頑張ってます

 例年より出だしが遅かった3月の多忙さは今ピークです。
パートさん、社員含めてみんな頑張ってくれており、助かります。

 それぞれ家庭や体調、体力様々なメンバーが集まってそれぞれカバーし合いなんとか毎日を乗り切っています。
 
 本当に毎日感じますけど、僕たちのやっている「掃除」って仕事は人間が財産ですから、パートさんなしでは成り立ちません。会社にしておらず、夫婦だけとか一人でやっている掃除屋さんは自分が資本ですし。
 Beクリーンみたいに小さいながらも会社組織にしてしまって、仕事量も相当なものだと助けてもらわなきゃ成り立たない。

 今日も「これが自分一人なら泣いてるね」とか思いながら「無理ばかりさせて申し訳ない」とパートさんに感謝しながら作業でした。本当に本当に毎日助けられてます。

 さっき社員に「大輔さんは僕らが帰っても、さらに遅いのが毎日続いてるんですよね?」と聞かれましたが、僕が誰よりも帰りが遅いのは当たり前だし、現場だけじゃ会社は成り立たないし、もー慣れましたね(笑)

 体力はからっきし自信ありませんが気力?精神力?は自信あるので、今23:00ですが、これから「札幌に来て!」とか呼ばれたとしても行く自信ありますね!(笑)
 これまでの7~8年の多忙から比べれば、自分的にはまだまだ余裕はあります。そうはいっても疲れてはいますが、まだいける感じです。

 僕が尊敬する大先輩の掃除屋さんに「大輔君、掃除屋ってのは自分を苛めぬいて苛め抜くだけの仕事だよ」と言われましたが、正にその通りですね。

 さっき現場で疲れ切ったパートさんに「ここちょっとベタベタするけど良いよね?」と言われましたが、「いや、疲れてるからってそんな妥協はポリシー違反」と言って、再度洗ってもらったり。自分もしんどいですけど、そこは鞭を打って走らなきゃならんのですよね。

 仲良くしている掃除屋さんは忙しすぎて、寝てても腕がプルプルする!って言ってましたけど、掃除屋さんですから仕方ないんですよね。自分苛めの商売。でも、僕なんかはまだ寝ててもプルプルしないから、まだまだ頑張りきれてないんですね。

 辛そうに聞こえますけど、僕としては面白い商売です。忙しいけど面白いし。

 今日も「お!この洗面台メチャメチャピカピカに出来た!!!!」とか大興奮してましたし。

でも、息子が掃除屋さん継ぎたい、と言ったら「絶対やめとけって!」って止めますけどね。

 まがりなりにも8年位掃除屋をやってきた僕が、これから掃除で独立しようと思っている人に出来るアドバイスがあるとすれば「バカじゃなきゃ出来ないよ(笑)」って事でしょうか?

 これからもう一軒お客さんの所に寄ってから帰宅です。家に付くの1時くらいだろうな~。
眠たいです。。。。。。。。。。

旭川市内でワックス掛け

DSC_0033.jpg
DSC_0034.jpg
今日は一人で市内中心部の貸事務所のワックス掛けを行いました。
午前中のうちにパートさん達とガラスとか照明、パーテーションなんかを掃除して、それから一人居残りでワックス掛け。

久しぶりに一人でワックス掛けでしたが疲れました。。。

事務所が二か所ありましたが、片方はどこかの掃除屋さんが剥離を行っていたみたいで(しかも割ときれいに仕事してました)、汚れもそうでもなかったんですが、もう片方の事務所は以前の掃除屋さんの洗いムラがひどくて悪戦苦闘でした。

今回は剥離ではなく表面洗浄後にワックスの約束でしたから、洗いムラの多い方の事務所の、ワックスが取りきれてなくて黒ずんでたり黄ばんでいる個所は落としきれない所もあったのが残念。

僕が居残りしている間にパートさん達が中古一軒家の掃除を終わらせてくれて、僕はその後の1LDKのアパートから再度合流でした。

今回はペンギンのコンポジットパッドのゴールドを使いましたが、個人的にはシルバーとそんなに違わないのかな?って気もしますが、ゴールドの方がシルバーよりも削れるって書いてあるし、削れてるんでしょうね?
でも、コンポジットパッドは優れもので洗った後のワックスのツヤが一般的な緑とか茶で洗うよりはすごくツヤツヤで良いです。

最近はパッドも様々なメーカーが色々と出してきていて、問屋さんは「そんなメーカー聞いたこともない」とか言うようなメーカーもありますね。
色々な種類が出回るのは良いことですね。

4月から3Mのパッドが値上がりとかどうとか?でも3Mの半額で3Mと同等の品物も沢山出てきているし、お客さんがどういう風に流れていくのか、ちょっと静観してから新しいパッドの注文を考えます。

新しいエコ洗剤

 最近新しいエコ洗剤を試用してますが、パートさんからはものすごく評判がいいです。
油ギトギトの換気扇だとかも漬けておくだけでするっと取れる。しかも油がギトギトに残らないし、バケツの底にも溜まらないです。

 使えば使うほど掃除用のタオルも白くなっていくし。

 会社の掃除スタイルを今の健康と環境に優しい掃除に切り替える前のバリバリのケミカル洗剤を使っていた時は、タオルが使うほど真っ黒になっていっていたのを思い出します。
 スタイルを変えて、ピアに洗剤を変えた時は「おー!タオルが黒くならない」と感動したものでした。最近試用している洗剤はピア以上に白くなる。

 この洗剤なら業務用の厨房でも今までのエコ洗剤よりもさらに簡単に汚れが落とせそうです。楽しみ。

 来週は今週よりもビッチリ忙しく、明日の日曜日もパートさん総動員で現場です。今週だけでも結構な数のお仕事をお断りしたし、まーまー忙しいです。

 4月になったら落ち着くかな?疲れました。

忙しいです

びっちりです。来週なんかはもうこれ以上仕事を受けると出来ない位の量です。

パートさん達も疲れてきているようで申し訳ないですが、あと一週間なんとか頑張ってもらいたいです。

今は少人数で動いていますが、いいパートさんに恵まれてありがたいです。みんなよく働いてくれるし、気もきくし。

助けられてるな~と日々実感です。

ジョージアの缶コーヒー

現場でものすごく懐かしい缶コーヒーを発見!
_DSC3538.jpg
_DSC3540.jpg
この缶懐かしくないですか!!

うちの社員の角やん(20歳)は「見たことない」とのこと。しかも昔のリングプルって全部とれるタイプだったじゃないですか!それも「知らないっすね」とのこと!

おー!ジェネレーションギャップ。

珍しすぎてパートさんに「写真撮るからちょっと磨いて!」と頼んでキレイニしてもらいました。

ジョージアがこの缶の時は僕はまだコーヒーなんて飲めませんでした。懐かしい。

調べたところ、このデザインはジョージアの缶コーヒーとしては2代目のデザイン。昭和63年から平成元年にかけて変更されたそうです。

ちなみにプルタブが現在の缶に残る形状になったのは平成5年だそうです。

といったちょっとした豆知識でした。

室内のヤニの汚れ

今日は汚れた現場が多かったです。疲れた・・・。

_DSC3537.jpg

一見きれいに見えた室内のドアも洗剤を塗ってから拭くとあっという間にこんなに茶色になりました。

ちなみにこのピンクのタオルは最近気に入って使っているアメリカ製のマイクロファイバータオルです。

あれこれマイクロファイバーを使い比べましたがこれが使いやすい。毛は短いタイプですが汚れを掻き出す力が強くて、へたりにくいし。

500枚まとめ買いしたのでまだまだあります。

安い低品質なマイクロファイバーだと吸水性が悪すぎたり、最初はゴミを捕まえるけど、ある程度になると拭けば拭くほどゴミが逆にくっついちゃってきれいにならないとか、汚れを全く掻き出さないとか難点が多いです。

明日も明後日も忙しいです。

旭川 ハウスクリーニング

 最近インターネットを見たというお客さんが結構多くて嬉しいです。
電話のお問い合わせが来ても日程的とか金額的な面で話がまとまらないことが多いんですが、それでもインターネットで調べて上位に出ているんだろうから嬉しいですよね。

 アクセス解析とかあれこれ見てみると「旭川 掃除」とかのキーワードが多いようですね。
僕は前から意識してホームページの検索キーワード対策も「旭川掃除」を使ってました。一般の方が「ハウスクリーニング」ってあまり使わないんじゃないかな?って勝手に思っています。

 友人などに自分の職業を説明するときも意識して、最初に「美装」と言っています。だいたい美装では理解されない。これまた意識して2番目にハウスクリーニングって言ってみます。これもピンときにくい。
 最後に「掃除さ!建物の内側も外側もなんでもかんでもきれいに掃除する仕事さ~」というとやっと「あーダスキンみたいな!?」って言ってもらえます。
 掃除って言葉がピンときやすい。ダスキンさんを引き合いに出されるのはちょっと複雑な気持ちですが、まー大手のブランドイメージって良くも悪くもすごいもんですからね(笑)

 こうやって8年意識して一般の方の掃除屋さんの言葉のイメージを見ててもやっぱり「掃除」ってのはわかりやすいんですよね。掃除屋さん業界だと初対面でも「ビルメン?ハウスクリーニング?」とか分野を聞きあったりすること多いですし、「賃貸?新築?売買?」とか「ワックス?ガラス?」とか。これって業界内でのスタンダードでも、他業種だとそうでもないみたいで。

 3月はお陰様でもーどうもこうもならない程度に詰まってしまっています。先ほども数件電話が来て「月内に!」と言われて「きついです・・・」とやりとりしました。
 4月もそれなりに入ってきていますし。

 今年は中古の賃貸よりも新築が慌ただしい様子です。新築が多い。Beクリーンは一般的な新築住宅はもちろん、大きなマンションや店舗、施設なんかの新築も対応できますからそんなのもポチポチ入ってたりします。
 中古の一軒家が思ったより少なかったですね。

 明日ももちろん仕事です。体がしんどいです。

ワックスと剥離剤の新製品?

DSC_0029.jpg
 問屋さんがカタログを持ってきてくれていたみたいです。
毎度、新しいものが入るとカタログを持ってきてくれます。サンプルは持ってきてくれないんですが・・・。

 剥離剤とワックスの新製品なんでしょうか?
薔薇の匂いの剥離剤!なんだか分かりませんが、メーカーさんが「売れるぞー!」って意気込んで発売したんですね。
 ワックスは銀イオンが配合されており、抗菌・防臭効果が追加された製品だそうです。

 プロの掃除屋さんと言っても市販業販含めて全ての清掃資機材を頭に叩き込んでいるわけではないので、こうやってカタログをもらえると知識が増えてありがたいですね。
 サンプルももらえたらもっとありがたいんですけどね。。。。。。。

 プロとは言っても洗剤やワックスに対する考え方は様々で、「現場でこういう汚れがあるので、落とせる洗剤はあるかい?」と問屋に質問して、「これで落ちます!」って言われた製品をただ使う会社もあれば、メーカーの仕様書には書かれていないとんでもない使い方をするために問屋さんでも「いままで扱ったことがない」という製品を「持ってきて!」って、指名して買う会社もあるし、「この製品にもっとグリセリンを増やしたものを作ってみて!」とかいう会社もありますし様々ですね。

 Beクリーンはどちらかというと、「この商品は旭川で初めて売りました」とか「そのメーカーから品物取るの初めてです」とか「そんなもの何に使います?」とか「やめといた方が良いですよ~」とか言われる製品ばかりをいつも買ってます。

 きっと問屋さんからしたら「売れ筋は一つも買わないくせに、いつも変な物ばかり頼んでめんどくさい客だな~」とか思われてるんでしょうか。

 僕なんて偏屈者気取りですから洗剤なんかも設定されている用途通りに使うなんてほぼありえないですしね。

 例えば気に入って買ってるオーブテック社の「トイレサビ落しクリーナー」なんていう酸性洗剤がありますが、用途としては水垢落し、サビ落し、尿石除去、とかそんなのがメイン。でも僕はそんなことには使ってません。石材の洗浄にも使わない。
 「じゃー何に使ってるの?」となりますが、好きなように使ってますとしか言いようがありません。

 僕の勝手な使い方にはとても都合のいい面白い洗剤なんです。

 そんなんですから、今日もらったカタログを眺めながら「自分だったらこんな感じで使ってみようかな~」と使用方法以外の使い方ばかり考えてしまいます。

 このワックスにしてもカタログには「ショッピングセンター等のフードコートや老健施設の食堂、学校の食堂なんかにお勧め」的なこと書いてますが、「そんなとこにこんな高そうなワックス使えないわ~」もっと他に面白い使い方あるでしょ。とかひねくれちゃいます。

 

名寄市で掃除

_DSC3433.jpg
先日、名寄市で新築のマンションの引渡美装を行いました。
名寄くらいなら近いもんです。(近くもないか?)

写真は完成前の共用廊下。
なかなか建築関係じゃないと仕上げ前の状況って見かけませんから珍しいですよね。コンクリートのまま。これから左官屋さんが入り、モルタルなんだかセメントなんだか知りませんが、きれいに床を作り上げます。

竣工写真用のきちんとした写真もあるんですが、写真のデータがRAWって形式ですし、重たいのでこんな写真しかなかったです。

引渡美装を行って、美装したての物件をすぐに写真撮影できる美装屋さん。日本は広いですが、きっとBeクリーンと他に数社あるくらいでしょう!(調べてもいないので知りませんが、こんなバカげた発想はうちの父か僕くらいしか実行しないでしょう(笑))

父がよく「バカにはバカなりの意地があるんだ」なんて言ってましたが、Beクリーンの写真部門をあれこれ言う人もいますが、なんせ僕ら親子が面白くてやってますし、こうやって実際需要があるんだし、楽しくていいじゃないですか。バカバカしくても楽しければOK,それでお客さんも喜んでくれてるんだし、さらにOKじゃないですか(笑)

ここ数日飛び込みのお客さんからハウスクリーニングのお見積もり依頼の電話を頂くことが多いですが、大体の人は「そんなに高いんですか!」って電話を切りますけど、値段の違いの理由を考えてくれると嬉しいですね。
と負け惜しみを一言だけ書いておきました。

実際激安店には価格じゃかなわないし、旭川の激安店の方が魅力的だろうし。僕らも値段の事言われると、「ネットで旭川の激安店とか調べたら安い美装屋さんたくさんあるんじゃないですか?」とか「○○って会社はBeクリーンの半額らしいですよ!そっちの方がいいじゃないですか!」と言ってしまうし。勝てませんね~。勝てる気しない(笑)

それでもBeクリーンを選んでくださる方がたくさんいるから、ありがたいんですけど。
Beクリーンのホームページにはわざとに価格表を一切載せてませんが、僕は値段のないお寿司屋さんみたいでいいな~と気に入ってます。
回転ずしと回らない寿司屋。なんか頑固そうでカッコいいじゃないですか。

数年に一度だけ間違いなく美味い寿司を食べたい。って時に回転ずし行かないじゃないですか。


旭川 新築マンション 引渡し美装

 なんか新築が多いですね。Beクリーンはどちらかというと、新築よりも中古物件が得意ではありますが、創業当時は新築ばかりやってたのを思い出します。

 ちょっと大き目な物件で言うと、8室入りで一棟のマンションを二件作業しています。一棟は名寄、もう一棟は会社のすぐ近く。

 現場の都合で4室ずつしか出来ないので、楽なのは楽なんですが。新築のマンション4室ならすぐに終わってしまいます。

 今日の現場は今時珍しく?(今時とかそういう問題じゃないか?)フローリングにワックスを塗るタイプの新築でした。

 8年前?の会社設立間もないころは新築と言えばワックスを塗る!ってのが主流でした、僕のワックスの最初の先生は20数年のベテラン選手でしたから、ワックスは塗るもんだ!って考えでしたし、当たり前の物だったんですが、ここ数年はノーワックスのフロアが当たり前になってきて、ワックスを塗ることって物凄く減りましたね。

 新築のフローリングにワックスを塗るのって、中古の物件の床にワックスを塗るのと全く違う(大袈裟ですか?)といっても過言ではないほど、別物だと思っています。

 中古の感覚で塗ると絶対に塗りムラが出ます。細かな事ですが、ワックスとワックスが重なる所がそのままうっすらと出てしまったり、ちょっとでもレべリングがずれるとワックスの厚み?薄い所と厚い所でワックスの塗膜の差がはっきりと見えます。

 ワックスを塗る時って木目に沿って押すようにひと筆で塗る人もいるし、木目には沿うけど部屋の真ん中で区切って、右半分左半分で塗って、重ね目を上手く消す塗り方とあると思うんです。
 左右で分ける塗り方だと、よっぽど気を付けなきゃ重なったところって出ちゃいます。

 これって、気にしない人は気にしないみたいで、他社さんの塗った現場を見ても「こんなにくっきり出てていいのかい?」って感じる現場も多いです。

 大手の不動産屋さんの品質会議が毎月ありますが(Beクリーンを含めて4社の美装会社が出入りしてます)その中でもワックスの塗りムラやごみの混入の問題とか毎度議題に上がります。
 うちは今の所ノークレームですし、逆に他社さんの仕事を(こっそり内密にですが)、「ちょっと見てもらえますか?」と相談されたりするので、問題はない方だと自負しています。

 そこで現場の点検に行ってもやはり上記の重ねた時のムラとか、レべリング性の問題、髪の毛が入ってるとかワックスの難しさを感じますね。見てるとビルメンさんが新築のフロアにワックスを塗るとこういうの多い気がします。ビルメンさんはワックスの超プロフェッショナルですから、中古とかビル系にワックスを塗るのは僕らハウスクリーニング屋よりも圧倒的に上手いんですが、住宅は別物ですからね。

 それぞれ得意な畑って違います。

 僕なりの考察ですけど、ビルメンだと光沢と耐久性が求められる事が多いですから、ワックスのレべリングってのはそこまで重要でないんだと思うんです。そこそこ厚く塗って、まずは光沢、そして高耐久ですから。
 ハウスクリーニングは光沢よりも耐久性よりもレべリングがしっかりしていなければ、粗が目立ちやすい。ワックスも可能な限り薄く一定な量をムラなく塗る方が住宅では理想的です。
 そして何より決定的に違うのが、ビニール系の床とフローリングの差。

 個人的にはフローリングの方がワックスを塗るのは難しいと思います。ビニール系だとそこまでムラって出にくい気がするし、ワックスが細かな木目に入り込みワックスの量が常に一定で動くわけではないので、ビニールみたいにツルツルした床と違い、どんな押し方をしても一定の量でワックスが動く条件と全く違います。
 中古ですと、一度ワックスが塗られてますから、ビニール床と条件が近くなり、木目にワックスが吸われませんから。だから簡単なんですね。

 これがウレタンを得意としているビルメンさんだと話は別ですがね。ウレタンはワックスよりもはるかにレべリング性を求められますから。

 美装と一口に言っても得手不得手はありますし、専門分野得意分野って違ってきます。

 お客さんが求める仕上げで柔軟に美装会社を選ぶのが一番理想的だと思います。

 でも、最近はワックスも楽になりました。なんといっても床の拭き上げにマイクロファイバーのモップがありますから、タオルを使い手で拭くよりもはるかに楽できれいに仕上がります。そしてワックスを塗る際も、昔みたいなムートンとか三寸、八寸とかビルメンモップとかではなく、フラットモップで塗れますから。フラットモップだとレべリングも保ちやすく、ワックスの量も少なくて済む。何より洗濯が楽。

 ワックスも水性樹脂でも様々な種類があり、モップ捌きがすごく軽いものや、ムラが出にくいものまで選ぶのは自由です。

 僕の最初の先生は「ワックスはモップで塗るのが一番」って人でした。ここでいうモップってのはビルメンモップ(一般的な床を拭くドレッドヘアーみたいなモップです)
 ビルメンモップでワックスを塗るのって最近じゃバカにされますが、僕は「習っておいて良かった~」って思います。意外と使えると便利だし、ビルメンモップで塗るのに慣れてると、フラットモップで塗るのって物凄く簡単です。

 先日他社さんにワックス掛けの指導?(大袈裟ですが)を行った際も、若い作業員さんは「そんな塗り方見たことも聞いたこともない」って言ってました。
 でも、フラットモップを忘れ、現場にあったのはビルメンモップだけって状況でしたから、ビルメンモップで塗れないと困る状況だったんですね。

 出来ないより出来た方が良いんですよね。

春は近い?

_DSC3408.jpg
物凄く見にくいんですけど、木の枝の先に新しい芽が出てきています。
春なんだな~と思ってたら、先程から吹雪。
ホント、ここ数年の異常気象といいますか、ひどいですね。

初雪の時期も昔なら、ちょっと降っては溶けてを繰り返し順々に根雪になりましたが、近頃じゃ急にどさっと振って根雪ですもの。

Beクリーンだけなのかな?今年の2月3月は例年から比較するとそこまで忙しくないです。それでも毎日現場はありますし、「無理してでもこの日にやらなきゃ、他に出来る日が無い」ってなるくらい現場はそれなりに詰まってはいますが。
例年通りなら現場終了が21時だ22時だなんて当たり前ですが、今年なら18時19時で終わってしまう。

ただ、去年よりも2人少ない人数で回ってますからこれぐらいがちょうどよいのでしょうか?パートさんはいまだに集まらず、頼みの求人誌もあてにならない状況。

もっとてんてこ舞いになる3月を予想していただけに拍子抜けです。

再美装

「再美装」って僕たちは当たり前に使いますが、分かりやすくいうと掃除が終わった部屋をもう一度掃除し直すこと。です。言葉の通りなんですが。。。。

 この再美装ですが、二通りありまして一つ目は自分たちが掃除した現場を再度掃除し直す。二つ目が他社さんが掃除した部屋を僕たちが掃除し直す。という2つ。

 自分たちの現場の再美装は、美装後に業者さんが入りホコリが出たからとか、清掃後1~2年空室のままでホコリっぽくなったから(無人でも汚れますからね)とか、美装後に展示会を行い人の往来が激しかったので再度美装、とか色々なケースがあります。

 他社さんの現場の再美装はだいたいが、「きれいじゃないから」って理由で依頼される場合がほとんどです。
Beクリーンはこの他社さんの現場の再美装を依頼されることが多かったりします。

 他社さんの現場の再美装は面白いんです。パッと見「別にきれいだと思うけどな~」って現場もありますが、よく見るとあちこち細かなところが掃除されてないとか、明らかに汚いとか色々ありますし、「この窓を拭いた人は、こういう手順で掃除したんだね」とか作業員の痕跡?(何て言うんでしょうかね?)が垣間見えて楽しくなります。

 今日行った再美装も窓を拭いた人の癖が垣間見えて楽しかったです。スクイジーを横に引くスタイルの人みたいだったんですが、引き終わった後に窓上部の水を拭かないから、ちょっと垂れた跡がすべての窓に残っているんですね。「上は拭かない癖なんだな~」とか妙に納得しながら拭きました。

 キッチンも「パッドで擦るときに手の指を開いて擦る人なんだね」とか「乾拭きのタオルをマメに取り換えないので、拭き跡が残ったんだね」とか作業していた人の姿が目に浮かびます。

 建具でもスプレーでシュッと洗剤をかけるのは良いけどきちんと拭き取らないので、スプレーの霧の跡が残ってるとか、幅木の角のゴミを取ってないとか。まーあれこれ癖?痕跡?が見えて面白い。そして、自分は気を付けようと勉強になります。

 自分の作業した部屋ももしかすると他社さんに厳しく再美装されているかもしれません?(あってはならないことなんですが・・・)そんなときに僕の癖が見抜かれてたら恥ずかしいな~とか、思いましたね。

 あと、数年前から頂いてる仕事なんですが、新築住宅の引渡美装の再美装。
他社さんが引渡し美装を行った後に、こっそりBeクリーンが全部手直しを行うという作業。清掃代が2重にかかるので無駄な気もしますが、事情があり最初の美装屋さんは外すことが出来ず、止む無く再美装を行うことで引渡の状態に持っていくというスタイル。

 これも面白い、毎回毎回同じ個所のワックスが抜けていたり。これもワックスを塗るときの癖なんでしょうね?心の中で「そういう風に動かないで、こういう風にモップを運べば済む話じゃん!」とか会ったこともない美装屋さんに話しかけていたりします(笑)

 窓にしても「もっと細い道具を一つ持てば・・・」とか建具にしても「この隙間にスクレーパーを入れれば」とか、「拭いた後に素手で触ればこのノリの取り残しもヌメッとして分かったはずなのに」とか。

 以前修行していた珈琲店で「習慣づけるってのは難しいけど、癖をつけるのは楽だよ。癖になれば習慣になるから」と言われたのを思い出します。

 拭いた後に手で触る癖をつければ習慣になるし。

 僕は用事もないのに冷蔵庫を開ける癖があるんですが、これも30年も続けてたら毎日の習慣になってしまいました(笑)悪い習慣は修正するのは難しいですが、悪い癖なら修正するのは比較的容易なはず。
 友達に「毎回洗面台を使い終わったらさっと洗面台を洗うようにしてるんだ」という人がいましたが、このさっと洗う癖がいつしか習慣になり、友達の家の洗面台はいつもきれいだ。とかいい方向に持っていくことが可能ですよね。

 僕もなるべく、ひと手間を惜しまずきれいにする癖をつけたいな、と思いました。

最近のキッチンの汚れ

 最近のキッチンって機能性が高くてお洒落ですし憧れますが、掃除のしやすさを考えると「?」どうかな~ってものも多かったりします。
DSC_0024.jpg
 この写真なんかは割と便利な方で、キッチンのパネル?壁面の写真です。ツルツルのビニールっぽい材質で、左側のように汚れてもさっと拭けば右側のように白く戻ります。

 一般的には安っぽいキッチンに多いタイプでしょうか?高いキッチンですと壁面がタイルとかもうちょっと違った質感のパネルが多いのかな?

 安っぽくても掃除がしやすければいいと思うんですがね。タイル系の壁だと上の写真のようにすんなりきれいに汚れは落ちませんからね。

 キッチンの天板なんかもそうですね。材質で手入れのしやすさってかなり違ってきます。

 大理石とか人造大理石のトップなんかですと、よくあるのが黄色くシミがついてしまう。
20121013-_DSC1785.jpg
 こんな感じですか?

 この汚れを一般の方がきれいに取り除くって不可能だと思います。
汚れが気になるたびにプロに頼むのもお金が掛かりますし、できれば自分で手入れできればいいですよね。
20121013-_DSC1793.jpg
 僕たちプロが作業してもかなりの手間のかかる作業です。手間が掛かるということは作業代金もかかりますからね。

 他に天板で多いのがステンレスですね。ステンレスでもエンボス?というのかボツボツしたタイプや、つるっとしたステンレスなど様々です。これも感じますけど、ボツボツしたものに付いた汚れって一般の方では取れないと思うんです。
20130226-DSC_0016.jpg
 こんなくすみですね。これはプロでも取れませんっていうかた多いです。
20130226-DSC_0019.jpg
 これもお金かけてプロに頼むなら、最初からツルツルのステンレスでいいじゃん、と思っちゃいます。
ツルツルステンレスだとキズが目立ちやすいですけど、汚れじゃなくてキズなら使っていれば絶対着くんだし、不衛生ではないと思うんですよね。

 そんなこんなことを思って毎日掃除してますが、結局はバブル期に流行ったタカラとかナスとかの高級ラインのキッチンシリーズが一番メンテナンス性が高いんじゃないのかな?と思っちゃったりします。
 色々なメーカーありますから、好みやデザインとか外国製じゃなきゃ!って方も多いでしょうから、あくまでも僕の勝手なイメージですけど。
 
 タカラだとホーローのキッチンはすぐに拭けるし割れないし、ナスだとステンレスが磨けばすぐにきれいに蘇るし。素敵だな~と思いますけどね。

 まーそんな掃除屋さんのたわごとでした。

眠い・・・・

 ただ今早朝4:30。早いです。
昨日は早朝出発で名寄に。今日は札幌に行きます。

 もー眠たいです。

 不景気ですし、建築屋さんも地方に出てまで仕事を見つけなきゃやっていけないこのご時世。建築屋さんが地方に行くなら、僕たち出入り業者も地方に行かなきゃいけませんから。

 明日は士別。そして来週はまた名寄。地方が続きます。

 さすがに3月です。徐々にですが仕事が詰まってきています。


 しかし眠いです。気を付けて運転ですね。

色々な人がいます

 先日行きつけの珈琲屋さんで話したんですが、「人を育てるってのは難しい」ってこと。
そして、会社会社で人を育てるやり方って千差万別で、時には「やりすぎじゃないの?」って思うくらいの会社もあれば、「それでは育たないだろ」って会社もあるし。まーとにかく難しい。

 新人さんが入るとお店の一通りの業務を覚えてもらいますが、一通りの業務以外にも覚えてもらいたいことって沢山あったりしますよね。
 例えば営業時間中にガラスが汚れたので、お客さんがいない間を見計らってさっと拭いておくとか、自分がトイレを使ったついでにトイレをさっと掃除するとか。

 簡単に言えば気遣いの部分なんですが。気遣いが出来る人とできない人とでは、その後の実力の伸び方って大きく変わると感じます。

 気遣いって、店長が「それくらい気を利かせ」とかしつこく言っても身に付かないだろうし、「汚れてたら拭くもんだ」という押し付けも反発する人は反発しますからね。

 あくまでも気遣い。自分で気が付いてほしい所です。

 最近取引の始まった飲食店に用事がありちょくちょく顔を出しますが、そこでも気になることがあったりします。
 例えばですけど、店長が一生懸命玄関先の除雪をしている。店内に入るとお客さんもいないし、従業員も特に何もしていない。これっておかしいですよね。

 店長だから偉いから仕事は人に任せるものだ。って考え方は好きじゃないけど、こういう場合なら気遣いのできる従業員が「私が除雪します」と一言言えばいいと思うんです。少しの食器を洗うとか、ちょっとした雑用の仕事はあるかもしれないけど、それって後でも出来ますよね?

 でも、お客さんを迎え入れる玄関先なんてのは常に「いらっしゃいませ」という準備が出来てなきゃいけません。これって重要ですよね。お店としての気遣い。

 「次は何をやればいいですか?」って聞くのも大切だけど、何も言わなくても「気になったのでやっておきました」って従業員は伸びますよ。

 うちのパートさんのリーダーはトイレを使っても汚れていたらサッと掃除してから出てきてくれたりします。現場から次の現場へ移動する際も、何気なく車の雪を降ろしておいてくれたりする。これも気遣い。
 簡単なようでなかなか出来ない事ですね。

 気遣いが出来てるからって「いつも偉いね」なんて褒めてもらえるわけでもないし、さりげなさすぎて気が付かれないかもしれない。それでいいと思います。
 見ている人は見ているし、気付いている人は気づいています。

 そういうてんでうちのパートさん方はしっかりしてると思います。本当に些細な事ですけど、「明日は燃えるゴミの日だから、ゴミをまとめて玄関に置いておこう」とか「車が汚れたから洗っておこう」とか「灰皿が汚れたからきれいにする」「自分が使わない、他人の道具でも汚れたら洗ってくれる」「現場の玄関で靴が散らかっていたら、他の業者さんの靴でもきれいに並べて整頓する」とか何かと気が利きます。

 言われなくても自分でやることを見つけて常に動きてくれる人になってもらうには、根気よく見守るのがいいのか?それとも口うるさく何度も注意するのが良いのか?ルールかして強制的に押し付けるのがいいのか?
 人を育てるって難しいですね。

 

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード