しかもキレイに洗い上げるんです。僕も一時真似しましたが、体への負担が大きすぎて、中肉中背の僕では無理でした(笑)

やっぱり僕は6割7割で仕事を続ける、脱力システムが向いてるなと痛感でした。。

話は戻りますが、本体のコードを切ってしまい、短くしています。それに市販の延長コードを繋いで使うシステムです。これが便利なんです。

ポリッシャーの後にバキュームを使いたい、ってときもここに挿せば使えますし。延長コードを数本用意し、要所要所にあらかじめ置いておけば、ポリッシャーが終わったらバキューム、送風機とコードを使い、ポリッシャーはあらかじめ用意しておいた延長コードに挿して行くだけと。

広い現場ではとても効率的です。

Beクリーンで修行して独立して掃除屋さんになる!って男性がいたんです。僕がイノベーターを買って二日目でルンルンで仕事をしていると、修行中の男性がポリッシャーの練習もしたいとのことで、使ってもらったら、コードを巻き込んでバッツリ切ってしまったので、泣く泣く改造という流れだったんですが。。。

怪我の功名?ポジティブに行きましょう(笑)

こうやって書いてるとつくづく感じますが、僕は人に恵まれてるな~って思います。

沢山の掃除屋さんと一緒に仕事をさせてもらったり、勝手に現場に押しかけたりして「お金は要らないので雑用だけでもさせて下さい」って熱血でもないくせに熱血なフリをして(笑)色々な人の作業を経験させてもらいました。

いいところは素直に取り入れさせていただき、自分には合わない部分はそれなりに検証して、実験した上で切り捨てていき、今のスタイルがあるんですね。

もっともっと沢山の人と仕事が出来ればさらに面白いことが出来るんだろうな~って思います。

難易度が相当高い消臭。Beクリーンさん本気を出すの巻

職人的な技術職の方は、毎回本気で仕事をしています!!って人が多いのではと思います。
僕も本気といえば本気ですけど、あいかわらずひねくれているので、僕は常に6割7割で仕事をしていたいな~と思っています。

常に100%だと予期せぬトラブルや、自分の想定していた工程では全く汚れが落ちない、ってときに同じ工程を繰り返すしか対処法が無いとか、打つ手なしってケースになりかねないのか?
なんて思います。

今の工程がダメでも他のアプローチも用意しているし、何が起きてもどうにかできますよ。ってゆとりは持っていたいなって。(笑)単なる屁理屈なんですが(笑)

そんな僕もこれはどうしてくれよう???って悩む消臭の作業を行いました。

DSC_1509.jpg 

DSC_1510.jpg

DSC_1511.jpg

僕の釣りの道具箱の中にガルプというくっさい汁に浸してあるゴム製の疑似餌がこぼれており、ついでにイソメという(ググッてください)気持ち悪い虫が数匹腐乱死体になっており、さらにメゴチバサミに残っていた魚の鱗がカビており、コマセカゴの中で洗いきれてないコマセが腐っているという、それはそれはとんでもない臭いを発生させていました。

臭気測定の結果は余裕の1000越え(これ仕事だと測定でも数万円頂きますからね((笑))

洗っても臭いんです(泣)

もーもー本気も本気でものすごく高級な薬品を使ったり、様々な工法を駆使して作業後の数値は20まで低減させました!!コーヒーや紅茶でさえ50とかは越えますから相当優秀な数値ですよ。

これでこそ消臭のプロだぜ!!って自画自賛でした(笑)

心の中じゃ「これでダメなら全部買い替えか?????」って焦りしかありませんでした(笑)

やっぱり100%本気ってゆとりがありませんね(笑)


どうでもいい話題ですが、僕が使っているエアコン洗浄用の洗浄機を知りたいという方がいたので写真を載せてみますね。

DSC_1518.jpg 
スタンダードな丸山の動力噴霧器です。

エアコンはもちろんですが、大規模な現場での消臭剤の噴霧にも使います。3.5MPaくらいの圧力が出る機械です。

フォグマスターとか高性能な噴霧器が消臭ではベストと思われがちですが、僕は違和感も感じているのが正直なところです
においの種類がウイルスや細菌に起因するものでしたら、フォグマスターにメリットはあるでしょうが、僕の経験だとそれほど消臭剤の細かさが要求される現場って稀な気もします。
大手の消臭剤メーカーさんや消臭の大手さんも動力噴霧器や高圧洗浄機で消臭剤を噴霧というところが実は多いのが現状です。(これ企業秘密ですからね(笑))僕が個人的に直接聞いた話です「実際使ってないですよね?」「うん、使わないよ。だって不便だもん」って。

フォグマスターは重いしうるさいですから、僕はもっぱらフォグマスタージュニアとか写真の動力噴霧器が主流です。動力噴霧器ですと一度に噴霧できる消臭剤の量も30リットルくらいなら簡単に短時間で撒ききれます。
フォグマスターを批判するわけではなく、フォグマスターじゃなきゃ対応不可なケースもありますし、持っているのは素晴らしいことですし、とても強い武器になると思いますよ。

消臭以外にもクロスの漂白洗浄に使うとか、光触媒の薬品を薫蒸させるのに使うとか、除菌剤の噴霧とか、暑い日にミストを出して浴びて涼むとか(笑)

DSC_1514.jpg 
アイリスオーヤマのバケツ式高圧洗浄機です。

こちらは6.5MPaから8.5MPaの圧力が出ます。圧力はちょうどいいですが、吐出水量がすこし物足りない感じもあります。

こちらもエアコンだけではなく、消臭剤の噴霧にも使います。火災の消臭でも広範囲の場合はこれでなければ追いつかないケースが多いです。ネコの消臭の現場も除菌系の消臭剤や薬剤はフォグマスタージュニアや動力噴霧器で細かな粒子で撒き、仕上げ系の消臭剤はこちらで噴霧という使い分けで対応しています。

灯油の匂いや香水のにおい等、化学的に分解が難しい現場もこの機械が役に立ちます。僕はこれで2台目です。圧力で抜き取る、水量で洗い流す的な洗い工法も素敵ですね。

DSC_1516.jpg 
ケルヒャーの高圧洗浄気です。HD 4/8 Pって機械です。こちらはカタログ的には11.5から8MPaの圧力が出るようです。
アイリスオーヤマの方がすごく感じますが、吐出水量が桁違いですし、実際に使用した感じだと圧力もアイリスオーヤマとは雲泥の差です。さすがプロ機。

でもこれだと、強すぎて業務用エアコンの一部とか利用は限られます。でも早いし、汚れも簡単に落ちるし、いいですね。ちょっとコツが必要です。

この機械は消臭には使いません。強すぎます。

高圧洗浄機が好きなので他にも数台保有していますが、圧力が桁違いすぎてエアコンにはとてもじゃないけど使えない、とか高圧とは名ばかりの低圧すぎて洗車にしか使えないとか、それぞれ個性的な特徴を持っているようです。

本当はマキタの高圧洗浄機がエアコンには便利だそうですが、マキタは動作音がF1マシンのような素晴らしさなので、夜な夜なこっそりエアコンを洗うような僕のスタイルだと、クレームなどが想定されるので、使っていません。(本当は貧しくて購入できないだけなんですが、、、)
知り合いが使っており、実際に使わせても頂きましたが、悔しいけど「便利だな~」って感心しました(笑)





お風呂の汚れ

他社さんが染みてるから落ちないとか言ったらしいお風呂の汚れを落としてきました。

DSC_1467.jpg 

DSC_1494.jpg

僕の愛用お風呂用ブーツが写っています。足を入れる穴が大きいので、水は沢山入ってくるし、見た目もダサいし、氷点下の北海道だと冷えすぎてパリッと割れるんですが、気に入ってます。ピンクよりも水色が男らしいと思ってます。。

DSC_1496.jpg

DSC_1497.jpg

全体的に黒ずんでいて縦ジミみたいのも沢山付いていて、あまりきれいに見えません。

でもこれはシミでもなんでもなくて、ただ汚れが取れていないだけ。。ただそれだけですね。

僕がご提示した価格は旭川の一般的な相場ではこのお部屋全ての掃除が出来る程度の金額です。僕はその価格で壁と床だけ直します。というお約束で引き受けました。

なんか勿体無いですよね。結局二部屋掃除が出来る金額以上が掛かってしまうんですから。

DSC_1498.jpg 

DSC_1506.jpg

DSC_1507.jpg

DSC_1508.jpg

DSC_1501.jpg 

お風呂に漂っていたおっさん臭いにおいも消えましたし、すっきりキレイな感じに戻りました。

お風呂の汚れは酸性洗剤とアルカリ性の洗剤を使い分けないと落ちないことが多いと思います。この現場はとってもっとっても優しいアルカリ洗剤で軽く洗ってから、僕のオリジナルOYG酸で軽く洗っただけで終了です。

ただ作業日は気温が高すぎて暑くて暑くて、現場のはす向かいにある商店にアイスを買いに行ってみたり、ジュースを買いに言ってみたり、お買い物が忙しくてトータル時間はそれなりに掛かりました(笑)


久しぶりの掃除屋さんネタ

最近のブログを見返してもなんだか掃除屋さんというか消臭業者さんとかエアコン業者さんみたいなネタしかなかったので、久しぶりに掃除屋さんらしいネタを。

年に数回作業させて頂いている歯医者さんの床清掃にって来ました。本当は数ヶ月に一回とか決めていたんですが、僕が忙しくて「そろそろどうですか?」って連絡を全くしないため(申し訳ありません。。。)お客さんから「忙しいとは思いますが空いてますか??」と電話を頂く始末です。本当に申し訳ありません。。

DSC_1443.jpg 

DSC_1444.jpg

DSC_1447.jpg

ツヤがなくなりました。。これを回復させていきます。

最近業界でも流行の塗膜管理清掃ってやつですかね?剥離の必要が無いように塗膜を微妙なラインで管理していく施工です。

昔みたいに緑のスコッチで洗ってワックスは2枚塗ればピカピカ!ってのはもう古すぎて通用しませんね。

各メーカーから平面性を保ちつつそれなりに洗えるパットが沢山販売されています。

ついでに洗剤も進化しており塗膜の黄変を抑えられる洗剤も増えているように感じます。

しつこいですけど僕はナノテックシステムにものすごく憧れています。本当は導入したいんです。僕の知ってる限りでは(とても狭い世界の情報なんですけど)ナノテックシステムは相当画期的でメチャメチャすごいシステムだと思うんです。

でも資金的とか東京に頻繁に行けないしな~とか導入できない理由がいくつかあります。

なので自分でナノテックシステム的な施工方法を開発したいと思い頑張ってます。

洗うだけでツヤの回復ってのもあるていど可能になってきました。塗膜の黄変もほぼ起こさないで管理可能になりました。でもまだまだですね。もう一息。

作業後は

DSC_1448.jpg 

DSC_1450.jpg

DSC_1453.jpg

DSC_1451.jpg

こんな感じです。ツヤ感は悪くないと思います。この床材はワックスが密着しづらい床材ですからこれにきちんと密着させてこのツヤ感というのも素敵だな~と思います。

もうちょっと素敵なシステムに完成できるように勉強しようと思います。

僕の師匠がお勧めしてくれたアピコのパットはめちゃめちゃいいなーと思いました。師匠はハウスクリーニングが主な仕事なのに、ビルメン業界の情報も詳しいのがすごいなーと思います。
アピコアピコアピコ、今日は暑いのでアイスを買いました。パピコは苦手なので普通のアイスにしましたが、、

北海道 消臭 北海道 臭い

根室から帰ってきてからも消臭の仕事が多すぎて手が回りきりません。
ついでにエアコン清掃も時期ですからものすごい勢いで受注が来ております。

DSC_1403.jpg 

DSC_1414.jpg

DSCPDC_0003_BURST20170710193225222_COVER.jpg

写真は分解の途中です。これから背面のパネルも外すんですが、時間が無くてここまでで一旦保留にして次の現場です。一台を洗いきる時間すらないんです、、

Beクリーンは社員さんたちに任せてある空室清掃の部門と僕が一人で動いているハウスクリーニングや消臭、エアコン分解、その他あれこれ専門性が必要な清掃の部門に分かれています。分けているつもりは無いんですが、なんかそんな感じで分かれていて、お客さんもそういう認識を持ってくれている方が増えています。

「この現場は専務に来て欲しい」とか「清掃はBeクリーンさんで、この部分は加藤さんで」とか(笑)どっちもBeクリーンなんですけどね。。

空室清掃も大人気でして、最近は「今までの掃除屋さんがあまりきれいにしてくれなくて、旭川で一番きれいにする美装屋を紹介してくれとあちこちに頼んで連絡した」という大家さんも増えております。大袈裟じゃなくて本当に増えていてびっくりなんです。

まーBeクリーンが旭川で一番キレイな仕事をしているかは僕らには分かりませんが、自分たちが出来る限りのことは頑張っています。(価格などの条件が合えばですが、、、長いお付き合いの中で価格の折り合いがつかないお客さんで、清掃はここまで!って線を引く場合もありますし)

そんなこんなで、最近は僕のソロ活動のチケットは完全にソールドアウトで、価格高騰中です(笑)僕に会いたいという営業マンさんも多いんですが、最近だと30分刻みくらいで予定が詰まってますから、そう簡単には僕を捕まえられません(笑)

しかも旭川にいる時間もほとんどありませんし。。道内各地飛び回っております。

DSC_1415.jpg 

これは小さいほうのオゾンガス発生装置にかませると良い働きをしてくれる24時間タイマーです。

オゾンってやみくもに濃度を上げれば効くものでもありませんし、灯油やネコの臭い、香水の臭いとかにはほぼ効果がありません。それでも最後の仕上げとか、消臭剤を効かせるために、オゾンを併用とかはしますから無きゃ困るんですが。

普通はオゾンの補助として消臭剤を使うんですが、逆の使い方が効果的な場合も多いです。

ついでにオゾンや消臭剤が全く効かない臭いと言うのも多くて、そういう場合は全く違ったアプローチで匂いを抜くんですが、それはめんどくさいのでそのうち書きますね。

消臭も本当に仕事がありすぎて訳分からないです。ホームページにも年間600件は消臭の仕事してますって書いてますけど、嘘じゃないですからね(笑)北海道で消臭といえばBeクリーンって言われるように頑張ろうと思いましたが、疲れたので、頑張るのは5年後にします。。

根室滞在中に癒しを求めて入った温泉です。
DSC_1387.jpg 

DSC_1390.jpg

DSC_1391.jpg

いいでしょ?友人からは「大ちゃんには珍しく、屋根と壁があるんだね」と突っ込まれましたが、、僕が野湯ばかりに入ってるわけじゃないですからね(笑)
ここも無料だし脱衣場もお風呂も男女共同だし、湖と繋がっている温泉ですから、潔癖症の方には無理かな???って感じですが。

こんな風呂誰も入りに来ませんから、混浴とか気にしなくても大抵貸切ですよ。

もー娘を風呂に入れる時間が過ぎてるので、僕は帰宅します。仕事も面白いけどお父さんも楽しいんです。

北海道 ネコの臭い消臭

根室市の公営住宅の火災現場消臭作業もいいところまで進んでおり、今日から隣の棟のネコのオシッコ臭の消臭がスタートしました。

消臭の専門業者さんは「猫の動きを予想して、ここにもオシッコしてるかも?とか考えながら臭気を調査していき、消臭するんだ!」みたいなことを仰っており、カッコいいです。

が、、、、僕の専門はハウスクリーニングで消臭はあくまでもハウスクリーニングのオプションでしかありませんから、専門ではないし、なんせネコアレルギーだし、ネコは好きじゃないし、猫背だし、ネコの動きなんて想像もつきません。。

まー専門家にも「やり方教えて」って言われるんですから、苦手ではないんですが。。専業にはしてないです。

凄く臭いのにどこにオシッコがかかっているか分からないので「目で見えればな~」と思い試行錯誤してあれこれ調合して作りました「オシッコの場所は全部全てまるっとお見通しだ!」という洗剤を作りました(笑)

20170629200009617.jpg 

20170629200043766.jpg

塗ると見えるんです。まー親しい掃除屋さんに「濡らせば浮いてくるよね。。。」って言われたのは秘密ですが(笑)

確かに濡らすと浮く場所もありますが、濡らしても浮かない場所にも有効でした。多分、、、、自信ないです、、、、、

ネコの臭いは消臭剤1種類だけではほぼ消えません。最低2種類、出来れば3種類使うのが理想的だと思います。その他にオシッコの拭き取りに洗剤2種類も必要だと思います。

そしてオゾンショックトリートメント法ですかね。

正直言ってオゾンだけではネコの臭いには全く太刀打ちできません。灯油の臭いにもオゾンは効きません。灯油は自信あります。猫も大丈夫でしょう。
僕が苦手なのはすごく古い(築40年とかの)住宅の「古い家の臭い」を消して !って作業です。
これは難しい。だって家が古いんだもん。。

まーどうでもいい話ですね。

今日はネコ臭消臭の第一段階目の施行でした。

なぜ消臭剤1種類では消せないかが詳しく書いてあるサイトがどこかにありますから、1種類しか使わないで「消えない」っていう方は探してみてくださいね。

1種類でも消せるっていう人もいます。その消臭剤僕にも売ってください!(笑)僕それは知らないんです。。

消臭って面白いな~って毎回思います。毎日仕事が楽しくて僕は幸せ者です。ではでは


消臭過疎地?

先週から行っている根室市公営住宅の火災の消臭もほぼ完了して、後は臭いが戻ってこないかを様々な条件でテストするのみです。
全部で5部屋の作業と思ってましたが、急遽隣の公営住宅のネコの臭いもご相談を受けネコ臭の消臭作業もスタートです。

写真はアクティボとタイガーです。アクティボの方がちょっと大きい?
タイガーも欲しいですけど、今回は細貝さんに無理を言ってちょっと貸してもらいました。
パンサーは旭川で使うし、大きな現場掛け持ちですから、ちょっと機械が足りませんし。

北海道内は消臭作業をきちんと行う業者さんが少ないというのを実感しています。
しばらく悩んでいたネコの部屋もたまたま僕が隣の公営住宅で作業しているので、市役所の建築科の方が住宅課の方に「専門家に相談してみては?」とご紹介頂いたかっこうです。

これが道東にも、オゾンショックトリートメント法で消臭脱臭の施工が可能な業者さんがいれば、もっと早くに解決していたと思いますし、空室にしていた期間中の家賃収入になるはずの金額を考えると相当な損失ですよね。

以前も書きましたが、僕の知っている限りでは大型のオゾン脱臭機保有で理論、技術ともに安定なのは他には札幌のリライブルさん位だと思いますから、広い北海道で旭川と札幌に業者がいるだけでは、ちょっと足りないですよね。

オゾンショックトリートメント法が絶対の正解とは断言出来ませんが、僕もこのOST法に辿り着くまで様々な消臭システムを試してみて、OST法の圧倒的な品質の差に度肝を抜かれて導入という経緯がありますから、ちょっと贔屓目です(笑)
だって本当に他のシステムとは別次元なんですもん(笑)

まーまーそんなことで、道東でもオゾンショックトリートメント法導入を考えている方いればご連絡ください。今なら根室市に超高額機械が2台あるし、デモンストレーション無料でご案内です。7月5日まで根室にいます。
消臭過疎地の道東で消臭脱臭を売り込む。
素敵じゃないですか。

火災の臭いを消す

火災で建物が燃えてしまうと建て替えをしない限りは、どんなにリフォームをしても換気をしても火災特有の臭いはほぼ消えることがありません。RC造の建物や集合住宅ですと建て替えなんて不可能でしょうし、テナントビルなどではテナント一軒の為に建物全て新築なんてありえません。
リフォームだけでは消えないとなると消臭脱臭作業は必須になりますね。

そんな火災の臭いを消す作業を行っています。しかも根室市で。

旭川から350キロくらい?だいたい車で4~5時間かかるのかな?

根室市の公営住宅火災現場です。

DSC_1270.jpg 

DSC_1264.jpg

DSC_1263.jpg

こんな感じです。全部で5軒分のお部屋を施工しています。

本州だと火災臭を消す専門の業者さんや臭いの大御所みたいな企業さんはそれなりにあるんです。ベルフォアさんとかカルモアさんとか共生エアテクノさんとかね。

北海道だと火災臭をOST法で消すことが可能なのはBeクリーンと札幌のリライブルさんくらいじゃないでしょうか?
オゾン脱臭機の小型機じゃなくて大型機を所有しており脱臭マイスター資格保有者がいて、においに関する専門的かつ最新の知識を常に東京などで学んでいる企業ですね。

火災現場も色々施工して感じますが、小型機のオゾン濃度じゃちょっと足りない気がします。

今回は公営住宅の火害復旧工事の実績があり、官公庁の提示する条件を全てクリアする業者ということでBeクリーンが施工することになりました。

官公庁としてはOST法での施工は必須のようですね。今のところ3日間施工しましたが臭気は相当低減されています。本州の業者さんだと1~6日間もあれば火災臭は消せるようですが、僕はそこまでの設備やシステムを保有していないので、手堅く2週間は工期を頂いています。

条件さえ合えば北海道内どこへでも施工に行きますから火災の臭いで困っている方はご相談下さい。(まー北海道下半分は札幌のリライブルさんの方が距離的に近いですから、鈴木社長へご相談されるのがいいかと思いますが。。。。)

僕は上半分がエリアですかね?出来れば釣りもしたいので海沿いの街だと喜んで施工に行くんですが(笑)根室は根室港と花咲港がありますからね!
DSC_1295.jpg 

仕事で行ってるんですよ。釣りは空き時間に渋々時間を潰すためですから。。。。。。。。。。。

まただ! アコーディオンカーテンを洗う

またアコーディオンカーテンを漂白して欲しいとのことでした。

漂白しても新品には戻らないし、購入しても少し高いくらいで価格も半分以下とかじゃないですから、どうなんですかね?

DSC_1195.jpg 

DSC_1196.jpg

DSC_1192.jpg

写真だと分かりにくいですが部分的に黄色が目立ちます。そして臭い。。

新品には戻せませんがそれなりには戻るかな?

DSC_1241.jpg 

DSC_1239.jpg

DSC_1240.jpg

アコーディオンカーテンの折れ目が特に黄色かったんですが、ある程度回復したのが伝わりますかね?

僕も今までのシミ抜き方法だと、この折れ目の部分はほぼ色素を抜くことが出来ませんでしたが、最近編み出した秘密の技で(笑)これくらいが可能になりました。
過酸化水素だけでは落とせない、過酸化水素に添加物を足しても落とせない、薬品でもないもので化学反応を加速させる。
なんか博士っぽくないですか(笑)

この秘密の技を知っているのは僕のほかにもう一人だけ(笑)先日電話でお話した掃除屋さんに「最近の面白い技なんですよ~」って話しちゃいました(笑)

まー大した事ないんですが。。。

お風呂のサビ跡

お風呂のサビ跡を消して欲しいとのことでした。

他社さんで清掃してあれこれ努力はしたそうですが、ほぼ変わらなかったとのことです。

サビ跡はいいんですが、このお風呂電気が点かないんです。。老眼の始まりの僕には辛い暗さです。見えないの。。。
DSC_1223.jpg 

DSC_1224.jpg

ヘアピンのサビ跡とかなんだか分からないサビ跡ですかね?

DSC_1233.jpg 

DSC_1234.jpg

取れた。良かった。

カビなどが気になりますが、僕が頼まれたのはお風呂のサビ跡除去だけですから、余計なことしても清掃をした掃除屋さんにも悪いですしね。

今日は6/25日日曜日。雨降りでなんか肌サビーな。。。。シャレです、、、、、、

一人乗り

来週から根室市で火災消臭現場が本格的に始まるため(今までは現場調査やどこまで建物内部を解体するかなど、とてもとても詳細な部分まで打ち合わせなどを行っていました。火災現場は詳細を突き詰めなきゃ作業が成功しないんです。)今週と来週の出発までにものすごく忙しいです。

その他に灯油漏れの消臭の打ち合わせなど消臭の仕事や打ち合わせ相談も多いし、エアコンを分解洗浄してくれとか、壁クロスの漂白とか、建具の漂白とか、そういう仕事が多すぎててんてこ舞いです。従業員さんたちも空室清掃で日々疲労困憊ですし。

そんな中今日は僕の大好きな高圧洗浄機を使用した作業がありました。

DSC_1126.jpg 

DSC_1127.jpg

シャッターを洗う作業。3年に1回位あるかないかの作業です(笑)

このシャッターは大きな道路に面しており、尚且つロードヒーティングか何かのボイラーの排気筒が真横にありこういう感じで汚れています。

管理会社さんもご自分で拭いてみたとのことでしたが、多少は落ちるかもしれませんが、ちょっと難しいかもしれません。

僕独自の「カーボンとか黒っぽい汚れ落ちちゃうの」という洗剤(笑)を塗って、ハンドポリッシャー
で軽く揉んであげて高圧洗浄機で濯ぎます。
DSC_1167.jpg 

DSC_1165.jpg

作業前は数日前の写真。作業後は今日の写真。数日間でスマホを買い換えたのでなんか色が違います。。。でもきれいになりました。塗装の劣化部は清掃の範疇ではありませんから残念ですが。

その後、排水管の高圧洗浄を行いました。

DSC_1172.jpg 

DSC_1176.jpg

DSC_1178.jpg

色々な物が出てきました。定番の髪の毛、ついでに溶けてないチリ紙とかあれこれ。

普通は排水管の下手から洗管が教科書通りでしょうけど、マンションの排水本管から各室内の横引き管にアプローチ出来ない場合は上手からの洗管で対応です。

洗管は釣りに似ている気がします(笑)見えないところで先端がどう動いているか?

釣りも海のそこで自分が投げたルアーがどう動いているか?海の底は砂なの?岩なの?昆布なの?あたりがあった、あわせなきゃ!とか。

排水管高圧洗浄もノズルの先端が「今、縦管から横管に入った」とか「この弾力は髪の毛の束に当たってるね」とか「これタオルを流したな、、」とか自分の手元に感触が伝わってきますから、それを常に感じなきゃ行けません。

そして大よその排水管の長さを建物の構造から判断して、何メートル入らなきゃ本管に到達しない!って判断しなきゃいけません。

釣りも何メートル投げて、何メートル沈んだとか、掃除屋さんは釣り好きが多いのは、見えない世界を感覚で作業しなければいけない部分が楽しめる人たちだからだと思います(笑)無理やりなこじつけです。。

「目に見えないミクロの凸凹に、自分のブラシの毛先をデコピンのようにバチバチぶつけて汚れを弾き飛ばすんだ」とか常に僕たちは考えているんですよ。
イメージ力は掃除屋さんには必要ですね。


プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード