事故

車のフロントガラスにヒビがひって割れてしまいました。残念。

会社の近くを法定速度以下で走ってたんです。
(最近この道路で警察の俗にいうネズミ取り?速度取締が頻繁に行われてますから)
道路脇の歩道を母親と幼稚園高学年か小学生くらいの子供が手をつないで歩いてたんです。

そしたら突然子供が母親の手を振りほどいて道路に飛び出てきました。びっくりして急ブレーキで止まりましたが、車の中に積んであった掃除道具がフロントガラスまですっ飛んで行って、ガラスが割れちゃいました。

もちろん子供は無事でした。車からおりて「大丈夫だったかい?」と聞くと「大丈夫」って。お母さんは僕の車のガラスをみて平謝りでしたが、まー仕方ないですよ。僕の道具の積み方も悪かったし、もっと「子供が飛び出るかも」って考えてさらに減速するなり、いったん止まるなり出来たはずですし。

修理代は高いですが、高い授業料を払って勉強したと思えばあきらめもつきますか。

僕も昔は事故とか不慮の出来事に対しては「運が悪かった」「相手が悪い」とか「道路の標識が見えにくい」とかとにかく「自分は悪くない」って考えがちでしたけど、絶対に出来事には原因があって結果があるんですから、一方的に相手を責めるのは良くないと思うように最近はなりました。
もちろん理不尽な一方的な事故ってのもありますから一概には言えないですが。

Beクリーンの社長が以前勤めていた会社の社長が何度も「事故には原因が絶対ある!」って僕をしかりつけてくれたので、そういう風に考えられるようになりました。

なんでもかんでも「あの人が悪い」「あれのせいだ」とか責任や憤りを自分以外にぶつけるのは簡単ですし楽ですけど、因果応報とでも言えば大袈裟ですか?自分にも原因は絶対ありますし、人それぞれ正当なことって違いますからね。
今日のお母さんは僕に謝ってくれたけど、他の人なら「あんたが道路を走ってるからうちの子がはねられそうになった!」って言うかもしれません。
僕の立場でも「あんたが子供みてないからガラス割れた!」って怒る人もいるかもしれません。
どれもこれも本人にとっては正当なんでしょう。多分。。。。

僕も怒りとかイライラに任せて人を罵倒して責任を押し付け傷つけてしまう事が未だにありますし、良くないとわかっていてもなかなか直せないんですが、それでも自分の悪いところにも目を背けないでなんとかしなければいけないとこの数か月ずっと考えています。僕の家庭内での出来事ですから私事で情けないんですが。

ものすごく分かりにくいかもしれないけど、刑事ドラマとか探偵小説、もしくは西遊記?北斗の拳?ドラゴンボール?とかみてると僕はものすごく考える部分が多いんですが、犯人が犯罪の罪を誰かに擦り付けようとあの手この手のトリックやアリバイ工作、「俺は加藤さんが殺害された時間には誰々と電話していた」とかよくあるじゃないですか(笑)
でも結局わかる人には全部ばれちゃう。そして捕まっちゃう。あがけばあがくほど自分の立場が悪くなる。
西遊記で孫悟空が遠くまで行った気がしたけど大日如来の掌の中でしか動いてなかったみたいなね。

結局犯人は刑事コロンボの掌の中で踊らされていただけとか(古いですか?)
一子相伝の北斗神拳の掟を破ったラオウがケンシロウにやつけられたとか。因果応報?大袈裟か(笑)
サイヤ人を理不尽にやつけたからフリーザ様は悟空にやつけられたとか。これも因果応報ですか??
悟空のしっぽがまた生えてくるのを確認しなかったから悟飯は踏まれてしまったとか?(詰めが甘い自分の責任??)

例え話が分かりにくすぎますね。

僕も最近「自分にも責任がある」って思えるようになったと書きましたが、もっともっとすごい人からしたら「おいおいまだそんな小さなことでみっともないことしてるのかい」って思われてるんですよ。きっと。

日頃から自分の性格の悪さであれこれ誹謗中傷をうけることが多いですし、そういうことが巡り巡って今日車のガラスが割れたんでしょう。これも因果応報です。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード