居てほしい人がずっと居るわけではない

友人が40歳の若さで亡くなってしまいました。
下の子はまだ生まれて間もない。5人の娘と旦那さんを残して逝ってしまいました。

僕も息子が二人いますし、家族を残して先立つ辛さを想像しただけで泣けてきます。旦那さんだって辛いですよね。

人間って本当にあっという間に居なくなってしまいます。亡くなるだけではなく、パートさんにしたって「辞めます」と言われればそれまで。頼りにしていたり期待していた人でもあっという間に居なくなります。

お世話になっている掃除屋さんの一番番頭(古い言い方ですかね?)さんが産休でお休みしているそうです。とてもおめでたいし、素晴らしいことですが会社として考えると打撃ですよね。
「いない間どうしよう?」って悩みます。複雑ですよね。
いやいや本当におめでたい!自分の子供の様に嬉しいよ!!って気持ちが大きいと思います。僕もお世話になった方ですから、妊娠を聞いたときは「本当に良かった!」って嬉しかったくらいですから。感情移入しやすいタイプなんです(笑)9割めでたい、1割不安。本音です。

だからって居ない人を責めるのもおかしいし、人それぞれ人生があります。仕事だけが人生じゃありません。

人生の中に仕事があるだけですから。

会社としては従業員さんの人生を尊重したいですから、自分の生きたいように楽しく生きてほしいですね。

友人の死を聞いて「なんで!?」って驚きました。色々考えました。
娘たちがかわいそうだ、旦那さんはどうするのか、友人も無念だったのか?

妻が会ってきてくれましたが、旦那さんのお話では「家族で最後まで過ごせてありがたいね」と言っていたそうです。いつものあの顔であの声であのしゃべり方でニコニコしながら話したのかな?と想像します。

最後にありがとうなんて言われたら、こっちもありがとうとしか言えませ。

死を目前にして生活と家族と環境に感謝できるのか?自分には自信が無いです。
「なんで俺が」とか「死にたくない」と大騒ぎすると思います。

フランクシナトラは「俺は俺の人生を生きた」といって亡くなったとかどうとか?

僕も「自分の人生を生きた」と後悔無く逝けるように、やりたいと思ったことは出来るだけやりつくして、悔いのない毎日を過ごしたいです。そして、どんなお別れでもありがとうと言ってお別れできるようにしたいと思いました。

32歳の自分ですが、今からありがとうとお別れを始めても、遅くない気がします。

色々な人とお別れしましたが、今回はなんだか本当に落ち込みました。



プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード