フローリングのワックスを剥がす

立て続けにフローリングのワックス剥離の依頼が入ってきました。
剥離と言うのはワックスをすべて取り除く作業です。
お客さんでも勘違いされている方が多いんですが、ポリッシャーと言う床を洗う機械で洗うだけで剥離していると思っている方がいます。
ポリッシャーを使って出来ることは沢山あって、一番多いのが表面洗浄?(正式名称は分かりませんが)ワックスの表面もしくはワックス一枚分くらいを洗い削り、汚れを落とす作業。これでもそれなりにきれいにはなりますが、ワックス全てを取り除くには表面洗浄の2~3倍の手間も価格もかかります。

ワックスを剥離するためには剥離剤と言うとてもアルカリの強い洗剤を使います。通常の表面洗浄では水飲みとか中性、弱アルカリの洗剤で優しく洗います。ワックスを痛めすぎると、洗った後にワックスを再度塗っても光沢が上がりにくいとか、洗いムラが出た場合に光沢にムラが出るためです。

剥離剤はワックスを溶かす性質の為ワックスにとても速く、強力に浸透していきます。通常の洗剤よりも粒子が細かいそうです。浸透性が極めて高いので、フローリングに使うとワックスを通り越しフローリングを貼っている接着剤やフローリング自体を痛めることが多く、これがひび割れや剥がれ、後の床なりの原因になってしまうことに繋がります。

フリーリングのひび割れなどリスクが高いため「フローリングのワックス剥離は出来ない」という掃除屋さんもいますし、難しい作業になります。

一番いいのは手作業で小さく進めていく方法ですが、僕は手作業だと時間がかかりすぎてお客さんへの時間的な負担も大きいと考え、機械を使い尚且つ床のひび割れなどが怒らない方法を考え実践しています。

今のところは失敗なし。でも「絶対に無傷で仕上げます!」とは言えないのが難しい所。何事においても絶対ってことはないですからね。

今回引き受けたフローリングの剥離は偶然にも同じマンションで2部屋。それぞれ別々のお客さんなんですが、偶然ですね。

このマンションは実はワックス不要のフローリングが貼ってあるのに、新築時に掃除をした掃除屋さんが無理やり?知らなかったのか?ワックスを塗ってしまい、密着不良を起こして剥がれてきているんです。
入居者が退去するたびに空室清掃でワックスを塗り重ねるから余計に始末が悪い。

でも、オーナーさんも管理会社さんも「ワックスは塗ってくれ」という指示だそうですから仕方がない。

二部屋のうち一部屋は水がかかって白濁して悲惨な状態。もう一部屋は白濁こそしていませんがムラが酷い状態。

ノーワックスのフロアにワックスを密着させるのも難しいですし、ワックスを剥がすのも難しい。

まー不動産屋さんも数ある出入り美装屋さんの中からBeクリーンを選んでくれたんですし、腕を見込んでくれたものと前向きにとらえて作業を行います。

ノーワックスフロアは通常のフローリングよりも剥離による痛みが出やすいと感じています。材質自体は安っぽいのに、コーティングで誤魔化しているから、コーティングまで取れてしまった時の素材自体の耐性が弱すぎるんでしょうか?分かりませんがそんなイメージです。

今回はどんな段取りで作業して、どのパッドを使い、ワックスはどういった風に塗っていくのかまだイメージが固まりませんが、難しい作業程「いやー緊張するけど面白そうだな~」とウキウキしますね。

それにしても最近は本当に「ワックス不要の床にワックスを塗る」って注文が多くて頭を悩ませます。「この床はワックス不要の床だから、塗らない方が良いですよ」と説明はしますが、「それでも塗って」って方多いですからね。

ワックス不要の床に対応!って書いてあるワックスに限って塗ると剥がれてくるし、書いてない商品でも剥がれないものもあるし。清掃業界が進歩が著しい建築材料業界に追いつけていない現状です。
自分で試して自分で検証を重ねないとワックスも塗れない時代です。

何度も書いてますけど僕個人としては「ワックスなんて塗らなくていいじゃん・・・・」派なんですけどね。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード