フローリングワックス バーニッシュ処理

羽幌町の近くで一般家庭のフローリングワックスの剥離、追加でバーニッシュ処理を行いました。

高濃度のウレタン配合ワックスがかなりの分厚さで塗り重ねられており、剥離に苦労しました。
20畳弱くらいで3人で剥離に4時間くらい、ワックスを4層塗りその都度バーニッシュ処理に2時間くらいで6時間程度かかりました。
疲れました。

20140617-_DSC7610.jpg
20140617-_DSC7618.jpg
バーニッシャーを使う女性社員さんと女性社員さんの指導の下バーニッシャーの練習をするカドヤンです。
まだまだ課題は山積みの22歳、若い男の子です。

20140617-_DSC7628.jpg
20140617-_DSC7602.jpg
濡れているようなツヤです。でもギラギラしすぎず、クリアにあれこれ写り込んでいます。

僕はいつも通り「ワックスは塗らないに越したことが無い」ってのが信条ですが、塗ることをご依頼受ければきれいに仕上げます。仕事ですからね。

それでもひねくれており、よほど予算に対して小さなことを言われない限りは、バーニッシュ処理まで行い、尚且つ外国製のワックスを使用し、国産ワックスとは違うクリアでギラギラしていない自然な光沢を出してゆきます。
また、外国製のワックスは剥離が国産ワックスよりも簡単(だと僕は感じています)に出来るため、数年後のメンテナンスの際も有利だと思います。

国産ワックスでも素晴らしい商品は多いですが、塗り重ねてバーニッシュ処理をした際のツヤの出方がギラギラして分厚くぼてっとしたツヤに感じて僕は好きじゃないんです。
「ただギラギラ光ってればいいってもんじゃない」って思います。

簡単そうに見えてこのツヤは簡単には出せないんです(笑)
ワックスなんて誰でも塗れます。誰でも塗れますが、きれいに塗れるか?レべリングは良好に塗れるか?メンテナンスを考えて塗れるか?その後の暮らしを想像してどこを磨きこまなきゃいけないかを考えられるか?
奥が深いです。

まー僕もそこまでは全く考えてなくて、ワックス掛けで「この人すげーなー!」って思っている人の受け売りです。


今回は数年ぶりにSPPってパッドを工程の一部で使いました。
正直あまり好きなパッドではないんですが、使い方によってはものすごく効率的になる面白い道具であります。
なぜかまた最近メーカーが力を入れて販売しているようです。

今日の現場でSPPが「意外といけるのかな?」と考えを改めましたから、2年?3年かな?倉庫に眠らせてましたが、また出番が増えるかもしれません。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード