愛別町でグループホームの床ワックス剥離


昨日今日と旭川市からほどほど近い、きのこの里、愛別町のグループホームの床ワックス剥離を行っていました。

700平米程度で小さめではありますが、やはり入居者さんの動きなどを考慮して工期は2日いただきました。

今回も最近マイブームの剥離材を使わない剥離です。こちらの施設も築年数は10数年です。

スマホの写真じゃ微妙な床の具合の差が写せずありきたりな、ワックス塗布後、塗布前の写真なのが情けない。

塗布前は剥離済です。さんざん剥離剤を使う剥離も行いましたが、剥離剤を使わない工法でも遜色ない仕上がりです。

今日は僕のシュミレーションよりも一時間も早く終わりました。
社員さんパートさん含め皆のレベルが上がっており、ビックリでした。

ポリッシャーの掛け方や動かし方で剥離剤を使わない剥離は仕上がりがものすごく変わってしまいますから、ポリッシャーの技術も大切ですが、課長も上手になってました。
隅を擦るとか、汚水を集める、水拭きなど、2番手3番手の作業も一工程一工程がしっかり細かく行わなければ品質は下がります。

カッパギを練習すればポリッシャーの動きの大切さに気が付くでしょうしゴミをどれだけ残さないかの大切さも理解でくると思います、水拭きを何十時間も行えばワックスを簡単に塗れるようになると思います。(きちんとしたレベルを出せるかは別の話ですが、)隅を擦る作業を疎かにした現場は仕上がりがものすごく残念ですし、取れる汚れ取れない汚れを瞬時に見分ける力が必要です。

そんな感じで皆のレベルが上がってて嬉しかったです。

僕はひたすらワックスを塗ってましたが、ここ数ヶ月の課題の「より高精度のレベルを出す」ってのがクリア出来ませんでした。。

お客さんはものすごく喜んでくれましたし、自分で見てもものすごくツヤツヤできれいですが、レベルが出せてない箇所がたくさんありました。

レベルってのはワックスやコーティングの塗布面が均一のまっ平らかどうか?みたいなものですね。
レベルがとれてるともっともっと光沢が変わるはずです。

その辺がまだまだ修行不足でした。

日々勉強だなとつくづく感じた現場でした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード