無垢材のフローリングのメンテナンス

先日行った無垢のフローリングのメンテナンス。

僕は無垢材はオイルとか蜜蝋が良いんじゃないかと思うんですが、中にはワックスを塗りたいという方もいます。今回はそんなお客さんの住宅です。

_DSC6008.jpg

もったいないですけどツヤツヤです。ワックス塗るのは僕のポリシーに反しますが、それでも塗ってと言われれば塗ります。
でも、ちょっとした意地で通常のワックスのようにコーティング的な膜が出来るものではなく、染み込んで床を保護するタイプのワックスを選択です。これだと保護は出来るけど床自体の無垢ならではの木の呼吸は止めることがありません。

染み込むタイプはツヤが出ないことが多いですが、ここは工法の工夫?(見栄張りました。大袈裟でした)ワックスを染み込ませた後に磨きこむんです。そうすると無垢の肌触りはそのままにツヤだけが上がるんですね。
何十年も前はこういう工法はメジャーだったようですが、技術の進歩とともに知ってる人も減ってきているのが残念。
数年前もこの作業を300㎡くらいの現場で頼まれて行いましたが、お客さん曰く「出来る会社がなかった」との事でBeクリーンが指名されました。

知ってさえいれば何も難しいことはない作業です。

僕は癖?で写真もドラムも掃除も勿論ですが、知識を深め技術を体得するには歴史を知らなきゃいけない、って信じていて、歴史まで勉強してしまいます。
掃除の歴史を勉強していく中で見つけたクラシックワックススタイル?という先人の真似事でしかないんですね。

しかしせっかくの立派な無垢材をツヤツヤにするのは気が引けます。無垢はツヤが無いから素敵じゃないか!って思っちゃうんですがね。
無垢材に限らずビニール床でも僕はワックスを塗ることには否定的なのは今も変わりませんし。仕事だからやむをえず塗りはしますが。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード