成長ぶり

_DSC2653.jpg
 こんな狭い場所にハシゴを掛けて。
_DSC2654.jpg
 こんな高い吹き抜けも掃除します。

 Beクリーンの新人、あだ名は(僕だけ勝手に)「カドッチョ」と呼んでますが、まーカドッチョは最近成長してます。こんなハシゴ作業も一人でヒョイヒョイ登っていきます。足場作業なんかも簡単に登ります。

 少しずつ出来ることが増えています。今日も現場監督に「不器用そうだけど真面目な青年じゃないの」とお褒めの言葉も頂きありがたい。

 ガラス掃除なんかはまだまだ僕の相棒(女性パートさんです)には及びませんが、それでも入社当初から比較すると上達しています。
 部屋などの掃除もパートさんのリーダーや酒豪のお姉さんに教わりながら不器用ながら覚えています。

 床掃除で使うポリッシャーという道具も相棒やパートさんリーダーにはまだまだ及ばないんですが、それなりに動かせるようになってますし。

 今日もそうでしたが、僕が急遽見積もりや打合せ、来客の予定なんかが入り現場を離れることになっても「カドッチョ」がいれば安心だ。とパートさん方に思われるような頼れる男に成長する日も近いでしょうかね?
 何度もブログに書いていますが、掃除って年齢を重ねれば上手くなるものでもないし、経験が長いだけでも上手くならない、現場数をこなすだけでも上手くはなりません。必ずしも年数と回数が実力に比例しないのが、掃除業界です。
 毎日一つ一つの作業を充実させて行えば、上達も近いでしょうし。「何故この道具か?」「何故この洗剤か?」「何故この手順か?」常に考え疑問を持ちながら、一日を有意義に使ってほしいですね。

 僕は月末恒例の、あちこちへの報告書の作成や、来月の計画書の作成、来月から作業の仕様が変更になる現場の対応とか、頭が一杯でカドッチョの上達プランを一緒に考えてあげる余裕もありませんから、一人であれこれ頑張ってほしいです。

新築住宅引渡美装ラッシュ

 今週は新築の住宅や店舗などの引渡美装が多いです。改修してほぼ新築とかもあります。
来週も続きますし、12月中旬までは大小合わせて結構な件数の引渡美装の予定です。

 その合間で特殊な掃除?「何度も掃除屋さんにやり直してもらったが、もう無理だと言われて」というお風呂の染み抜きや、消臭とかもあり、もちろんBeクリーンのメインの仕事の賃貸物件の入退去美装なんかも詰まってきています。

 最近は「特殊な掃除」というか、、ちょっと難解な掃除のご依頼やご相談も増えてきて有難い限りです。技術を認めてもらっている証拠と前向きに受け止めています。
 お風呂のコーティングなんかも相談されます。お勧めはしませんがね(笑)

 そして、同業他社さんからの技術的な質問や、見積もりの出し方とか、ネットの検索でどうやれば上位に来るものか?とか、色々と相談されるのも多く、これもまた嬉しいことです。

 数年前から比べたら「出来ること増えたな~」としみじみ感じます。出来ないことの方がものすごく多いんですが。まーそれにしても、掃除なんて出来ない素人から初めてやっと人並みになれてるんだし、周りのBeクリーンを育ててくれている方々に感謝ですね。

長年の信頼

 Beクリーンを育ててくれている工務店さんがいくつかあるんですが、そのなかの一社から「お客さんが風呂掃除の見積もりしてくれと言うから、直接話してきてくれ!」と連絡がありました。
 先ほど見てお話ししてきましたが(見積もりに行くと見積もり以外にもあれこれ話し込んでしまいます(笑))、お客さんが工務店さんを本当に信頼しているんだな~とものすごく感じました。

 最近は悪質な業者が多いので、見積もりを取っても上手いこと言ってお金をふんだくろうとする業者が多くて怖いと仰ってました。最初から信頼している工務店さんにお願いする気でいるそうですが、日程の都合などで止むを得ず他社さんに電話すると、「本当に言っていることが正しいのか?」と疑問に感じることが多かったり、「この担当者は信頼できない」と不信感を抱くことが多々あるとの事。

 そんな中で今回の工務店さんは「○○さんみたいに誠実な職人さんには安心してなんでも任せられる」と何度も仰ってたのが印象的でした。

 僕なんかはまだまだ傍若無人な若輩者ですからお客さんからの信頼なんて言うものは無いに等しいんですが、それでも日々「加藤君になら安心して任せられるよ」と言ってもらえるように誠実に努力をしようと思っています。
 今回の工務店さんの社長もそうだし、Beクリーンの社長もそうですが、長年の付き合いの中から生まれる絶対的な信頼関係ってのに憧れますね。

 僕の拙い技術を頼って仕事の相談や依頼をしてくれる方も僅かですがいますが、わずか数年のお付き合い。僕がとんでもない失敗をすれば信頼関係も簡単に崩れ去ると思っています。
 絶対的な信頼関係(そんなものは無い!というドライな方も多いですが)って仕事の良し悪しも勿論関係しますけど、それ以上に人と人としての関係が大切だったりしますよね。

 工務店さんの社長とBeクリーンの社長も昔からの付き合い。一度は「あんたんところは旭川で最低の美装屋だ」とおしかりを受けたこともありますが、それでも簡単に切り捨てずしっかりBeクリーンを育ててくれようと、いつも気にかけてくれます。これって、Beクリーンの技術云々じゃなくて、社長と社長の信頼関係があってこそなんですよね。

 そして、こういう義理人情を大切にした燻し銀の信頼関係って世代が交代しても自動的に継承されるか?というとそうじゃないんですね。Beクリーンの社長のお客さんは社長の代まで。
 僕の代になれば社長のお客さんも社長が築いた信頼関係もゼロになると考えなきゃいけません。

 その中でも「社長の息子の面倒も見てやる!」というありがたいお客さんは本当に大切にして、尚且つ僕の自分のお客さんもしっかり増やさなければいけません。僕の人間としての魅力?とでも言いますか「あいつは喋りもとろいし、いつもニヤニヤして頼りないけど、真面目に仕事はする奴だよ」と思ってもらえるように努力しなければいけませんね。

 今日の見積もりは仕事に繋がるかは分かりませんが、仕事以上に「もっとしっかり毎日過ごして、信頼される人間にならなきゃなー」と感じた有意義な時間でした。

 そんなこと思いながらも、今日の現場の建て主さんが「業者さんへ、1本ずつどうぞ」と置いてくれていたお茶を「1本じゃすぐ飲んじゃうしもう1本もらっていこう」と2本持って行った不誠実な自分でした。まだまだ信頼される人間への道は遠く果てしないです。

 

北国の美装

_DSC2652.jpg
_DSC2651.jpg
 いよいよ冬本番の寒さになってきました。今日の夕方なんかは窓掃除をしていても窓が凍ってきたりしました。
写真のお湯を汲んだポリタンクやジェットヒーターが必須の時期になります。

 お湯はだいたい一日に180リットルとか多ければもっと持って歩きます。北国はこの時期から物件の水落しが始まり、完全に水を抜くため現場では水が使えなくなることが多いです。
 水を出すのは簡単ですが、水抜きをいい加減に行うと水回り設備の故障や、他室への漏水など重大な事故に繋がりかねませんから、なるべく水は持ち込みで作業を行います。

 僕は毎年建築屋さんの講習で設備屋さんが講師になり最新のボイラーや住宅の水落しの講習を受けるので、落とせないことはないんですが、責任は負えませんからね。。。。先日も最新式ガスボイラーの水落し方法を旭川ガスさんの指導の下習いましたが、まー面倒です。
 掃除プラスアルファでそこまで時間かけられません。

 いつも書きますが、冬の美装は冬季割増とか貰いたいくらい大変なんですが、そうも言ってられないので我慢して夏同様の品質を維持するように試行錯誤します。

雪がすごい!

 なんだか雪がすごいですね。吹雪いてみたり止んでみたり。溶けたり凍ったり。

今日は立派なネコのためのお部屋の掃除に行ってきました。
_DSC2648.jpg
_DSC2646.jpg
 猫の部屋に手洗いや鏡まで。自分の部屋でも十分嬉しい立派さでした。こりゃ猫も喜びますね。

 徐々に年末の忙しさの予感?仕事が混み合ってきています。Beクリーンは一般のお客さん?というか事業所さんや不動産屋さん建築屋さんなど以外の個人のお客さんはそれほど多くないので「年末大掃除キャンペーン」的なことは一切やってませんが、インターネットを見たというお客さんからのお問い合わせもチラホラ増えています。
 Beクリーンはホームページにあえて価格表を出してませんし、お得なセット割引みたいな事も無いことはないですが、全面には打ち出していません。

 他社さんから比べるとなんの魅力もないかもしれませんが、まーお陰様で仕事はびっちりです。みなさんが掃除屋さんを探すときの比較対象の一つにでもなれればいいかな?とささやかに思ってます。
 「ネット見た」ってお客さんがBeクリーンに電話をしても、電話に出るのは社長なので「うちより良い掃除屋さん沢山ありますよ」ってきっと言われるはず。まったく悪気もないしやる気がない訳でもないんですが、だいたい価格の面で他に行かれる方も多いのである意味「価格は気にしないからそれでもBeクリーンに」って方かどうかを見極めるちょっとした言い回しみたいなものですから。
 気を悪くしないで電話してください。

大きな戸建て

_DSC2645.jpg
_DSC2644.jpg
なんか分かりにくい写真ですが、物凄い大きな中古一軒家でした。
2階に10部屋、1階にも7部屋?

元の住人さんがきれいに使っており、なおかつある程度掃除してくれていたので1日で終わりましたが、それにしてもかなりのボリュームでした。
キッチンは3箇所?トイレも3箇所。窓なんてものすごくたくさんありました。

やはり年末近くは忙しくなります。今月も「なんとか月内で!」という仕事が多くててんてこ舞いですし、12月も大きな現場が立て込む予定ですから忙しいのは分かりきってます。
今年は31日まで現場が入っていますし。

ステンレス磨きの疑問

 掃除のプロと言っても、本州に数人いるトッププロ、ハイプロ?、プロ、セミプロ?、名前だけ。みたいなピラミッドになると思うんです。
 で、ハイプロから下くらいの人たちの共通の関心の一つに、ステンレスシンク磨きが入ってると思うんです。

 僕はこのピラミッド(自分で勝手に作ったピラミッドなんだけど)でいうとプロの段階。まだまだトッププロまで道が長い。疑問だらけです。
 ステンレスシンク磨きでもいつもそうなんだけど、ステンレスの傷は取れないことないんですが、凹みって?どうなんですかね?

 トッププロのホームページなんかを見てもサンプル写真には凹みがないんです。凹んでないシンクを選んでいるだけなのか?凹みすらリストアしてしまうのか?

_DSC2542.jpg
_DSC2544.jpg
_DSC2547.jpg
 こんなキッチンをさっと磨きます。汚いと凹みが見えないので傷取り磨きまでやってみます。
すると、シンクにボコボコ凹みが見えます。これ消せるの????
_DSC2558.jpg
_DSC2561.jpg
_DSC2562.jpg
 調べてみても凹みは板金屋さんとかなら簡単に消すみたいですけど(グラインダーとか使ってました。サンドブラストで仕上げみたいな人もいるし、板金の定番青棒とか使ってる人もいました)、掃除屋さんの磨きの範疇で消せるのか?

 このブログも最近ではあちこちの掃除屋さんが閲覧してくださっているようですので、聞いてみたいです。消せますか?
 やり方は聞きませんけど、消せるのか消せないのかだけでも知りたい。どうなんだろう??????

 

小さなきれいの積み重ね

 うちの新人にも「ビフォーアフター写真撮っておいてね」とお願いしたら、素晴らしい写真を送ってくれました。
 僕も最近ネタ切れ気味ですし、新人の目線と僕みたいなオッサンの目線じゃ違いますしね。

121121_0933~01
121121_0935~01
 カーテンレールの上ですね。意外と汚れています。こういう小さな汚れが積もり積もって汚く見えたり、臭いのもとになったりもします。
 
121121_0939~01
121121_0944~01
 窓の鍵です。普通に暮らしていると、こんなところなかなか目が届きませんが、僕らはプロですし、当たり前にこういう個所もキレイニしなければいけません。

 こんな小さな汚れですが、小さな汚れを少しずつキレイニしていけば、家の美観も保てますし建材の寿命も延びます。汚れはいずれカビやサビ、劣化の原因になります。匂いの原因にもなります。

 この調子で、どんどん汚れを見る目を付けて「大輔さん汚れ残ってますけど!」と僕に注意してくれるほどの人材になってくれる日が楽しみです。

カーペット掃除

_DSC2517.jpg
_DSC2507.jpg
昨日の夜はこの二人からのご依頼で(笑)カーペット掃除を行いました。
二人がかぼちゃのシチューをこぼしたり、お茶をこぼしたり、みそ汁をこぼしたり。
息子に「だいちゃんはBeクリーンなんだからキレイニしてや!」と依頼されて、作業しました。
_DSC2519.jpg
_DSC2522.jpg
_DSC2523.jpg
あちこちシミがあります。
_DSC2525.jpg
バルチャーで洗ってから、エクストラクターで吸い込みます。
息子には「赤い機械何さ?」と聞かれ、なんと説明するのが良いか難しく「広げたまま洗える洗濯機!」と教えておきました。間違ってはいません。バルチャーも息子が動かしてました。
4歳児が70万円近いマシンを操縦。すごい。
でも将来は掃除屋さん以外の仕事を選んでほしいですね。

今回は消臭と漂白と洗浄と同時に行う欲張りコースをご希望されたので(笑)普段仕事ではやらないくらいの!豪華な洗剤とゴージャスな?洗い方できれいにしました。

_DSC2527.jpg
_DSC2526.jpg
シミもどこにあったかも分からないくらいキレイニ抜けて無くなり、全体的にも買った時の色に戻りました。

お客さんは作業代金の代わりに今度ビールを買ってくれるそうです。
(ここまで仕事でやったら2万5千円は簡単にかかる仕事です。手間が普段よりも物凄くかかる、ゴージャスコース?ですからね)

掃除屋さんと言っても

先程、掃除の終わった物件の再美装を頼まれて作業してきました。

この汚さで掃除終わってます!と言われても不動産屋さんが文句言いたくなるのもわかります。一回掃除終わって、さらに手直しまでしてこれ。ひどいです。

さっと拭くだけでもこれだけ変わります。

掃除屋さんといっても其々考え方や施工方法が違うので、一概にこれが悪いとも言えませんが、せっかく掃除屋さんが入るならキレイになる方が良いに決まってますからね。

お部屋の汚れ

20121120-DSC_0892.jpg
 昨日の現場の和室の引き戸の汚れです。上が拭いた後、下が拭く前。色の差歴然。
全体的に黄色いと「汚れてるのかな?」って分かりにくいんですが、拭いてみるとこんなに汚れてます。

 大掃除シーズンに入りますが、ご家庭ですとマジックリンとかでお掃除が主流でしょうか?洗剤はなんでもいいですが、スプレーとかで直接吹きかけると、汚れがムラになりやすいので桶か何かに使う分量だけ洗剤を移してから、スポンジやブラシなんかで洗剤を塗り込みながら拭いていくと、普段の掃除よりきれいになりますよ。お勧めです。

 

マンションの共用部清掃

_DSC2490.jpg
 マンションの共用部清掃です。北海道は冬突入で雪が積もりました。本当は先週行いたかったんですが、時間の都合がつかず今日の作業。今日に限って雪が積もってる。
 まー冷え切って作業しにくいです。ワックスも乾きません。

 それでもやらなきゃならんから大変です。


 少しずつ現場も冬使用に道具類の入れ替えなんかもしていかなきゃいけません。

眠たい

昨日は中央ブロック商工会青年部の研修がありました。
研修後の懇親会でも盛り上がり、若手のあり方を勉強してきました。

割りと早めに解散になりましたが、眠たいです。
雨降りだし余計に眠たい。

1ランク上のフローリングのワックス

 先日フローリングのワックス掛けを行いました。
常々書いてますが、僕はワックスには否定的なんですが(笑)それでもご依頼があればきちんと施工します。

 今回は通常のワックス掛けに加えて高速バーニッシング処理という、聞こえはカッコいい作業を行ってきました。

_DSC2424.jpg
 何もやらない、最初の状態がこんな感じです。汚くはないけどツヤもない。このお宅は犬がいるので爪の跡とかでガリガリです。

 まずはきれいにワックスを洗い落として、フラットな状態に床をならします。
そしてワックスを掛けてはバーニッシュを繰り返します。

_DSC2429.jpg
_DSC2430.jpg
 部屋中の色々なものが床に写り込んでいるのが分かりますよね?

 もっと塗り重ねてツヤも上げることも可能ですが、後のメンテナンスを考慮するとこれくらいが限度はないかと考え終了。
 あまり磨きすぎると鏡みたいになっちゃいます。

 通常のバフ処理とは違い、バーニッシュは超高速研磨でワックスの表面をツルツルまっ平らにする作業プラス、高い熱でワックス表面を一瞬のうちに軟化させそれから超高速研磨プラス重さで、バフ以上にまっ平らのツルツルに磨き上げます。
 これを行うと耐薬品性とか犬などのおしっこ、よだれ、爪の傷なんかにもかなり強くなります。

 自宅での実験でも、単純にワックスを塗った個所、バフの箇所、バーニッシュの箇所と三か所作り、それぞれに業務用洗剤なんかを垂らし放置し実験しましたがバーニッシュの箇所は強いです。
 我が家の犬がテクテクあるいてもキズなし。うちの息子が椅子を引きずっても問題なし。

 バーニッシャーと合わせるワックスも工夫が必要ですが、今のところは自分的には最高の組み合わせで施工出来ていると感じています。

 そしてバーニッシュ処理を施すと滑りにくくなります。ワックスの性能を120%引き出す処理でしょうか?

 通常のワックス掛けよりは若干価格も上がりますが、どうせならきれいに耐久性もあげながら持っていきたいところです。
(高くなるとはいっても、今のところは僕の好奇心で通用料金で、お客さんに「悪いようにはしないから実験させて!」とお願いして、バーニッシュまでやってますが。僕の好奇心は来年の1月までは続きそうです(笑)。1月までは通常の料金でバーニッシュまでやります、という宣伝っぽいですね)

 ワックスの耐久性が上がるという事はワックスの剥離周期を伸ばせ、かつワックスを塗り直す期間の延長に繋がりますから、環境に優しくなります。
 美容室や歯医者さんなんかにもお勧めの施工ですね。パーマ液や歯科技工に使用される特殊な薬品にも強くなるそうです。

 あまりワックスの周期が伸びると会社の売り上げは減りますが、環境の為には仕方がないでしょう。

ステンレスに向いたクレンザー

新しいクレンザーを買ってみました。なかなか使用感は良好です。
ちょっとコツがいるみたいですので、いろいろ試しています。
_DSC2446.jpg
_DSC2447.jpg
 こんな感じで、くすんだ部分もクレンザーだけで下の写真のように蘇ります。
_DSC2450.jpg
_DSC2453.jpg
 悪くないですね。

 こういうヘアライン?サテン?と言いますか、鏡面にならない仕上げの方が僕は好みです。鏡面にするのは掃除屋さんも大変ですけど、キッチンを使う方も大変です。
 
 旭川はそろそろ雪が降るはずですが、降ってこない日々が続いています。朝刊にも記録更新なんて書いてましたし。早く降ってくれれば良いんですけど。

床掃除

_DSC2438.jpg
_DSC2441.jpg
 若者が床掃除では必須のポリッシャーという機械の操作の練習です。
慣れてしまえば簡単なんですが(きれいに洗えるかどうかは別として、動かすだけなら)慣れるまでは意外と難しい道具です。

 動かせるようになってもムラなくキレイにかつ、自分の思うがままに操作するのは至難の業だったりします。

 とりあえず動かして、大まかには洗えるようになりました。

 下の写真はわざとに障害物を置いて、狭い隙間もポリッシャーをぶつけずに通り抜けられるかの練習中です。最初ですんなり通り抜けられるわけもなく、ぶつかりましたが・・・。一発で出来れば誰も苦労しません。

 メーカーとか機種によって機械の重さって違うんですが、Beクリーンの1号機は40キロの重さのあるタイプです。これだけでも結構重いんですが、これを自由自在に動かすのはやはり難しい。
 
 究極の離れ業??(笑)縦ポリッシャー??とでも言いますか?ハンドルを倒さず、立てたままでポリッシャーを掛ける技も見せてあげましたが、これは全く出来ませんでした。一か所にポッリシャーを留める事すら無理でした。
 これは奥義ですから(笑)あと3年はかかりますか?(こんな縦ポッリシャーなんてまず使う機械ないんですがね。ちょっとした曲芸みたいなもんです)

 こうやって少しずつ練習して、Beクリーンの品質に近づけるように若者は日々成長しています。頼もしいですね。

 考えてみたら僕なんてこんなに丁寧に教えてもらったことないな~。見よう見まねで覚えたし。丁寧に教えることが良いことか悪いことかは分かりませんが、自分が苦労して習得した技術を丁寧に教えれば、彼は僕が3年かかって覚えたことも1年で覚えるかもしれない。そしたら、僕も助かるし丁寧に教えることも悪くないのかな?と思ったりもします。
 自分で悩み苦労し、発見していくハングリーさってものは犠牲になるのかもしれないけど。それは他の所で身に着けてもらえばいいですか。

寒いと思ったら

熱が出てきました。せっかく息子の退院が近そうなんですが、僕が具合悪いんじゃ息子もかわいそうですね。

寝てれば治りますが、寝てられないほど仕事は入ってきています。
頑張ろう。

気持ちが疲れる

昨日からうちの息子(長男)が入院しているんですが、病院での暮らしは疲れますね。

色々な事情で妻と次男は朝から夕方まで病院で、僕は夕方から朝まで病院で付き添ってます。病院から仕事へ。

最近の点滴って機械で管理されてて、おかしいとエラー音が出るタイプもあるんです。息子の点滴がそれで、点滴のホース?チューブ?が体の下になってもエラー音が鳴りますし、引っ掛かったりでも鳴るみたいです。
数日間まともに寝てないのもあるし、昨日も病院での付き添いでベットも貸してもらえない中、椅子でうとうとしたり一時間も寝てないのでものすごく眠たいから余計ですが、息子が点滴のホースを体の下にしてしまっても気付けずエラー音を何度も鳴らしてしまいます。

看護師さんにはきつく「さっきから何回も気を付けて下さいって言ってますよね!きちんと見て下さい!」と何度も何度も怒られる始末。
夜勤の看護師さんですし、僕も何度も同じことでナースコールを押すから余計に気持ちがイライラするのかもしれません。
夜は寝たいのが人間ですからね。

しかし眠たい。明日も朝から仕事。病院から出勤。寝る場所もないし、寝たら寝たでまたエラー音が鳴ってしまったら怒られるし。こんなに気持ちの休まらない病院生活もはじめてです。

看護師さんも人間だし、イライラする日もあるし、優しい看護師さんもいればそうでもない看護師さんもいる。分かってます。

疲れました。

ボランティアで窓掃除

 フローリングの洗いの現場は町営住宅なんですが、そこに住んでいる住人さんから「役場に4月から玄関の窓を拭いてくれ!と頼んでるのに、11月になってもまだ拭いてくれない」と。「ついでに拭いていってくれないか?」と言われました。
 時間も余裕もないので、断ったんですが「道具だけ貸してほしい」と80過ぎた老人に言われて貸したはいいけど、危なっかしくて見てられません。
 そんなこんなでゾロゾロと6軒くらい人が出てきて「私もやるわ!」とか「俺もやるわ!」と老人がヨタヨタ窓を拭こうとしだすんです。

 もー危なくて見てられません。仕方ないので「ワックス乾くまで俺も待つだけだし、その間だけボランティアで拭くから!危ないから脚立に乗らないでくれ!」と言ってしまいました(笑)
 「こんなんで、脚立から落ちてひっくり返られたら俺も困るし」と。

 計3箇所。高いとこも低いとこもキレイに拭いてあげたら「これ飲んでくれ」「これ食ってくれ」と甘酒とかみかんとかコーヒーとか色々差し入れしてもらって。「そんなものいらないから仏壇にでも並べときな!!」と言ったんですが「仏さんから降ろしたやつだ~」と言われて(笑)。「じゃーもらうわ~」「甘酒は俺飲まないから返すね・・・」って。

 「役場には俺が拭いたって言わないでよ」とお願いしてボランティア終了。

 老人たちには「俺の部屋も空いたときはあんたに掃除頼むわ~」なんて言われましたが「そんなもの部屋出るときなんて、死んだときか施設に入るときだもん、そんなこと言わないであと20年位だまって住んでればいいんだ。俺だって、この部屋に住んでたおじいちゃんも急に逝っちゃって、とかいう部屋は嫌だよ」と丁寧にお断り(笑)してきました。

  こんなボランティしてるからBeクリーンはいつまでも零細企業なんです・・・・(笑)。


フローリングの洗い

_DSC2405.jpg
_DSC2404.jpg
_DSC2407.jpg
 今日は「床がなんだかすっきりしないのでどうにかならないか?」ってお問い合わせで、フローリングの洗いを行いました。

 本当は剥離をすれば良いんですが、予算的にも剥離は無理なので。
この様な汚れ方って結構多いです。ワックスが所々剥がれて汚く見えるんですね。床暖の跡や、水が垂れた後、食べ物などを落としてワックスが剥がれる。
 ワックスってのはそんなに強靭な皮膜を形成しませんから。些細なことでペロッと取れてしまいます。

_DSC2411.jpg
_DSC2412.jpg
_DSC2414.jpg
 こんな感じできれいになりました。剥離はしてませんが洗浄のみでも、それなりに回復したりはします。

 フローリングを洗うと床がひび割れたり剥がれたり反り返ったりと危険が多かったりします。なるべくそうならないように気を付けてもなる場合もあります。
 怖い作業ですが、Beクリーンはこういう作業も得意としていますから、フローリングで困ったら電話してください。

旭川の倉庫掃除

DSCN1065.jpg
DSCN1079.jpg
 旭川市内の元食品倉庫の退去後の美装を行っています。
大きな倉庫ですし、冷蔵庫(ものすごく大きなタイプ)の解体(組み立て式の部屋みたいな大きな冷蔵庫ですから)やクロスの張り替えなど、作業工程の兼ね合いもあり3日くらいに分けての作業です。

 今日はシャッターの洗浄、梁などCチャンネルの鉄骨のホコリ払い、蛍光管入れ替え、床の清掃、ガラス清掃などを行いました。
 シャッターも手で拭いても良いんですが、高圧洗浄機で洗う方が早くてきれいになります。水浸しになっても問題ない現場であれば高圧洗浄を選びます。

 しかし、もと食品倉庫とは思えないホコリの量。僕含め作業員全員鼻の奥まで真っ黒になりました。
DSCN1090.jpg
DSCN1089_20121105173116.jpg
 うちの新人は現場に置いてあった簡易ローリングタワーに上り蛍光灯交換です。簡易のローリングタワーなだけにグラグラして怖いです。軽すぎて倒れそうだし。倒れない設計らしいですが・・・。

 

掃除屋さんの洗車


 秋ですから天気も不安定ですね。
僕は掃除が生業ですから車もキレイじゃなきゃ説得力ないなーと考えていて、マメに洗車を行います。
 汚い車と汚い身なりで作業に来られても「大丈夫かい?」と思われても残念ですしね。

 洗車の洗剤も様々ありますが、けっこう高いですよね。洗剤の成分を見てみるとどれもたいした違いはないんですが。
 僕はいつもは食器の洗剤を5リットルくらいのぬるま湯に2、3滴たらして車を洗います。
 洗うだけでワックスも掛かるとはいきませんが、洗車専用の洗剤とさほど成分は違いません。
  
 濃すぎると洗剤焼けしますが、薄めてしっかりすすげば問題なしです。僕は洗剤は必要以上に種類を増やさない方が好みです。兼用出来るならそれに越したことはありませんからね。

 グラスを洗って乾拭きしなくてもグラスには水滴の跡が簡単には残りませんよね?そんな原理?で車も拭き上げなくても水滴の跡も残りにくいですし。手間もお金も省けて嬉しいです。

 しかしこんな雨ならいくら洗っても意味がないです。早く雪降ればいいんですが。

旭川のテナントビルのワックス掛け


 旭川駅前のテナントビルの一室をワックス掛けしています。
 表面洗浄のみでワックスを掛けると聞いていましたが、お客さんは剥離までしてくれるものと思っていたらしい。
 お客さんとBeクリーンの間に不動産会社が入っている現場ですから、話の食い違いがあったのか?

 剥離の準備はしていないし、予算的にも表面洗浄で精一杯なことを説明して、作業に取りかかりました。
 表面洗浄とは言っても剥離がご希望のお客さんですから、高価格の洗剤を惜しみ無く使って、落とせるだけワックスをむらなくキレイに取り除きます。


 普段付き合いのない問屋さんが飛び込み営業に来た際に「ものすごく光るから!」とごり押ししてくれたワックスを塗りました。
 想像よりも光らない。いつものワックスとさほど変わらない。乾きが悪い。高い。

 次は無いですね。。。。。

 しかしこのテナントさんは例年ですが、お湯も使わせてくれないし、ストーブもダメ、エアコンもダメ。床が冷えきってますし、室温も低いですから洗剤も効きにくいし、ワックスの乾きも悪い。
 こんな条件でもキレイな仕事が出来るように、もっともっと技術を磨かなきゃなりません。 

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード