旭川市で排水管の高圧洗浄

20160531185019846.jpg
旭川市内のマンションでお風呂のお湯を抜くと洗い場にお湯が逆流してくるとのご相談を受け、排水管の高圧洗浄を行いました。

排水管の清掃を専門で行うには排水管清掃作業監督者なんていう資格があったりします。僕は建築物環境衛生管理技術者という資格を持っているので、排水管清掃作業監督者の資格と同等以上ですから専門性はあるんですね。(実際は教科書の知識と、自分で独学の現場の知識だけですから、ベテラン設備屋さんには敵わないんですが 笑 )

まーなんだかんだで詰まりも逆流も解消されきちんと終了しました。

この現場の前には旭川市内で生活臭の消臭作業を行っていました。暮らしの中でお部屋に染み付いた生活臭を消す作業です。今日の作業は簡易コースですからそれなりですが、効果は高くご好評いただいており、ほぼ毎日この作業は行っています。

最近は通常の空室清掃は社員さんたちに任せ、僕は特殊な清掃(排水管洗浄だったり、消臭、脱臭、クロス漂白洗浄、在宅の清掃とか、前回の記事のお風呂の染み抜きとかあれこれ)が多くて、なんだか面白いです。
明日もお風呂の染み抜きのお見積もりですし、浴槽に青い線が付くのは多いみたいで困っている方沢山ですね。

特殊なちょっとだけ難易度の高い清掃をどんどん施工させていただいて、自分の実力にしていくのが面白い毎日です。通常の空室清掃をびっちり行っていた時期も、それはそれで昨日の自分は出来なかった作業が今日は出来てる!!とか面白いことは沢山ありましたが、ハードルは高ければ高いほど面白さは増すものだな~と感じています。


浴槽に青い線がつく 旭川豊岡で除去作業

何度も作業していますが、今日も旭川市の豊岡という地区で浴槽に青い線が付いているとのことで除去してきました。
_DSC4133.jpg

_DSC4132_20160528153642f88.jpg

_DSC4131_20160528153640aee.jpg

きれいに青く線が付いてしまっています。

よく「バスクリンの跡」って言う人がいますけど、恐らくバスクリンではなくて銅石鹸というのか、緑青というものでしょう。

インターネットで「浴槽 青い線」とか「浴槽 青い汚れ」とか検索すると僕よりも詳しい人が詳しい説明をヤフー知恵袋なんかで書いてくれています。
僕ももちろん読みました!「へーそうなんだ~この人詳しいな~」という具合でした(笑)

以前も書きましたが、僕のところにご依頼がくるのは基本的にはヤフー知恵袋通りのアンモニア水とかお酢とか塩とか、そういうのでは落とせなかった汚れが殆どですから困り者です。

今度ヤフー知恵袋に「それでも落ちないんですがどうすればいいですか?」と質問してみようかと思います。。。
詳しい人が詳しく教えてくれるかもしれません。

まー冗談はさておき、作業結果です。
_DSC4136.jpg 

_DSC4134.jpg

_DSC4135.jpg

ほぼ落ちました。良かったです。今回もうっすらは残っていますが、時々完璧に真っ白って仕上がりもあるんですが、まぐれの写真を載せても、いざお客さんにサービスを提供して「ブログの写真とぜんぜん違うじゃん」と怒られても悲しいので、いつも標準の仕上がり写真です。もちろん失敗写真も以前も載せましたが、載せます。
良いフリこきは後々自分が苦しくなりますからね。

まぐれの大成功の写真は自分の心とパソコンの中にだけしまっておきます(笑)

ここ最近の染み抜きで「自分は過酸化水素に頼りすぎていないか?」という気持ちが大きかったので、今日は過酸化水素は普段の10分の1の量に減らし、いつもとは全く違うアプローチの染み抜きで作業しました。
今日の方法の方が浴槽が過酸化水素特有の荒れを起こさず、最後までツルツルしたまま仕上がったのが収穫でした。

最初は「ピアだけで取れたら凄いよな~」と思ってましたが、さすがに無理でした。
CMCを忘れたため、過炭酸ナトリウムで増粘というかペーストを作ったんですが、過炭酸ナトリウムを溶かしこんだ液体が良かったです。

「なるほど!今までなんで気がつかなかったんだろう!!」って発見がありましたし。

お掃除って毎日毎日ちょっとした小さな発見が多いですから面白いです。





テナントのワックス剥離

20160524181447005.jpg 

20160524181443853.jpg 

20160524181439431.jpg

よその掃除屋さんが定期で清掃しているテナントの床ワックス剥離を行ってきました。
ワックスがゴベゴベでまだらっぽくムラになっています。

定期で入っている掃除屋さんが剥離をしないで、単発の僕たちが剥離というのも不思議な話ではありますが(笑)

作業後は
 20160524181431465.jpg

20160524181422842.jpg 

20160524181418568.jpg

きれいになりました。

普通の剥離作業だと誰でも出来ますし、丁寧さの問題で仕上がりが変わるだけなので面白くもなんともありません。

今回はいつもとは違う方法で作業を行いました。
自分でもビックリでしたが「剥離ってこんなに楽になるんだ!」というくらい簡単にするっと取れてしまいました。

これからは剥離は今回の方法で作業を行っていこうと思いました。
今までの剥離はなんだったのか?それくらい革命的な楽ちんさでした(笑)


キルビル?

20160519125239770.jpg
昨日作業していた住宅です。和洋折衷?日本文化を若干勘違いして取り入れた外国の建物?なんせ「キルビル!」って感じでした(笑)個性的で面白い家だと思いますけどね。

写真は4階。3階は普通のフローリングの洋室、2階は茶の湯のための完全な和室、1階は無垢材のフローリングの現代風ナチュラルリビング?水周りはテラコッタタイルが床に使われた、ヨーロッパ風?夢の一軒家ですから、皆さん憧れや取り入れたいご希望は沢山ありますし、夢のある家でした。

写真の床材が何故かものすごくワックスが塗りにくい床でした。垂らした途端に乾いてる?という表現がぴったり。垂らしてから伸ばして、塗り伸ばしていきたいのに、半乾のワックスに触ってしまったときのネッパネッパ感が常に付きまといます。

床に関しては引き出しは多いほうだと自分では勝手に思い込んでいますから、「こういう場合は右の上から3番目の引き出しの塗り方で、、、」とか頭の中の引き出しを開けてみます。

いちおう確認に行きましたが、問題なくムラもかすれも抜け箇所もなく収まっていました。


最近Beクリーンの社員さん達はワックスの失敗に悩んでいます。抜けている箇所があったり、ムラが出たりと。
僕がきちんと僕の持っている技術を全て伝えていないことに最大の原因があるんですが、僕はあちこちの掃除屋さんに修行に行き、色々な人の塗り方を見て覚えたり、会社でサンプルフロアで練習したり、いちいち夜に、自分が塗ったワックスがきちんとなっているかの確認に通ったりしていました。

別にこんな努力を社員さんにはこれっぽちも求めはしません。僕は教えてくれる人がいなかったので、自分で試行錯誤しただけです。今は僕が社員さんに教えられるんですし、僕が自分の中で勝手に消化して自分のものにした技術を、どうやって分かりやすく伝えられるかの努力を僕がしなければいけない時なんだと思っています。

「ワックスなんて誰でも塗れる!」っていう掃除屋さんが多いです、確かに誰でも塗れます。でもきちんとキレイに塗るには誰でもは出来ません。

新品のフローリングに塗るのと中古のフローリングに塗るのとは全く違いますし、無垢材にオイルなり蜜蝋なりを塗るのも違います、無垢材に昔ながらの蝋タイプのワックスを塗るのも違います。塗るだけでは終わりませんしね。
長尺やPタイル、石材にコーティング材、コンクリートにコーティング、体育館にウレタン、厨房の床にコーティング、リノリウム、コルク、なんだかんだとあれこれありますが、全て同じ塗り方じゃ塗れませんし。

僕が知ってる限りの技術を社員さんに伝えるために、とりあえずワックスの塗り方マニュアルを作ろうかな?と今閃きました。


理不尽。。。。

間違いなく僕たちが壊してもいないものを家主さんも不動産屋さんも「美装屋が壊した」と言いがかりをつけてきて、弁償しなければいけない。

本当に理不尽。僕たちが壊した証拠だとか根拠はどこにあるのか?もしも裁判などになった場合に僕たちが壊したことを法的にもきちんと証明することが出来るのか?
ものすごく疑問です。そしてものすごく納得がいきません。

だけど「壊してない」「壊しただろ!」と押し問答もキリが無いですし、今回は僕が妥協して諦めます。そんなことに付き合ってイライラし続けるのは全く生産性もありませんし。
家主さんも不動産屋さんも「やっぱり認めた」とか「よかった、金はあいつが出すってさ」とか自分の思い通りにことが進んでとっても気分がすがすがしいでしょう。
自分が勝ったと思っているでしょう。

僕は全くすがすがしくもありません。でもこのイライラを誰かにぶつけてもぶつけられた誰かが、イライラしてイライラのバトンリレーみたいになるから、僕は僕の中でイライラを消化しましょう。

弁償と簡単に言うけど、今回の対象箇所の修理にどれだけの手間とお金が掛かるのか分かっているのか?そんなに簡単なものではないのに。


僕が尊敬している人に「他人なんて絶対に信用するな」とよく言われます。でも僕は自分が信用しなければ相手も僕を信用してくれないだろう。と思っていました。
今回のことで間違いないと思いましたが、やはり他人なんて1ミリも信用してはいけません。結局は自分しか信用できません。

他人なんて自分の都合しか考えていない。自分より立場の弱い人間にはいざというとき平気で横柄な対応をする。

だからってやはり他人を信用するなというのは寂しすぎます。
今回のものすごく理不尽な出来事を他の人にも経験してもらうのはあまりにも気の毒ですから、少なくとも僕は何の責任も罪も無い自分よりも立場の弱い他者には理不尽な要求はしないようにしようと思いました。




筋肉痛

_DSC4091.jpg

_DSC4084.jpg

息子二人跳んでます。
僕も一緒に跳んだら全身筋肉痛で今日は廃人です。。。。

今日もこれからフローリングのワックス剥離があります。しかも木造アパートの二階ですよ。ポリッシャーを階段で持ち上げなければいけません。
筋肉痛ですからポリッシャーごと自分も階段から転げ落ちないように(笑)気をつけなければ。。

最近色々考えてますが、バッテリー式の自洗機が欲しいと思ってましたが、それよりも先にバッテリー式のポリッシャーが先かな?とか思いはじめました。

また最近これからのお掃除の新ネタを閃き始めていますが、これがまた機械があれこれ必要な気がするものばかりです。
今現状である機械で出来るように色々と試行錯誤してみたいと思うんですが、そんなに時間もありませんし。

料理の達人って「こういう料理どうだろう?」って閃いたとたんにパパッと作って美味しいじゃないですか。僕も掃除の達人を目指して閃いた瞬間に出来てる人間になりたいですね。
「あれもやりたい」「これもやりたい」とこれからどんどん需要を増やせそうなネタは閃きますが、努力を数十年も続ける時間も勿体無いですし、完璧な基本と適度な応用力があれば閃きがすぐに実力になるんではないだろうか?と思ってます。

努力に努力を重ね今の技術をすさまじい域にまで到達させるタイプの人と、閃きの連続で色々な道を模索して、オンリーワンの孤高の域に達するタイプの人とがいると思います。
僕は後者のタイプが好みです。

ジェフベックとかテリーボジオとか?

さーさー剥離に向かいますか。

フローリングのワックス剥離

旭川市内でフローリングのワックス剥離作業を行いました。
20160513182237230.jpg 

20160513182233145.jpg

20160513182229335.jpg 

結構黒ずんでます。ワックスが密着しにくい床材のため、湿気や汚れなどでワックスが黒ずんで剥がれたりしてきます。

ノーワックスフロアは勿論ワックスを密着させるにはそれなりの段取りを踏んで作業しなければワックスは塗れませんが、こういうノーワックスフロアではないけれど、ワックスが密着しにくいフロアも意外と多いです。

僕がいつも言う「ワックスは塗らないほうがいい」ってのはこういう状況になってしまい汚い床が多いからであります。

最近実践している剥離剤を使わないフローリングのワックス剥離で作業を進めます。早いしひび割れやメクレなどが起きにくくいい感じです。
剥離剤を使わないメリットは沢山あります。剥離剤はどんなに気を使って回収しても濯ぎを相当行わなければワックスが黄ばむ原因になったりします。
濯ぎ過ぎるとフローリングは木材ですから水分でひび割れたりメクレたりの原因に直結ですから。

僕の方法だと濯ぎは不要でワックスの黄ばみもほぼ起こりません。

20160513182225978.jpg 

20160513182222697.jpg

すっきりキレイになりました。ひび割れもメクレも皆無です。

来週もフローリングの剥離があります。もう少し僕の工法は改善の余地がありますから、ちょっとずついいものに改善して以降と思います。

旭川市内ホテルで排気ダクトの清掃

旭川市内のホテルの排気ダクトのフィルター清掃を行いました。
主に厨房の排気が集中して排出される系統のダクトなようで詰まりすぎて、ガラリごと風に押されてビスも吹き飛び外れていました。。

20160511182017142.jpg 

20160511182030843.jpg

20160511182008978.jpg
大きいです。一番上の部分で七尺の脚立でやっと届く高さですから、大きいんです。

しかし、油を落とす洗剤を250ccしか持っておらず(汗)ぜんぜん足りなくて(というかたまたま車に乗っていたハイブリットクリーナーという床洗剤なんですが、油も凄く取れるんです)、フィルターの半分を強めの洗剤、残り半分を温水ピアに酸素系漂白剤を足したもので洗いました。

20160511182022856.jpg 

大差ない仕上がり。ピアと酸素系漂白剤は上手に使うと油もすっきり落とせるので素敵ですね。
ケミカルとナチュラルの勝負はどうですか?いいじゃないですか~。

差が無さ過ぎて、「いずれアヤメか杜若」なんて言葉が頭をよぎる仕上がり。大げさですか?


ここ数日は課長(主任が昇格して課長になってもらいました)と新主任、男性社員のサンボとパートさん達に空室清掃は完全に任せっきりで僕は毎年恒例のマンションの共用部清掃40棟分くらいをひたすら一人で回っています。

単純な作業なんですが、単純な作業の繰り返しって色々な閃きや発見、再確認することが多くて毎年楽しく作業をさせてもらっています。

マンションの共用部を水拭するにはモップはこうじゃなくて、こうだよな~とか、ホウキはこう使うほうがゴミがよりとれるとか、一人なもんですからどうすればより効率的に早くキレイに出来るのか?と考えますし。

明日はATMのメンテナンス作業と、在宅の換気扇清掃なんかがありますし、木床のワックス剥離作業が2件とか、なかなかマンション共用部に手を掛けられませんが、残り12棟程ですし、面白おかしく作業していこうかと考えています。


壁クロス漂白洗浄

20160506180217837.jpg
20160506180222128.jpg 
最近壁クロスの漂白洗浄のご依頼がものすごく多いです。
ヤニやカーボン汚れや煤けた汚れなど、結構いい感じでキレイになります。

もちろん新品には戻りませんが、張替え工事よりはお安い価格でご提供できますし、ご依頼いただいているお客さんも皆さん満足してくれています。


何度かこのブログにも書いているんですが、僕の髪の毛の色がまっ茶色なのはこの作業で髪の毛まで脱色されているからなんです。35にもなるオジサンが髪の毛茶色ってのも考え物ですが、黒く染めてもすぐに茶色に戻ってしまいます。

まー人を見た目で判断しない人が多い世の中だと信じて暮らします。

数年前まではこの作業を教えてくれた旭川の達人掃除屋さんと同じ洗剤を使用していました。もちろん一般的なアクロンだとかタックルなんかとは全く別な洗剤でとっても効くんですクロス以外にも様々な場面で使えますし、でもちょっと高価なんです(笑)。

アクロンとかタックルだと仕上がりがイマイチです。あまり白くならない。ヤニには強いけど煤汚れやカーボン汚れなんかには全く効かないとか困り者です。

それで結局今は自分で作った洗剤で作業しています。ものすごく安くなりました(笑)ある程度守備範囲も広いですし、ほぼ垂れないのが素敵です。写真のような自作の入れ物に液剤を入れ、塗装用のローラーで塗っていきます。

塗ったそばから色が変わりますが、さらに1日とか2日とか置くとさらに真っ白になります。

これはお勧め作業です。


ただ、僕一人で作業しているので出来る現場の限度がありますから、御問合せ頂いてタイミングが合ったお客さんはお引き受けできます。ぜひ一度お試しください。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード