今年も大変お世話になりました。

Beクリーンも本日でとりあえず現場は終了で仕事納めです。

なんだかんだ事務作業なんかもあるので明日も会社にはいるんですが。。。

今年はものすごい勢いで清掃資器材を購入した年でした。一気に会社が狭くなりました。

機材が増えたことでお客様に提供できるサービスの幅は広がり、今までのサービスがより高品質になった部分もありました。
サービスの幅が広がることで僕一人で出来る作業の限界が出てきて、Beクリーンの主任やパートさん達に負担を掛け過ぎた点は反省しなければいけません。
また、お客様にも何カ月も作業に取り掛かるまで待ってもらうことが多く、会社の仕事の処理能力以上の仕事を請けてしまいご迷惑をお掛けしたことも反省です。

最近どこの会社さんに行っても「人手不足」と聞きますがBeクリーンも同じで、求人を出しても電話すら鳴らないなんていう困ったことが何カ月も続きました。

それでも新規のお客さんが増えたのは「サービスの質が良い証拠」と前向きにとらえます。

色々と自分の至らなさを反省する年ではありましたが、支えてくれる方も多く感謝です。来年も宜しくお願い致します。ありがとうございました。

勘違い???

ネタ1
車で以前掃除した現場の前を通りかかると、新しく整体のお店に変わってました。
「へー整体のお店になったんだね!」なんて思っていると、お店の目の前のバス停でバスを待っているであろうご婦人が、「あら私見られてる?」みたいな感じで、髪の毛を直したりニコっとしたりし始めました(笑)

心の中で「いやいや奥さんじゃないから!」と思いましたが、僕もニコッとしてしまったのが情けない(笑)

普段の暮らしの中でちょっと楽しい事や、幸せだな~って思えることを大事にしてニコニコしていなきゃやっていられない世の中ですね(笑)
申し訳ないですけど、僕のせいで悲しくなったり落ち込んだり怒っちゃう人もいるんでしょうから、せめて自分はニコニコして「あいつ何ニコニコヘラヘラしてるんだよ」って笑ってもらえれば、ほんの少しでも楽しい気持ちになる人もいるのか?なんて思います。

まーまー楽しく暮らしたいですよね。

床仕上げいろいろ

無垢の竹のフローリングの仕上げを行いました。

20141223-DSC00240.jpg

こんな感じ。何も変わってないようですが、何かは変わっています(笑)
ドイツ製のリボス社という自然塗料で有名なメーカーの製品での仕上げです。

僕は床はこれくらいがナチュラルでいいと思っています。素敵じゃないですか。


違う現場ではこんな床。
20141223-DSC_0893.jpg
20141223-DSC_0891.jpg
ぱっと見は木に見えます、とっても硬いです。でもビニールの床です。

ワックスは塗れない事ありませんが、密着しないのですぐに剥がれてきます。
現場の帳場さんがこういうことに理解のある賢明なかたっだったのでワックスは塗らずに仕上げでした。

この手の床材でワックス仕上げを求められることは多いですが、完璧に仕上げるとなるととっても大掛りになります。
プライマーだとか密着させるための下地から作り、それからワックス、プライマーもただ塗るだけでは密着しませんから、あれこれと手間を掛けなきゃいけません。

ワックスが密着しにくい割にはワックスを塗らないとすぐに傷だらけになり、傷の中に汚れが抱き込み始末が悪いです。
掃除屋さんはあれこれ苦労します。

水周りの設備なんかも○ナソニック系のものは安くてお洒落で良いかもしれませんが、数年後にはお手入れが難しく腕のいい掃除屋さんでも「これはお掃除の範囲を大きく超えてます、リペアか取替えしかありませんね」と言わざるを得ない状況になるのが想像つきます(笑)

でも悲しい事に最近○ナソニック系の設備がすごい勢いで増えています。
お洒落だし安いですから。。。。

建具なんかも一見木に見えるけど実はただの木目風のシート。多いです。本当の木の建具なんて一部の高級住宅か何十年前の建物位しかないのでは?と思うくらい、ぱっと見がお洒落な木目調が増えてます。

僕たちは出来る限りのことは努力しますが、それ以上はその建材を選んだ方が後悔するだけですから、知ったことではありませんが。。

こんなこと書いてますがBeクリーンの温水暖房便座も○ナソニック製ですし、うちの洗面台も○ナソニック製です(笑)安いですから。。。。

僕のカーナビもそうだ、充電池もそうだ、あれもこれも○ナソニックです。

僕も数年後に後悔する派ですね(笑)

新しい道具


ケルヒャーのウェットバキュームを購入しました。
このタイプの大きな容量で自動チリ落とし機能付きも持ってますが、大きすぎるし、グリストラップ清掃で使っているので排気が臭くて(笑)
洗っても洗っても取れないんです。

消臭の仕事で様々な臭いを消してますが、自分の道具の臭いは消せませんでした(笑)

床清掃でバキュームが必要な現場もありますし、臭くない機械が良かったので追加で買い足したのです。

競合メーカー品よりもカタログスペックでは比較しにくい実際の吸引力や使い勝手、メンテナンス性、アフターフォローの体制の充実具合などケルヒャーが僕の中ではダントツです。

日常の清掃が行き届いていない事務所なんかだと、机の下からクリップや綿ボコりホッチキスの針など吸いとらなければ手間がかかりすぎるし、仕上がりの品質が下がる面倒なものがたくさん出て来ます。
バキュームで吸えば汚水もゴミも一発です。

今日も夜間作業があります。少しでも作業の効率が上がり品質も上がるならいいですよね。

夜間作業続き

今日は歯医者さんのワックス掛けに続き戸建のリフォーム工事後の清掃、もう1チームは新築の外窓掃除などあれこれうごいて、夜はさっきまでめがね屋さんのワックス掛けを行っていました。
めがね屋さんも何年も作業させて頂いていますが、そろそろ剥離しないと限界か?

歯医者さんもめがね屋さんもそうですが、どちらもワックスだけでは密着しない床材なのが大変です。
プライマーをかませてからのワックス塗布。手間がかかります。きれいを維持するには手間は必要ですが、僕はプライマーがあまり上手に塗れないので、一苦労です(笑)


しかしもー疲れ果てました。。。

昨日の夜は大きな厨房の排水管清掃とグリストラップ清掃でした。
新しく購入した、洗管ホースの調子も良く、今までのゴム製の太い排水管用と今回導入のステンレス製の家庭用の配水管など細めの配水管対応品と合わせて、さらに質の高い排水管洗浄が可能になりました。
20141219-DSC00169.jpg
20141219-DSC00145.jpg
ステンレス製の洗管ホースはケルヒャー純正品ではなく、社外品なんですがなかなかの品質。100キロくらいの圧力で使ってと言われていましたが、僕の150キロの高圧洗浄機でも問題なく使えました。ガンのトリガーを放して止水したままでもどこからも水漏れなしです。

価格もお安いですし、純正品が高くて買えないな~という方にはお勧めです。純正のゴムホースを購入して、社外のステンレスホースを買っても、純正のステンレスホース1本の価格と同じくらいで収まりますから、太いホースは純正、ステンレスホースは社外品でもありでしょう。

ただ、社外品のカプラーはものすごく使いにくいです。これは純正が圧倒的に素晴らしいです。

毎回思うんですが、洗管ホースをつなぐのにいちいちランスを外さなきゃいけないのが面倒です。ランスをつないだままでもつなげられれば素敵なのに。

明日も日曜ですが色々とため込んだ事務作業や年末のあいさつ回りなど仕事はビッチリ。月曜日も朝から夜中まで様々な現場が盛りだくさんです。

もー体も限界です。。。

そろそろ帰って寝ます。

自分で決める

これは出来るあれは出来ない、これは向いてるあれは向いてない色々考えることが多いです。

見積もりに行っても「この作業は出来ません」っていうことも多々あります。

「本当に出来ないの?出来る人はいるのになんで自分は出来ないの?出来るまでいろいろ試行錯誤したの?」って自問自答します。

水周りのコーキングの打ち替えを頼まれて行うことがありますが、僕は「コーキングは向いてないな~」とかいつも思います。出来ないことないけど上手ではないです(笑)

でも向いてないんじゃなくて練習してないだけなんですよね。「俺コーキング屋じゃなくて美装屋だし」と言ってしまえば簡単ですけど、そんな簡単に諦めるのもカッコ悪いですし。

この仕事を始めた時は窓掃除に6時間も掛かって「こんなにきれいにしなくていいじゃん」とか思いましたけど、いまなら20分で昔よりもさらに綺麗に出来るようになりました。
昔は「早い人は拭いてないんだろ」とか「俺はあんなに早くなくてもいいかな」とか、なにかと自分に都合のいい理由を付けて逃げ腰でした(笑)カッコ悪いです。

今日行ったようなワックス掛けの現場も昔は「自分はハウスクリーニング専門だからワックス掛けは出来なくても問題ない」とか思ってましたが、今なら「ハウスクリーニング屋のワックス掛けとビルメンさんのワックス掛けの違いはこういう所です!」って自信を持って言えるほど自分なりの拘りをもって作業するくらい、出来ない掃除があってはいけません!って気持ちですし。

自分が「出来ない!」って決めちゃえばきっと出来ないんでしょうし、出来るって決めればそのうち出来ると思います。
向いてるか向いてないかは自分で決めるもんじゃなくて他人が決めるものでしょうし。

会社経営している人たちの会合なんかに顔を出しますが、最近は「入ってすぐ辞めちゃった」とか「無断で来なくなった」とか「メールで辞めます」だけでいなくなったとかそんな話ばかり聞きます。

自分であれこれジャッヂするのが早すぎる人が多いんですね。
もうちょっとだけ辛抱すれば違ったかもしれないのに。って思っちゃいます。

歯医者さんのワックス

歯医者さんのワックス掛けを行ってきました。
20141220-DSC00182.jpg
20141220-DSC00184.jpg
20141220-DSC00185.jpg
今回で3回目の施工です。

下地からきちんと作ってあるので、今回の作業は比較的楽でした。

ツヤだけが無くなっているので、ポリッシャーで洗浄後、水拭きを行い、1度バフを掛けます。それからワックスを1枚塗り、再度バフ、もう一度ワックスを塗り、仕上げにバフ、
20141220-DSC00188.jpg
こんな感じでバフを掛けます。

仕上がるとツヤツヤになります。
20141220-DSC00205.jpg
20141220-DSC00208.jpg
20141220-DSC00209.jpg
20141220-DSC00227.jpg
くっきり色々なものが写り込みます。

もっともっとツヤの出るワックスもありますが、歯医者さんでキャスター付きの什器を転がしたり、椅子を引きずったりとすることを考えると、ツヤは程々で硬いワックスを選ばなければいけません。

ツヤももの凄くて硬さもあるワックスというとあまり無いんですかね?僕が知らないだけかもしれませんが。

めちゃめちゃ滑る

道路が滑って滑って怖いです。
交差点で止まれない。。。

冬の北海道は掃除も大変ですけど、車の移動だけでも大変です。
もー命懸け。

さっき清掃資産の問屋さんに寄ったら、スノーブラシをもらいました。
このタイプ、最近は人気がないのか?あまりないですし、外国製のブラシの品質の悪いものばかりです。
もらったものは国産のブラシがしっかりしたタイプです。貴重です(笑)

最近主流のスノーブラシってT字カミソリの超大型みたいな形で車に載せとくと邪魔なんです。
雪も下ろしにくいし。
それに伸びたり縮んだりしなくていいですしね。

ブラシもらったので、悪いからワックス買っちゃいました。。
こうやって在庫がどんどんどんどん増えていくのです(笑)

なんかカッコいい

20140724-_DSC7986-2.jpg
もう何カ月も前のワックス掛けの時の写真です。
掃除道具もなんかカッコよく見えます(笑)

道具の持ち運びを見ても掃除屋さんって色々な人がいるな~と思います。
僕はやたらと買い物カゴ?を百円ショップで購入してなんでもかんでもカゴに詰め込むか、工具用の布製のカバンに道具を詰め込むスタイル。
蓋つきのハードケースに入れる人もいれば、農家が使うコンテナに積める人もいるし、だらしない人だと洗ったタオルをたたみもしないで、ゴミ袋の放り込んでいる人もいるし(笑)

子供の頃通ってた床屋さんの道具が好きで、行くたびに勝手にあれこれ触って遊んでました。僕は子供の頃から落ち着きが無さ過ぎて、床屋さんも困り果てて酷い時なんて床屋さんの奥さんが僕の顔を抑え込んで、ご主人がその隙に散髪なんてこともありました(笑)
なんだか妙にカッコよく感じる道具とか職場ってありますよね。

それぞれ個々人の趣味嗜好によって興味のある対象は違うんでしょうけど、僕は床屋さんや自動車の修理工場、めがね屋さんのメガネを研磨したり調整する機械室とかが好きです。
キラキラピカピカしていてクルクル回ったりするものが好きなんでしょうか?

うちの息子たちなんかは僕の現場車に乗ると、座席から荷台に飛び移って積んであるヘルメットやら安全帯、スクイジー、金槌、サンダー、インパクトドライバーなんかを見つけて嬉しそうに触っています。なんか男心をくすぐるんですかね?僕の腰道具袋なんて色々なものが詰め込んでありますから、特に興味津々みたいですし。
最近は車のルーフラックに登るのがお気に入りのようで、リアラダーを上手に上って2mはあるのかな?ハイエースの屋根の上に登って何か大声で叫んでますし。

他業種、他人、まったく関係ない人が見ても「なんか興味あるな」とか「ちょっとトキメク」「カッコいい」って思える道具やら作業環境を整えておくのって大切だな~と思います。
きっと誰かに興味を持たれるものって何かしらの美しさ?(大袈裟ですか??)みたいなものがあるんだと思います。

きれいに並べられた床屋さんのハサミや、ピカピカに磨いてある鏡、髭剃りの泡を塗る筆?とか、使いやすさ最優先の洗練されつくした配置のスパナやボックスレンチ、ドライバーとか、一見無秩序に見えるものさえも使いやすさという職人さんの中の秩序に基づいて配置されているんでしょうから、それはそれである種の美しさですよね。

僕の現場車は毎日毎日「う~ん、もうちょっとこれがこうなればな」とか「こういう場合はあの道具出しにくい」とか不便さが多すぎますから、まだまだ乱雑とした中にある美しさの境地へは達していないのでしょう。。。。
難しいもんです。「ここにも棚があれば便利だけど、そしたらポリッシャー乗らないしな~」とか「ここにこれを置いておくと、あれが置けなくなるんだよな」とか。

もっと自分の仕事環境を美しく?出来れば作業効率も良くなるだろうし、気持ちのゆとりも出来るんだろうなと思います。


なんだか今年の12月は日時指定の現場が多すぎてなんだかゆとりがありません。
僕なりに予定を組んでいても突然「何日美装」とファックスやらメールが届き「もー空いてないっす」と思いながらも「徹夜でやればいいか」とか「利益なんて全くでないけど、同業者さんに応援を頼もうか」とか組んだ予定が全く意味のない状態になり、日時指定じゃない現場を遅らせ遅らせしているうちにお客さんから「いつになったら入ってくれるの?」と御叱りを受け、どんどんどんどん気持ちのゆとりがなくなる次第であります。

美装屋ってあまり工程表を貰えることが少ないですから、突然「何日ね!」ってのが多いです。いつも「せめてあと1週間でも早く分かっていれば・・・・・」と頭を抱えます。賃貸物件や売り物件の清掃でも「何日に入居決まっちゃった」とか「広告出しちゃった」と言われると「はい・・・・・・・・・・・」としか言えませんし。

せめて身の回りの道具だけでもきれいに整えて心のゆとりを少しでも作らないと焦るだけでいいことありません。

こんな夜中に自分の愛用スクイジーを磨きながら「あんただけだよ、俺の思い通りに動いてくれてるのは」とかぶつくさニヤニヤしているんです。

水周りのお掃除

20141209-DSC00084.jpg
写真は洗面台のボールです。
まだ水周り清掃修行中のパートさんが磨くと
20141209-DSC00089.jpg
こんな感じに戻りました。でも元々入っていたキズがとても目立ってしまって、せっかくのツヤツヤも残念です。
もうちょっと頑張るともっともっと光るんですが、入社9ヶ月でこれだけ出来れば上出来でしょう。

僕たち美装屋さんは元々の深い傷までは消しきれませんから。

僕はこの前も今日もお風呂の鏡に遊ばれて?疲れ果てました。

普通の鏡と違い最近はクリアミラー?曇りシャットとか言って曇らない鏡があるんです。
コーティングがしてあるタイプや、ポリマーで加工してあるタイプなど何種類かあるんですが、僕が2連続で当たったのがコーティングが工場出荷時に施されているタイプです。

これって磨き方のお作法?というかがありまして、間違うと余計に曇ったりします。
コーティングミラーと分かっていて攻めるのなら簡単なんですが、情けない事に2連続で「コーティングではないだろ!」って勘違いしてしまい、攻め方を間違えて余計に曇ってムラムラになってしまい。。。。

まだまだ見分ける力が無さ過ぎて情けない。勉強不足です。

もちろん、攻め方は間違って最初よりひどい状態にはしたものの、最後にはきれいさっぱり水垢も曇りもムラも消してきれいに納めはしたんですが、手順を踏み間違う自分の下手くそさに情けないです。。

「そんなもの見たり触ったりしたら分かるだろ」と普段他人には言ってるくせに、お恥ずかしい。

僕が愛用しているミニサンダーがあるんですが、ホームセンターの特売品のどこのメーカーかも分からない安い900円とかそんもんのサンダーです。とても気に入っていて、いい具合にチープで力もなくて、僕の使っているパッドとは相性がいいのか?、パッドの効果をきちんと出してくれるんです。
でも、安いし三流過ぎて、同じものがどこに行っても売ってないんです。
壊れたら?不安です(笑)

マキタの大工さんが使うような本気のサンダーも持ってますが、これなんて本気すぎて削れて削れて仕方ないですもん。削れ過ぎ。
僕の電動工具ってマイナーなメーカーの物が多すぎて、壊れたら?って不安になるものが多いです。

ハンドポリッシャーも2台ありますけど、一台はマキタ?ヒタチ?忘れたけど同じ型番はもうないし、もう一台は愛用機で回転数が変えられるんです。確か?200~2000かな?磨きにもコーティング類を押さえるのにも、バーニッシャーじゃ入らない狭いところのバーニッシュにも使えるし、これはとてもとても素敵なハンドポリッシャーなんです。
でも、もう売ってない。

メーカーによってネジのピッチが違うけど、そんなものはネジ屋さんに行ったり、工場に頼めばいくらでもネジのピッチを合わせるジョイントを作ってもらえるから、良いんですけど、ピッチよりもネジが雄雌かとかよりも、三流のチープな商品はすぐに消えてなくなるのが困りもんです(笑)

エンボス床の洗浄

北海道の玄関やマンション共用部で比較的多いエンボスの床材。
汚れが付くとなかなか取れにくいです。

滑りにくい床材は汚れが取れにくいのが残念なところですね。
比較的流行っているのか?テラコッタタイルなんかも、汚れると簡単には汚れは抜けてきません。
かといって、防汚効果を期待してコーティングするのも「じゃーテラコッタタイルじゃなくていいじゃない!」という
本末転倒な話になりますし。

見た目か実用性か?

で、さっきの現場での一コマです。
洗ったところと洗い前が一目瞭然で違います。

20141208-DSC00080.jpg
20141208-DSC00079.jpg
20141208-DSC00078.jpg

色々なアプローチの汚れの取り方がありますから、こういう床でもどのやり方が正解とかはないでしょう。
しかし雪の北海道旭川市、僕を含めてパートさんもみんな長靴です(笑)

一般のお客さんからの年末大掃除のお問い合わせをものすごく沢山いただきますが、メールでのお問い合わせの際にPCからのメールは受信可能にしておいて頂けると助かります。
電話番号が書かれていれば、お電話でご連絡も可能ですが、メールは届かない、電話しても出て頂けない、折り返しかけて頂けない、これじゃー僕らも「ごめんなさい、ご縁が無かったんですね・・・・・」としか言いようがありません。

連絡が取れなきゃどうしようもありません。


また、Beクリーンは価格競争には参加してませんから、価格だけでご検討しておられるお客様は大手フランチャイズ店さんや、便利屋さんなど、価格で営業している会社さんにお電話して頂ける方が、間違いないかもしれません。
それに12月もほぼ予約でびっちりですし。

安くはないし、値下げもしませんが予約は多いし選んでくださるお客様が多いので、ありがたいです。Beクリーンがいい!ってお客さんはお電話ください。日程時間など状況によっては作業のやりくりは不可能ではありませんから。

タイルの洗い

 僕の心の師匠が玄関タイルの洗いを行った記事をアップしていたので、僕も昨日洗ったタイルの写真を
載せてみます。

 まだまだ師匠には及びませんが、僕なりに工夫してこんな感じです。

20141204-DSC00058.jpg
 くすんだ感じが

20141205-DSC00069.jpg
 すっきりしました。

 タイルの目地のモルタル部の汚れがもっと抜ければなお良いんですが、酸性の洗剤なしで洗っているのでこれくらいでしょうか?
 
 北海道旭川市はお掃除していても洗剤凍るし、タオルも凍るような寒さになってきました。
もっと寒くなると吹き付けた洗剤がシャーベットになったり、ガラスは拭いたそばからバリバリに凍りつく、窓枠は分厚い氷で溶かすところからお掃除スタート、床なんて洗っても次の日になっても乾かない、こんなことが当たり前です。
 
 最近テレビCMで氷を入れたお水に溶かしても効く洗濯洗剤、なんて放送してますが、僕が主に使う環境と健康に優しい洗剤は寒いと効かない物が多いです。洗剤を温めても対象物が冷え切りすぎており効かないとか。
 氷点下でも効き目が変わらない洗剤。お掃除業界でもこういう洗剤がメジャーになれば、冬の北海道では爆発的に売れるんだろうと思います。

 氷点下でも洗剤を効かせるにはアレとアレを配合すればいいのでは?というおおよその目星は付いていますが、購入して試すには未だ至っていないのが、僕の行動力の情けないところです。

 おかげ様で12月も予約でほぼビッチリです。

フローリングのワックスの管理

 何年も入退去の度に塗り重ねられているワックスを剥離してきました。賃貸物件でさすがに床が汚れすぎた、という現場でした。

20141202-DSC00031.jpg
20141202-DSC00033.jpg
20141202-DSC00035.jpg
なんか微妙に黒ずんでいたり剥がれている箇所が合ったり、ちょっと小汚いです。
掃除屋さんじゃないとわからない例えかもしれませんが、スクレイパーで擦るとバリバリと割れてくるような剥がれ方をする程の厚みです。椅子やキャスターの跡はがっつりえぐれて本来のフロアの色が出てて、それ以外は黒ずみ黄変している感じ。そうとう分厚いです。

 それでも最近はフローリングのワックス剥離は剥離剤を使わないで剥離するようにしています。
剥離剤を使うと床へのダメージも大きいですし、養生が大掛りになったり、色々と面倒です。僕みたいな大雑把な人間は「やべー!剥離しなくてもいいところに剥離剤が1滴こぼれてた!」とか「バキュームのノズルから気が付いたら剥離剤垂れてた!」とかやっちゃいますから。剥離剤使うと大変なんですよ。


 最近の僕の方法だと1LDKのマンション位なら水は1ℓとパッド1枚、自作のワックスを剥がす洗剤400ccだけで作業可能です。もちろん養生は不要。

 フローリングの剥離をしたことのある方なら「そんなんじゃ出来ねーだろ!」と思われるでしょうけど、実際このやり方でやって大満足頂いているし、悪くはないと思います。

20141202-DSC00040.jpg
20141202-DSC00042.jpg
20141202-DSC00043.jpg
 きれいさっぱり剥離できてますし、床の黒ずみや不自然なムラも消えました。もちろんヒビ割れや床なり、剥がれなんかは一切ありません。
 そして全て環境にも健康にもやさしい原料の洗剤です。

 8畳の洋間と12畳くらいの居間を全て剥離で、作業時間僅かの1時間30分。良いじゃないですか。

 早くて一日に何件も作業する掃除屋さんは雑でプロじゃない、って言い方をするひともいますけど、時間ばかり掛ければプロなんですかね?

 とんかつ屋の厨房でキャベツの千切りをものすごい速さでやっている料理人見習いさんは、あきらかに僕がキャベツの千切りをやるより圧倒的に早いです。
 見習いさんの千切りより、ベテランさんの千切りはさらに早いし、きれいに切れてます。

 高校生の時に郵便局でアルバイトしましたが、社員さんは僕よりも圧倒的に広いエリアを配達してるのに、僕よりも帰社が早い。バイクに乗ってるから早いの?僕は自転車だから?違いますよね。

 ベテランさんは早いからプロじゃないのか?????

 僕みたいな掃除屋見習いみたいな若輩者には分からないことですが。。。。

 僕の憧れている写真家さんのブログで面白い事が書いてありました。こちら。
 とりあえず僕なりに毎日毎日「どうやれば早くて今よりも綺麗に出来るかな?」ってひたすら考えて仕事してます。とっても楽しいです。
 笑って仕事できる楽しい環境で頑張ってる人は仕事も素敵なんだろーなと想像します。

 リンク先の写真家さんなんて撮る写真撮る写真いちいち素敵で「また素敵だ。。。」とちょっと悔しくなるほど(笑)素敵なんです。とっても楽しそうですよ。
 しかも使っているカメラも最新でものすごく高価でプロじゃないと買えないようなカメラ!ではないです。頑張れば僕でも買える機材。しまいには携帯電話で撮った写真ですら素敵ですから敵いません(笑)

 本当のプロって道具なんて選ばないんだろうな~と思います。きっとこの写真家さんなら写るんですを使っても素敵なドラマチックな写真を撮れますよ。きっと。
 
 掃除屋さんでも日本のトッププロ数人は100円ショップのタワシを使ったり、ホームセンターのタオルを使ったりしてますし。

 プロってきっと道具とか時間じゃなくてもっと違うことにこだわってるんですよ。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード