フィンランドの木製窓メーカー「DOMUS」(ドムス)

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

昨日の現場であった窓の写真です。
DSC_0269.jpg 

DSC_0271.jpg

DSC_0268.jpg

DSC_0272.jpg

ドムスというメーカーの窓です。
性能だとかあれこれはググッてもらえれば詳しく書いてあるホームページが沢山あります(笑)

写真が上手に撮れないんですが、ちょっと変わった窓です。
一番下の写真のL字の金具がなければ窓の開閉が出来ません。

僕はこの窓の清掃をする機会がとても多いので、写真のL字金具は僕の自前のものです。掃除のためだけに買いました(笑)
Beクリーンのお客さんはグレード高めの住宅を施工する工務店さんや素敵なお宅にお住まいの方が多いので、他にもノルド、オリンピア、ベルックス、ペラ、マーヴィンとかちょっとお高い窓に触れる機会が多かったりします。

話は戻り、ドムスは下から2つ目の写真の金具だけで大きな窓が固定されています。

窓の中にブラインドが付いています(たぶん断熱ブラインドだと思うんですけど?)

使いやすいとかどうとかは僕はなんとも言えませんが、まー性能はいいという人が多いです。ちなみに僕はエクセルシャノン窓のドーレキップ窓タイプかオリンピア窓が一番作業しやすくて大好きです。。。

また脱線です。ドムス窓は新築時はガラスに薄い膜?なのかなんだかが着いており一回拭くだけではきれいになりません。拭くと逆にムラムラになります。ナルビーというガラス清掃用の刃物でガラスの表面を削るんですが、それでも完全には薄幕はとりきれずに一枚のガラスを拭くのに数回拭かなければきれいにならないのが難点です。

そして高気密にするための何か?木材に染み込んでいるオイルなのかボンドなのか?何かがとてもはみ出しており、これも簡単にはすっきりきれいになりません。

外国製サッシに多いですが(国産窓にも一部ありますけど)窓が内側に開くのはいいと思います。ガラスを拭くのに外に出なくていいんですから。内側から全部拭けます。二階の窓を内側から拭けるって素敵ですね。

ガラスって拭かないと汚れます。汚れるとおうちに入り込む太陽の光も減るでしょうし、家の中の暖かさに影響すると思うんです。

昨日つくづく感じました。ドムス窓の本場フィンランドの美装屋さんは新品のドムス窓をどのように拭いているんだろう?って。
拭いても拭いてもムラムラムラムラムラ。何年もドムス窓との勝負は1勝6敗くらいで。7回勝負してやっと1回勝てる程度です。

拭き方教えてください。。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード