壁紙のシミ

今日もシミを抜いています。Beクリーンです。

今日のシミはこちらです。

DSC_0632_20170331214115895.jpg 

DSC_0633.jpg

お客さん曰く「入居していた人がジュースをこぼした」とのことでした。

う~ん?ジュースで出来るシミですかね???飲み物だとしたらワインとか?でもこれってもっと違うものな気がします。染み方が早いですよね。ジュースなら垂れて流れ落ちてこんなにくっきりしみないと思います。

あれこれ考えてこんなに早く浸透する染み方で、家庭によくありがちなものは?と考え「あれじゃないの???」と目星をつけて作業です。

過酸化水素が大好きすぎて僕みたいに髪の毛が金髪に脱色されている程の過酸化水素中毒患者の方なら見たら分かるんじゃないかと思いますが、この類のシミは過酸化水素では抜けないことが多いように思います。

ナノコロイドと酵素の力を借りてあれこれ試して。とんでもない関係ない道具も使ったりして(笑)抜いていきます。

DSC_0634.jpg 

DSC_0635.jpg

若干残りましたが、ここにシミがあったと知らなければ気がつかない程度までは回復されたかな?と思います。

過酸化水素中毒の僕としては過酸化水素を使わない染み抜きはもの寂しささえ感じます(笑)

目指せ染抜きマスターへの道のりはまだまだ果てしないなと感じる今日この頃でした。

北海道 シミ抜き

もうすぐ3月も終わりです。忙しさはまだまだ続きます。

ここ数日の作業の様子を載せてみます。

まづはアコーディオンカーテンの漂白作業です。アコーディオンカーテンって買い換えると高いんですよね。染抜きは少しだけ得意です。
DSC_0618.jpg 

DSC_0619.jpg

DSC_0621.jpg

黄ばみや焼けで黄色というかオレンジです。さすがに新品に戻すのは不可能ですが、許容範囲かな?って程度には戻せたりします。
DSC_0626.jpg 

DSC_0627.jpg

DSC_0628.jpg

こんな感じ。うん素敵。

DSC_0615.jpg 

次はウォシュレットの分解清掃。Beクリーンでは初宣伝です。
作業は可能でしたが、あまり推してなくて宣伝してませんでしたが、出来るんです。
ウォシュレット分解の大先輩ryoさんのホームページやブログの写真をメチャメチャ拡大して研究したので多分間違ってないはず(笑)

DSC_0610.jpg

ついでに水質検査の写真です。残留塩素測定、色度濁度測定中です。

北海道のハウスクリーニング屋さんは「窓しか拭けない」「床しか出来ない」とか言ってられません。試される大地北海道ですからなんでも出来なきゃご飯は食べられないんです(笑)


そんなバカな。。。。

毎日色々な電話が来ますがちょっと面白い話があったので。

なんだか分かりませんが300平米くらいの施設の清掃の話。
床は洗ってワックス塗布。
ガラス内外拭き。
ブラインド除塵。
レジスター清掃。
エアコンフィルター清掃。
グリストラップ粗集籠清掃。
トイレなど拭き掃除。
キッチン換気扇拭き掃除。
などなど。
これらを4時間で仕上げなきゃいけないと。

対応できるか?とのことでした。

詳しい価格は実際に作業している業者さんから電話をさせるとのことでした。

これだけ聞いても普通に考えたら数十万円は当たり前な作業だと思うんです。

実際の面積を聞いたら300平米は冗談なのか?600平米弱とか400平米越えが殆どでした(笑)

実際に作業をしている業者さんはこの内容全て行って35,000円で作業してるって。。。。。絶句です。。。

各会社さんに色々な事情があるでしょうから価格が適正なのかどうかってのは僕には分かりませんが、どうなんでしょうかね?

あくまでも僕個人の意見ですけど、こういう掃除屋さんをバカにした、人を人とも思わないようなひどい価格で作業を発注する人もおかしいと思うし、それで請けちゃう人がいるから「掃除ってそんなもんでいいんだ」って勘違いしちゃう人も増えると思うんです。他の掃除屋さんの足を引っ張ることになりますから、はっきりいって迷惑ですし。
これじゃー悪循環で掃除屋さんの社会的地位の向上ってあり得なくなると思います。
価格って一度下げると上げるのって難しいですからね。

巡りめぐって施工している業者さんも自分の首を絞めることになるんじゃないかな?って思ってしまいます。


安く安くってのは消費者の心理ですから仕方ないかもしれませんが、安いなら安いなりってのが世の常じゃないでしょうか?
100円の商品に1万円の商品の品質やサービスを求めたって、言いがかりと同じなのと一緒ですよね。まー最近はなんでもかんでもクレームクレームってのが増えてますから、理不尽な世の中だとは思いますが。

なんか寂しい話ですよね。

北海道 火災 消臭

昨年は北海道斜里町で公営住宅の火災現場の消臭作業を行いました。

今度は北海道根室市で公営住宅火災消臭作業が始まります。

今日これから根室市へ出発して、とりあえずの現地調査、臭気測定など行ってきます。

きちんとした成果が求められる役所の仕事ですから、オゾンショックトリートメント法で施工でき臭気測定によるデータの提出、脱臭マイスター資格者在籍のBeクリーンへのお問い合わせが多いのがありがたいです。

それっぽく仰々しく書きましたが(笑)北海道にはBeクリーンの他にもOST法(オゾンショックトリートメント法)で施工をしてくれる会社さんもありますし、脱臭マイスター資格保有者もいますし、僕が全てを請けられるわけでもありませんし、価格の問題とかもありますからご縁があってBeクリーンにご依頼をいただけたお仕事はがんばります。

オゾン脱臭機を買うかどうか悩んでいて「買ったらいいよ!」って僕がお勧めした人で僕よりも消臭の仕事で実績を上げている方もいますし(笑)ホームページもブログも素晴らしくて僕もお願いしたくなるような聖人の様な人格者のお方です。すげーなーと思います。

それにしても僕も大小色々な現場を合わせると年間数百件消臭脱臭の仕事をしてますし、北海道は勿論ですが本州からも消臭のご相談を受けたり、メーカーからも施工方法を知りたいと相談を受けますから、技術は自信ありますけど。ネット戦略とか文章の構成とかは僕の学力のなさが災いして寂しい感じです(笑)

過去には日本でもトップクラスの会社さん。僕も所属している協会の会員さんですが。。。
そこが火災現場の消臭を行ったが臭いが消えておらず、僕がその後の消臭を行ったという大規模商業施設もあったりしました。。。。

こういうこと書くとまた嫌われるからダメですね(笑)お掃除も消臭も僕のことを目の敵にする人が多いんです(泣)

下町ロケットじゃないですけど、大手とかきっちりかっちり教科書みたいな宣伝の会社さんとかも素晴らしいとは思いますけど、地方の零細企業の技術も捨てたもんじゃないと思いますよ。

とりあえず負け惜しみっぽくなりましたが(笑)Beクリーンは2月からゴールデンウイークまではとりあえずものすごく仕事が多くて忙しいです。
体調に気をつけ運転も気をつけ出来ることを増やしながら面白おかしく自分の道を進んで行こうと思います。


卒業式

DSC_3315.jpg

卒業式シーズンです。

Beクリーンにはお掃除のほかに映像部門ってのがあり、写真撮影やビデオ撮影の仕事も行っていたりします。

僕はBeクリーンのほかにも加藤大輔写真事務所って名前でひっそりと撮影の仕事もしていたりしますし。

基本的には時々いる「作品を売ってほしい」っていう方に作品を買ってもらうだけの仕事なんですけど、あちこちの写真館さんやカメラマンさんに「手伝って!」って声を掛けて頂きあれこれ撮影の仕事も引き受けています。

もともとは社長が何十年も趣味で写真を撮っており、社長の持ち前の好奇心というか新しいもの好きが高じて、イベント撮影から商品撮影、風景、動物、殆どの撮影技術を広く独学で覚えてゆき、その中であちこちから撮影の仕事を依頼されるようになり、写真道展入選したり、某航空会社の機内誌で写真付きで連載したり、その他あれこれ世間の皆さんの目に触れるような仕事も沢山していった経歴があります。

親父がそういう趣味ですから僕も自然と覚えていきました。

とはいえ高校生時代は親父が「いいか!露出はこうでよ!」とか「ライティングは」とか言われるのが嫌で(笑)親父とは違う撮影だ!と思いビデオカメラマンのアシスタントを始めました。

中学生のときから写真スタジオで時々雑用をさせてもらっていたし、ビデオカメラマンの雑用も出来るだろうと安易な考えでした。

ビデオの世界はまた難しく雑用からカメラマンへと昇格は出来たけど、それはもう泣きたくなるくらい厳しかったりしました(笑)

大学時代も写真撮影とビデオ撮影のアルバイトをやっていて、某テレビ局のニュースとか中継で使う映像を撮影したり、写真も有名な美容室や洋服店の広告を撮影させて頂いたりああちこちの商品撮影をさせて頂いたり、あれこれ働きました。

でも僕はカメラマンよりは、作品を展示して見てもらう写真家ってのに憧れてたので、写真の個展を何十回も開催したり写真展にも出展したり、おそらく大袈裟ではなく100近くは何らかの形で作品を発表する機会を設けたと思います。ですから未だにアーティストよりは芸術家でいたい!って思ってますし、掃除をしていても「僕のお掃除作品を汚さないで使ってね」って思ってしまいます。

そんな感じで今に至っているんですね。

DSC_3588.jpg 

もちろん掃除が本業ですから優先は掃除ですけど、写真もきちんと責任は持って仕事しています。
僕は皆さんには「自分は幸運なアマチュア写真家です」と言ってます。
今は本業カメラマンじゃないですから、完璧なプロというわけでもありませんし。でも「これ本業にしてもご飯食べられるな」って思うくらい仕事はありますし。

掃除も写真も魚釣りもドラムも好きなんですけど、どれもこれも中途半端にしたくないな~と思います。
すべてに本気で取り組めないと死ぬときに「俺は俺の人生を生きた!」っていえないと思うので(笑)

それに色々なことを本気でやっていると全てはどの仕事にもどの趣味にも通じるんだろうなってつくづく思います。

しかしながら仕事で写真も撮っているわりには僕の掃除現場の施工写真はセンスがないのはご愛嬌ということで悪しからず。。

北海道でオゾンショックトリートメント法による消臭脱臭

3月はやはり忙しいです。
忙しいので僕は年齢的なこともあるのか?個人差なのか?足が臭いです(泣)

しかし僕は消臭脱臭のプロフェッショナルですから(笑)

自分の靴をオゾンショックトリートメント法で脱臭です。

20170315194542193.jpg 

靴にオゾンガスを薫蒸しています(笑)

これは効き目抜群でしょう!

日本中の業者さんでもパンサーをこういう用途で使う人は僕くらいでしょう!!

靴の湿度は必要充分ですからozzzオゾンが効くはずです。

さーさーこれで明日からまた頑張れます。

旭川 排水洗浄

旭川市から程近い比布町で排水管の高圧洗浄を行いました。

DSC_0499.jpg 

DSC_0498.jpg

お風呂のお湯を流すと溢れるみたいです。

洗濯するとお風呂から水が溢れるとかお風呂の水を捨てると溢れるとか、こういうときは排水管の高圧洗浄が必要かもしれません。

市販のパイプ洗浄剤とかも良いんでしょうけど、そんなに効き目はありませんよね。

排水管の中をカメラで撮影すると分かりますが「パイプマンも使ったんだけどね~」というご家庭も何も汚れが取れてない、、、、ってことが往々にしてあります。

旭川のハウスクリーニングBeクリーンはこういうお仕事も請け負っていたりします。

現場によって高圧洗浄機もパワフルなものから程々のものまで使い分けますし。
強すぎても良くないんですよね。排水管が壊れちゃいますし。

弱すぎるとウォシュレットじゃないですけど、気持ちいい程度で汚れもあまり取れませんし。

このジャンルも始めた頃は今ひとつ良く分かりませんでしたけど、床下にもぐり排水管の接続方法を確認したり、実際に排水管を切断して断面を見てみたり、設備屋さんに教えてもらったり、建築途中の現場で設置を見せてもらったり、あれこれ試してやっと理解できました。

日々勉強だな~って思います。


動き出してます

賃貸物件、売買物件の空室清掃をやっている僕たちみたいなジャンルの掃除屋さんはこの時期は「俺いつまで生きていられるかな?」って思うほど忙しいです。

普段Beクリーンは社員さんに任せている空室清掃と、僕がソロ活動で動いている特殊な清掃とか在宅の清掃の2部門で活動しています。

繁忙期は僕もソロ活動は休止で空室清掃に入ります。

僕は日程的要因や契約金額の面で無理なものは別として、作業の内容の面で出来ないとは言いたくないので、清掃のジャンルはほぼ全て請け負っています。

新築物件の引渡清掃も行いますし、ビルやマンションの定期日常清掃も請け負います。消臭も排水管もあれこれやります。
3月は空室清掃のほかに新築の引渡清掃も入ってきますからもーそれはそれは忙しいです。

お客さんには「使う美装屋はBeクリーンだけ」って言ってもらえるのはありがたいですが、日程的に無理なものは無理なので、美装屋さんは複数社使って下さい。うちは独占したいなんて微塵も思いません。とお伝えしています。

だって、丁寧に仕事しようと思うと一日に施工できる件数なんて限られますよ。

そんな多忙の中でも色々と計画し種まきしていた仕事の芽が出てきています。少しずつですが僕の計画通りに色々と動き出しているのが面白いです。

先日お客さんと話していて言われましたが 「出来ないんじゃなくてやらないんだ?」って。
そうなんですよね、この現場は100円って決めたら150円分相当の仕事はしているつもりですが、200円相当の仕事を求められても僕は一切行いません。

200円相当のサービスを求めるなら200円払ってもらいたいし(せめて150円)。200円くれるなら250円分相当のサービスを提供してお得感は感じて頂けると思いますが。

自動車のガラスが割れて修理に出しただけで、凹んでいたバンパーもサービスで直って帰ってこないのと同じ。なんでバンパーは直さないの??修理のついでにさっと直しておいてよ。ってクレーム言いますか?

もしもガラスの修理代金だけでバンパーも直してくれるボランティアみたいな修理工場があるならば、僕もお願いしてみたいです(笑)

以前も書きましたが、僕は掃除できれいになるとお客さんが喜んでくれるのが励みになります。って考えはあまり持ち合わせていません。
自分が納得できる仕事をすればお客さんも喜ぶに違いない。という自分本位な部分が多いです。

もちろんお客さんが求めている正解はどこなのかをすごく考えますけど。

正解よりもちょっと上を目指すのみで、過剰なサービスは一切行わないのが僕の考えです。商売ですからお互いに利益が出なければいけないと思ってます。

過剰に丁寧すぎる喫茶店でお茶をしていると、逆に落ち着かないですけど、出すぎず行き届いたサービスってのが理想です。
「コーヒーの温度はどうですか?」「お水足りてますか?」「椅子のすわり心地どうですか?」「店内寒くないですか?」「もっと広いテーブル空きましたけど移動しますか?」「クリーム足りてますか?」「コーヒー飲み干されたようですけどお代わりはいかがですか?」とかひっきりなしに言われたら「うるせーよ!」ってなりますよ。

300円の契約で600円分のサービスを求められていると感じれば、はっきり「それでは足りません」って言いますし。これで「あいつ冷たいな」って思われるなら残念ですけど、まー仕方ないですよね。僕は価格ドットコムじゃないし最低価格を競ってないし。

まーまーただの愚痴ですよ。

旭川フローリングワックス剥離

フローリングのワックス剥離を行いました。

DSC_0462.jpg 

DSC_0463.jpg

黒ずみがひどいです。
ノーワックスフロアではありませんが、ワックスの密着が悪い部類のフロアです。

DSC_0472.jpg 

奥が剥離した後、手前が剥離前です。

いつもの剥離剤を使わない剥離作業で進めます。

イノベーターの井上君がグイングイン動きます。

DSC_0468.jpg 

すっきりです。

ひび割れも膨れも無しです。


マーフィーの法則

昔マーフィーの法則って本が流行りました。
僕も流行りに乗って読みました。

本って面白くて沢山読んでも全てが記憶に残らないですし、本のある部分だけが鮮明に記憶に残ったりします。

10年以上前に読んだ江国香織さんの小説を最近買いなおしましたが、全く覚えていない。覚えているのは植木にお酒を飲ませてる?だったかな、そんなことだけ(笑)

マーフィーのどの本かも記憶がありませんが

「いかなるものも変化しつつある。これは真理だ。だから貴方がいまどんな苦境にあろうとも、その状態を保持する努力をしない限り、永久に続くはずはないのだ。」

って書いてありました。

これいい言葉だなと思います。

昨日、今日とお話ししていた業者さんは「○○さんが苦手で」みたいなことをえらくずーっと喋ってましたが、自分で苦手な状況を続けようと努力しない限りは苦手な現状って続かないんだろうな。と思って聞いています。

僕の師匠も苦手な人にこそ自分からアプローチしよう。的なことを言ってましたが、そうですよね。相手との間に垣根を感じるなら、垣根を作っているのは自分なんだろうと思います。

さきほど僕が「ちょっと苦手だな」と思っていた営業マンが来ましたが、自分で垣根を越えれば違うのかな?と思い、そういう気持ちでお話していると、普段はすぐに帰るのにゆっくりしていってくれました。

マーフィーの法則。いいじゃないですか。


プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード