ステンレス研磨 2

20121011-_DSC1768.jpg

 先ほどの研磨をもう少し追い込んだ画像。
左上が追い込み後。右が先ほど。下が未施工。

20121011-_DSC1780.jpg

 分かりにくいので別の角度から。
左下が追い込み後。左上が先ほど。右半分が未施工。

 左下が若干映り込みがはっきりしてきています。僕の個人的な趣味だとこれぐらいが普段使いには丁度良い艶具合だと思ってます。

 先ほどの投稿くらいの磨きでも水をかけると撥水するレベルにはなってますが、こちらの追い込み後だとさらに撥水します。これを鏡面にまで持っていけばもっともっと撥水はするんですが。水が玉になって排水口に滑り落ちていくいくのが面白いくらいに分かります。

 素材によっても仕上がり具合が違うのが、まだまだ僕の技術が未熟な証拠。

 今回のステンレスのようにクロムの含有量が多い硬めのステンレスだと僕はあまり上手に磨けません。硬すぎるんですね。
 自宅のステンレスはこれほどいいものではないので、鏡面も比較的簡単に持っていけたんですが。

 東京のプライムさんやコヅカ美装さんみたいな日本のハウスクリーニング業の間違いなく頂点に君臨する方々のように、水とパットだけで30分だ50分だとかで出来ないのが情けない・・・。
 今のところBeクリーンは時間制限がある場合は研磨剤も使うし、酸性洗剤も使います。時間関係なければ水だけでも出来なくもないけど、まー大変です。

 最近だとプライムさんやコヅカさんのブログやホームページの文言をそっくりそのままコピーしたかのような書き方で、尚且つ洗剤の製法やコンセプト、技術的な部分までコピーしておいて、技術のない掃除屋さんや仕事の少ない掃除屋さんを「バカ」だとか「えせ」とか「出来もしないのに」「プロではない」「ショボイ」みたいな酷い書き方をしている美装屋さんもいるのが残念です。

 確かに技術は素晴らしいですが、人間としてどうなのか?お風呂掃除に6時間も7時間も掛けるのもその会社のスタイル。1時間や2時間で仕上げるのも会社のスタイル。一概に批判の対象にするのは良くないと思います。
 
 プライムさんやコヅカさんみたいな偉大すぎる先人の苦労と努力を僕たちはインターネットで垣間見て、憧れ、追いつこうと必死に努力する。偉大なる大先輩に敬意すら払えないのは残念。
 会社ごとにお掃除に対するコンセプトも考え方も違うのは当然。倒産させずに会社を維持するだけでも相当な努力が必要です。そんな中で賛否両論出てくるのも当然。これを頭ごなしに否定するのも残念。

 熱意と野心は違います。技術の高さと人間性は比例しません。

 明らかに自分より全てにおいて掃除の技術や売り上げ、会社の規模など下の会社や人に対しても決して傲慢になったり嘲笑したり、バカにするのは良くないと思います。
 技術や売り上げなどは勝っていたって、掃除以外ではその人にかなわない部分は必ずあるはずです。何もかにもが誰よりも勝っている人間なんてあり得ませんから。

 謙虚に生きていきたいな。改めて思いました。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード