少しの気遣い

僕が昔修行していた珈琲専門店は何かと一流ホテル並のサービスを提供することに拘っていたお店でした。
その中のひとつにお会計時に新札?ピン札?を使ってお会計をしたお客さんには新札でお釣りを返すというルールがありました。

毎日銀行で折れ目のあるお札と新札を交換していました。

僕もなるべくお会計は新札を使うように気を付けていて、出来る限り徹底しています。

でも旭川の飲食店だとか洋服屋さんでも新札に新札で返してくれるお店ってほとんどありません。別に期待しているわけでもないですし、こんな拘りを持ったお店は少なくとも旭川ではほぼないだろうと思ってますし。もちろんコンビニやスーパーなんかじゃ必要ないと思いますし。

でも意外なことにびっくりドンキー大町店さんは新札に新札で返してくれるんです!
昔修行していた珈琲専門店にもびっくりドンキーの親会社の社長さんと息子さんがいらしてましたが、あの親子ならあり得るなーと妙に納得です。

最初はファミリーレストランでそこまで新札に気を使ってくれる訳ないだろうと、思っていましたが、これが何度か続くと偶然ではないんだろうなと思えてきます。

以前買い物をした千歳空港の近くのショッピングモールなんて新札で払ってるのに、破れていて銀行でも等価交換してくれないほどの痛み方のお札で返してきたことがありました。
その場で確認しなかった僕も落ち度はありますが、千歳空港の近くから旭川に戻ってから気が付き、銀行に持っていっても、等価交換は無理と言われる始末。
お店に電話してもあまりにもいい加減な対応でした。自分で銀行で交換して下さいと。。等価交換してもらえない旨を伝えてやっと、郵送で交換はしてもらえましたが、謝罪の言葉も手紙もなく、ただ折れ目だらけのしわしわの破れてはいないお札が返ってきただけ。

従業員さんがものすごく多いですし、教育にも限度はあるでしょうが、サービス業として問題があると僕は感じました。
売ってやってるんだ!そんなニュアンスの言い方がものすごく感じられました。

それと比べるとびっくりドンキー大町店さんの気遣いは素晴らしいと思います。
折れ目があってもしわしわでもお金の価値は変わりません。でもお金の価値以上にお店や従業員さんの気遣いに価値がありますよね。

サービスや商品を売ったらお終いではなく、最後まで利用してくれた人にいい気分で過ごして頂く。

僕も見習わなければいけないなと改めて思いました。

お客様は神様だ!って間違いだと思います。お客さんもお店も対等ですよ。売って頂いて、買って頂いてるんですから。

旭川でちょっと敷居の高いお店とか、お高いお店なんかも僕なんかの貧民の行ける範囲で、ほんの少しだけ行ったこともありますが、新札に新札ってなかったと思います。

これだけ書いておいてなんですが、そんなに期待もしてないし、あるわけない!って思い込んでますから、まれにあると嬉しいもんです。

珈琲専門店のマスターに教えてあげたいです!

コメント

非公開コメント

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード