ハンドクリーム

20130129-_DSC3197.jpg
新しいハンドクリームを購入しました。
ヴェレダというメーカの物で、自然な暮らし好きな方とか自然療法、代替医療が好き、シュタイナーが気になる、ヴィーガン?(動物実験は行わない会社なので)とかにはお馴染みのメーカですから説明御不用ですか。

 一応メーカーリンクをはりますね。ヴェレダ。

 今回の物はザクロのハンドクリーム。ザクロは不妊治療とかホルモンバランスの改善なんかに役立つのは知っていましたが、肌荒れなんかにも効果が期待できるそうです。
 自然なものですから、石油系のハンドクリームなんかから比べれば緩やかな効能なんでしょうけど、体に石油を塗りたくるよりは気分が良いです。香りも良いですし。

 Beクリーンはエコ洗剤の使用が殆どですから、洗剤による手荒れってのはそこまでないんですが、北海道の冬はお湯が必須です。お湯は手荒れを加速させます。特に僕は常に素手で作業ですから手袋を履く人よりも手荒れは酷いです。

 良く「天然成分」とか「エコ洗剤」使っているので手荒れしないんでしょ?と言われますが、ケミカル洗剤よりは確かに優しいですが、絶対とは言えません。
 時々「エコ洗剤にこだわっているので、うちの作業員の手はきれいです」なんて言っている掃除屋さんがいますが、むしろ「なんで手荒れしないの?」って教えてほしいです(笑)
 洗剤以外にも水も使えばお湯も使うし、それに自然って人に優しいばかりではないですよね。

 山の中の漆に触ればかぶれるし、海の荒波にもまれていれば髪は痛み肌はボロボロになる。良い香りのオレンジでさえ、自分の手が荒れていればしみて痛みますし。

 厳しくも優しいのが自然ですよね。

 僕が好んで使っている薬品の一つなんかは、使い終われば水と空気に戻る薬品ですが、作業中なんかは室内にいられない位の気体に変わり、分解されるまでちょっと大変です。しかも髪の毛が茶色になっていくんです。
 僕はもともと生まれつき茶色い方でしたが、最近なんかはさらに茶色の髪です。染めてるんでもなく、脱色しているわけでもなく、仕事をしてると色素が無くなっていく。
 「いい年して茶髪かい?」なんて言われるけど、茶色くなってしまうものは仕方ない。

 人は見た目で判断できませんから、「見た目はあんな奴だけど、真面目で誠実だよ」というほうが人間らしいじゃないですか。見た目も中身も誠実で清潔。政治家みたい?信用します??

 

旭川に戻りました

 昨日の夜に旭川に戻りました。東京は風こそ冷たいものの、気温は暖かかったです。
股引もいらないし、マフラーもいらない手袋もいらない、ヒートテックも必要ない。

 半袖にワイシャツ、ズボンだけで歩けてしまう街。

 沢山の人に会いました。突然「北海道から来ました~」という不審な男を暖かく迎え入れて下さった方々に感謝です。

 東京はやはり日本の中心。あちこちで掃除目線で様々の物を見ましたが、まー面白い。

 今回みたいに「人に会う!」って目的だけで出かけるなんて普段はありませんから刺激的でした。

 普段は「観光」とか「展示会を見る」「○○を食べる」とか「どこどこのお店に行く」とか目的がきちんとありますから。今回は「誰に会えればいいな」とか「どこの建物の清掃状況をこの目で見てみたい」とか漠然と目的もその場での思いつきで決め手の旅でした。

 

掃除の話題が出てこない

 なんだか数日お掃除の話題の出てこないお掃除ブログです。

 なんせお掃除してませんからお掃除ブログもネタがないです(笑)現場はなんだかんだ入っていますが、僕がびっちり現場に出る回数もそんなに多くないですし、「う~ん、こんな写真前も撮ったかな?」とか思っちゃうとなかなか筆が進みません。

 新年早々から会社のこれからの体制とか方針、進むべき方向、自分は実際どんな掃除屋さんを目指すのか?色々と考えています。1日に2分くらいですけど(笑)一か月で60分。上出来!

 僕も社長も、パートさんを使っている、という感覚ではなくて「自分達だけでは出来ないので手伝ってもらっている。そしてその対価として賃金でお礼している」という感覚ですから、パートさんや社員の待遇をさらに良くするためにも会社は力を着けなくてはいけないと思いますし、僕も社長も365日健康な保証はありませんから、万が一に備えた、万が一の時にも機能する会社体制とか平成18年の創業からやっと今になって「あー自分が倒れたらどうするんだべ・・・」と実感しています。遅いですね(笑)

 先ほど仲良くしている掃除屋さんの社長が遊びに来てくれましたが(Beクリーンは飛び入り来客大歓迎の会社です)その中で「自分が楽しめない掃除は正直やりたくない」という会話がありました。

 僕も正直言うと「楽しくねーなー」という現場は沢山あります。「きれいにしなくて良い!光ればいい!」とか言われたら「じゃーやらなくていいんじゃない?」とか思っちゃうし、お客さんの態度があからさまに酷ければ「別に頭下げてまで仕事させてください!っていうつもりないんですわ」とか思ってしまうし。

 人間なんて辛抱と忍耐だけでは続かないし、楽しい部分って持続させるための必須条件だと思います。「仕事は楽しいことばかりではない」と言われます。間違いない。
 でも楽しくない仕事はそれなりの結果にしかならんですよ。

 明後日から月曜まで東京に行ってきます。そこでお会いしたい方々にお会いして「掃除を楽しむ」ためのエネルギー?モチベーション?とかアイデアのヒント、道具の効果的な使い方のヒントなんかをもらって来れたらと思っています。
 僕から「会えません?」って電話着た方は「面倒だ・・・」と思わず少しだけ付き合ってください。

1月は出かけっぱなし

 1月は札幌だとか東京だとか出掛けっぱなしであります。
色々とスキルアップや勉強、広い視点を持つために会いたい人に会う。仕事には直結しませんが、先を見据えて幅広い視点を養うためには必要だと思っています。

 「なんでも仕事と言えばカッコいいよね・・・」と言われることもありますが、、、。まー仕事に対する考え方なんて人それぞれ。僕は僕なりに考えてやっていきます。

 先日の札幌での講習会は「清掃作業従事者研修指導者」って資格の講習会でした。
登録清掃業という北海道知事に認可された清掃業者は1年毎に従業員(パートもアルバイトも全員)に7時間の研修を行わなければいけません。
 この研修は登録機関が一斉に行う集団研修を受けて済ませる場合と、社内研修で済ませる場合の二通りあります。社内研修で済ませる場合は先に書いた清掃作業従事者研修指導者を受講して講師として教育を受けた者が社内にいなければいけません。

 別に登録業者じゃなくても清掃は仕事として行えますし、登録しているから技術がある、ということにもなりません。信頼とかの点で有利ですし、登録業者でなくては行えない業務も沢山ありますし。

 旭川だと登録業者ってほぼ大手だけです。Beクリーンみたいな弱小企業で登録業者なんてほぼいませんが、弱小で登録なんてなんだか革命的でカッコいい?気もしますし。まだまだ公表できませんが、僕の大きな野望のために少しづつステップアップです。

 清掃業での登録は全部で第1号登録から8号登録まで8種類の登録があります。Beクリーンは1号登録。
1号登録でも必要な資格は3種類あり、僕は建築物環境衛生管理技術者と清掃作業監督者、清掃作業従事者研修指導者と取得しました。これプラス機械の審査、会社の審査、研修状況の審査、と様々な要件を満たす必要があり、これだけでも大変な事務作業です。

 難しく書きましたが、要は登録業者でありかつ旭川市とかで独自のランク付けがあり(AとかBとか・・・)それで上に行けばいくほど、(全く同意できない考え方ですけど、力があるとか偉いみたいな考え方があったりします)業界では発言力があったりします。
 小さな会社で大きな仕事が目標ですし、それよりも発言力が欲しいな~と少し思います。零細企業の痛みが分かる力のある会社になりたい。

 もっともっとスキルアップしますか。

腕の見せ所

明日、明後日と札幌出張です。
こういうときに限って難易度の高めな現場が入ってきてしまいました。
明日は僕は勿論居ませんし、相棒も休み。若手社員のカドヤンの腕の見せ所です。

こんな場合は信頼のおける同業他社さんに外注する会社も多いですが、カドヤン一人でこのピンチを乗り切れば彼も成長しますし、僕はニコニコ彼の肩を叩いて「大変だね。」と一言伝えるだけにします。

さー、荷造りしなくては。

水漏れの現場緊急対応

 年明けから水漏れ現場の緊急出動要請(大袈裟?)が相次いでいます。
厳寒の旭川ですから様々な事情で水漏れが多いです。

 僕たち掃除屋さんは水でビチャビチャになった住宅とか建物の水を吸い取り、きれいに拭き上げるしか出来ませんが、それでも呼ばれることが多いです。

 昨日なんかも緊急!と呼ばれて急行するとくるぶしまで水が溜まっていました。まー壮絶です。前回なんかは水が漏れすぎてエレベーターにも流れ込みエレベーターが凍りつき動かなくなっていました。さすが北国。

 Beクリーンはワックス掛けの時はウエットバキュームってほとんど使わないんですが、こういった水漏れの際に無いと困るので持ってはいます。
 今までは下の機種。
GWD335.jpg
 ニルフィスクの機械でしたが、4~5年もの間ワックスがけ以外の用途で酷使され続けいい加減吸い込まなくなってきたので、先程新しいウエットバキュームを注文しました。
11458050.jpg
 新しいのがこの機種。ケルヒャーです。

 今までのはモーターが密閉式ではなく、フィルターも一般的なフィルターだったために剥離作業時や汚泥吸引時にはフロートを超えてモーターに水が入ったり、フィルターが目詰まりして使えなかったりと、ハードな現場には不向きな部分もありました(メーカーが推奨しない使い方をしてるんですから、文句は言えませんが・・・)。
 今回購入した機種はモーターが密閉式でフィルターも強化フィルター装備のマシン。密閉式モーターには賛否両論ありますが、価格も控えめですし試してみます。また、ケルヒャーの業務用ライン(家庭用とは全くの別物です)はフィルター技術がものすごく発達していて、フィルターだけでも価値のある製品が多いです。
 こんな感じで、僕の求めている機能と水準はクリアしていますし、ケルヒャーの営業マンさんも頑張ってくれたので即決でした。

 今朝電話で「ウエットバキュームの見積もり下さい!○○さんが損しない位の値段で良いので、機種とかはお任せします」と伝えて、昼過ぎに見積書が届き、目を通してすぐに「NT45一台」と電話しました。
 詳しい価格は言えませんが、「ネットは安い!」と言われがちですが、営業さんとの信頼関係の方がネットよりもかなりお得になるもんだと思っています。お買い得でした。

 これでまた水漏れ現場も快適に処理できそうです。

洗面台掃除


水垢びっちりでオレンジ色に変わり果てた洗面台。
こういうのも洗剤がなくてもこれくらいツヤも戻りキレイになります。

携帯カメラなので、分かりにくいですが光が戻ってます。

勝ちとか負けとか

 仕事には関係もない他愛もない話です。

 もう何年も前に大先輩の掃除屋さんと同時に窓掃除を始めたら、僕が1箇所やっている間に大先輩は3箇所も窓掃除を終わらせてました。
 早ければいい訳じゃないのは百も承知ですが悔しかった。

 数年後に同じ様に並んで作業したら僕の方が早くなってた。これって勝ったとか負けたじゃなくて、自分が少しだけ成長しただけなんですね。ここで「俺は頑張ったもん、あんたにはもう勝った!追い越した!」と威張っちゃったらそこで成長は止まると思うんです。

 同じようにワックス掛けで大先輩と仕事していた時も、同じように床を洗って汚水を集めて水拭きしてワックスを掛けても大先輩は僕の2倍近い面積を終わらせてました。これも当時は「負けた・・・勝ち目無いな~。悔しい」と思ってましたが。「勝った負けた」と気にしている時点で勝ち目なんてないんですね。

 悔しいと思えたことだけは幸運で、あれこれ勉強して今じゃ大先輩とスピードは同じになっています。これも勝ったわけでも引き分けたわけでもなくて、成長しただけ。

 僕は昔から努力するとか、根性とか、頑張る、気合で何とか、具合が悪くても仕事する、熱があっても仕事をするとか、そんな考え方に違和感を感じます。
 
 人生の中の仕事であって、仕事の中に人生がある訳じゃないですから、仕事第一ってのは「?」って思っちゃいます。

 仕事仕事で体を壊して、人生が終わってしまう。なんだか味気ないじゃないですか。「仕事が楽しくて。」って人も沢山います。僕も仕事は面白いです。
 でもそれよりも、家で子供と遊んだり、趣味の時間を思い切り楽しむとか、人生は仕事以外にも充実することって沢山あると思っています。

 仕事もプライベートも面白おかしくやっていて、その中で学びがあり成長して、先に書いたみたいな先輩にはかなわなくて悔しかったエピソードのように、目標にしていた人に近づけた。そんな出来事が1年に1つでも2つでも増えたら、これはますます面白いですよね。
 勝ったから楽しい、負けたからつまらないじゃなくて、「あのときはこれしかできなかったのに、今じゃこんなに出来る!」ってちょっとにやけちゃいません?

 車の運転でも僕はしょっちゅう思い出しますけど、「免許取りたての時にこの道路を走って、ものすごく緊張して、ウインカーを出すタイミングつかむのも大変だった。でも今じゃ、缶コーヒー飲みながらでも通り抜けられる」とか。ほんの些細な成長でも楽しく思えます。

 パソコンだって今じゃわりと得意な方ですけど、初めて自分専用のパソコンを手にした19歳の時なんて「いったいこの機械は何をするための機械なのか?」と思いました。電源の切り方も分からずスイッチの長押しで無理やり切ってたり(笑)
 今なら「パソコンがあればなんでも出来る!無限の可能性がある!」とかエクセルだけでも毎日「こんなことも出来たんだ!!!!!」とかにやけちゃいます。

 何度も何度もこのブログでも書いてますし、上にも書きましたが僕は本当に努力が嫌いです。でも、掃除に限っても、開業当時は窓に6時間もかかってたのに(掛かりすぎなんですが・・・)今じゃ20分とか早ければ10分とか。決して雑になった訳ではなく、むしろ品質も上ってます。クレームだってつかないし。昔はしょっちゅう「ガラスが汚い」とかクレームがつきました。
 出来る掃除の種類もはるかに増えました。難しい掃除も得意になりました。洗剤も自分で作ったりも出来る程度に知識もつきました。でも努力は全くしてません。

 毎日毎日、「昨日より出来るかも?」とかにやついていただけです。楽しめなければ続かないですし。

 いつだったか「俺より上手くなりたけれりゃ、俺の6倍努力しろ!俺はお前の3倍は努力してるぞ!」と言われたことがありました。僕はそれを聞いたときに「意地でも努力なんてするもんか!」とニコニコしながら「すごいですね~」と聞きながらも思っていました。だって、0の人間が6倍努力したって0ですよ。それならまずは1になるように、一つ前進する足し算のほうが面白いじゃないですか。掛け算ばかりしたってベースが0ならいつまでも0。
 
 仕事の後も会社で練習。家で練習。次の日は疲れて仕事に身が入らない。これじゃ意味ないです。体力のある人なら出来るんでしょうけど僕は体力は100のうち20もないですから。すぐ疲れる。すぐに風邪をひく。すぐに熱を出す。
 万全じゃない状態で120%のサービスは提供できません。

 それでも休めないから仕事に対する責任感で仕事をする。社会人の鏡のような素晴らしい考えです。僕も実際は熱があったって仕事には行くし、熱があってもなくてもお客さんにしたら「掃除屋さんに頼んだんだもん、きれいになるでしょ。」と思われるのは当たり前。体調は関係ありません。

 でも、こういうの好きじゃないので出来れば体調不良に日は休める会社にしたいです。社会人としての自覚云々の前に人間として最低限の安らかな生活を確保したいです。

 辛い時は誰だって辛いんですから。

 他人に自分の疲労度合とか辛さなんて理解してもらえるわけありません。疲れたときは疲れます。「みんなも疲れてるんだ!」とか言われても「自分的には自分の限界に達しています」と思っても言えない世の中。辛いですね。

 今年はそういう点で、人の痛みを理解できるようにもっと人間的に大きくなりたいな。と少しだけ思っています。
 そして、昨日よりも出来ることってのをもっと増やして、例えばですけど「触っただけで汚れが取れる!」魔法みたいな素晴らしい技術者(ありえませんが、目標は突拍子もない方が楽しいですから)になりたいな。と結構本気で考えています。

 でも、あくまでもすぐに疲れちゃって努力はしない僕のスタイルは貫き通そうと頑なに思っています。

 こういうこと書いてますが、実際は疲れても眠くても熱があっても仕事している自分がいたりします。そんな自分へ「それじゃー仕事中に野垂れ死んで寂しい人生になるよ」という警告のつもりで書いてみました。理想と現実は距離がありますが、縮めることは不可能ではありません。

新年から

 今年は新年早々、色々とトラブルなどが多く頭を悩ませます。
そして、忙しい。すでに今週はビッチリ。来週はどうなのかな?

 結局今日も銀行回りが出来ず、スーパーのATMで記帳のみ。降ろせなかった。降ろしてもいいけど両替できないし。

 緊急対応で水漏れ現場が突然入ってきたりと、なかなか予定通りにはいきません。

 それでも、いいこともありインターネットを見たというお客さんからお見積もりのご依頼も頂きましたし。まーあちこち相見積を取るとの事ですので、価格勝負ではBeクリーンは他社さんには敵いませんから決まらないでしょうが。それでも、Beクリーンという会社を知ってもらえただけでも大成功です。

 地道に知名度を上げていく。芸能人じゃないんですし、周りの人がお膳立てして売り込んでくれるわけじゃないですからね。

 しかし、まー人に悩まされます。人間だもの(みつおみたい!)毎日気分に波があり、機嫌の良い日も悪い日もあるのは当たり前。それでも社会人なら人に会ったり話をするときくらい、もっと大人な対応が出来ないものかと、思ったりもします。
 「なんで俺がそこまで言われなきゃ・・・」とか「なぜ俺はそこまで当たられなきゃいけないの?」と思うこともありますが、まーそこは我慢するしかないですか。

 自分の価値観を人には押し付けられないです。押し付けないでおこうと思っても、ついつい「社会通念」なんて自分でも理解しきれていない、短い物差しで人を測ってしまいがちです。
 
 夫婦喧嘩のせいで会社でも機嫌が悪い、とか親子喧嘩なんて家庭の事情もあるかもしれないし、僕の一言がカチンときて不機嫌かもしれない。その辺のさじ加減って分からないですよね。相手によって許容量って違いますから。
 腹を割って意見を交換して、お互いに理解も信頼も深めている間柄ならともかく、仕事上での関係のみだとそこまでの信頼関係を深めるのはなかなか難しい。それでも、相手を認めようと思い考えてはいるんですが。

 この業界はとくにイライラした方も多いですし、気分に波のある方も多い気がします。周りの人に気を使わせないようにしてほしいし、相手にも不快感を与えないでほしいし。難しいです。

 相手を思ってほしいというのも、僕の勝手な価値観。イライラしている人にとっては、イライラは誰にでもぶつければいい。というのが価値観化もしれないし。

 なんか疲れました。ゆっくり寝たい。。。。

 年明けてからまともに寝てません。疲れた。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
年末のご挨拶も出来ないまま年を越してしまいました。

一昨年の方がバタバタしていた感じはありますが、去年は31日まで仕事でしたしゆとりがなさすぎました。

今年も皆様のお役にたてる掃除屋さんを目指して頑張ります。

旭川の掃除屋といえばBeクリーンだろ!と言ってもらえるような地元に根付いた掃除屋さんを目指します。相変わらず、会社を大きくしようとか野心はそれほどなく、従業員はじめ会社がハッピーならOKかな?とゆるりと構えてます。

新年最初のブログはうちの妻が取り仕切っているライブのお知らせ。

ホタテセッション
樺太アイヌの伝統弦楽器トンコリ奏者 OKI
アイヌの伝統的輪唱(ウポポ)の再生と継承活動する
アイヌシンガーユニットMAREWREW(マレウレウ)
そして、ブラジル・リオデジャネイロ出身で
タンバリンに似たブラジルの打楽器パンデイロを駆使し、
独自のグルーヴを生み出すパーカッショニスト マルコススザーノ

という大変豪華な顔ぶれでお届けする一日です!!




当日会場ではツムギテによるヘンプ商品販売もあります!

ヘンプビールもありますよ!!

是非いらしてくださいね♪♪




*ホタテセッション*

●2013年1月5日(土)

18:00 OPEN 》》DJ OKIKEMURI

19:00 START

@cafe good life

※会場はツムギテではありませんのでご注意ください!




●料金 予約 大人2500円/当日3000円(1ホタテ付き)

    子供無料(大歓迎!)




●主催* ツムギテemy




出演者の詳しい情報はまたご案内します。

OKI&MAREWREW 公式HP http://www.tonkori.com/


という事です。
OKIさんは我が家が家族ぐるみでおつきあいしているアイヌの伝統楽器トンコリを演奏して、日本のみならず海外でも活躍しているミュージシャン。音楽好きなら知っているはず。知らない人も楽しめます。

マレウレウはここ数年で急激に知名度が上がっているアイヌのユニット。NHKの教育番組なんかにも出てますし、ヨーロッパーツアーも大盛況だったそうです。

そしてマルコススザーノ。この方はミュージシャンが憧れるミュージシャン。ブラジル音楽ではナンバーワンの実力者。素晴らしいです。
会場は桜岡にあるカフェグッドライフ。
お問い合わせはメールください。妻の連絡先をお伝えします。

マルコススザーノが旭川に来るなんてのがまずありえないです!というか、北海道に来るのが奇跡的。
これは音楽好きなら見逃せないと思います。

是非。是非。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード