年末の店舗掃除

_DSC2977.jpg
 年末は事務所や店舗などのワックス掛けが多い時期です。「仕事納め後に」と言うご依頼が多いですから、僕らの仕事納めはもっと遅くなる・・・。掃除屋の宿命でしょうか?

 _DSC2981.jpg
_DSC2979.jpg
 社員のカドヤンとパートさんの相棒と僕と3人で夜中でも昼間でもどんなところでもワックス掛けを行います。去年までは相棒と僕と二人で4000㎡でもやってましたが、カドヤンに覚えてもらうために今年からは3人体制です。
 僕の無茶振りで「一人で3人分働いてね」といつも言ってるので、3人いれば9人分の仕事が出来るはず?(笑)

 Beクリーンも本日一応仕事納めでした。でも、僕だけ31日も現場に出なきゃいけませんから実質仕事納めは31日。
 お正月くらい日常清掃だとかも休ませてくれてもいいと思うんですが。。。。大手は「年末年始も通常通り作業してください」とさらっと言ってきます。(自分たちは休んでいるのにね・・・・)
 まー弱小企業の身ですから、仕事があるだけ素晴らしいですね。

 一昔前って、お正月は(だいたいの)デパートもスーパーもガソリンスタンドさえも休みだった気がするんですが?気のせいかな?
 日本の文化ですし、もっとのんびりできる暮らしぶりが出来る日本がいいな。と思いました。

効率よく床を拭く

 最近はワックス不要のフローリングが多いです。このフローリングですが、掃除屋の立場から言うとものすごく
扱いにくいです。

 (僕の経験の中での話ですが)98%の大工さんは、このフローリングを貼る際にボンドをフローリングにこぼします。このボンドを取り除くことは簡単なんですが、取り除いてもボンドがフローリングの表面を侵すのか?ボンドの染みた跡は残ります。

 ワックス不要のフローリングはあらかじめ表面にワックスよりも硬いコーティングのようなものを施してありますから、ボンドによってこのコーティングが痛むんですね。

 引渡美装後は「美装屋がボンドを取りきれてない!」なんて怒られますが、これは僕たち美装屋の手落ちではなく、大工さんのミスなんですね。

 あまりにもひどいと、帳場さんも「なんとかしてくれないか?」なんて困り果て持ちかけてくるので、止むを得ずワックス不要の床にも密着しやすい(絶対密着とは保証できません。比較的安心)ワックスを塗って、ボンドで侵されたコーティングを見えなくしてしまいます。
 一般的にはリンレイのハイテクフローリングコートが有名ですが、僕の実験ではこのワックスだとすぐに剥がれます。床材メーカーもワックス不要の床にワックスを塗るなら「リンレイのハイテクフローリングコートが推奨」なんて書くもんだから、現場でも帳場さんに「ハイテクワックスを塗れ!」と言われますが、これを塗って剥がれなかったことはありませんでした。(あくまでも僕の経験です。ものすごく売れているワックスですから、上手くいくケースの方が多いんでしょう?)

 Beクリーンでは僕があれこれ床材を現場からもらってきて、色々なワックスを塗り、バフを掛けたり、引っ掻いたり、洗剤を垂らしたりと実験した結果、一番納得の行ったワックスを選んで塗っています。今のところ、僕が気に入っているワックスだと剥がれたことは一度もありません。
 ちなみにこのワックスは表示には「ワックス不要フローリング対応」なんて一言も書いてません。書かれてないけど密着が良いです。

 前置きが長くなりましたが、ワックス不要の床にワックスを密着させる方法はいくつかあり、

床に細かな傷をわざとにつけ、ワックスをひっかける(イメージですよ)感じで密着させる。ワックスを塗るとキズも見えなくなります。

プライマー(下地材)を一度塗り、その上にワックスを塗る。(手間が掛かります)

 という二つが主流でしょうか?Beクリーンでも現場によって上の二つの方法を使い分けています。それと、最近気が付いたのが、床を拭き上げるときに使う道具でも違ってくる?って事です。

 糸モップで拭いた場合、普通のタオルで拭いた場合、マイクロファイバータオルで拭いた場合、マイクロファイバーのフラットモップで拭いた場合。それぞれ、密着度合?仕上がり?が違うように思います。

 そこで、最近購入したのがこれ。
_DSC2975.jpg
 アプソンのゼブラモップ。

 今まではメーカー忘れましたが、グリーンモップというのを使ってましたが、これだとモップの幅が狭すぎて扱いにくかったです、専用のハンドルも必要でしたし。
 今回のアプソン性は幅も広いし、従来のハンドルに着けれますから経済的。

 僕は現場や床材、仕上がりの違いでワックスは糸モップで塗る、リンレイのフラッシュモップで塗る、アプソンのモケットモップ(コーティング用、ウレタンとかに向いてます)で塗る、と3種類の道具を使い分けてます。
 今回のゼブラモップはアプソンのハンドルにピッタリだし、リンレイのハンドルにも付きます。これ便利。

 拭きあがりも、手で拭くよりもきれいにムラなく拭けるし、軽いノリならマイクロファイバーがガリガリ(削れるわけじゃないですが、イメージですよ)剥がしてくれるし。絞りやすいし、楽です。

 掃除機とダスタークロスでも取りきれない細かなゴミもキレイ取り除いてくれるし、素敵です。

 僕が思うに、アプソンのモケットモップで塗るのがワックスが一番きれいにかつ、しっかりした厚みを保ちレべリング性も良好な状態で塗れると思うので、ゼブラモップとモケットモップの組み合わせだと、今までよりもワックスのレベルが上がりそうな予感です。

 リンレイのモップは普段使いには便利ですけど、ワックスのしっかりした厚みは出しにくい気がしています。モケットモップは素晴らしいですが、扱いにくいし、ムラになりやすく、塗りこなしが難しいです。
 糸モップだと、ゴミが入りやすいし、分厚くなりすぎるところと、薄い所の差が出過ぎてレべリング性が良好ではない。
 それぞれ一長一短ありますね。

ポリッシャー故障

_DSC2915.jpg
昨日は大忙しでした。社員、パートさんはじめBeクリーン全員が12時近くまで現場でした。
上の写真はパチンコ店の天井のガラリを拭いている作業。奥の方が拭き終わった後。色の違いにビックリ。

この現場と並行して不動産屋さんの事務所のワックス掛けも。
_DSC2917.jpg
ポリッシャーという写真手前の床を洗う機械が壊れて、作業が遅れました・・・。
ポリッシャーは3台持ってますが、予備までもって歩いてなかったので。がっかり。

年が明けたら自洗機を買おうと思ってましたが、ポリッシャーの新品を買い足すのが先か?
次は
41awcG8fTOL.jpg
これが欲しいんですが。ネット価格で17万。ちょっと高い。

海外製品は「やめときな」と言う人が多いですが、僕は魅力的に感じます。以前購入したMRバーニッシャーも日本製のような親切さはまるでゼロですが、頑丈ですし、日本製とはパワーが段違いです。

良いと思うけど。どうなんだろう?

海外製ポリッシャーだとイノベーターというのが日本ではポピュラーで人気ですが、イノベーターを買うならこちらのポリッシャーでも良いと思うんだけど。イノベーターも素晴らしい機械です。日本製よりははるかに高性能。

悩みます。

当麻町でも美装

_DSC2913.jpg
 当麻町に建設中の公営住宅の引渡美装が始まっています。
今回で3年目。
 
 一つ目は駅前に、二つ目は役場裏に、三つ目も役場裏に。4室入りのマンションが4棟づつです。2LDKとか3LDKとかバリエーションがあります。

 先日、この公営住宅が表彰されたようで(なんの表彰かの詳細は忘れてしまいましたが・・・)当麻町産の木材を90%近く使用して建てられ、尚且つ町内中心部に住宅を作ることで町内の中心部空洞化を防止したことが評価されたとか、どうとか?(覚えてなくて・・・)

 町内の建築屋さん3社がグループになり合同で建てています。Beクリーンは3社中2社と取引があるご縁で、3年連続で公営住宅の美装に入らせてもらっています。

 最近は当麻町の隣町の比布町の町営住宅にも携わらせて頂いてますが、当麻町も比布町も町営住宅が立派なんです。これは、その辺の賃貸のアパート・マンションよりもコストパフォーマンスが優れている気がします。僕も詳しくは知りませんが、所得に応じて家賃も変わるみたいですし、今よりも家賃がお得になる人も多いのでは?

 公営住宅は人気みたいなのですぐには入れないみたいではありますが。まー素敵な住宅だと思います。

 しかし、冬の引渡美装は大変です。水は出ないし、暖房もお湯も持ち込みだし、公営住宅なので照明器具が付いていないため、作業灯持ち込みで作業ですし。

 今日で二日目で2棟を余裕をもって終わらせたので、残るは2棟のみ。公営住宅以外にもあちこち現場が詰まっており、バタバタです。
 一般のお客様からの年末大掃除のご依頼も頂きますが、昨日も2件お断りさせていただきました。「年内になんとか」というご希望が多いですが、年内はびっちりです。31日まで仕事の状況ですから。

 従業員皆、寝ないで必死に現場を回っている状態です。

なんでも掃除します

さっきまでパチンコ屋さんのリフォームに伴う美装を行ってました。
クロスを張り替えるそうですが、タバコのヤニが酷すぎてノリが着かないので、ヤニを落としてくれ!との御依頼。
こんなのもBeクリーンは簡単にやります。

一般的な洗剤やクロス漂白の洗剤を使うと、かなり濯がなければ洗剤のせいでノリが着かなくなります。
ノリに干渉しない洗剤の選択をして、効率の良い手順で淡々と作業するだけです。

作業は順調でしたけど、打合せ不足で見積を失敗したのが残念でした。
まーこれも勉強。次からはもっとしっかりした見積と打合せが必要だと実感でした。

旭川で排水管洗浄

_DSC2792.jpg
 先日はグリストラップ清掃と排水管洗浄を行いました。
排水管洗浄とかグリストラップ清掃は設備屋さんとか、専門の業者さんのイメージが強いですが実は僕たち掃除屋も作業できます。

 Beクリーンは排水管清掃の専門で登録はしていませんが、資格は持っていますので安心して作業を行えます。旭川市保健所に問い合わせても「作業自体は資格も登録も必要ない、官公庁の仕事のみ資格と登録が必要」との回答でしたから、無資格で無登録の方が作業しても問題はないようですが。

 法令ではグリストラップや排水管などの清掃は(建物の種類にもよりますが)定期的に(1年に1回以上)は行いなさい、となっていたはず。(守っていない事業所さんなんかが多いですが)
 こんなわけで、実はとても需要のあるはずな作業なんですね。

 慣れてはいますが、臭いが酸っぱいのが堪えますね。

忙しい

 師走。

 忙しいです。

 最近貧血気味なのか?たびたび貧血のフラフラに襲われます。

 昔は何度も倒れたけど、最近は「まずい・・・」と思うと休憩するように
しているので、倒れはしませんが。

 血が足りていないんでしょうか。

 

新しい道具

_DSC2755.jpg
_DSC2756.jpg
_DSC2757.jpg
 今まで使っていたエトレーの真鍮スクイジーが壊れたし、ウンガーのバケットも壊れたのでバケットとスクイジーを新調しました。バケットは5年、スクイジーは4年は使いましたかね?バケットはベルトが切れてきて、スクイジーはハンドル部分が歪んでグリップエンドのリングが抜けるようになってしまい。

 今回購入したものはウンガーの「忍者スクイジー」というとんでもないネーミングの商品。
今までの真鍮
unnamed.jpg
とは違い、まったく見た目が違います。真鍮製の方が高級感はあるのかな?
 でも忍者スクイジーはものすごく軽いです。ハンドルが首振りタイプなのでハイポールに装着した際も使いやすそう。

 僕は窓を拭くとききはスイング?というのか一本引き?というのか、一筆書きでクルクル回して(回っているように見えるだけなんですが・・・・)拭くので、軽さとゴムとチャンネルの密着性が良くないとやりにくいです。
 しかも、僕はスクイジーを使うときはほぼ力を入れないタイプですからチャンネルのゴムを押さえる性能って大切に感じます。
 力を入れて引っ張る人もいれば、僕みたいに脱力系もいますし、スクイジーワーク一つとっても掃除は十人十色で面白いですね。
 今までのエトレーも定番中の定番ですから使いやすかったですが、少し重いです。で、今回はゴムもエトレー製ではなく、ウンガー製のゴムに変更し、しかも通常の硬さではなくソフトタイプのゴムを着けてみます。
 チャンネルがゴムをしっかりホールドしてくれるので、ゴムが固い必要性が無くなった気もするので、柔いゴムでしばらく使ってみます。

 試しに会社の窓を拭いてみましたが、慣れは必要でしょうけど(ちょっとハンドルが大きいです、そして今までも45㎝タイプですが、今回のは同じ45㎝でも短く感じます)拭き取り感は良好です。
 明日から窓掃除がちょっと楽しみになりますね。

旭川市内でジュータン掃除

_DSC2724.jpg
 午前中は旭川市内でジュータンを洗いました。ダンツーっていう種類のジュータンでジュータンの中では高額な部類の物です。洗うのも難易度が高い部類のジュータンです。

 写真はカドッチョ(うちの社員です)がアップライト掃除機で普通の掃除機では吸いきれないゴミまで丁寧に吸い取っている様子です。

 ダンツー洗いも様々な手法があるのでBeクリーンの洗い方が良いのか悪いのかは分かりません。とりあえず僕は今のやり方が自分的には一番きれいになると思ってます。アップライト掃除機なんて使わないよ!って人も多いんですが。

 ものは考えようですが、ジュータンの上に煙草の灰を落としたとします。これをきれいに取り除くにはどうするのが効果的でしょうか?
 ・灰が乾いた状態で吸い取る。
 ・水を掛けて拭き取る。
 ・水を掛けて吸い取る。
 ・濡らしてからタオルで擦り取る。

 イメージとしては「灰を濡らしたら染みちゃって取れないじゃん」と思いますよね?

 僕もそう思って、汚れを濡らす前にきれいに吸い取る方が仕上がりが良いのでは?と思っているだけです。間違っているかもしれません。分かりません。

_DSC2729.jpg
 カドッチョがバルチャーを動かしているフリをしている写真です(笑)
「作業風景を撮ってブログに載せる」と張り切ってたのに、バルチャー作業を撮り忘れたので「カドッチョ!バルチャー動かしてるふりして!!」と頼んで撮った一枚。

 良く見るとコードが繋がってません(笑)

 アップライト掃除機で吸い取ってから、汚れがひどいジュータンでしたので前処理剤を撒きました。前処理剤と言っても自家調合なので市販品ではありません。ヤニの汚れをある程度落し、臭いはほぼ無くすような調合。柄は残して汚れのみを漂白する効果も期待しました。

 今日はスプレーバルチャー?というのか、スプレー前処理剤の次の洗剤を撒きながら洗います。しつこく洗います。で、エクストラクターで回収剤を撒きながら回収。乾燥。再度掃除機。目立て。と言った段取りですか。

 これだけやってこの価格は安いのでは?と思いますが、わずか3畳分のダンツーです。そんなに高いこと言えません。

 以前トルコジュータンの洗いを見学したことがありますが、こんなに大量の水で(水と言うかプールに沈めてるようなイメージでした!)洗って縮んだりしないのか???とぶったまげたことがありました。

 僕はダンツー(今回のは数十万円のお品だそうで)をビチャビチャにする勇気はなかったので、スプレー洗浄で納めましたが、もっとビチャビチャにすればもっともっときれいになったのかな?って気もしました。

 ジュータン洗いは難しいです。もっと大型のエクストラクターがあれば、水の量を増やしてもきれいに吸えるんですが。うちのだと吸い込み仕事量が少なすぎます。

 

新築引渡美装

_DSC2722.jpg
 今日は旭川の工務店さん芦野組さん施工の新築住宅の引渡し美装でした。

 相変わらずきちんとした家を作っており感心します。今回の家はいつもの芦野さんの標準仕様のアスファルトシングル葺の無落雪屋根ではなく、板金の雪が落ちる屋根の家だったので、現場に着いたときに「あれ、これ芦野さんの現場??」とちょっと不安になりました(笑)

 無落雪屋根は素晴らしいもので、絶対?(雪が落ちたという話は聞いたことがありませんが)雪が落ちないもので、北海道ではありがたい屋根です。が、雪が落ちる方が好みって方もいますしね。

 雪が多い北海道ですから、無落雪屋根の説明をしても信じてくれない人もいたりするのが残念だったりします。僕も知り合いに「三角屋根だとしても雪が落ちない屋根があるんだよ!」と言っても信じてもらえません。「三角屋根で雪が落ちないなんてありえないだろ!」と。でも落ちないんです。

 技術の進歩は素晴らしいです。高気密高断熱、北方型住宅、最近はこんなキーワードが新築では当たり前に言われていますが、芦野さんたちはこんなことはとっくの昔にクリアしており、さらに素晴らしい技術への挑戦を常に行っている会社であります。

 上の方で「芦野組」って文字が青くなっている所をクリックしてもらえるとリンクが貼ってあるので、ホームページに飛べますが、リニューアルされており以前よりも見やすくなってます。お勧めですね。


 芦野さんの新築は毎回床下の掃除も必ず行うんですが、今回の家は難易度が高かったです。毎回僕が潜って隅から隅までくまなく掃除機を掛けますが、狭すぎて入れない個所もあったりします。それでも、入れないから掃除できません。とは言えないので、体をねじ込んで掃除機を引きずり込んでなんとしてでも掃除機をかけます。見えないところまで手を抜かない方針の工務店さんですから、僕たち清掃業者もその考え方に応えなければいけません。手抜きは出来ません。

 しかし、先日かけた(みんなからはものすごく不評なパーマです)パーマに床下の木くずやホコリが面白いくらい絡まって、頭が真っ白鳥の巣なみに酷いです。今日は早く帰って風呂ですね。

手直し美装

 今日は他の掃除屋さんが作業し終わっている現場の手直し美装を行ってきました。
写真は他社さんが施工済みの洗面台の一部。汚くはないですが、水垢が取りきれていない感じです。
お客さんからは「清潔感を出してほしい」とのご要望でしたので、コーティング類は施さず磨きのみ
で、光沢を上げようと思いました。
_DSC2688.jpg

 作業後は
_DSC2692.jpg

 ピンボケしていて分かりにくいですが、光沢が上がっているのが分かります。
コーティングなしでも磨きのみでここまではきれいに出来ます。

 お風呂の掃除も頼まれており、浴槽内のシミと、元々のツヤが削りすぎでなくなってしまったお風呂全体の
ツヤを回復させる作業も行いました。
 こちらの方は、一通り作業しましたが自分的に納得がいかない仕上がりなので後日再度作業を行わせて頂ける
ようにお願いして終わりました。

 納得いかない作業で終わらせるのも簡単ですが、それだと自分の為にはならないので正直に「納得いかないので
後日再度作業をさせて頂けますか?」とお願いしました。

 

風邪っぽい

 なんだか風邪っぽいです。
節々が痛いし、熱が出てくるのか???

 用心して早めに帰って寝ますか。



 

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード