フローリングワックスがペタペタする

今日のお客さんはブログを見てくださりご依頼を頂いた方でした。

ブログの事例が企業や店舗の写真が多いので「一般家庭は対象じゃないのかと思った」と言われましたが、そんなことはありません(笑)大きな仕事も中くらいの仕事も小さな仕事もお引き受けします(笑)

自宅のフローリングのワックスがペタペタして、ご自分でも拭いたり削ったりしたが、果てしない作業なのでプロに任せるご判断をしていただいたようです。

DSC_1542.jpg 

DSC_1543.jpg

DSC_1544.jpg

DSC_1545.jpg

DSC_1546.jpg

DSC_1547.jpg

こういう現象は比較的良く見かけるものですね。様々な原因が考えられるんですが、湿度やキッチンからの油分、脱衣場からの水分などが主な原因トップ3にランクインするのでは?と思います。

キッチンから居間のあたりが黒ずんでいるとか、脱衣場から居間への辺りが黒ずんでいる、食卓テーブルや、イスの下辺りがペタペタするとか。

今回のフローリングは年式的にも材質的にも床材がワックスの剥離には耐えられないのではないか?と判断しましたので、剥離は行わずに減膜で対応し、ワックスはオーブテックだと塗膜が柔らかすぎるのと湿度には強くないので、フォトンマックスで対応、バーニッシュ仕上げで硬化させるという工程で考えました。

日当たりのいいお宅なので塗膜が硬すぎるワックスだとひび割れも想定されるかな?と思い、フォトンマックスを選択しました。多分ベストチョイスだと思います。
DSC_1548.jpg 

DSC_1549.jpg

DSC_1550.jpg

DSC_1551.jpg

DSC_1552.jpg

すっきりしました。一番初めの写真と最後の写真がほぼ同じアングルですが、窓の映り込みがくっきり、はっきりしたのが確認できます。

もっともっと光らせることも可能ですが、今回はペタペタと黒ずみが無くなればいいとのご依頼ですから、自己満足でやりすぎの施工は意味がありません。

20140617-_DSC7602.jpg 

これは昔の写真ですが、こんなくっきりクリアなツヤも簡単です。これよりあと数段上げることも可能ですけど、そこまでやっちゃうと暮らしにくいですよね(笑)

旭川でもこういう施工をしてくれる掃除屋さんは他にもありますから、僕だけが特別ではありません。
でも気をつけて欲しいのはフェイスブックやホームページで「ピカピカ」とか「きれいになりました」って言って写真を載せてる人で、乾いていないのに写真を撮ってピカピカって言っている業者さんです。
「そりゃ濡れてるんだもん光ってあたりまえですやん!!」って言いたくなりますね。

まーまーそういう悪口は程ほどにしておきますね(笑)僕の写真はカラッカラに乾いてますからね。

今日は旭川でも僕の写真のようなピカピカ施工をしてくれる掃除屋さんと一緒にビールを飲むことになっていますので、僕は今日は早々と家に帰ります。

コメント

Re: 剥離でなく減膜

コメントありがとうございます‼️
全てをコーティングに置き換えは難しいと思うので、樹脂ワックスでもコーティングに遅れをとらない施工なり発展のさせ方があればいいなーと思い実験を重ねています。
なかなか難しいですが、ちょっとずつ剥離は不要、光沢のコントロールも比較的行いやすいワックス管理が出来ればと思っています。
例のコーティング剤は必死に研究中です!(笑)

剥離でなく減膜

7/15の記事でも思いましたが,樹脂ワックス管理の既存の仕様は過去のものになりそうですね。

僕ならこの床に剥離剤を使います。でも剥離剤をを使わないでこの仕上がりなら,この方がいいです。

すごくいいね!!
非公開コメント

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード