白木の洗い

_DSC0618.jpg
昨日のカーペット洗いの現場の道具たち。グチャグチャです。
_DSC0621.jpg
これを消してくれ!と頼まれました。僕は「年数もかなり経っているし、無理?もしくは少し薄くなるくらいじゃないですか??」と言い断りたかったんですが、「出来るだけやってみて」というのでやってみました。
_DSC0633.jpg
こんな感じ。やはりシミは抜けきりません。うっすら黄色く残っています。
ちなみに使う洗剤はエコ洗剤。カーペット用ではありません。カーペット用ではここまで落とせない気がします。やり方が悪いのか?でも少なくとも5年は染みてから時間が経っているようですし、仕方ないのか?

で、白木の落書き消し。
_DSC0623.jpg
見えにくいけど、柱に「○○何歳、何センチ」といった具合にたくさん書かれています。微笑ましいので、消すのも寂しいですが、仕事なので。
この柱に関しては、赤色も残しつつ消してくれとの難しい注文。普通の灰汁洗いの洗剤では白くなりすぎますからね。
_DSC0627.jpg
赤色も残しつつ消しました。お客さんに確認してもらい、もっと赤い方が良いというならもっと赤く戻します。最近得意になってきました。過酸化水素もアクロンとかレブライト?とかそういうものは一切使いません。素手でもマスクもなくてもOKな安全な施工です。

バーニッシャーのテストを行っていますが、難しい。ワックスの層が薄すぎるのか?それともバーニッシュのやり方に問題があるのか?高度計が無いので、カメラの露出計で測りますが、数値的には絞りで言うなら1段は簡単に明るくなります。でも、僕のイメージだと3段くらい明るくなると思っています。
もっともっと研究が必要ですね。

それと、昨日譲っていただいた20インチのバフ機2台も近々テストしたいと思います。20インチはコットンパッドが高くて買えないので、豚の毛のパッドと赤、青、化学繊維の白でとりあえず実験していきます。
豚の毛だと熱がかからないので、バーニッシュというかバフしか出来ないと思うんですが、なんせ回転数とトルクがMRバーニッシャーよりもかなり大きいので、期待です。
MRバーニッシャーも国産のバフ機と比較すればかなり高性能な部類の機械ですから、使い方を極めて機械の性能を120%引き出せるようにならなきゃいけませんね。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード