旭川市で白木のアク抜き

20120703-DSC_0699.jpg20120703-DSC_0701.jpg
 午前中のうちに旭川市内で、一軒家の和室部分の白木のアク洗いを出来るかい?と言われ、見積もりだけのつもりでしたが、「すぐやってもいいよ。」と言われたので、作業しました。携帯カメラなので実際と色が少し違うのが残念ですが・・・。

 クロス屋さんがクロスの張り替えを行っており、制限時間は2時間しかなかったので、洗いは1回しか出来ませんでした。お客さんは「真っ白になった!」と喜んでいましたが、大工歴50年の工務店の社長の点検が終わっていないので、もう一度洗いに行くかもしれません。とりあえず途中経過。

 もっと真っ白にも出来るのですが、他の部分の木の色を考えるとこれぐらいが妥当なのかな?と思い、これで止めておきました。

 すこし灰色っぽい仕上がり。

 現場で社長に「オイルステインで仕上げてあるみたいだわ」と言われ内心「やべー無理かも?」とたじろきましたが、まー出来ないとは言いたくないので「とりあえず、色整えるのは後回しで自然に灰汁だけ抜いてみますね」と断り、作業スタート。

 数年前までは僕も普通に灰汁洗いと言えば「アクロン」という白木のアク洗い洗剤があるんですが、それを使っていました。が、これだとメーカーのパンフレットみたいにきれいに出来た試しがないんですね。使い方が下手なんでしょうけど。

 それで、最近は過酸化水素とか苛性ソーダとか使わずに全く違う方法で灰汁抜きするようになりました。そもそも灰汁が抜けていないのに、漂白だけしてもパッとしないんですよね。

 まずは灰汁を抜きます。でも今回はオイルステインが塗ってあるので、簡単に抜けてきません。まずはオイルを完全に抜き去ります。そのあとで、本番の灰汁抜き。その後、黄ばまないように色を止めます。で、さらに薬品が染みすぎないように目止め。で、灰色っぽくするのに色を整える。乾燥。で終了。

 社長にもっと真っ白に!と言われればもう一度作業して、真っ白に色を整えます。
クロス屋さんにも「あと2時間作業したら邪魔だよね?」と聞くと「邪魔だから、俺らが終わってからもう一回やれば?」と言われたので、とりあえず撤収でした。これでOKならそれで終わりなんですが。

 僕の尊敬する掃除屋さんは色を、赤とか黄色とか白、灰色とかなんせ好きな色に整えられるようですが、僕の技術では今のところは白と灰色これが限度です。どうやって調色してるんだろ?

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード