老人臭の消臭

先日ブログに書いていた老人臭、高齢者臭?加齢臭?の消臭作業が終了しました。
簡易的な消臭、それなりの消臭、完全消臭の三段階のうち、今回はそれなりの消臭のコースでの作業でしたが、お客さんも全く問題がないと喜んでくださりひと安心です。

住人さんの衣類や荷物がない場合ですと、空間に残った臭気と住人さんの体から分泌された臭い物質が部屋の何処かに残っていることが問題でしょうから、それらを1つずつ解決すれば消えるはずです。

カイコーボレーションの細貝社長が提唱している介護清掃という分野はこれからどんどん広がる予感がします。

床下に溜まった水を抜く

旭川市内中心部で床下に溜まってしまった水を抜く作業を行いました。
20151125183344342.jpg

20151125183350100.jpg

40センチ弱の高さでの水が12~13畳の広さの地下室にびっしり溜まっています。
昔は石炭置き場だった為、煤で水が真っ黒になっています。

水中ポンプを使い汲み出しますが、僕の持っているポンプはある程度の嵩がないと吸い込まないため、水をすくう専用のちりとりで容器に水を貯めて作業です。
ひたすら汲み出すこと4時間以上、やっと水が抜けました。

あまり宣伝してまでやりたくない作業ですが、こういう作業も美装屋さんは可能なんです。

本当に困った人はご相談下さい。

老人ホームの消臭

旭川市内の老人ホームの居室内が臭いがきつくて困っているとのご相談を受けて消臭作業を行っています。
20151125183333047.jpg
介護施設や高齢者保健施設特有の臭いです。
加齢臭、老人臭なんて言いわれることが多いですね。

こういう臭いが出るメカニズムはインターネットであちこちのサイトに詳しく説明されています。加齢臭、老人臭は様々な臭いが複合的に組み合わさっていることが多いですから、原因と思われる箇所を1つ1つ消していく作業が手間は掛かりますが、近道な気がします。

すでに人も住んでいない、荷物も家財道具も無い、何が臭うのか?不思議な気はしますけど、臭いってそういうものですよね。

今までは近江オドエアーとかカルモアの消臭剤をメインに使っていましたが、最近はカルモアとその他2社の消臭剤、それと自作の消臭剤を組み合わせ、必要に応じて臭いを封じ込めるコーティングやアクティボを使い臭いを消してゆきます。

今回の現場はゆとりを持った工期を組ませていただけたので、確実に臭いは消える思います。

旭川市 今日の天気

いよいよ旭川市も冬本番です。


冬っぽいです。

掃除屋さんにとっては辛い季節です。
寒すぎて洗剤が効かない。水が使えないなどなど挙げ出したら沢山の不便がある季節です。

でも僕は季節の中で冬が一番好きですから楽しみでもあります。

今年はどんな冬になるでしょうか?

しかし愛車ハイエースの滑ること。。
トーヨータイヤかどこかのスタッドレスですが、こりゃダメですね。やっぱりスタッドレスはブリザック一択だなと痛感です。

また猫屋敷の消臭

_DSC3118.jpg
 猫屋敷の消臭がまた始まりそうです。
どれくらい建物を解体するかなどの現場調査に行ってきましたが、そうとうボロボロになっていました。

 壁も引っかき傷でボロボロ、床もおしっこでシミが出来てひどいです。今の所Beクリーンで施工した猫屋敷に限らずですが、消臭の現場は、途中で作業を強制中断させられた現場以外は全て臭いを消してお客さんに引渡しが出来ています。

 今回の担当さんのように現場に手を掛ける前の段階から僕を呼んでくれて、あれこれ意見を聞いてくれる方だと作業が円滑です。内装が仕上がってから「消臭してくれ!」と言われてもこれは無理ですから。
 
 作業をやるやらないに関わらず、最近は消臭のお見積もりが増えています。正直消臭作業は価格だけ見ると高額ですが、作業の特殊性と専門性、作業前と作業後の違いを考えると安いものだと思います。

 旭川市で消臭のお問い合わせならBeクリーンへどうぞ。お見積もりは無料です。

反省しています

とあるメーカーさんの営業マンさんがなかなか約束を守ってくれず、対応も遅く、さすがに僕もイライラして電話したんですが「反省してます」と言ってました。

本人が反省しているというので僕もそれ以上何も言いませんが、なんだか不信感で一杯です。

反省って本人が自分の中でするものでしょうから他人があれこれ言っても仕方ないです。
よく「反省してないだろ」って言う人がいますが、なんだか疑問です。
そういう人に限って、反省=落ち込んでがっかりしてなきゃ認めないみたいなことが多いですよね。

僕は反省って「なぜそういう事態が起きたのか?」「次からなくすために出来る対策は?」「もし他の人が自分と同じ状況なら、どのような仕組みを作れば防げるのか?」などなど今後のために考えをめぐらすことと、起きてしまった事態の原因を考えることだと思うんです。

落ち込んで「自分は失敗ばかりだ」とか「ついてなかった」「忘れてました」とかネガティブになることは全く反省の意味がない気がします。

メーカーさんと話しながら「次からは気をつけてくれるのかな?」とか考えていました。
また、もし自分がメーカーさんのような立場ならお客さんに不信感を抱かせず、失いかけた信用を回復させるために何が出来るか?そんなことを考えました。


美装といっても


こんな道具を使って、モルタルをカンカン砕いて、埋もれてしまった金物を掘り起こして養生を剥がして磨く、なんて作業も行います。
彫刻家の気持ちです(笑)

しかし北海道は11月ともなると寒いです。外作業は冷えきります。

そして今日は

こんな感じで撮影の仕事です。

器用貧乏な自分です。

ナノコロイド

北海道特殊清掃クラブの勉強会はおもしろかったです。
ネイチャーログという洗剤やナノコロイドの話し、ナノテックシステムの話しなんかを聞けました。

洗剤が汚れを落とす原理や、pHのことなど、基本的な内容をとても丁寧に解りやすく解説して頂けて、復習的な感じで聞くことが出来、より理解が深まりました。また、ナノコロイドの原理なども図解で理解しやすく教えて頂けたのも収穫です。

講義の中でいくつか僕が認識していたことと先生の説明とで食い違う点がありましたが、これもまた改めて勉強し直すきっかけになりましたし良かったです。

それともう1つ良かったことは、僕はナノコロイドを勘違いして理解していたことに気がつけたことでした。これは大きな発見?気付き?だなと思いました。

具体的な施工などに関しては地域性や需要の違い、現場の違いなどを考慮すると、僕の普段の仕事にはすぐに反映出来るものではないのかな?という感じも否めませんが、考え方や目指すところは共感する部分もあり刺激になりました。

言葉は悪いですけど具体的な話の中には「本当かよ?」「そりゃないだろ!」と思ってしまう部分もありましたが(笑)これを本当にやってる人達が少なからずいるんですから、清掃の業界はまだまだ成長して発展していく余地はあるんだなーと思いました。
僕個人的には清掃のジャンルでもビルメン分野は衰退していくのかな?と思い込んでいましたが、売り方やアプローチの仕方でまだまだ伸ばせる可能性も感じましたし。

簡単にコピー出来るような簡単な技術でもありませんが、方向性としては素敵だなーと感じました。

とりあえず今日一番の収穫は、強風で車のドアが折れるなんてコントの世界の話しかと思ってましたが、本当に折れるんだ‼と分かったことでした(笑)

強風でもガバッと開かないドアの開発は自動運転機能付きの自動車の開発よりも急いでほしいなと思いました。

勉強会



これから勉強会が始まります。
北海道では珍しいメーカーさんだと思います。どんな講義になるのか楽しみです。

掃除屋さんが持っておくと便利な道具

20151102173658293.jpg
これ分かりますかね?脚立に後付できるアジャスターです。

伸縮タイプの脚のついた脚立もありますが、重いのと高い(価格が)のと安いものだとちょうどいい長さに脚が伸びないんです。ですが、この後付タイプは脚のストロークも程ほど長く、脚の範囲内であれば無限段階調整?可能ですから使い勝手がいいです。
最初は「こんな簡単に取り付けできる脚に自分の命を任せても大丈夫なのか?」と心配になりますが、意外と頑丈です。

今日の現場はL字で低いところから高いところまでは6メートル弱の高さの風除室がありました(風除室って北海道特有の物なんでしょうか?)外面もハシゴがとても掛け辛く、ハシゴの使い方に慣れていないと掛けられる場所が無いに等しいです。
内側も写真のように階段ですからとても作業しにくい。

こんなときでもこの脚があればとても楽です。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード