ワックスを剥がす

20140730-_DSC8068.jpg
20140730-_DSC8069.jpg
20140730-_DSC8067.jpg
旭川市内のマンションの脱衣場の床があちこち穴が開いたようになっているので、直してほしいとのご依頼がありました。
見てみるとワックスが所々剥がれて穴のように見えていました。

クッションフロアという床です。水周りに多いちょっと柔らかい感じの床材です。
フローリング柄とか石っぽい柄とか様々な模様があり、比較的安価で張り替えも難しくないのであちこちで使われます。
でも、クッションフロアはワックスが密着しにくい場合が多いです。水が掛かると剥がれてくることが多い。

仕方ないと言えば仕方ないんですが、大概の場合は下地材を塗ってからワックスを塗るほど予算を見てもらえない場合が多いですから、掃除屋さんも下地材なしでそのままワックスを塗ります。
塗らなければ済む話ですが、塗らないとツヤがないという方もいますし。

僕らは言われたとおりに作業するのみです。

で、剥がしました。
20140730-_DSC8072.jpg
20140730-_DSC8073.jpg
20140730-_DSC8071.jpg
ツヤはないですが真っ白です。

これが剥離という作業です。ワックスを一度きれいに剥がしてしまう。
機械で洗ってるからと言って全てが剥離ではありません。機械を使って洗うのも表面洗浄、中間洗浄、剥離、研磨、バフ、バーニッシュと様々な作業がありますから、掃除屋さんにご依頼される場合は「ワックスを塗る前はどのような作業を行ってから塗りますか?」と聞く方が良いと思います。
聞かなければただ掃除機をかけてワックスを塗るだけなんて場合も多いですよ。

和室の木を洗う

タイトル通り和室の木を洗いました。
掃除屋さんの間では白木のアク洗いなんて言います。

要は目に見えてる木の部分の汚れを落とす作業です。

作業前と作業後の色の違いにびっくりです。

木の材質こそ違いますが、白い箇所が作業後です。
全然色が違いますよね。

もちろん僕の勝手なこだわりで業務用の洗剤だけでは作業してません。
あれこれ混ぜたり分量を変えたり、一工程、二工程と工程を増やして作業してます。

なんだか分かりませんが、作業中に指を切ったみたいで薬品がしみてびっくりしました。
何で切ったんだろうか?アロンアルファでくっつけておきます(笑)

OAフロアの床洗浄ワックス

OAフロアってあるんです。床下にパソコンや電気機器の配線がびっしりひしめいている床です。
掃除屋さんが掃除したせいで火事になったとかショートしてブレーカが落ちてパソコン止まった、とかトラブルの多い床です。

正直難しいです。

20140720-_DSC7928.jpg
20140720-_DSC7929.jpg
20140720-_DSC7931.jpg
床材はすぐにめくれるようになっています。写真の黒い部品もすぐに外れます。この下に配線がメチャクチャ沢山走り回ってます。

床を貼ってから一度もワックスもかけたことが無ければ洗ったこともないという床でした。
ものすごい汚れでした。
20140720-_DSC7927.jpg
色はすごく変わりましたが、床自体にキズが無数に入り、その中に汚れが入り込みあまりきれいにできませんでした。すごくムラになってしまいました。
自分の腕の無さに落ち込みました。。。。

ツルツルではなくて静電気の起きにく表面で、なおかつエンボス。で、水分を若干吸い込む。
でも摩擦の強いパッドだと静電気が起きてしまい、OA床だとアウトなんです。水はジャバジャバ使えません。
エンボスに入り込むナノ分子の洗剤や水だと染みこみすぎてアウトです。
ステンレスのブラシも静電気が起きそうで怖いです。
自分の知識の無さにがっかり。

帰り道「あの道具があれば落ちたのか?」「こういう工程なら落ちたのか?」「洗剤のチョイスがダメだった?」とかあれこれ悩みました。
内装屋さんも「無理じゃないか?」というほど床の寿命が明らかではありましたが、それでもきれいにできれば素敵じゃないですか。そういう「すげー!!落ちない汚れなんてないんだね!!!!」って言ってもらいたかった。。。

修行のし直しです。ついでに「あれかな?」って思った道具全部買ってやります。悔しい。。。。。

キッチンシンクの掃除

夏バテです。
数日胃痛と異常な肩こりでなんだか不調です。

お客さんの物件で他社さんで美装は終わってるんだけど、もう一度気になる所だけをBeクリーンで直してください。ってご依頼を受けたので、行ってきました。

キッチンのステンレスも傷だらけのズタズタにされていたので、以前のブログにも書いたなんとなくそれっぽく見える仕上げで仕上げてみました。達人たちの間ではアラフォー仕上げとか言うとか言わないとか(笑)僕の場合はアラサー仕上げですね(笑)
他社さんはズタズタにキズは付けたけど水垢までは取ってなかったのが残念でした。

20140718-_DSC7894.jpg
お気に入りのアストニッシュも写り込んでいる、排水口も写り込んでいる。きれいっぽく見える。でも拡大すると?キズは残っている。
写真右の真ん中辺り?キッチン上部の棚の縁の部分の黒い色が一か所だけくっきり写っている箇所があります。
ここだけ、「鏡面にしてやろうかな?」と思ったんですが、肩がが痛いのでアラサー仕上げに変更と決めた境目です。だから1箇所だけよりクッキリなんです(笑)

出来るならやれよ!って怒られそうですが、そこまでは求められていませんし、なんせ体が付いていきません。半分鏡面で半分アラサー仕上げなんてなったら申し訳ないですし。
疲れるんです。。。。。


ワックスを塗るまでと塗った後の処理

ワックスって難しいです。
お客さんから「黒い跡がひどくなってきた」と言われたんですが、恐らくヒールマークというやつです。
靴やキャスターとか摩擦で黒い線のような汚れが着くんです。

僕の判断ミスなんですが、ワックスの選定とバフパットの選定がベストではなかったんですね。
施工後3ヶ月は経ちますから歩行頻度を考えればワックスの耐久性の限界を超えたと言えばそうなんですが、正直なところもう少し耐えられると誤算した僕のミスなんです。

密着と光沢ばかりを気にしたことで、耐ヒールマーク、耐スカッフマークの点を考えられなかった。そしてワックスの性能を120%まで引き出せなかったのも悔しいです。
もしワックス後のバーニッシュ処理時のパットを選び間違わなければ、僕の計算通りにまだまだもったかもしれません。

次回の作業時にはワックスを変え、バーニッシュのパットも変えてヒールマーク、スカッフマークの対策をメインにしつつも、光沢を上げる仕上げを行いたいです。

ただ、硬いワックスとか耐久性の強いワックスを塗るだけだと、後々のメンテナンスが大変ですから、メンテナンスも考えながら設計図を組み立てます。

似た条件で全く違うワックスで仕上げた現場を今確認に行きましたが、光沢も残ってるし、ヒールマークもスカッフマークもそんなに酷くなかったです。
椅子の足が当たる箇所もズタズタになってませんでした。お客さんにも「今までで一番もちも良いしキレイです」と言われましたし。
こちらの現場は僕の計算通りになってますから、ベストな組み合わせだったんでしょう。

しかしとっても悔しいです。自分理論が間違ってたというのも悔しいですし、ワックスを活かしきれなかった技術の未熟さも悔しいですし、知識の無さも悔しい。

大先輩にも相談しましたが、「ワックスも洗剤も限界はあるよ」と言われましたし、「ヒールマークが着かないワックスなんて無いから!」とも言われました。全くその通りだと思います。
でも何かあるかもしれません?僕は日本とアメリカとドイツのワックスしか使ったことありませんが、もしかしたらカナダとかアメリカのマイナーメーカーとか素敵な商品に出会ってないだけかも知れないし、今のワックスの処理をもっともっと煮詰めればすごい結果になるかもしれないし。

もーものすごく悔しくて悔しくて仕方ないので今日は徹夜でお勉強します。


旭川市でベランダの清掃

20140717-_DSC7874.jpg
20140717-_DSC7876.jpg
排水のドレンが詰まって水が溜まりにたまって藻が生えてとんでもないことになったそうです。

こういう作業もBeクリーンは慣れたものです。

20140717-_DSC7881.jpg
20140717-_DSC7882.jpg
20140717-_DSC7883.jpg
20140717-_DSC7887.jpg
きれいになりました。

水が使えない現場で会社からトラックに水を積み込みエンジン式の高圧洗浄機で洗いました。

ビルの屋上に水がたまって汚れたとか、そんな掃除も可能ですから是非ご相談ください。

東旭川で脱臭、消臭

_DSC7783.jpg
写真は違う現場なんですが、この写真の現場も消臭の見積もりだけは提出した部屋でした。

昨日は東旭川で脱臭でした。

臭いって難しくて感じる人と感じない人でとても極端に分かれます。

「これが匂わないってかい?!」って人も多いし「それは気にし過ぎじゃないの?」って場合も多いです。

Beクリーンでお付き合いさせて頂いている不動産屋さんでも脱臭や消臭に理解のある担当さんは臭いに対してシビアな方が多く、こういう担当さんに当たれば入居される方もラッキーですよね。

せっかく引っ越したのに臭い。嫌ですよ。

とくに女性は臭いに敏感です。男の人が感じない臭いも女性は不快に感じます。
せっかく部屋は素敵なのに臭いから候補から外れる。

ここ数か月は空室清掃を終えて入居待ちの部屋の点検?とかずーっと入居が決まらないとやはりホコリも溜まるのでホコリを取ったり、水道管が傷んでないか電球が切れてないか?とか点検する仕事をひたすら回ってますが、入居が決まらない部屋は臭いです。
担当者さんに言ってるけどあまり深刻に考えてくれない。

まー決まらない限り僕は点検の仕事がずーっとありますから良いと言えばいいんですけど、ほぼ新築設備も最新間取りも悪くない、場所も良い、ただ臭いだけ。
もったいなくないですか???

何千万も投資した物件が臭いだけで決まらないって。

関心のない人は決まって「暮らしてるうちに臭いはなくなります」とか「気になり無くなります」って言います。

無くなりませんから。。。。

化学的に考えても臭い分子が何処かに入り込み液状化現象を繰り返しひたすら増殖し続ける。消えないんです。
消える臭いもないことはないですが、消えたのか慣れたのか?微妙です。


これからは入居するお客さんが不動産屋さんに対して「除菌脱臭を行ってください!」って強気で言ってもいいのかな?とか思います。
食の欧米化?の影響か?強めの加齢臭や体臭が染みこんだ部屋がとても多い、流行のむせ返るような柔軟剤で甘ったるい気持ち悪い臭いが染みこんだ部屋が多い、品質の悪いすすばかり出るお香を炊きすぎて部屋が臭い。
臭い部屋が多いですから。


一廉の人間

一廉の人間。ひとかどって読みます。知ってますよね。。。。

ひときわ優れた人物といった意味でしょうか?

他人から「あなたはすごい!」って言われるのは気分が良いですし、妙な優越感に浸れたりします。
でもこれって良くないですよね。
謙虚じゃないじゃないですか。

謙虚さが必要ないくらいすごい人っているんでしょうけど、僕は会ったことないです。会ったとしても「なんか感じ悪いなあいつ」って思っちゃいそう(笑)

僕の周りのすごい人は謙虚な人が多いです。

すごくて謙虚な人って教え方も上手いんですよね。憧れます。

僕は一廉でもなけりゃ謙虚でもないので、恥ずかしくなります。

簡単に答えを教えるって、相手を伸ばさないんじゃないか?って最近思います。
自分があれこれ試行錯誤して積み重ねたノウハウを伝えれば相手はある程度のレベルからスタートできるので、技術を習得する時間を短縮できるのかもしれないけど、自分で考えて悩んで解決する方法とか、0から作り上げる能力を奪ってしまうんじゃないか?

昔趣味が高じてドラムを何人かに教えてお金を貰ってたことがありますが、あの時は基本のスティックの握り方とかルーディメンツとかはそっちのけで「叩きたい曲を1曲決めて、それを叩けるようになるまで教えます!」ってやり方でした。
今思えば課題曲を習得するために必要な技術だけ伝えて、あとは自分でそれを組み立ててみなよ!って方が人のためになったのかな?って後悔します。

写真だってそう。「同じものを撮ってるのに僕の写真は真っ白になったり黒くなったりする」と聞かれて、こういう場合は絞りは8半でシャッタースピードは250にして感度は400でとか教えればきれいに撮れるかもしれないけど、なんで白くなるのか?なんで黒くなるのか?考えるチャンスを奪ってますよね。

こりゃいけませんよね。

僕の場合は教えるよりも教えてもらうことの方が圧倒的に多いんですが、なるべくならヒントだけもらってあとは自分で考えるように気を付けないと全く成長しないで終わりそうで不安ですね。
せっかく選んだ掃除屋さん業ですし、極められれば素敵ですから、もっともっと上手くなりたいです。上手くなるには自分で考えなきゃいけません。

一廉の人間って言われる日は遥か彼方ですか。

お風呂の染みを抜く

マンションオーナーさんのご希望でお風呂の染み抜きを行いました。
難しいシミではありませんが、普通に掃除をするだけでは抜けない部類なんでしょうか?

20140712-_DSC7854.jpg
20140712-_DSC7855.jpg
20140712-_DSC7857.jpg
全体的に黄ばんでいるのと洗剤のムラ、床や浴槽の底面のすり減って黒ずんでしまっている染みです。

達人の掃除屋さんに言わせれば「そんなのシミに入らないじゃん」と怒られそうですが、抜けなくて困っている人にとっては染みなんでしょう。。。。

作業後はこんな感じです。黄ばみも抜いたので白くなりました。
20140712-_DSC7863.jpg
20140712-_DSC7864.jpg
20140712-_DSC7868.jpg
まーまーでしょうか?

余裕がありそうに書きましたが、実は2時間半掛かってます(笑)まだ下手なんで。。。。

新しく導入した酸と自作のアルカリ洗剤、中性洗剤で勝負でした。寝不足で目がショボショボしたので今日は過酸化水素は未使用です。代わりと言ってはなんですが過炭酸ナトリウムで仕上げでした。

知りあいが全国大手フランチャイズの掃除屋さんに染み抜きを頼んだら、サンダーを持ってきてガリガリゴリゴリ浴槽を削り始めてびっくりしたと言ってました(笑)
削っちゃいけませんよね。

ちなみに今日の僕の道具は平野のブラシ、ヴァイカンのブラシ、コニシのクリーンブラシというスポンジ、ファブリックシートマイクロファイバータオルのみの使用でした。
ガリガリ擦れる道具はゼロですね。



気持ち悪い

二日酔い気味です(笑)
なんか気持ち悪いです。

仕事で滝川に来てますが出来るものなら寝てたいです(笑)

旭川を出る前に問屋さんに寄ったらものすごい量のサンプルをもらいました。ありがたいです。
普通に買えば数万円分。

最近メーカーとか問屋さんにもらうサンプルの量が増えてて助かります。
ワックスなんかも普通なら500ml位がサンプルなら当たり前なのに、20リットルくれたりとか。

Beクリーンの洗剤への辛口評価と実験ばかりの研究心が評価されてるのだとポジティブに捉えます。いつもいつもありがとうございます。
倉庫にはまだ若干の余裕があるので、もう少し受け取れますが(笑)

しかし気持ち悪い。そんなに飲まなかったのに。。。。疲れてるんですかね?

勉強会


リンレイというメーカーの営業マンではなくて、研究開発者さんの講習を受けてきました。
研究所勤務の方の話って貴重ですから。

正直物足りない内容でした。まー大勢に向けての講習となると、専門的な話題だけでは済まないでしょうし広く浅くを話題にしなければいけないですから、仕方ないですよね。

最新の床材の傾向とか注意点など実物を見ながら話が聞けたので、今後お客さんにも詳しい説明をしてからの施工が出来そうです。

懇親会のお酒が入った場ではざっくばらんに、リンレイ製品の開発側としての欠点なんかも聞くことができましたし、今までリンレイを毛嫌いしていた僕にとっては「意外と使えるのかな?」と考えを改める機会にもなりました。

常に勉強して知識や技術を身に付ける姿勢がないと、10年後くらいには「うまいんだろうけど、古いよね」と言われる掃除屋さんになりそうで、僕は嫌です。

僕らは伝統芸能や伝統工芸みたいな歴史と文化を守り伝える仕事じゃないですからね。
日々進化を続ける建築建材や洗剤と薬品など、歴史と文化と一緒に進んでいく仕事だと思ってます。

例えば「床とガラスが得意です」と言っても最新の床材が分からなければ、お客さんには「これはワックス塗れないわ!」とか「密着しないのは仕方ないよ!」とか、掃除屋さんのイメージを下げることしか言えませんよね。ガラスだって、普通にソーラーパネルなんて拭けないですし、親水コートのガラスと撥水コートのガラスとでも違うだろうし。
「よく分からないけど、拭いて曇るっていうことはガラスと問題あるのでは?」「これは特殊なガラスだから普通には拭けないわ」とか、お客さんにしたら「見積りに来てるんだし、そういうのも見越して準備しとけよ!」ってなりますよね。

本当にその床にワックスが密着しないのか?それとも密着させられるのに、密着させる技術がないのか?
やっぱり自分は勉強不足だなーと昨日は感じました。

一番の収穫はワックスのレベリングと硬化の関係、硬化と揮発成分、不揮発成分の関係、ワックスのペーハー、床本来の輝度とワックスの輝度の関係が理解出来たことでした。

リンレイさんありがとうごさいました。

次回の勉強会はBeクリーンで導入したプラズマオゾン脱臭気のメーカーさん、カイコーポレーションさんが講師を努めるとかどうとか?
これもまた楽しみですね。

洗面台磨き

洗面台を磨きました。
町内全戸良質の地下水で有名な東川町です。
掃除屋さん泣かせで有名な名水です(笑)なんせ硬い。
去年の東川で別現場でしたが、メチャメチャ水垢が酷かったお風呂は全部で10時間かかりました(笑)
掃除屋さんが悲鳴を上げる街東川です。
20140707-_DSC7834.jpg
20140707-_DSC7835.jpg
こんなのが、
20140707-_DSC7841.jpg
20140707-_DSC7840.jpg
これくらいなら数分ですが、もっともっとツヤツヤに出来ないもんでしょうかね?

去年の今頃はここまでに数十分かかりましたが、最近は道具とクレンザーの見直しでこれくらいなら数分です。もう少し光らすならやはり数十分かかります。
数分でもっともっと光らせる技術が欲しいです。

Beクリーンは比較的優しい洗剤しか使いませんから緩やかにしか汚れが落ちません。時間かかります。
もっとあっという間に落とすならそれなりの洗剤も数多く業務用には存在しますし。
僕の勝手なこだわりでパートさんは苦労してますね(笑)

まーケースバイケースというか、僕もさすがに老健施設とか公共の施設?大手ビルメンさんが掃除のおばさんに普段はまかせっきりのトイレとか強い洗剤で釉薬まで荒れ果てた陶器なんかは、優しい洗剤は使いません。
はっきり言って無駄ですし、意味がないですから。

しかし今日は暑かったです。暑いのが苦手な僕につらい季節です。。。。
明日は札幌出張です。疲れるのでJRで行ってきます。

壁紙の染み抜き

旭川市内で壁紙の染み抜きを行いました。
いつも書いてるんですが、僕はクロス洗浄は苦手で、旭川には僕の30倍上手い大先生が一人いますからクロス洗浄は大先生にお任せするのが間違いないですね(笑)

で、僕は染み抜きが得意なのでクロスのシミを抜いてきました。
20140705-_DSC7820.jpg

よく分かりませんが、仏壇を置いていて線香で色が変わったと住人さんは言っていたそうです?確かに部屋中お線香の臭いで気持ち悪くなるほど酷かったです。

ヤニでクロスが汚れたとか冷蔵庫とかストーブの裏側が黒ずんで汚れたとかなら比較的簡単に落とせますが、こういう壁紙が焼けた?ヤニではない原因で焼けついて変色したものって難易度が高かったりします。

住人さんがお線香というからそうなのかな?白檀とか伽羅みたいな室内用じゃなくて杉の葉みたいな外用の線香だったんでしょうか?なんせ未だに部屋中煙たいですから。

ポピュラーな過酸化水素を使う方法では落ちない汚れです。

作業後は
_DSC7822.jpg
こんな感じです。天井は未施工ですから色の差がくっきり。

偉そうに書いてますがうっすら残ってしまいました。
今回の現場は予算が限られてますから「その予算内で出来る範囲でしか施工しませんよ」との約束ですし、最初から比べれば相当目立たなくなっています。

上の写真まで3工程でしたが、時間と予算が許すならあと2工程足せば完璧に消せたのにな~って思います。

旭川の仲良くしている掃除屋さんの大先生なら2工程で完璧に消しちゃうんだろうな~とか思いながら、「自分の工程の何が無駄なんだろう?」とか「あの薬品とこの薬品の配合で変わるの?」とかあれこれ考えたら楽しくて仕方ないです。

僕のオリジナル染み抜き剤を使ったんですが、これはダメでした。シミはもちろん抜けるんですが、濃すぎるのか?ヌルヌルして拭き上げが面倒です。

理想は塗ったとたんに真っ白!ってテレビのコマーシャルみたいな洗剤ですが、それはまだまだ遥か先のことになりそうです(笑)

旭川市で大理石研磨

旭川市で大理石の研磨を行いました。
あまり上手に写真が撮れなくてパッとしないんですが(笑)
20140705-_DSC7797.jpg
20140705-_DSC7810.jpg
別に水垢がびっしりとか汚いわけではないんですが、ツヤがありません。

3工程だけで僕がそれなりに写り込む位まで磨いてみます。

20140705-_DSC7807.jpg
20140705-_DSC7817.jpg

まだまだ修行が足りないので、くっきりはっきり写り込むまでは磨けませんが、最初から比べればツヤツヤです。
水垢は取れてます、手触りもツルツル、でももっと磨くことが出来れば写り込んでいる自分がもっともっとはっきり映るはずです。

本州にはもっともっとビカビカの鏡みたいに磨いちゃう達人が沢山いますから、僕も追いつけるように修行を積まなければいけません。

勉強の日々

何年もずっと気になっていた団体があったんですが、今の自分の技術では掃除屋さんとしてダメだな~と思い入会希望をしてみたところ、仮入会ではありますが許可して頂けました。

ものすごい人たちの集まりですし、皆さんのやり取りを見ているだけでもものすごく勉強になります。

自分ではこれが正解だろうと思っていたことが間違っていたり、こういう場合はこれでいくってのが間違ってなかったりだとか色々と再確認も出来て素晴らしいです。

ワックスに関してもつい最近まで僕が「これが最良」と思っていた施工方法も「違うのか?」と疑問に思える書き込みが合ったりと、さらに研究しよう!って気持ちがものすごく出てきます。

とりあえず明日は大理石の研磨を行うので、僕が少しずつ研究してきた大理石磨きの手法が間違っていないか?再確認しながら新たな手法にも挑戦して色々と楽しみたいと思います。

お風呂の青い汚れ

20140701-_DSC7769.jpg
20140701-_DSC7774.jpg
先日お風呂に付いた青い汚れを落としてきました。
入居者さんがご自分で掃除をされたようですが、落とせなかったみたいです。

青くてカチカチでパリパリの汚れです。

どうしてこの汚れが付くのかを知っている掃除屋さんならすぐに落とせる汚れです。
掃除屋さんでなくても理屈が分かれば比較的簡単に落とせます。

20140701-_DSC7779.jpg
20140701-_DSC7780.jpg
今回は汚れを落とすだけの清掃ですから、よく見ると残っているシミまでは抜きません。住人さんが落とそうとしてガリガリに削ってしまってツヤもなくなっていたのですが、コーティングも行いませんでした。
単純に青い汚れを落とすのみ。

暮らしている地域の水質や住宅の給水管の種類によってはこの汚れが発生しやすいお家も多いと思います。

とりあえずスポンジ研磨剤とかスコッチブライトとかコゲ落としタワシみたいなガリガリ傷のつくもので擦らないでくださいね。溶かして落とせばやわらかいスポンジかフワフワのブラシだけで取れますから。

汚れは溶かして取れて、つるつるに戻ったけど青い色だけは消えなかった。となればプロに依頼しなければ落ちませんから、お風呂が青くなったら放置しないでまめに掃除してあげれば重症にはならないで済むと思います。

重症の染み抜きをご依頼いただくことが多いですが、正直言うとあまりやりたくありません(笑)価格に対しての緊張感?プレッシャー?が大きすぎて(笑)
僕の引き出しではお風呂の染み抜きは7パターンくらいしかバリエーションが無いので「パターン1で落ちないから次はパターン2で」とか作業してパターン6くらいになっても落ちなかったら「やべー!最後の手段で無理ならどーしよー!!」ってドキドキします(笑)

幸いにも今まで施工した染み抜きで「納得いかない!」ってクレームになったことはなく、大満足してもらうことが多いですが、内心「落ちるかな~どうかな~」ってドキドキですから。

何が言いたいかというと「まめに掃除しましょ」ってことです。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード