北海道では必須の灯油漏れ現場の消臭作業

北海道はオール電化とかガスのセントラルじゃない限りは大体何処のご家庭も灯油ストーブとか灯油ボイラーとか、ポータブル灯油ストーブとか、灯油が燃料の設備って絶対にあると思うんです。

灯油が漏れて臭いが、、、、ってお問い合わせは多いです。

別に冬に限らず夏でもありますね。給湯器が灯油だったとか、ストーブの灯油のコックが壊れてて気が付いたら漏れてたとか。

そんなんで灯油漏れの現場を施工しています。

やり方を教えて!!とお問い合わせが多いのでちょっとだけ企業秘密を公開&解説です(笑)

DSC_1706.jpg 

昨日漏れたので、昨日のうちに床を剥がしてもらい、特に酷い箇所を切り抜いてもらいます。
解体時の粉などはキレイに吸い取ります。これが残っていると木屑に灯油分が残っていたり、匂いの元がいつまでもなくなりません。

DSC_1711.jpg

灯油を分解してくれる洗剤を吹きかけ(この洗剤は秘密です)、ある程度時間を置いて灯油と洗剤を反応させてから、リンサーという機械に回収剤(回収剤も秘密です)を入れて、回収剤を吹きかけながら吸い取ります。
回収剤を入れないで水だけだと濯ぎきれない様な気がしています。

洗剤を打ち込んだと同時に回収だと浸透した灯油に洗剤が反応しきらないので、意味が無いと思います。

カーペットも洗剤で洗った後に水ですすぎよりは回収剤を使ってすすぎが効果的なのと同じことかな?と思っています。

灯油を分解させる洗剤はもっと良いものがあるんですが、今回は在庫切れで違うものです。写真の黄色いのがそうですね。ストリッパーのボトルに入っていますが、中身は違うんです。。

これで大方灯油分は抜き取れるはずです。これで灯油が抜けない箇所はBeクリーン独自の臭気シールド工法で封鎖です。

洗剤も回収剤も秘密秘密と言いますが、大したものは使っていません(笑)

DSC_1712.jpg

消臭剤を撒きます。消臭剤は灯油臭に効く!って宣伝しているものはあまり効かない気がしてます(笑)あれこれ試したけど、どれもこれも効いた試しがありません(笑)

灯油に効く消臭剤はあれですね。あれ。

灯油は水と混ざらないので水では取れないし、消臭剤で化学的に反応させようと思っても環式化合物とか鎖式化合物とかが複雑に混ざってるんでしょうから、分解が難しいと思います。

先月も灯油漏れの現場を施工して、お客さんも驚くほどの無臭に戻せましたし、今回も問題ないだろうと思います。

灯油にはオゾンもほぼ効果がありません。消臭剤もあまり効果がありません。

でも消すことが可能なんですね。ほぼ効果が無いとはいえ、オゾンも消臭剤も無ければ困るので必要ではあります。

熱をかけて気化させる人もいますが、危ないですよね。燃えちゃう。。

今回の作業の具体的な数値は諸般の事情により公開できませんが、作業前の機械による測定で出た数値が100だっとすれば、消臭初日の今日は作業後で55まで下がっています。ほぼ半減。

僕の消臭理論と工法だと最終的には仮に100だったものが15位までは下がると思います。

長々とグダグダ「どーだいすごいだろ!!」みたいに書きましたが、僕の施工方法とか具体的に何を使っているってBeクリーンの社員さんたちは知ってますが「そんなんで取れるんだ。。」とか「それでいいの?」ってちょっと鼻で笑われる程度のことしかやってませんし、そんなものしか使ってません(笑)

大したもんではないんですね(笑)

まーまーそれでもクレームも0ですし、結果が出て消臭のご依頼はものすごく増えていますから、お客さんは満足してくれているんだと思います。


コメント

非公開コメント

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード