まだ忙しい

今年はなんなんですか?まだ忙しい。ありがたいことなんだけれど、「明日までに」とか「明後日までに」とかいう依頼が多い。
毎日ギリギリのところでやりくりしている状態ですから、急に「急いで!」と言われても困るんですが、断れないのが僕らの商売。それでも泣く泣くお断りする仕事もあるんですが。

「どうにかならないかい?」とか「なんとか」と言われると断りにくいし、困ったときはお互い様なんですが、これが僕たちから「なんとか日程ずらせませんか?」と頼むと聞き入れられなかったり。
力関係の現れですよね。

掃除屋さんにも何種類かあり、

①ひたすら安く安くで品質はそっちのけ、とりあえず現場が動けばいいタイプ。クレームが多い。
②お客さんに言われた価格に従い、品質は可もなく不可もない。気が付いたらお客さんが他の美装屋に鞍替えしてたりする。「自分で掃除してもこれくらいなら出来る?」とか思われる。
③若干高いが、品質は価格以上。お客さんに「もう少し安くならないの?」とよく言われる。
④ずば抜けた品質で、価格もずば抜けている。お客さんの都合ではなく、自分の都合で作業ができるタイプ。
⑤仕事だけ受けて後は下請け下請け。悔しいことにかなり儲かってる会社に多い。

と言ったところか?

僕は4番を目指してますが、なかなか難しい。

掃除屋さんにも技術検定的なものがあればな~。ハウスクリーニング1級。とか。
なんだか怪しい団体では独自にあるみたいですが、なぜそこまでお金が掛かるの??と思うことが多いし。
国とかで出来ないのか?

ビルメンテナンスだと、昨年僕も取得した建築物環境衛生管理技術者を最上級として、そのほかいくつも国家資格はあるんですよね。
取ってみてなんだけど、これって知ってる人が少ないから特に自慢は出来ないんですね。知事登録とか大きな建物には必須ですが、Beクリーン規模の小さな会社では普段はなんの効果もない。(今年はこれを役立てる動き方をするから、大切な資格なんですよ・・・)

日本でも上位クラスの不況の街旭川市では、未だ価格競争が主流で、品質を見てくれる方は一握りなのが現状。価格を安くしていって、品質だけは維持するか上げろ!ってのは普通に考えると無理ですよね。

飲食業とか、物販業と違い仕入れ値や効率の良い機械システムでコスト削減、とかは難しいジャンルの仕事ですから。いくら素晴らしい機械があっても掃除するのは人間。キレイニするのはタオルとバケツとかですからね。タオルとバケツをいくら安く仕入れても利益にはほんの数円も違いはでません。

いつだったか見積もり時にBeクリーンは4万円と言ったら「他社さんは1万5千円と言ってましたが」と言われたことありますが、これ説明しにくいですよね。値段だけなら勝てません。勝つ気もさらさらありません。ただ品質だけなら絶対に負けません。
これを見積もり時に説明しても他社さんの悪口みたいになるし、嫌ですよね。それに「うちなら絶対落とせます」と言ったところで「口だけでしょ?」と思われても嫌だし。

旭川の地で新たに生活を始める方に気持ち良く暮らしてほしいな~とは思いますが、お金ばかりはなんとも言えない。
安く頼んでも後悔するのは目に見えている。これならやはり高くても・・・と思った時にはもう遅い。

選んでもらえない自分の実力不足。圧倒的な品質で他の追随を許さないほどの技術を持たない自分の実力不足。足りないものばかりだ。

まー今日のものすごく汚れた現場で「やっぱ加藤さんに磨いてもらったらキレイニなるわ!」「追加でまだ払います」と言ってもらえたのがありがたい。こんな一言を積み重ねていくしか、今のところは出来ないのですね。品質を認めて、安さを求めない人は確実に増えてはいるんですからね。
地道に頑張ろう。さーこれからまだまだ現場です。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード