クロスの汚れ落し

クロスについてしまったヤニの汚れとか油の汚れとか、掃除で落ちることが多いです。
でも僕個人的には「張り替えれば?」と思っちゃいますがね。

まー自分がクロス掃除が苦手だからなんですが。
今日の現場のクロスはこんな感じです。

_DSC5661.jpg
_DSC5662.jpg

何かを吊るしてあった個所は白いし、それ以外もまだらに汚れていて見栄えが悪いです。
分かる人は写真を見ると「クロスじゃないじゃん」と思うと思います。

これはクロスではなく、石膏ボードに貼ってあるだけのビニールではなく柄の付いた紙です。濡らすと破れてきます。うまく処理しないと簡単にムラになります。

いつもいつも「だから俺はクロス洗いは苦手なんだって。。。。」と思いながら作業です。

_DSC5672.jpg
_DSC5671.jpg

白くはなりました。お客さんも驚いていました「え!色塗ったんですか?」と。塗ってません。汚れだけを浮き上がらせて、浮いた汚れを取り除く処理です。
洗剤で汚れごと分解して漂白する方法と、洗剤で洗い流す方法、それと今日、僕が行った汚れを浮かせて汚れを取り除く方法と、僕の知る限りはこの3つの方法がポピュラーなんでないかと思います。

最近ではクロスに着色する方法や、コーティングで白くしていく方法とか様々な手法がありますね。

僕が信頼している掃除屋さんが同じ作業を行ったらもっと真っ白になるんですよね。不思議なもので。。。使う薬品が違うのもありますが、彼の作業は本当に丁寧ですし、見ていて「プロ!」と思う手際ですし。

僕も彼もこの作業とか、この作業に使う薬品は色々と使えるので気に入っているせいもあるかもしれませんが、薬品で髪の色が抜けて年甲斐もなく茶髪です(笑)
よく「染めてるの?」と聞かれますが、真面目に仕事をしている証拠?仕事のしすぎで髪まで色が抜けるんですね。

今日は6時間も掛かったし、また金髪まで1歩リーチですね。

掃除の勉強

9月5日に札幌で掃除屋さんを対象にした掃除の勉強会の講師をさせて頂く機会を頂きました。
掃除の勉強会の先生役は何度も行っているので特に緊張という事はないんですが、今回は自分の中で勝手に「これだけは絶対にやる」なんていう目標があるためにレジュメ作成に苦心します。


僕の技術と知識なんて大したものではないですから、教えるなんておこがましいですが掃除屋さんと知識と技術を共有して掃除屋さんの社会的な地位の向上に一役でも貢献できればと思います。

普段の業務の中では絶対にやらないレベルの仕上げ?うまく説明できません。語弊があるかもしれませんが普段は仕事では70~80%の仕上がりで仕上げているつもりです。常に100%は難しい(金額的にも時間的にも)また、条件によっては100%にならないことも現場では多々ありますからお客さんに「前回はきれいだったのに、今回はなぜ出来ない?」と思われるのも申し訳ない。ですから、自分の中の逃げ道としての70~80%と考えています。
そんな中で今回の講習ではブログやホームページは載せることの出来ない100%の仕上げのデモなんかもお見せできると思いますし、刺激は共有できるのかな?と思っています。

予想通り(笑)??参加者は少ないようですがそれはそれで丁度いいです。一人一人と意見交換しながら講義が進みますから、中身が濃くなりますよね。

もしも関心のいらっしゃる方がいれば9月3日までは受付可能なそうですから、メールにてご連絡いただければ席の確保が可能です(見栄張りました!席はガラガラ、スッカスカです(笑))

まー楽しく技術をお伝えしてきます。

旭川 マンション ワックス掛け


旭川市内のマンションのワックス掛けに来ています。
連日の地方遠征続きで体が重いですが、ここで楽すると動けなくなるなーと思い、今日は一人で作業しています。

数年前までは当たり前に一人で作業していましたが、最近は二人での作業に慣れていたため、やはり一人では疲れます。
動かなければ動けない中年になってしまいますし、体にムチ打って頑張ります。

旭川 じゅーたん クリーニング

今日は旭川市内でじゅーたんクリーニングの仕事が4件もありました。
インターネットで検索しても敷き詰めのカーペットクリーニングやじゅーたんクリーニングを出来ますってお店がなかなか出てきません。大体はクリーニング屋さんで「持ち込んで下さい」ってのが多いです。

僕たちみたいな掃除屋だと敷いたまま掃除することが可能ですから、お客さんの負担は軽いと思います。

じゅーたん掃除の出来る掃除屋さんってのは市内には沢山あるんですが、インターネットで見つけるとなるとあまり出てこないようです。

別チームは空室清掃4件。

今日は早く帰社でき16時頃にみんな戻ってきたんですが、お客さんから電話があり急遽16時から名寄に行かなければならなくなりました(泣)
そしてさっき帰社です。もークタクタ。
羽幌、雄武、紋別と続いての名寄ですから気力も振り絞れません。。。。

雄武町 掃除

北海道の右上の方にある雄武町という町で中古一軒家の清掃を行いました。まーまー遠いです。時間にしたらわずか2時間30分ですが、気持ち的にものすごく遠方に来た感じがします。道中の景色がつまらないこと(笑)

あれこれ写真を撮りましたが、キッチンの水垢が硬くはないのに頑固で取れなくて取れなくて手こずりました。なんなんですかね?薄皮が何層も積もっている感じ。「お!めくれた!」と思って確認するとまだ残ってる。これの繰り返しでした。

_DSC5511.jpg
_DSC5516.jpg
_DSC5517.jpg
_DSC5514.jpg
見た目は硬くもなく厚くもない、簡単な水垢に見えます。作業すると頑固でした。
_DSC5521.jpg
_DSC5526.jpg
_DSC5532.jpg
_DSC5524.jpg
深い傷までは手作業で取るのは難しいですが、まー合格ラインではなかろうかと思います。
個人的にはこれくらいの見た目の仕上げが好きです。掃除屋さんで言うところの「下地」程度の仕上げではあるんですが。

羽幌、雄武、紋別と2日間ですごい距離を走りました。明日からは旭川市内とか比布町、芦別と近場が多いのがありがたい。
それにしたって、明日の僕のノルマ?はカーペットクリーニング4件。社員さんは空室清掃4件。

ちょっとゆっくり寝たい気もしますが、そうも言ってられませんもんね。

明後日からはビルのワックス掛け、クロス洗浄、消臭、ガラス清掃、札幌で掃除屋さん対象のお勉強会の講義を行う、なんだかんだとバタバタします。それに加えて月末ですから、事務処理もそれなりに量がかさみます。

9月8日の日曜日はゆっくり休めればいいな~と夢見ていますが。どうなんですかね。

自主トレ?


Beクリーンのパートから社員になってもらったおだんご頭の女性社員さんが練習した様子です。
きれいだと思います。

謙虚な気持ちで自分から進んで練習した人は伸びますよね。もっともっときれいに磨けるようになって、素晴らしい腕前の掃除屋さんになりそうです。頼もしいです。


僕は今はステンレス磨きよりも、目に見えない位の小さな小さな凸凹に入り込んでしまった汚れを落とす実験に夢中です。今日は掃除機の吸い口とか本体の汚れが「こんなことでとれるのか!」とびっくりする偶然の発見もできたし、目に見えない凸凹が見えてくる日も近そうです。
従業員さんたちに負けないように僕も研究を続けなきゃなりません。

旭川でトイレの清掃

友人のお店のトイレが酷く汚れていて困っているとの事で作業しました。
たしかにひどかったです。。。。

_DSC5433.jpg
_DSC5437.jpg
_DSC5439.jpg
なかなかの汚れ具合。お世話になっており友達のお店だし最初からお金を頂くつもりもなかったので「さっとしかやらないから、これ以上を求めるならお金貰うよ」とのことで作業です。
1時間しか時間もなかったので作業は40分、お話し20分と決めてスタートです。
_DSC5442.jpg
_DSC5441.jpg
_DSC5444.jpg
もっと時間とお金を掛ければツヤツヤで滑って仕方ない(笑)ってくらい磨けるんですが、なんせ時間が無いですからさっと磨いてお終いです。

こういう風に汚れてしまうとプロじゃないと汚れは落ちない気もします。プロならプロ用の道具で取れるの?と言われそうですが、そうでもないです。使った道具なんてホームセンターで売ってるキッチン用の緑色のスコッチブライトのパッドだけです。

小便器の排水部分の穴だけ小指がやっと入るくらいにしか穴が無いほど尿石でガチガチだったので、ノミで砕きましたが、そこ以外はスコッチだけ。
砕かないと水も流れない状態でしたから。

洗剤も素手でも触れる程度の優しすぎる酸性洗剤だけ。
優しい洗剤できもちゆるめて、緑スコッチで擦る。

でも僕のポリシーは努力と根性と力任せのゴシゴシは一切行わないですから(笑)はたから見れば「なにダラダラ撫でてるんだよ!」って言われそうな程度の擦り方でゴシゴシ?コシコシ?磨くだけ。

僕が思うにこういう汚れって絶対凸凹してますから、その凸凹にうまくひっかけながら擦るイメージでいくと、意外とすんなり取れてきます。ひっかかる部分をどんどん増やしていって、引っかかる所から徐々にフラットに持っていくイメージ? (気のせいかもしれませんが、、、、僕にはそんな風に感じます)

セロテープで「どこがスタート?どこから剥がれてくるか目で見ても分からない、指で触っても凸凹が感じられない?う~ん剥がれない!」って時ありますよね?
でもセロテープは必ず切れ目は若干段差あるじゃないですか、そこを爪でカリカリやると剥がれますよね?それと一緒で汚れにもほぼ段差があります。その段差をゆっくり見つけて少しずつカリカリするだけ。力は不要です。剥がれる場所を見つけて増やすだけなのです。

という、うちの従業員にも理解してもらえない僕の手先の感覚だけの世界です。「削らなきゃ取れません!」って言われますが、削るんじゃなくて磨いてとれるとスマートなんだけどな~と思ったりします。

言葉のイメージ?ですけど「削る」ってガムシャラな感じするじゃないですか、「磨く」だとスマートに感じませんか?
削ると「岩を削って形を作った!」でも大雑把でガタガタ、「岩を磨き上げて形を作った」ツルツルな墓石みたいなイメージ?

僕はいつもイメージで掃除を組み立てるので、いつまでたっても人に教えるのが下手くそです。イメージは伝わりません。

旭川 シミ抜き

旭川市内のマンションで壁紙?クロス?の染み抜きをを行いました。

_DSC5422.jpg

何かとびっ散ったようです。
Beクリーンはクロスに限らずですがシミを抜くのは得意な方です。
1時間もかからずきれいに抜けます。

_DSC5431.jpg

すっかり跡が無くなりました。

ついでにこんな所も
_DSC5418.jpg
カーテンの下は白いままで、カーテンのない所はヤニで汚れています。
_DSC5428.jpg
白と黄色にはっきり分かれていた色の差もすっかり消えています。

クロス洗浄となると僕は得意ではないんですが、シミを抜くというのは得意です。
クロス洗浄は毎度毎度書きますが、仲良くしている掃除屋さんがずば抜けすぎていて、僕に勝ち目はありませんから(笑)
不動産屋さんもクロス屋さんも他所の掃除屋さんも「取れないだろ!張り替えだ」というような上の写真の飛び散り跡みたいなシミに「じゃー僕が抜きましょう!」ってちょっと燃えたりします。

ちなみにこの皆さんが困り果てたシミは僕じゃなくて、うちの社員のカドヤンが簡単に抜いてしまったんですが、、、僕の出る幕なしでした(笑)
「抜けなかったら教えて!俺が簡単に抜くから!」って言ってたのに、、、カドヤンも腕を上げたんですね。

こういうシミが抜けなくて「教えてください」って同業の掃除屋さんから問い合わせが来たりすること多いんですが、そんな社内秘密?(そんな大したもんじゃないんですが)を身に着けたカドヤンはきっと他の掃除屋さんに行ってもきっと重宝がられるでしょう。他に行かれても困るんですがね。

このような難解な美装を簡単にこなせる技術を身に着けてもらえると頼もしい。
ゆくゆくは「困ってます!」って問い合わせが来ても「うちのカドヤンを行かせますから、安心してください!代金はカドヤンに言われた通り払ってください!」って言える日が来るのが楽しみです。

そろそろ見積もりも覚えてもらわなきゃいけません。

旭川東高等学校

お盆ですが旭川の東高校の改修工事に伴う美装を行いました。

ものすごい粉塵で体中粉まみれです。

業界で言う所の荒掃除?粗掃除?というやつで、大雑把に粉やごみをひたすら集め続けるだけの作業です。

本当はBeクリーンではない美装屋さんが入るはずでしたが、「忙しくて行けない」と断られたと現場監督が怒っていました(笑)
大手のゼネコンさんの現場ですから、今後これを機にBeクリーンとの付き合いが始まるなんて上手い話はないと思いますが、入れる美装屋さんがいないなら仕方ないですもんね。

今回断った美装屋さんとは縁があるのか?今までもこの大手の美装屋さんが断った現場が何故かBeクリーンに結構な件数入ってきています。
大手の美装屋さんにしたら「うちのおこぼれで仕事しやがって」とか思われてるかもしれませんが、まーそれはそれですよね。

おかげで?Beクリーンでは入ることが出来ないような大きな現場も色々と経験させてもらえるので、面白いですが。
以前の現場は1か月間毎日通うような現場で大変でしたが、大手美装屋さんとBeクリーンの違いなんかをゼネコンの現場監督に聞かせてもらい改善する点や、このまま伸ばしていっていいんだな~と思う点など発見が多かったです。

今日の東高校もBeクリーンのほかにも(今回断った大手の美装屋さんではなくて)違う美装屋さんも入っていましたが、会社が違えば作業方法も全く違うし、従業員さんの仕事に対するスタンスも違って見ていて面白かったです。

明日はボランティアで息子が通う幼稚園のワックス掛け。そして夜は商工会の事業で東旭川盆踊り大会のお手伝い。今年のお盆はばたばたと終わってしまいそうです。

旭川 消臭

今まで掛かりきりだった腐乱死体の現場の消臭が終了したと思ったら、今度はネコ屋敷のネコの臭いの消臭がスタートしました。

これはこれで臭いです。

とりあえず二週間の工期を頂けたので作業開始です。
消臭で二週間は短いですが、仕方ないです。

最近はペットと暮らせる物件が増えてますし、需要は多いと考えています。

お盆

c-1.jpg
今年はお盆は2日だけは休みますが、飛び飛びなので休んだ感じが実感できなさそうです。
家族とキャンプに行きたいな~とも思ってましたが、お墓参りで終わってしまいそうです。

不景気ですから仕事があるだけありがたいですし、感謝しなければいけないんですが。

無理な日程で工事を請けて盆暮れ正月関係なしに作業を行い、最後の仕上げの美装は無理な日程の工期で各工程も終わってないのに無理やり「掃除してくれ」とか言われたり。「これは掃除できる段階ではないですよね」という状況で、拭いたそばからノコ屑やチリが降り積もり「掃除したの?」とクレームを付けられ。。

発注元の教育機関や大手の企業なんかはしっかり休んでるんですよね。僕らみたいな建築関係は大型連休に仕事したからって代休なんて取れる状況じゃないですから。

自分が長期休暇を取れるような仕事に就けるだけの能力が無い。と言えばそれまでですけど、もっと世の中ゆとりがあればいいな~と思います。

お正月にスーパーやデパートで働く人を見て「お正月はお店全部休みでいいじゃないか」と僕は思いますけどね。

今の所Beクリーンには話題の景気回復とやらの波は微塵も届いていないようです。

グループホームの新築引渡し美装

やっとワックス一枚目を塗り終わりました。乾くの待って二枚目を塗れば終了です。

終わったら数週間前からかかりきりの、消臭の現場に行って消臭をやれば本日の業務終了です。
汗だくです。

大きな風呂に入りたいです。

新築引渡し美装 旭川


日曜日ですが、グループホームの新築引渡し美装を行っています。
お盆前ですから忙しく働かせてもらっています。
法的に何かあるのか?分かりませんが最近のグループホームはギリギリ500平米無いくらいの規模がほとんどです。

これを一日で仕上げなければならないのでけっこう忙しいです。

午前中で二階部分は終わったので昼からは一階部分と全体のワックス、そして外回りのゴミ拾いなどで終了です。

旭川 消臭

何故か宣伝もしてないのに消臭の仕事が増えてます。
最近はものすごく匂いのキツい柔軟剤や芳香剤が流行っている反面、匂いに対してものすごく敏感な人も多い気がします。

お風呂の壁の水垢

_DSC5267.jpg
写真は最近掃除屋さんの間で「傷をつけずに水垢を取るのは難しい」と言われている、ツルツルツヤツヤのお風呂の壁の水垢を取り除いた写真です。

照明もきれいに写り込んでいます。

Beクリーンはパートさんでもこれくらいは一般的なパッドと素手でも触れる優しい洗剤だけで簡単に落としてしまいます。もちろん機械なんて使わず手作業ですよ。
この写真もパートさんがものの数分で取ってしまいましたし。

インターネットが発達していて情報があふれていますが、この汚れを「取れるのはうちだけ!」とも受け取れるような書き方をしている掃除屋さんもいるのが気になります。
あまりにも難しく書きすぎるのはお客さんの不安や心配を余計に煽る気もしますし。

掃除屋さんだし難しい汚れも涼しい顔をして落とせるように努力を続けたいですよね。

Beクリーンでも今年の春くらいまではこの素材に付いた水垢は「難しい」部類でしたが、「年内にするっと取るように技術を上げる」ってのを目標に仕事を行い、この写真のような仕上がりが可能になりましたし。

技術で料金を頂くんだからある程度のパフォーマンスというか、難しそうに難しい作業を行うのも手ですが、あまり度が過ぎると逆に「どうなの?」って疑問に思っちゃいますよね。

玄関タイルの汚れ

_DSC5259.jpg
_DSC5260.jpg
北海道の一昔前の住宅ではこんなタイプの玄関が多いですよね。
でも、タイルの凸凹の中に汚れがたまってしまい、なんだか汚く見えます。

不思議なもので水で洗うだけでは取れないし、ブラシで擦ってもなかなか取れません。泥とか砂とかとは違う汚れなんでしょうかね?カーボン系?

_DSC5264.jpg
_DSC5265.jpg
適切な道具と洗剤を選ぶとこういう風にすっきりきれいに戻ります。

毎回思うんですがタイル洗いってビフォーアフターのインパクトが小さい気がします。現場で洗い終わると「おー!落ちた~~~!」って思うんですが、写真だと「?こんなもん?」って感じがします。

もっと劇的な写真を撮りたいです。

再美装

今日は他社さんが掃除した一軒家の再美装を行いました。

水垢も取れてないしガラスもテープだらけ、あちこち蜘蛛の巣だらけ、これは家を購入された方もガッカリしますよね。

清掃後の写真は急いでこの後、札幌に向かったもので撮り損ねましたが、お客さんも「不動産屋さんに、掃除会社でこれだけ違うって言っとく!」と大変満足して頂いています。

せっかくの新居ですし、お客さんが気持ちよく暮らせる美装を行いたいですよね。


でも、このガチガチの水垢は落とせなかったのも分からなくもないです。
僕もけっこう苦労しましたし。

地域によって水質ってかなり違いますもんね。

フローリングにワックス

_DSC5167.jpg
写真じゃよくわかりませんが、ワックスを塗りすぎて汚くなっている床の写真です。

僕らも「ワックスを塗って」といわれて除塵して拭き上げてワックスを塗る作業を行いますが、正直言ってお勧めできません。
やはり一度洗うか剥離しないと汚くなる一方です。

単なる塗り重ねではよくないです。

洗ったり剥離となるとお金は掛かりますが、床には良いと思うんです。

もっとワックスの塗り重ねは良くない。って一般に浸透しないかな。と思います。

8月です

今日から8月ですね。
あっという間にお盆になりそうです。

年々毎日が過ぎてゆくスピードが速い気がします。

今日は窓掃除からスタートですが雨が降らなければいいんですが。


プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード