1ランク上のフローリングのワックス

 先日フローリングのワックス掛けを行いました。
常々書いてますが、僕はワックスには否定的なんですが(笑)それでもご依頼があればきちんと施工します。

 今回は通常のワックス掛けに加えて高速バーニッシング処理という、聞こえはカッコいい作業を行ってきました。

_DSC2424.jpg
 何もやらない、最初の状態がこんな感じです。汚くはないけどツヤもない。このお宅は犬がいるので爪の跡とかでガリガリです。

 まずはきれいにワックスを洗い落として、フラットな状態に床をならします。
そしてワックスを掛けてはバーニッシュを繰り返します。

_DSC2429.jpg
_DSC2430.jpg
 部屋中の色々なものが床に写り込んでいるのが分かりますよね?

 もっと塗り重ねてツヤも上げることも可能ですが、後のメンテナンスを考慮するとこれくらいが限度はないかと考え終了。
 あまり磨きすぎると鏡みたいになっちゃいます。

 通常のバフ処理とは違い、バーニッシュは超高速研磨でワックスの表面をツルツルまっ平らにする作業プラス、高い熱でワックス表面を一瞬のうちに軟化させそれから超高速研磨プラス重さで、バフ以上にまっ平らのツルツルに磨き上げます。
 これを行うと耐薬品性とか犬などのおしっこ、よだれ、爪の傷なんかにもかなり強くなります。

 自宅での実験でも、単純にワックスを塗った個所、バフの箇所、バーニッシュの箇所と三か所作り、それぞれに業務用洗剤なんかを垂らし放置し実験しましたがバーニッシュの箇所は強いです。
 我が家の犬がテクテクあるいてもキズなし。うちの息子が椅子を引きずっても問題なし。

 バーニッシャーと合わせるワックスも工夫が必要ですが、今のところは自分的には最高の組み合わせで施工出来ていると感じています。

 そしてバーニッシュ処理を施すと滑りにくくなります。ワックスの性能を120%引き出す処理でしょうか?

 通常のワックス掛けよりは若干価格も上がりますが、どうせならきれいに耐久性もあげながら持っていきたいところです。
(高くなるとはいっても、今のところは僕の好奇心で通用料金で、お客さんに「悪いようにはしないから実験させて!」とお願いして、バーニッシュまでやってますが。僕の好奇心は来年の1月までは続きそうです(笑)。1月までは通常の料金でバーニッシュまでやります、という宣伝っぽいですね)

 ワックスの耐久性が上がるという事はワックスの剥離周期を伸ばせ、かつワックスを塗り直す期間の延長に繋がりますから、環境に優しくなります。
 美容室や歯医者さんなんかにもお勧めの施工ですね。パーマ液や歯科技工に使用される特殊な薬品にも強くなるそうです。

 あまりワックスの周期が伸びると会社の売り上げは減りますが、環境の為には仕方がないでしょう。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード