FRP浴槽の青い輪ジミ

なんだかシミしか抜いてないんだろと思われそうなブログですが、シミ以外にもあれこれお掃除はしてるんです。
ただ、個人的に「面白い!」って作業でもありませんからネタにはなりません。。。

DSC_0646.jpg

DSC_0647.jpg

今回のお風呂はこんな感じです。

キッチンペーパーでシップした跡がものすごく付いていたんですが、スマホカメラじゃ写せませんでした。

FRP浴槽のシミを抜く作業は難しいですから、誰かが変な洗剤とか薬品で触っちゃうと落とせなくなることが多いです。何を使ったか分かれば解決できるんでしょうけど、僕に話が来るのはあの手この手で悪戦苦闘した末の最後の最後ですし、誰が何をしたかも分かりません。

DSC_0655_201704101105003f5.jpg 

DSC_0656.jpg

ほらやっぱり残りました。。。
触られると残るんです。。。。。。

残ったので飛び道具のハンドポリッシャーまで出しましたが、削ってもシミは抜けないあたりをみると、相当浸透して変質してしまっているのか?

浴槽の染抜き作業は完全にシミが抜けるわけではありませんから、ある程度の回復しか出来ません。塗装で塗り替えとか浴槽交換が完璧なんでしょうけど、これらの作業は高額ですしね。
そこまで予算は無いけれど、ある程度の回復はさせたいという方にはちょうどいい作業なのかもしれません。

浴槽の染抜き作業は本当にご依頼が増えている作業ですし、大手の不動産屋さんも何度も何度もリピート利用してくれていますし、需要はあるんでしょうね。

業者に頼みたくないけど自分でやってみたいというお掃除熱心な奥様からのご相談がありましたので、電話では伝えにくかった細かな部分を大サービスで書いてしまいます。(あくまでも家庭で出来る作業としての方法です。トラブルの責任は一切負えません)

用意するもの。

洗面器、酸素系漂白剤、マジックリン(アルカリ性のもの)、お風呂用のゴムスポンジ、マイクロファイバータオル(ふかふかのが良さそうです)、キッチンハイター、(マジックリンが嫌でしたらアルカリ性の洗剤でなるべくpHが7以上のものを探して下さい)

・まずはマジックリンを洗面器にちょっと入れて、ゴムスポンジでやさしーく塗ってみて下さい。
・ちょっと取れてきたなら、それをひたすら繰り返して下さい。
・取れなければ一旦シャワーでキレイにすすぎ、タオルで水分をふき取って乾かして下さい。
・45度くらいのお湯(500cc)に酸素系漂白剤を大さじ2杯くらい溶かして下さい。
・溶かした洗剤をマイクロファイバータオルでやさしーくやさしーくひたすら塗り続けて下さい。
・20分くらいひたすら塗り続けて下さい。
・取れればラッキーです。
・取れなければ、またきれいに濯いで下さい。拭き取り乾かして下さい。
・キッチンハイターを塗ってみて下さい。10分くらい何度も何度も塗り続けて下さい。
注意することはなんせ強く擦らないこと。ガリガリガサガサしたスポンジは使わない。
浴槽には栓をして塗って流れて溜まった洗剤を何度も何度もシミのところへ塗りのばす。


といったところです。

付着して間もない青色なら多分これで簡単に取れると思われます。出来るだけ自分できれいを維持できたらいいですね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード