臭いって難しい

ここ数年面白くてどっぷりはまっている作業に消臭、脱臭があります。

臭いのメカニズムとか色々と詳しいことは超大手のカルモアさんとか大和サービスさんとかがとっても詳しいですからそちらの情報を是非ご参照下さい。

ここ数年相当の件数の消臭や脱臭作業を行ってきて感じるのは、意外と殆どの臭いは消せるということ。時間が掛かったりお金が掛かったりしますから絶対とは言えません(こちらの条件を全て受け入れてくれないお客さんの作業はほぼ消えません。それと嘘をつく人。部品交換してないのにした!とか取り替えた!って嘘。これ一番困りますね)

意外と殆どの臭いは消せることが分かると自信も付くんですけど時々「まだ臭いがする!」って人がいます。
本当にするなら「すみません、僕の手落ちです」となるけど、臭気測定器でも数値が出ない、複数人が嗅いでも問題ない、無臭という現場で「まだ臭い」って言われると困りますよね。

臭いって難しいもので、、おそらくですけど最初に嫌なにおいを嗅いだ人って記憶に残るんだと思います。「あ!あの臭いだ!!」って、そして無臭になってもその臭いを思い出します。その現場の景色とか立地とか壁の色とか色々なものが記憶を呼び覚ますでしょう。くんくん「あ!臭いが!!」って想像力が臭いまでもを補完するんじゃないかと思います。

梅干の写真を見ると酸っぱくなる現象に近いのかな?とか思ってます。

僕も生まれて初めて、真夏の孤独死で腐乱してしまった人が見つかった部屋に入ったときのあの臭い。未だに覚えています(笑)今は普通に人が暮らしているこのお部屋の前を通るたびに「うん、臭かったな」って思い出しますもの。

しかしこの人間の素晴らしい補完能力はやっかいですよ。
無いものを消す作業。
本人は「臭ってるのに分からないなんてお前の嗅覚おかしくないか??」みたいなこと言いますが、こちらも年間数百件は消臭をしているプロですし、客観的に臭いをかぐ訓練はしています。絶対に僕が正しいとは断言は出来ませんが、経験や今までの臭いの仕事量を総合的に判断してもらえればどちらが信憑性が高いかはなんとなく判断されますよね。

こんなときに松岡修三さんみたいに、なんだかよく分からない理屈だけどものすごい説得力のある話し方が出来れば納得して頂けるんでしょうけど、あいにく僕はそういう話術は持ち合わせていません。

さーどうしようか。ちょっと考えます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード