臭いって難しい

ここ数年面白くてどっぷりはまっている作業に消臭、脱臭があります。

臭いのメカニズムとか色々と詳しいことは超大手のカルモアさんとか大和サービスさんとかがとっても詳しいですからそちらの情報を是非ご参照下さい。

ここ数年相当の件数の消臭や脱臭作業を行ってきて感じるのは、意外と殆どの臭いは消せるということ。時間が掛かったりお金が掛かったりしますから絶対とは言えません(こちらの条件を全て受け入れてくれないお客さんの作業はほぼ消えません。それと嘘をつく人。部品交換してないのにした!とか取り替えた!って嘘。これ一番困りますね)

意外と殆どの臭いは消せることが分かると自信も付くんですけど時々「まだ臭いがする!」って人がいます。
本当にするなら「すみません、僕の手落ちです」となるけど、臭気測定器でも数値が出ない、複数人が嗅いでも問題ない、無臭という現場で「まだ臭い」って言われると困りますよね。

臭いって難しいもので、、おそらくですけど最初に嫌なにおいを嗅いだ人って記憶に残るんだと思います。「あ!あの臭いだ!!」って、そして無臭になってもその臭いを思い出します。その現場の景色とか立地とか壁の色とか色々なものが記憶を呼び覚ますでしょう。くんくん「あ!臭いが!!」って想像力が臭いまでもを補完するんじゃないかと思います。

梅干の写真を見ると酸っぱくなる現象に近いのかな?とか思ってます。

僕も生まれて初めて、真夏の孤独死で腐乱してしまった人が見つかった部屋に入ったときのあの臭い。未だに覚えています(笑)今は普通に人が暮らしているこのお部屋の前を通るたびに「うん、臭かったな」って思い出しますもの。

しかしこの人間の素晴らしい補完能力はやっかいですよ。
無いものを消す作業。
本人は「臭ってるのに分からないなんてお前の嗅覚おかしくないか??」みたいなこと言いますが、こちらも年間数百件は消臭をしているプロですし、客観的に臭いをかぐ訓練はしています。絶対に僕が正しいとは断言は出来ませんが、経験や今までの臭いの仕事量を総合的に判断してもらえればどちらが信憑性が高いかはなんとなく判断されますよね。

こんなときに松岡修三さんみたいに、なんだかよく分からない理屈だけどものすごい説得力のある話し方が出来れば納得して頂けるんでしょうけど、あいにく僕はそういう話術は持ち合わせていません。

さーどうしようか。ちょっと考えます。

石の床にコーティング

ここ数日はちょっと面白い作業が続きました。
玄関に貼ったタイルにコーティングを塗る作業は思っていたよりもきれいに仕上がり驚きでした。

DSC_0409.jpg 

DSC_0410.jpg

見た感じ「え?塗ったの?」って感じると思います。

僕はこの「え?塗ったの?」ってのがコーティングでは素敵なんじゃないかと思っています。

もっとツヤツヤにも出来ますし、滑らないコーティングも可能ですが、質感はほぼ変わらずってのが燻し銀かなと思います。

今回のコーティング剤はもっとツヤのある素材に塗ればテカテカになりますし。面白いですよ。

塗るのにはアプソンのモケットモップが使いやすい気がします。

ワックスとは違うコーティングの世界です。

玄関にタイル張りはよくある仕上げですけど、バサモルの具合が良くない場合、濡れるとエフロが出て真っ白になります。

IMG_1002.jpg 

こんなんです。

これって酸洗いすれば消えますが、また出てきます。モルタルに水がつくと出るものですから、施工の段階の問題ですね。ほぼ出ない施工ってのも可能なようですが。。。。。




他には「洗濯機を使ってたら排水管が詰まって水が溢れてきた!」って現場で排水管の高圧洗浄を行いました。

溢れている排水管にいきなり高圧洗浄すると水が流れないのに、大量の水を押し込むことになりますから、さらに水が溢れかねないので、始めはワイヤーみたいなものでゴミが取れないか試します。
それである程度取れたなら高圧洗浄がいいのかな?って僕は思ってます。

排水管の詰まりも解消されお客さんも喜んでくれたので良かったです。
見えない部分を意識して施工って本当にイメージ力というか想像力が必要だなと感じます。


go-pro

今日は臭いで困るお客さんの下へ臭気調査に行ったり、マンションの水質検査に行ったり特殊な作業の日でした。

そんな中、僕の社会人になってからの数少ない友人の一人とゆっくりお話が出来ましたが、とてもとても沢山の発見とひらめきの連続な素敵な時間でした。

彼はものすごくものすごーく天才的な変態といいますか(失礼)、才能の塊な人なんです。まー色々と素晴らしいのです。

僕が昨年の12月19日から悩んでいた問題の答えもスパッと明確に導き出してくれ、僕はとても嬉しい気持ちになりました。

やはり僕の持論の「雑談の中にヒントがある」ってのと「ロック音楽の中に人生の全ての答えが詰まっている」ってのに間違いはないなと改めて感じた出来事でした。

明日から僕は明確になった答えを実践するためと、更にその先の突拍子もない出来事に向けて気持ちも新たに行動しようと思いました。

ありがとうございました。

FRP浴槽の青いシミ

立て続けに施工したお風呂の染抜きです。
水が出ないと出来ない作業なので、冬はあまりやらないんですが、水を出していいから施工してほしいとのお願いなので。。。

_DSC5070.jpg 

_DSC5071.jpg

_DSC5072.jpg

_DSC5073.jpg

なんか汚い。空室清掃をした掃除屋さんは落とせなかったとか。
大家さんが8社くらい掃除屋さんを呼んで見積もりしてもらったけど、みんな無理だとのこと。

僕も正直言って絶対取れるという約束が出来ないのが情けないところです。「やってみないとわからない」って作業です。
時々なんですけど、30回に1回くらいほぼ変わらない現場もあります。

_DSC5079.jpg 

_DSC5080.jpg

_DSC5081.jpg

_DSC5082.jpg

うっすら残ってしまいました。。。
汚れが取れると写真も露出が変わるので詐欺っぽいのが悲しいですが。。。

横線がうっすら残っています。

これも取れれば素敵なんですけど、僕の今の技術じゃこれが限界です。

最初から比べるとかなり良くはなりましたが、完璧ではないです。

完璧ではないですが、この作業を教えて欲しいという人が多いので、ちょっとヒントを。

_DSC5076.jpg 

_DSC5074.jpg

これは途中の写真なんですけど、青いシミが茶色くなってるのが分かりますかね?この状態で2工程目の途中の状況です。
青いシミが茶色くなるのが上手くいっている証拠なのかな?って思います。これがもっと真っ黒いシミに変わる場合もありますが、それも問題ないと思います。

僕の感覚的には青いシミ、黒いシミ、茶色いシミ、薄い茶色、オレンジ、また黒っぽくなる、茶色、取れる、って進み方でしょうか?

数人にやり方を伝えましたが、皆さん茶色とか黒に変わった時点で驚いちゃって焦るみたいです。

ヤフー知恵袋だとアンモニア水で擦ると取れるって意見が多いですが、まーそういう場合もありますが、僕にご依頼が来るのはそれでは落ちないケースが98パーセントですから、そういうときの落とし方?はもっと違うと思うんです。

僕は、最初は酸で洗います。その次アルカリで洗います。そのあと中性で洗います。そのあと還元させます。そのあともう一度酸で洗います、ここで使う酸にはほんの少し助剤を添加して酸を発砲させつつ揉み込みます、失敗すると洗剤が爆発?します危ないです。ここで様子を見てもう一度還元させるか、アルカリで洗うかを考えます。そのあと、軽く漂白してみます。これで取れる場合も多いです。
これでダメなら、ナノコロイド的な薬品なり洗剤で揉んでみるかチオグリコール酸アンモニウムを試すかとかしてみます。それから還元か漂白で仕上げです。
これが薬品で落とすパターンですね。

削るパターンなら、上のやりかたの途中に研磨の工程を入れて作業です。僕はほとんどやりませんが。。。


荷崩れ

北海道旭川市もここ数日ちょっと暖かいです。
暖かいとは言ってもマイナス気温なんですが。

ちょっと暖かいと道路の雪が溶けてものすごい轍ができます。轍はハイエースの天敵です。もーメチャメチャ揺れるんです。

乗用車だとそうでもありませんが、ハイエースは貨物車ですからすごいんです。

20170214200650937.jpg 

荷物が倒れて消臭の現場に来たのに消臭剤が全てこぼれてなくなった写真(泣)
現場は水が出ないのに。。。。

20170214200645261.jpg

荷崩れしないように作った棚ですが、やはり崩れてきます。

20170214200640691.jpg

延長コードとか照明がバタバタ揺れて、その音がパンクバンドのライブのようです。


洗剤は使いにくいですが深めの鞄に入れてます。エアコン用の腰バックは揺れっぱなしです。

20170214200632496.jpg

引き出しは走ると勝手に引き出します。

20170214200627711.jpg

モップのハンドルやあれこれはグチャグチャです。排水管洗浄のときに使う外の枡のレベルを計るスケールがちらっと見えています。

20170214200621753.jpg

バケツに貼ってあるのはママチャリ12時間耐久レースを完走した猛者のみが手に入れられるステッカーです(笑)ハイエースなのにとても狭く見えます。。。。

20170214200613603.jpg

こんな感じです。。。


次回は僕の釣り用車のランクルを紹介します(笑)冗談です。。。


北海道 オゾンショックトリートメント法

北海道旭川市でオゾンショックトリートメント法(OST法)で脱臭の仕事を行いました。(行ったというか、日常的に行ってますが、、、)

ちょっと面白い現場が続いたので載せてみます。

一つ目が

これです。

新築の住宅なのにストーブの故障で不凍液が漏れており、しばらくの期間誰も気がつかなかった。
気が付いたときにはあちこちに不凍液が染みており、不凍液の臭いを消してほしいとのご依頼です。

不凍液の主な成分はエチレングリコールというものです。
これが、なかなかやっかいで多量の水で洗い流せば落とせますが、新築住宅の壁や床を多量の水で洗えませんからね。

あれこれ工夫して、臭気測定器で計測しても全く問題ないレベルまで臭気は下がりました。

次が、旭川の飲み屋さんで嘔吐した人がいて(そんな人は毎日たくさんいそうですが、、、)吐いた場所がソファーでした。
ソファーがゲロ臭いので脱臭と除菌をして欲しいとのご依頼です。



ソファーに染みたゲロはエクストラクターなどでキレイに洗い吸い取り。
除菌消臭剤で下処理。消臭剤でもう一手間。
オゾン脱臭機で脱臭。
乾燥で仕上げでした。

ソファーのシミもなくなり、臭いも消え終了です。

北海道、旭川で消臭脱臭が必要でしたら是非ご相談ください。

ちょっと足りない

本日お客さんからあったクレーム。「居間の真ん中だけワックスが抜けてる」と。

20170206202326152.jpg 

Beクリーンのワックス修行中のメンズが塗ったようです。

う~ん、ちょっと足りない。。。。

こういうのをきれいに直すのが僕は得意でよかったです。。お客さんには大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでしたが。

ワックスって誰でも塗れますが、誰が塗ってもきれいに塗れるわけではありませんから難しいです。また部屋に対してフローリングが長手に貼ってあるか?短手に貼ってあるか?これでも塗り進め方ってかなり違いますから、慣れるまでは塗る前に「どうやって塗り進める」とか「どこで区切って、どこから仕切りなおす」とかあれこれシュミレーション出来なきゃいけないですね。


この数日色々な人と色々なお話をしていた中で感じたのは、上にも出てきましたがシュミレーション能力?って大切だねってことです。

「こういうことしてみたい!」って誰でも思いますね。個人的な趣味の範疇なら思い立ったらすぐ行動!!でいいと思います。僕もそうですし(笑)

これが仕事や仕事に関わる事だとそうもならない気がします。責任とかお金とか様々な人の思惑や利害など大人の難しいしがらみが付きまといますからね。

僕はBeクリーンの従業員さんたちによく言うんですが「2~3分で100パターンのシュミレーションを頭の中で行って、それから行動」って(笑)

まーまー正直2~3分で100パターンなんて無理ですね。将棋の名人じゃあるまいし。

それにしても2~3分あれば3パターンは閃くでしょう。上手くいった場合、失敗した場合、そもそも出来なかった場合とか。

「やってみて」と言われて、すぐに「教えてください」とか「分かりません」って言う人と、しばらく試行錯誤した上で「分かりません」「出来ません」って言う人って、このシュミレーション能力が違うのかな?って僕は思い込んでいます。

僕は高校生のときに授業中に先生に質問されて「分かりません」と答えたら「分からないんじゃなくて考えてないだけだろバカヤロー」って怒られたことがあります(笑)
当時は僕もアホでしたから先生に「BONJOVIのキーボーディスとの名前は?」って逆に質問し返して、先生が「そんなもの知るか」と言ったのに対して「考えてないだけじゃないですか?」って抵抗したんですが、そういう問題ではありませんでした。ごめんね先生。

話はそれましたが、考えてから答えを出すとか様々なシュミレーションを行ってから行動するってのは本当に大切なことだと思うんです。ということを言いたかっただけです。

自動車のタイヤを交換することを例にとっても、ナットを軽く緩める、ジャッキアップ、ナットを外す、タイヤを外す、タイヤを付ける、ナットを仮締め、ジャッキダウン、ナットを増し締めとか色々あるじゃないですか。
シュミレーションをすると「ナットが外れなかったら?」とか考えると色々必要なものが出てきます。油をさす?パイプを使ってレンチを回す?インパクトを使う?、でも待てよ!それでボルトが折れたら?とかジャッキの油圧が抜けてたら??コンプレッサーが壊れてたら?

結局はスタンドで換えてもらえよ!って結論になるんでしょうけど(笑)


考え出すと不安なことが増えるかもしれませんが、沢山シュミレーションしている人は不安になりがちな状況でも冷静に次の手を出してくるのでは?と思います。

僕は高校生のときに「もしもBONJOVIが当麻町の改善センターでコンサートを開いて、そのときにドラマーのティコが右腕を骨折、誰か当麻町でBONJOVIの曲のドラムを叩けるやつはいないか?!」ってなったときにどうしよう!!ってシュミレーションをしてBONJOVIの全ての曲のドラムが叩けるように練習しました。BONJOVIは当麻に来なかったし、ドラマーは骨折しませんでしたが。。。。



旭川市内のマンションの排水管高圧洗浄

_DSC5031.jpg
旭川市内の4階建てマンションの一室で排水管の高圧洗浄を行いました。

排水からチョウバエが沢山発生しており、臭いもすっぱい臭いが充満していました。

Snap_002.jpg Snap_012.jpg

ちょっと分かりにくいですが、排水管の中をカメラで撮影した画像です。

ホースみたいなカメラでグイグイ排水管の中に潜り込んでパシャっと撮影します。僕の使っているカメラはPCに接続可能で、PCで画面を見ながら送り込み、とりたい場所でボタンを一つ押せば記録できるので便利です。
ビデオも取れるんですが、データが無駄に重たいですし、汚い動画なんて見ても仕方ありません。

本当は排水管も上流ではなくて下流からアプローチが理想的なんですが、そうもならない現場も多いですからね。

作業時間はそれほどでもありませんが、段取りとか仕込みに時間が掛かります。

数年前に排水管を洗ったときは、建物の地下にもぐり、排水管の洗浄口を開けたとたんに○ンコとか溶け切れてないトイレットペーパーが吹き出てきて、全身に浴びたのを覚えています。。。。

自分は洗濯と入浴でリセットできますけど、汚物が漏れた床下の処理に難儀しました(笑)

町の小さな掃除屋さんは何でも出来なきゃいけません。排水管だって洗えます。大手に頼むのも仰々しいから零細でいいや、というお客さんがいれば是非ご相談ください。


プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード