満月

 今日は1ヶ月に二度目の満月が見られる日だそうで。ブルームーンなんて言われてるみたいですね。

 崩していた体調も皆さんのお陰様でだいぶ良くなってきており、食事も普通に出来るし楽になりました。ありがとうございます。

 数日寝てばかりでしたが、驚異的な残暑で寝苦しい日が多かったです。髪の毛も伸びっぱなしだったので、寝やすくして早く体調整えたいのもあり散髪してきました。ついでに前から悩んでたパーマをかけてみました。10年ぶり?
 似合ってるか似合ってないかは自分では分かりませんが、パーマだと伸びても楽だし顔にかからないし楽なことだらけです。

 満月は人間に様々な影響を与えるようです。肉体的にも精神的にも。
 世の中みんなお互いの気持ちを理解しあえるなら素晴らしいですね。まずは自分が大人になって、人の痛みのわかる人間にならなきゃならんと思いました。

 

ショック

 ガッカリ。先程の現場でトイレを壊してしまった。

 古いウォシュレットで見たことのない機種だったのもあるし、自分の不注意も大きいし。
 壊れた部品だけなら数百円で済むみたいだけど、古すぎて部品の供給も無いらしい。わずか7ミリ程度の突起を折っただけ。

 INAXさんに聞けば、本来便器ごと全て交換がいいらしいけど、便座だけとりかえでも80,000円だそうで。

 高すぎる。便器だけで言いと言われたトイレ掃除。わずか数千円の仕事。サービスでと便座も触った自分が悲しい。

 先週からの体調不良は検査の結果、胃潰瘍と胃腸炎と喘息だそうで。
 安静が必要らしいですが、休めないので無理矢理出てるのに。このガッカリ感。

 修理代どこから捻出しよう。保険使えないかな?

あく洗いの続き でも失敗した・・・・

失敗をも隠さない潔い美装屋です!となんの自慢にもなりません。色が合わなかった。キレイにはなったけど。さーみなさんどんどん突っ込んでください。

_DSC1131.jpg
_DSC1132.jpg
こんな感じでところどころ汚れていたり、全体的に日焼け灰汁などであまりきれいではありません。
_DSC1135.jpg
作業の風景。大袈裟です。僕はカッコから入るタイプですから。
_DSC1142.jpg
汚れは取れましたが、色が抜けすぎました。
で、全体に整えてこんな感じ。
_DSC1147.jpg
敷居は全く手を付けてませんが、作業した柱と敷居の色の差はそれほどなくなったと思います。

もっと赤色を着けたかったんですが、何故か赤くならない?なんでかな?いつもの工程より3工程ほど少ないから?お客さんに「もっと赤くして!」と言われれば赤くしようと思います。色々試して分かってきたけど、木の種類で薬品の浸透時間をシビアに気にしなきゃ、今回みたいに白くなりすぎるようです。
赤を残せと言われていただけに気がかり。

写真で見ると、作業前と作業後ではだいぶ色が違うんですが現場レベルで見てみるとそれほど気にならない。カメラの色調の癖?マニュアルでホワイトバランスも露出も取ればいいんですが、現場でそこまで写真に手間をかけている暇もない。
それとこのカメラ(ソニー製ですが)頻繁に起こるんですが、撮ったはずの写真がメモリーカードに記録されていない。アフターの写真で、柱の横面も撮ったのに、一枚も無い・・・・。悲しい。

ソニーのカメラを使っている一部の人も同じような症状で困っているみたい。でも故障とかではないそうで???何故かな?

このように色を気にしながらのあく抜きは難しい。単純に真っ白にする方がよっぽど簡単です。和室の柱全部を作業させてもらえれば、もっときれいに出来るんですが。
とりあえず、最後の写真のように敷居と柱との色の差が出過ぎなかったですし、汚れも取れましたから良しとします。

もっともっと自分の思った色に持っていける技術を身に着けなければならないですね。

白木のあく洗い

 白木のあく洗いをやってます。
詳しくは会社に戻ってからまた書きます。

 Beクリーンが依頼されるのはだいたい、和室の柱一本とかが多く、「真っ白にしすぎないで!」とか「赤みを残したままで」とか白くするだけのあく洗いとは少し違った注文が多いです。

 色を残してあくだけ抜く。意外と難しいんです。

不調

DSC_0774.jpg
 絶不調です。朝から熱が出て、おまけに喘息の発作まで・・・。
今日も明日も仕事だし、おまけに今日も明日も夜間作業もあるし。

朝から病院で点滴をしてもらい、体にムチ打って働きます。まーしんどい。

 今日なんて喘息でつらいのに、新築住宅の床下掃除も。気管支を広げる注射と薬、ついでに張るタイプの気管支を広げるテープを貼り、元気な状態でも呼吸の苦しい床下に挑戦でした。もー床下で何度も「息出来ね~~~~!!!」と悶絶しながらの作業でした。

 明日の朝のガラス掃除と戸建てのワックス。夜のワックス掛けを乗り切れば眠れる・・・・・・・・

ブログネタ切れ

 ブログに書く話題も特にありません。あいかわらず忙しく現場はびっちりなんですが、ブログに書くほど面白いこともなし・・・。もともと面白い部類のブログではないので、「お前のブログで面白さを追求するなよ!!」とか言われそうですが。

 ついつい読んでしまう大したことないブログ、と言った感じでつづけれれば良いんですけど。

 明日、明後日は夜間作業。

 話題が無い・・・。



 

残暑?

 暑い!
暑いです。東京に住む弟一家が帰省中ですが、東京より涼しいと言ってるのが信じられない。32℃なのに。

 昨日今日でバタバタと仕事が立て込み、月末までまたびっちりになってしまいました。忙しい。

 しばらく帰りの遅い日が続きそう。まーまーありがたいですが、暑さで体力的にもつらいから暇な方が助かる?なんて言っちゃいけませんね。

 

異文化


 朝から写真のログハウスの美装に来ています。
 外国人が住んでいた住宅のはなれで、20数匹のネコの為だけのログハウスでした。住宅の方も三階建ての物凄い豪邸。他にも鳥の為だけの立派な小屋もあります。

 母国に帰ることになり、家も売れたので美装を行うことになったそうです。

 しかしまーネコが20数匹もいたものだから、毛とか臭いがすごいです。僕はネコアレルギーなので、息するのも辛いし鼻もぐじゅぐじゅ。ネコと暮らしてるパートさんでさえ辛いそうですから、相当です。

 ネコの為だけのログハウスとはいってもお風呂もトイレもキッチンも二階も窓も全て完備ですから。二人で作業してますが、なかなか進まない。

 

すごい技術

_DSC1115.jpg
 今日は当麻小学校の改修工事に伴う美装を行いました。
札幌の美装屋さんがウレタン(ワックスみたいなもので、施工は難しく、価格もワックスの3~4倍くらい)を施工したそうで、Beクリーンはその工事に伴って発生したホコリを払うのみの仕事でした。

 写真では分かりにくいかもしれませんが、左が未施工、右が施工済。右の方が色もきれいだし木目もはっきり出ています。実際に現場で見るとものすごく違います。
 知らない人は「新品に張り替えたの?」と言っていたほど違います。
_DSC1110.jpg_DSC1112.jpg
一番分かりやすい写真が下の写真。
_DSC1117.jpg
上の方の黄ばんだ床が、下側の白っぽい床に戻っています。

 僕もウレタンの施工は経験ありますし、どのような作業かも理解していますが、今回の施工はものすごくびっくりでした。「こんなにきれいになるの!!!」「なんでここまで新品に近く戻せるの!」と本当に僕も驚きました。
 僕も最初は「え?あの汚れてた床がこれだけ回復したの?なにやったの?」と何をしたかも分かりませんでした。現場監督に教えてもらい「札幌の業者さんがウレタン施工して、ウレタンを5枚塗った状態だ」とのことでした。現場監督とうちの父は施工を見たそうですが、床の研磨は1人で行ってたそうですからさらにビックリ。全部で14室を10日くらいでこんなにきれいにしたんだもんすごいです。

 先日習った最新のウレタン施工方法での作業なようですが、最新技術って問屋さんも「あ~あんなのダメですよ」とか「クレームの元だ」とか「あんな方法でやるからなんちゃらかんちゃら」とか否定しがちですけど、従来の方法と比較してもデメリットもあるかもしれませんが、メリットだってあるはずなんですよね。僕は新技術を頭ごなしに否定するのは嫌なので、習いに行きましたが。
 習った時は「これで本当に・・・?」とか「今までのやり方の方が良くない?」とか感じたりもしましたが、まーこれだけの結果が出ていれば「詳しく知りもしないで否定していた自分が恥ずかしい・・・」って気持ちになりました。

 本当に今日の現場は「度肝を抜かれた!」って一言でした。やはり上には上がいる。札幌程の競争の激しい街で切磋琢磨している業者さんはやはり強いですね。はっきりいってBeクリーンじゃこれだけきれいに出来ません。まったくやり方すら分からないのが現状。それでも、現場監督と父に「見たときどうやってた?」とか「どんな機械だった?」とか「どんな手順だった?」とかほんの少しのヒントでも聞き出して、少しずつ方法の予想は付きました。収穫です。

 先生方が新学期を迎え登校してくる生徒向けに「床がきれいになったでしょう!」とか「床にキズを付けないように」とか「床がぴっかぴかになりました!」とかほぼすべての黒板に書いていたのが印象的でした。先生たちですら感激している仕上がり。

 「負けてられねー!!」と僕まで感激して、ものすごい刺激を受けました。いやー本当にすごい!こりゃやっぱり来年は自洗機買わなきゃならんです。この技術の応用が出来るようになれば、今まで無理だと思っていた、一般家庭のフローリングの日焼け跡や傷もリストア出来るんです。もういちどウレタンの講習をうけに行こうか?本気で思っています。

盆踊り

 旭川商工会青年部のお手伝いで、東旭川の盆踊りの売店で焼き鳥を販売していました。
 怒濤の二時間でした、6000本の焼き鳥があっという間に完売でした。

お盆休み


 お盆休みです。
今日で三泊目。
一日目は仕事が終わってから、どしゃ降りの中で支度をして出発し、網走湖畔キャンプ場へ。二泊目も網走湖畔キャンプ場で。

 今日は場所を変え、阿寒湖畔キャンプ場で夜営です。阿寒湖のキャンプ場は無料の足湯があります。
 網走湖畔キャンプ場はしじみ取りが出来ますし、湖の海水浴?なので、波が少なく子供も遊ばせやすいです。

 しかし、我が家の息子二人とも生後2ヶ月から夜営と温泉巡りをさせてただけあり、テント設営もかなり頼りになる助手になるし、ピザとかお好み焼きを焼くのも上手に手伝います。旅なれた友人たちを見ててもそうですが、焼肉も良いけど、粉と水と塩とチョコチョコあれば、パンもホットケーキもピザもお好み焼きもその気になればパスタだって作れますから、荷物が少なくて済むので楽です。まーもっぱら料理は妻なので僕は好きなこと言って怒らせるだけなんですが。


 テントだろうが車の中で車中泊だろうがグッスリ眠るし。落ちてる木の実まで気が付いたら食べてる始末。こりゃ、世界がどうなってもそこそこ生きていけそうなたくましさの基本は身に付けてくれましたか?

 もっともっと色々経験させて、世界中を鞄1つで一周するくらいのたくましい人間になれば素敵ですね。
 うちの妻は女性一人で鞄1つお金も飛行機代だけしか持たないで世界一周してきてるし、出来ないことないんですよね。

 それにしても寒いです。北海道のお盆は秋のスタートですから、夜は防寒具なしでは寒いです。もちろん抜かりなくたくさん持ってきてますが、ジャンパーもない人が寒い寒いと言ってるので、気の毒になります。

お盆休み

 Beクリーンもなんとかお盆休みを取れそうです。14日15日16日と3日間ですが、休みます。お盆明けもすでにビッチリ。今日もお盆明けのご依頼を1件泣く泣くお断りしましたが、ビッチリなのに無理して詰め込んでも品質が下がる一因になりかねませんから、仕方のない妥協です。

 お盆開けてすぐは新築の一軒家や、中規模の改修工事の美装、小学校の清掃など、比較的大きな現場が多く、パートさんの割り振りも難しい状況ですからね。

 来月からは定期清掃の物件もさらに1件増えますし、徐々に2年前の年末に社長(とカッコよく書きますが、親父ですがね)と話していた「定期清掃物件の件数増加」という目標も徐々に達成されつつあります。Beクリーンはここ3年4年は、手が回らずに飛び込み営業とか新規営業ってほとんど出来ていないんですが、それでも合間を縫って父と僕とでちょこちょこ回ってはいるし、なによりインターネットを見たというお客さんが徐々に増えているのがありがたい。
 インターネットも毛嫌いせずに上手く付き合えば、無料(Beクリーンのウェブは僕が趣味で作っているのでお金かかってませんし)でそれなりの宣伝効果がありますから、素晴らしいものだと思っています。

 3年ほど前から父と話していた「北海道知事登録の清掃業者」という目標も達成されました。これでいよいよ登録建築物清掃業者としても活動できます。2年前に目標にした「排水管清掃」「グリストラップ清掃」「外壁清掃」も一応、設備投資分はとっくに回収したし、利益も出ているし、新規事業のスタートも上手くいきましたし。のらりくらりと進んではいます。
 
 Beクリーンなんてのは大企業じゃないので、「今月の営業目標!!」とかはなく、いつも夜に父と二人で「あーなればいいね、こーなればいいね」なんて雑談しながら、「そーいえば、前に話してたあれだけど、なんとか登録できそうだわ~」とか「こんな仕事の話あるけど、出来るか?」とかそんな緩い感じで、3年サイクルくらいの長期プランでなんとか、目標は達成しています。
 「今月は先月より100万円売上アップ!」なんて鼻息荒く活動してません(笑)、いつも「先月より増えてたわ~」、「おーそうか~」とか「ちょっと少なかったわ~」「おーそうか~」で終わりなもんです。
 

 一応「小さな会社で大きな仕事」っていう漠然とした目標はありますが、まー当分はBeクリーンに依頼してくださったお客さんも、Beクリーンの従業員も僕たちも、みなさん「良かった」と思えて、幸せな感じになれる会社であればいいので、そんなスタンスで営業していこうと思いますね。

 

アパートの空室清掃

_DSC0961_20120811170729.jpg
汚れた天井
_DSC0957_20120811170730.jpg

_DSC0958.jpg


さっきまでいた現場のお風呂です。壁も床も天井も水垢とヤニ汚れとカビでひどかったです。
特にお風呂の壁の水垢はなかなかとれないですよね。ガリガリ削って傷だらけにすれば取れなくもないですが、傷だらけだと残念ですもんね。

全体的に汚れもひどく、クロスも床も押入れもなにもかにもがカビとヤニで物凄く汚かったです。小さな子供がいて、アトピーだかなんだかを気にして加湿器を使っていたらカビたそうですが、このヤニとカビとほこりなら、加湿器どうこうの前にアトピーの原因って???とか思ってしまいます。

フローリングのカビはペーパーをかけてきれいに落として、お風呂も写真のように酷かったですが、パートさんがきれいにしてくれました。どうやってきれいにしたかは知りませんが(笑)
_DSC0965.jpg
_DSC0963_20120811170728.jpg
_DSC0964_20120811170727.jpg
とくに壁は無傷できれいに水垢がなくなっていたし、床も壁も上出来だと思います。Beクリーンはハンドポリッシャーとかサンダーとかの研磨機械は使わないし、GSRとか流行の高級洗剤も使わないし、手だけで、しかもパートさんがここまで出来るんですからすごいもんですよ。

Beクリーンは新しい掃除方法とか洗剤をパートさんにお願いするときは、「これ使ったらあんな汚れも簡単に落ちるらしいよ」「こういう方法でやると良いらしいよ」とか言うと「使う!」「やってみるわ~」となってあとは各自工夫して使いこなしてくれるので楽ですし、ありがたいです。

「パートさんに任せると品質が下がるので、パートはいません!」という会社さんもありますが、Beクリーンの場合は「パートさんがいないと品質を維持できないので、パートさんは大切です」というスタイルですから。色々な考え方の会社がありますよね。

パソコンソフト

 先月末に新しいカメラを買いました。ソニーのDSC-RX100というコンパクトデジカメなんです。まーなかなかきれいに写るし、なにより小さい。お気に入りの一台になりました。

 僕は普段、写真現像やレタッチなんかには2種類のソフトを使っており、一つはアドビのフォトショップ。(超有名な写真編集ソフトですね)それと、アドビのライトルームというソフト。この二つを組み合わせ、エプソンのマックスアートシリーズのプリンターで印刷が好みです。

 でも、新しいカメラのRX100のRAWデータは未だにライトルームやフォトショップは未対応。不便。いつになったら対応してくれるんだろう。毎日「アップデート確認」してるけど、対応ならず・・・。
 

 

マンションのワックス掛け

 旭川市内のマンションのワックス掛け作業中です。九階建て。



 コンセントのない古いマンションなので、ポリッシャーを使うのにも一苦労です。電機がなければ仕事が出来ない。原発は嫌ですが、電機なしでは暮らせないことにジレンマを感じたりもします。
 なるべく使わない工夫が必要ですね。

クリーニング

 クリーニングと言っても様々ありますが、さっきまで旭川商工会青年部の会議でご一緒させていただいたのは衣類のクリーニング屋さん。

 衣類のクリーニングとハウスクリーニングにも共通する部分は多く、とても勉強になりました。工場見学の約束も出来たのでお邪魔にならない程度に勉強させていただきたいと思いました。
 やはり掃除は奥が深い。面白いです。

伝える

_DSC0897.jpg
 新人が先輩にBeクリーンの掃除のやり方を習っているところです。
窓掃除やワックス掛けは相棒に、部屋の建具や照明、床の拭き上げなんかはパートさんの親分に習います。

 普段の現場では、僕の母、お局様、写真の親分と相棒、そして酒豪のお姉さまの5人がバリバリバリバリ一日に4件も5件もきれいにしていきます。この5人に新人を加えて6人で北海道内どこまででも走り回ってきれいな環境を増やしていってもらう予定です。
 僕も現場に出ることもありますが、最近は半々で現場の点検や仕上げだとか、見積もり、打合せ、お客さんのところを回るとか、パートさんでは難解な特殊で専門的な清掃の現場に行ったりしていますからね。

 このほかに市内あちこちビルやマンション、事業所さんなんかの毎日の掃除に走り回ってくれているメンバーもいますから、創業時から見ると人も増えました。ありがたい。

 旭川では大きな清掃会社から個人でやっている方、電話帳などには一切宣伝も番号も載せていない方など含めると、おおよそ300位清掃会社があると聞きました。(某電話帳の営業マン情報)。
 人口と都市の大きさを考えると多すぎるくらいですが、それくらい掃除ってのは誰でも出来る業種なんですね。でも、誰でも出来るけど誰もがきれいに専門的に出来るわけではない。
 会社によっても作業方法も仕上がりの基準も千差万別です。BeクリーンにはBeクリーンの品質がありこだわりがあります。Beクリーンの会社としての仕事やお客さんへの考え方もあります。
 このへんを新人にもどんどん理解してもらい、共感してもらえるように僕たちは努力しなければならないですよね。

 Beクリーンの会社内の話ですが、2年ちょっと前から、清掃方法の転換や洗剤などの見直し(より環境と健康に優しい掃除への転換)を行い、求めてくる要求のレベルの高いお客さんとの取引の開始などの転機があり、2年間でBeクリーンのレベルは(Beクリーン社内比較で)かなり上がったと感じています。でも、最近は2年間の右肩上がりの感じは止まり、落ち着いている感もあります。
 これでもOKといえばOKで、品質さえ落ちなければこのままでも良い気もしますが、僕としてはさらに高みを目指したいので、徐々に第二の転換期と言いますか、技術的な改革を考えています。

 少々高額ではありますが、水回り清掃に効果的な道具の導入ですとか、洗剤の変更、新たな清掃方法の講習なんかを考えています。
 僕のここ1年くらいの実験と研究の結果、お風呂掃除や洗面台、トイレ、キッチンなんかも、あと1ランクは簡単にレベルが上がると確信しました。

 うちのパートさん達なら簡単にマスターするだろうし、理解も早いと思うし。2014年には今現在よりは2ランクレベルアップを目指して、スタートしたいですね。

 

新入社員

_DSC0864.jpg
 月曜日から待望の新入社員が来てくれています。長く続いてくれればいいですが、こればかりは分かりません。しっかりした若者でさわやかですし、良い子を紹介してもらえてありがたい。

 僕が教えると「厳しすぎる」とか「冷たい」とか言われるし、泣かれることが多いので、今回は僕の相棒を彼の教育係に任命して、優しく楽しく修行です。
 そもそも僕自身あちこちの掃除屋さんに修行に行きましたが、「加藤君違うよ~」とか「こうやってね」なんて優しく教わったこともないし、どちらかというと「なにやってんだ!!(怒)」とか「もー帰れ!」とか「なんで出来ないの!!」とか多かったので、優しく教える教え方も知らないんです。
 教えることで自身も成長しますし、相棒も今よりもさらに仕事のできる女性になること間違いないですね。

 相棒には「俺が教えたみたいに教えてあげてね」と言いましたが「大輔さんに教えてもらったことないですから。いつも見てるんだし出来るよね?としか言われてません」ですって。確かに何も教えてないかも・・・。よくまーこんなんでここまで覚えたね!と感心ですね。

 新人が入ったからってすぐに楽になる訳もなく、相変わらずなんだかバタバタです。事務処理が追いつかない・・・。机が汚いから書類が行方不明になって「あ~!!忘れてた!」とか多いのかと思い片づけましたが、それでも変わらない。片づけたそばから「あれ、あの書類どのファイルに綴じた?」とか「あのデータどのフォルダに保存したっけ?」「あれ、あの現場の請求金額決めてたっけ??」とか「?」が多すぎます。
 
 こうやって夜中も事務所にいると突然知人が来たりしてビックリすることがたまにあります。「通りかかったらまだいるんだもん」とか。昼間にやりたいが、現場もあるもんだから結局夜にしか出来んのです。

 なんだかんだでもう22時過ぎ。お腹すいた。こんな時間でも1人前から出前してくれるご飯屋さんってないもんですかね?旭川なら零細企業多いですから、夜間出前サービスなんてあれば意外と需要ありそうですけどね。
 以前の職場なんて8時くらいから夜中の1時まで仕事とか当たり前だったし、毎晩出前とってたの思い出します。
 
 冷蔵庫に入ってた誰のものか知らないジュースを勝手に飲んでしまった。きっと明日はパートさんに「飲んだしょ!!」と怒られるのか(笑)

和室の柱洗い

_DSC0870.jpg
_DSC0871.jpg
 先ほどの続きです。上の写真のようにあちこちに雨漏りによる水が染みて、木のアクが浮いてしまった個所が多数ありました。
 _DSC0876.jpg
_DSC0878.jpg
_DSC0877.jpg
 天井の柱全てとその他あれこれでしたから、こんな感じで畳を養生。ドライヤーが壊れてて、火花が散るのでヒートガンで乾燥です。
 _DSC0887.jpg
_DSC0882.jpg
 こんな感じできれいに抜けました。すっきり。まーしかしこれだけのボリュームですから、一人で3時間半もかかりました。
 _DSC0880.jpg
 _DSC0881.jpg
 こんな薬品を使います。道具もこれだけ。

 しかし疲れた。「え!こんなにあるのかい!!」と思いました。まーとりあえず、きれいになって良かったです。

和室のあく洗い


 和室の白木のあく洗いをやってます。
話では少しだけとのことでしたが、現場にいくと、あそこもここもとなり、けっこうな作業量(泣)

 しかも、雨漏りあとの現場ですから、部分的にあくが浮いてきていて作業が難しいです。
 あくの浮いた場所だけ洗うなら楽ですが、それだと色があわないのでまずいし。

 以前も書きましたが、僕のあく洗いは掃除屋さんのスタンダードな方法とは全く違うので、手間が、、、、。
 そのぶんきれいになるし色の調整も出来るし、木も痩せないから良いんですが。

 とりあえず黙って作業しますか。

ライヴへ

 土曜の夜は僕の好きなミュージシャンが旭川に来ていたので、ライヴに行きました。
 

 会場はお寺です。入場無料。おじいちゃんおばあちゃんから、赤ちゃんまでたくさん人が来てました。

 知る人ぞ知る的なすごいミュージシャンですし、本当にレベルの高い人ですから、始まったとたんに鳥肌が立つくらい感動的でした。

 音楽も写真も同じだと思うんですが、アーティストと芸術家って全くの別物だと僕は思っています。
 今回のメンバーは間違いなく芸術家タイプ。
 素晴らしかった。

 旭川の街のなかにも、こんな素敵なライヴが出来るような(手続きも申請も簡単で、担当者の偏見に左右されない)スペースとか、写真や絵画、インスタレーションなどの発表会が気軽に出来る(固いことばかり言わないで、融通のきく)スペースがあれば素晴らしいのに。
 
 駅前に花畑作っているより、市民の才能を引き出す仕組みとか、旭川市民のモチベーションをもっと高める仕組みとか、ないもんですかね?


 「経済は文化のしもべでなくてはならない。」 もっともっと文化のレベルの高い旭川なら楽しいな。

白木の洗い

_DSC0618.jpg
昨日のカーペット洗いの現場の道具たち。グチャグチャです。
_DSC0621.jpg
これを消してくれ!と頼まれました。僕は「年数もかなり経っているし、無理?もしくは少し薄くなるくらいじゃないですか??」と言い断りたかったんですが、「出来るだけやってみて」というのでやってみました。
_DSC0633.jpg
こんな感じ。やはりシミは抜けきりません。うっすら黄色く残っています。
ちなみに使う洗剤はエコ洗剤。カーペット用ではありません。カーペット用ではここまで落とせない気がします。やり方が悪いのか?でも少なくとも5年は染みてから時間が経っているようですし、仕方ないのか?

で、白木の落書き消し。
_DSC0623.jpg
見えにくいけど、柱に「○○何歳、何センチ」といった具合にたくさん書かれています。微笑ましいので、消すのも寂しいですが、仕事なので。
この柱に関しては、赤色も残しつつ消してくれとの難しい注文。普通の灰汁洗いの洗剤では白くなりすぎますからね。
_DSC0627.jpg
赤色も残しつつ消しました。お客さんに確認してもらい、もっと赤い方が良いというならもっと赤く戻します。最近得意になってきました。過酸化水素もアクロンとかレブライト?とかそういうものは一切使いません。素手でもマスクもなくてもOKな安全な施工です。

バーニッシャーのテストを行っていますが、難しい。ワックスの層が薄すぎるのか?それともバーニッシュのやり方に問題があるのか?高度計が無いので、カメラの露出計で測りますが、数値的には絞りで言うなら1段は簡単に明るくなります。でも、僕のイメージだと3段くらい明るくなると思っています。
もっともっと研究が必要ですね。

それと、昨日譲っていただいた20インチのバフ機2台も近々テストしたいと思います。20インチはコットンパッドが高くて買えないので、豚の毛のパッドと赤、青、化学繊維の白でとりあえず実験していきます。
豚の毛だと熱がかからないので、バーニッシュというかバフしか出来ないと思うんですが、なんせ回転数とトルクがMRバーニッシャーよりもかなり大きいので、期待です。
MRバーニッシャーも国産のバフ機と比較すればかなり高性能な部類の機械ですから、使い方を極めて機械の性能を120%引き出せるようにならなきゃいけませんね。

追いかけても追い付けない

 昨日の夕方にBeクリーンが創業時から大変お世話になっている掃除屋さんの社長と一時間半近く話し込んできました。

 もう還暦も過ぎているのにバリバリの現役現場職。体力的にも精神力的にも、物凄いものがあります。僕の勝手なイメージで闘将?まー何をやっても敵わない存在です。

 バフ機とバーニッシャーを一台ずつ譲ってもらいました。

 社長に「大輔君を見てると昔の自分を思い出しますよ。ガツガツ設備投資して技術で稼ぐ方向性を考えて、現場出ても自分の体をイジメてイジメ抜いてでも働いて」と言われました。
 「私は結局、年と共に技術に追い付けなくなって、手で稼ぐ方にしか行けなかったから、この年でも現場ですから」と。
 「技術で稼ぐやりかたなら、もっと体は楽できるから、きちんと仕事の線引きは行って、断る仕事は断ってやった方がいいですよ。」とアドバイスを頂きました。


 今僕が考えていることを20年以上前からやっていた人ですから、説得力があります。技術で稼ぐなんてのは、誰でも思い付く当たり前の考え方ですけど、掃除の世界でこれを実践するのって、かなり難しいですからね。

 そして、「大輔君の歩いた後は雑草の一本も落ちてない、と言われるくらい一件のお客さんから引き出せる仕事は引き出して請け負いなさい」とも。

 きっと僕が今のやり方のままで続けても、自分の二の舞だと察してくれて、自分の経験から感じた事をアドバイスしてくれているんですよね。本当にありがたいです。

 なぜか僕の周りにはこの社長を始め、僕を育ててくれようとしてくださる大先輩が多いです。恵まれてるなーと感じます。

 僕もあとどれだけ頑張れて、続けられるかわかりませんが、もしも還暦過ぎても現場に出ていたなら、自分の半分も生きてない若者に、さらりとアドバイスしてあげられるくらいの人間には成長していたいな。と思いました。
 

BIコーポレーション MRバーニッシャー

_DSC0610.jpg
とうとう到着です。MRバーニッシャー。バフ機じゃなくてバーニッシャー。こここだわりです。
しかし手違いでコットンパッドは届かなかった・・・。今は札幌にあるらしい。
まーもっと時間かかると思っていたので、OKですね。パッドが来て、機械を使うのが楽しみです。
わざわざ問屋さんとメーカーさんが頭を下げてくれたのが、逆に申し訳ない。日時指定なんてしてませんから、いつだって良かったんですが。まーこういう謙虚な方々はありがたい。また色々とお願いしたいです。予定していた金額よりも物凄く安くしてもらえたし。大丈夫なの??

倉庫ついでに、本邦初公開?Beクリーンの第一倉庫の様子。(第二倉庫もありますが、そちらはそのうち。というか倉庫というよりは雨漏りの酷いボロ小屋なんですが・・・)
_DSC0612.jpg
ポリッシャーのもう一台は車の中。バルチャーのもう一台は第二倉庫。脚立、ハシゴも第二倉庫。第二倉庫というか大きなボロ小屋ですが。カッコつけさせてください。
付き合いで沢山購入したドクターリムバー(剥離剤)といつもお世話になっている掃除屋さんから頂いているワックス(グランプリ、同名の製品がありますがメジャーな方のグランプリとは違いますね)が目立ちます。一度使ったきり出番のない水生ロウワックス、スリークもちらっと見えます。これ指定の現場があったんです。捨ててもいいんですが、捨てるのも手間が掛かります。

_DSC0613.jpg
めったに使わないパッドやブラシ類。緑も白も金属のブラシもあります。タイネックスも2本。右の方に小さくアップライトバキュームの取っ手も写ってます。

第一倉庫には特殊な清掃用の道具がビッチリ、第二倉庫にはあまり出番のない道具、大きなバルチャーとか、発電機、脚立、ハシゴ、バケツ、とろ舟、モップの棒(ハンドルって言うの?)、使わない掃除機が10台くらいとかごちゃごちゃカオスです。

ハウスクリーニングの道具と高圧洗浄機2台、タオルとかは事務所の中に置いてます。

Beクリーンに来たことのある人はご存じだと思いますが、倉庫というより小屋、事務所というより物置、まーそれはそれはいかがわしい外観と中身の会社です。
でも、人も会社も見かけによらない。真面目に働いています。

これであと自洗機買ったらどこに置いておこうかな?バーニッシャーもあと2台増えるから第二倉庫か?置けるか?第三倉庫の増設も真面目に考えなきゃならんです。
なんども言いますが、倉庫というか小屋ですから、どこかからいらないガレージとかプレハブを拾ってきますか~。欲しい欲しいと言ってるとすぐに手に入りますから、新たな小屋が会社に来るのも遠くないですね。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード