無垢のフローリングにワックス

今日は久々に「楽しい」って思える施工をしてきました。

無垢剤のフローリングに樹脂ワックスを塗ってしまったお家の床のメンテナンスです。

DSC_2910.jpg 

分かりますかね?白いところが剥がした部分。黄色っぽい所がワックスがある部分。
今回はワックスを剥がすのみなので、日焼けによる色の変化がある部分はある程度で終了です。これで色も合わせればより新品みたいになるんですが、そこまでやると相当高額になりますからね(笑)


合板のフローリングだと剥離剤でワックスを剥がせますが、無垢のフロアは剥離剤を使うことは好ましくありません。
無垢のフロアは強アルカリで黄ばみます。面白いくらいまっ黄色になります。

なので無垢フロアの場合は剥離剤を使う剥離を僕は行いません。
ポリッシャーという回転機械で以前は作業しましたが、ワックスが取れるには取れるんですが、色々と細部で問題があるように感じていました。
今日はナノエッジという写真の機械で剥がします。早いし楽です。仕上がりもフラットな素敵な上がりかたです。

一般的には無垢剤フローリングはオイルステインや蜜蝋ワックス、蝋ワックスなんかで仕上げることが多いと思います。ただオイルも蜜蝋も床の色が変わるんです。白ワックス的な白っぽいフィニッシュになるものもありますが、若干レベリング(平坦性?)が悪いので僕は好きじゃないです。いかにも何か塗っただろ!って感じで仕上がります。蝋ワックスは塗った後の処理が手間ですし、すごく滑るから怪我の元です。塗りっぱなしでは仕上がらないのが蝋ワックスですね。
リボスのグラノスなんかもいいと思いますが、正直言って膜は張りません。汚れには弱い。

だからって樹脂ワックスは塗らないで下さいね(笑)

ただ、この現場でとっても切ないのは、ワックスは剥がしましたが「もう一度塗りなおして!」って言われた事です(泣)何故塗るの????????

なんか塗ってないと嫌な人もいますからね(笑)正解はお客さんが決めますから、僕は従いましょう。

蜜蝋ワックスだと塗ると飴色に変わっちゃいます。見た目はこの色のままで何か塗ってくれ。とのご要望です。
もちろん樹脂ワックスなんて塗りませんが、塗らないほうがいいと思うのにな~~。

無垢のフローリングのメンテナンスで困っている人がいればお問い合わせ下さい。
多分大概の事は解決できます。

Beクリーンのお客さんは無垢材とか天然素材のお家の人が多いです。多分一般的な掃除屋さんよりは触っている数が桁違いに違う自信はあります。
このお宅は他にも珪藻土の壁の洗いも行います。これも難しいと思いますがきれいになります。

話は床に戻り、何故塗った後の写真が無いかと言うと。まさかリコートするとは思いもよらず、塗るものを持ってなかった。。。。
後日風合いを変えずに塗膜を作れる塗り物を塗りに行きます。こういう場合に備えて、無垢フロアの風合いをほぼ変えずに仕上がられる技術も持ってはいます。使いたくない技術だけど。

でも、施工後は写真載せないかな。だって本心は「どーしても塗るの??」って未練たらたらなんですもの(笑)

北海道 消臭 旭川 消臭 旭川ハウスクリーニング 旭川 コーティング 研磨 脱臭 OST 火災消臭 火事匂い 旭川お掃除

コメント

非公開コメント

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード