旭川 美容室の床清掃

_DSC5099.jpg
旭川市内の美容室の床ワックスの剥離を行いました。

写真のようにワックスが剥がれてきており、白っぽくカピカピになっています。

_DSC5118.jpg
_DSC5119.jpg

キレイニなりました。

オーナーさんのご要望で「椅子なんかですれても割れてこないワックス」「すり減らないワックス」ってのがご希望でしたが、すり減らないワックスと言うのは無いことないんですが、ものすごく高価ですから割れないワックスを選びました。

本当は高速バーニッシングで仕上げたかったんですが、時間の都合でワックスを塗るだけで終わってしまいました。

何故だかわかりませんが今まで塗られていたワックスは剥がれやすいし割れやすいようでした。爪でカリカリするだけで剥がれてきました。一般的なテープによる密着テストでも密着は不良でしたし。

Beクリーンは条件さえ合えばですが、基本的には床洗浄は標準で剥離までしますから、剥離作業は慣れています。
今回はハイプロパッドという剥離専用品を使わずタイネックスブラシという製品で剥離です。
木目調の古いタイプのクッションフロアは目地の部分が若干深いのか?ハイプロパッドだけでは目地の所のワックスが残りやすいですし、傷がものすごく入ります。

僕はもともとはクラシックスタイルの掃除屋さんに床清掃は習いましたからブラシによる床洗浄は得意だと思っています。パッドしか使えない方も多いですから、両方使えるのは利点だと思います。

ブラシだと滑りやすいですし、面ではなく点で床と接するので均等に洗わなければ完全にフラットな状態の床には戻せないのが一番の難しい所。ブラシの毛先の追従性がすぐれているので床の凹凸にもきれいに入り込むのが利点ですね。

パッドは面で当たりますから、それなりに動かしてもそれなりに全体がきれいに磨かれてフラットになりやすい。でも、最近主流のパッドでない限りは床の凸凹には入り込みません。

僕の勝手なこだわりで光らせすぎず床材がきれいに見えるところまでの光沢で納めています。光りすぎてもけばけばしいですし、ツヤがなさ過ぎてもありがたみがありません。

床の保護の面と美観の面の両方から考えた結果が上の写真の状態だと思っています。

その素材や現場の状況、お客さんのご希望でその都度正解が違うのが掃除の面白い所ではあるんですが。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード