旭川のビルのワックス剥離

_DSC0533.jpg
 旭川市内のテナントビルのワックス剥離を行いました。
ワックスが黄ばんで、床自体がかなり黄色く見えました。
 _DSC0541.jpg
 剥離後はすっきり。
_DSC0534.jpg_DSC0542.jpg
 剥離後と剥離前の色の違いがすごい・・・。
_DSC0539.jpg
 先日もお客さんに「ワックスなんて洗って塗り重ねて、光っていればOKと思っていましたが、そうじゃないんだって分かりました。」と言われましたが、剥離するとここまで違います。

 ワックスは黄ばみますからね。どんなに手をかけていても黄ばみます。黄ばまない維持方法もあるそうですが、それを行うには美装屋さんの技術もさることながら、ビルオーナー様の金銭的な負担も相当ですから、なかなか難しいでしょう。

 先日新たに買った、コンポジットパッドのゴールド。
_DSC0552.jpg
 ゴールドというよりはオレンジか?コンポジットのシルバー、とスコッチ緑、ハイプロパッドも入っています。スコッチ茶色はポリッシャーにくっついていました。

 この現場は内装屋さんの現場でしたから、ハイプロパッドで剥離すると、床に細かな傷がどうしても入るので避けたいと思い、今日は使いませんでした。
 僕の好きなタイネックスブラシで剥離、茶色で濯ぎという手順で行きました。

 _DSC0550.jpg
 これはブレーカーなんですが、最近は現場も厳しくブレーカーなしでの電気機械の使用は怒られることが多いので、何も言われなくても使うようにしています。これだと、ここで電気が落ちるので、全体のブレーカーには影響ないので安心です。

 しかし月末。なにかと忙しい。。。。

 お盆までは大変そうだ。

 最近特に感じるけど、仕事が忙しいからって偉いわけじゃないし、会社の大小も関係なし。謙虚でいたいな~と思います。偉い人と偉そうな人って違うからね。大きな人間と大きく見せたい人間も違うし。謙虚が良いな。

冬に備えて

久しぶりに何もないゆっくりした休みです。ほんとに久しぶり。

ですが自分のやりたいことばかりもしてられず、休日ともなれば薪割りです。

昔の人は薪割りをして、畑を作って、冬食べる食料まで秋までに支度して。一年中忙しかっただろうなー。と思いを巡らせます。
僕が朝から四時間もかけて割った薪なんて、冬になればたったの一日で灰になるんですから。
薪ストーブの暖かさは素晴らしいけど、薪割りはなかなか堪えます。

自然のエネルギーでなるべく暮らす。簡単にいうけど簡単でもない。でも昔の人はやってたんだし、現代人にも出来るはずなんですよね。
将来、石油などがなくなっても、我が家の子供は薪割りが出来るから、寒い思いはしないのかな?なんて、訳のわからない想像してます。

十人十色

_DSC0271.jpg
 今日の現場のワックス?オイル?です。
_DSC0276.jpg
 塗るとこんな色になります。施主さんがご自分で塗られたようです。

 無垢材の白っぽい色も魅力的ですが、このままだと水でカビたり汚れやすいのでオイルで保護します。もちろんBeクリーンでも施工は出来ますが、自分で塗るのが楽しいみたいです。無垢材の家の方はセルフ施工が多いみたいですね。割と簡単だし。手間はかかりますけどね。

 Beクリーンだと白っぽい色はそのままで水をはじく施工も可能です。もちろん安心安全な保護剤です。もし僕が家を建てたら、白いままの色で保護剤を塗りたいな~と考えています。この見た目の変わらない保護剤はすごくて、表面の風合いも肌触りもほとんど、全く?変わりません。でも蛇口からの水をずーっと慣れ流しでも、絶対に水が染み込まない。これすごいですよ。会社で実験しましたが、ひと月前の施工の床でも未だにはじく。そしてカビないし、変色もしない。素敵。

 オイルにしても保護剤にしても下処理は重要です。
_DSC0277.jpg
 養生テープの跡が残っています。無垢材の家だとこのテープ跡は避けられない現象です。こういうのも施主さんが塗りやすいように除去します。
 _DSC0278.jpg
 無くなりました。





 とある現場でUVコーティング施工前のホコリ取りだけやってくれ!という現場がありました。UV施工はわざわざ札幌から業者さんが来ていました。
 既存のフローリングのワックスを剥離する段階でも「??」と思うところが多かったですが、やはり怪しく、一日でコーティングまで行う約束だったらしいですが「剥離だけで夜まで掛かる」とか突然言い出していました。しまいには「ワックスじゃないものが塗られている」「何を塗っていたか聞いてくれ」・・・。帳場さんが確認したところ「ワックス以外何も塗っていない」とのこと。そしたら「なにか敷いていなかったか?」確認してくれ。「犬がいるのでビニールのシートを敷いていたみたいです」と帳場さん。
 「ビニールが床に溶けてしみこんでいるんだ!」と業者さん。

 僕はやりとりを眺めていましたが、「ビニールが床に溶けださないだろ!」とか「どうみても、触ってもワックスしか塗られていないじゃん」とか突っ込みどころ満載でした。剥離が終わった個所もワックスがかなり残っている。これでUVなんて施工してしまったら密着不良がでて酷い状態になること間違いなし。てか、この薄さのワックスが簡単に取れないのもおかしい。いくらフローリングとはいえ、Beクリーンなら9時スタートで14時には間違いなく剥離は終わる作業でした。

 それでも色々と聞きたいこともあり質問していると「詳しいね」と言われたので「札幌で習ったんですよ~」というと「この前札幌でお客さんが、あやしいUVコーティング業者に依頼したら、ひどい状態になり、しまいには電話もつながらなくなった。それでうちに助けてくれと言ってきて、うちが直してやったら、素晴らしい!!と感激してたよ。きっとあんたに教えたとかいうやつが施工したんだな」とか根拠もない誹謗中傷が始まり、札幌ではうち以外は全部いかがわしい業者だわ。なんて言い方でした。僕に教えてくれた方は、電話に出ないなんてこともないし、ベテランですし、実績も多数ある、何より人間的に信頼できる間違いない方ですからね。

 このやり取りを聞くだけでも、どちらがいかがわしいか?どう思いますかね?帳場さんはUVコーティングの知識があまりなく、ペットのおしっこで床が白くなるから、白くならないコーティングをとお客さんに頼まれ、調べて、この札幌の業者さんに依頼したそうです。が、あまりにもかわいそう。工程も勝手に変更され、しまいにはUVを施工しなくても分かりきっていますが、おかしな仕上がりになるのは間違いない。これじゃ気の毒としか言えない。
 ペットのおしっこで白くならない施工なら、Beクリーンもワックスと特殊作業の合わせ技で可能なのに。先に相談してくれれば・・・。と僕までガッカリでした。
 帳場さんの落ち込んだ顔が目に焼き付いて「はー残念。あやしい業者にひっかかったんだな~。」と僕も落ち込みました。

 札幌の業者さんのホームページはとても立派で、全国規模で代理店を募集するような大きなグループみたいです。
 インターネットが便利でなんでも調べられる時代です。本当の事も嘘も、良いことも悪いこともたくさん書いてあります。ものすごい量の情報の中から、本当に自分が信じられ、間違いのないものを見つけ出すのは至難の業であります。
 今日の業者さんだって札幌で7年もUV専門で仕事をしているみたいですし、うまくいくときもあるのかもしれません?

 なんどかブログにも書いていますが、経験年数と実力はイコールにならないのが掃除の世界。キャリアは短くても上手い人は上手い、その逆も多いです。実績が実力にもならないのも掃除の常です。
 実績はあっても下手は下手。実績が無くても上手い人は上手い。

 このブログを読んで下さっている方々(わずか一日40人にも満たないんですが・・・)はせめて、知識・実力・技術・信頼度、そのへんのバランスの優れた業者さんに巡り合えればいいな~と切に願います。

 とくに今日みたいなUVコーティングはかなり高額なサービスです。見積もりを取っても「え!0一つ多くない????」と目玉が飛び出る金額です。その分通常のワックスよりも魅力もものすごくあるし、効果もずば抜けています。高額だからこそ、失敗しないでほしいな~と感じました。

 なんだか悪口ぽっくなってしまい、自分でも嫌なんですが、こんな現実もあるんだ!と知ってくれる人が一人でも増えれば、悪質な業者さんも減るだろうし、ガッカリする人の顔を見なくても済むし。

 今日の業者さんが僕に「UVコーティングは儲かるけど、素人は手を出すな!」と言っていましたが、まさにその通りだと思いました。本当のプロって数少ないです。この言葉を今日の業者さんにそっくりそのままお返ししたい。

暑かった 旭川は夕方でも31度

 今日も暑かった。会社に戻ると大変お世話になっている東京の美装屋さんから桃が届いていました。箱を開けただけでもものすごい良い香りです。食べても甘い。美味い・・・。美味い。

 注文していた、ペンギンのコンポジットパッドのゴールドも届いていました。SPPも良かったけどやはり耐久性が無さすぎ・・・。使い捨て?と思うくらい。用途外の使い方も試したけれど、結果は良かったんですよ。でも、すぐに破れる。穴もあく。ひっかけているわけでもないのに、床の凸凹が大きくなるとパッド自体がたわんで、パッド台の上でずれてきて、たわんだところから破れてくる。
 プロ仕様にするには、もう少し改良が必要なのか??僕の使い方が下手すぎるだけなんですよね、きっと。下手くそでも使える品質ならありがたかった。

 まー道具は使わなきゃわからんですからね。想像していたよりも遥かに耐久性が無さすぎた。それだけ。最初の時の研削力とか、考え方とかはものすごく好きだったのに。

 近日中にBIコーポレーションのMRバーニッシャーも届くはず。ずっとほしかったので楽しみです。買うとなるともらえるもので、このほかにバフ機を2台頂けることになりました。一気に3台も新マシンが・・・。鼻血出そうなほど嬉しいですね~。楽しみだ~。

 話はがらっと変わりますが、付点8分音符のパルスを4分音符に感じる。う~ん難しい。ポリリズム。

結婚祝い


なんとか仕事に区切りをつけて大急ぎで友人の結婚祝いパーティーに参加のため、バスで街に向かってます。
僕と妻の結婚式の際に妻のウエディングドレス二着をを手作りで作ってくれた大切な友人の結婚祝いパーティーです。

遅れて参加で申し訳ないですが、張り切ってお祝いしてきます。

蒸し暑かった旭川

今日はものすごく蒸し暑かったです。朝はエアコンなしでも運転出来ましたが、お昼からはエアコンなしではつらい暑さ。
春光台の中古一軒家でのワンカット。
_DSC0156.jpg
和室の障子。清掃したとこは白くて触っていないところは黄色いです。こんなことも出来ます。

_DSC0168.jpg
ホコリもすごい。

_DSC0159.jpg
キッチンステンレスのくすみ。なんだか汚く見えます。
_DSC0162.jpg
さっと磨くとこんな感じです。
_DSC0181.jpg
きれいな夕日でした。

そろそろ帰ろう

 相変わらず忙しいです。全く仕事の切れ間がありません。例年通りなら月に1日くらい「まー時々暇な日があってもいいかな~」って思うくらい暇な日があるんですが・・・。

 今日もすでに23:30分。もう間もなく日が変わります。今日は朝の7:30から現場。明日も7:30から現場。Beクリーンは朝は早くない会社なので、だいたい9:00位から現場スタートが多いんですが。ちがうか、9:00に会社を出るのが多いんですね。

 パートさんも子供とか家庭とかありますから、早すぎると生活に支障が出ますから。僕も早すぎるとつらいし。

 本日発売?の求人誌に社員募集の広告を載せています。ご関心のある方は是非お電話ください。パートさんも、いずれ来てくれる社員さんもそうですが、こんなに夜中までは働かせませんから。人並みの労働時間を考えています。

 先ほどまで行っていた夜間作業で大きな現場が一つひと段落です。仕上がりもかなり気に入って頂けたようで、「これからもきれいな個所を増やしていきたいので、一つ宜しくお願いします」との嬉しい言葉を頂きました。ビルメンさんのワックス掛けとハウスクリーニング屋のワックス掛けの違い?そんなもの無いよ!という方が多いと思いますが、僕としては分野が違うとやはり仕事も違ってくると感じています。

 以前も書きましたが、僕はハウスクリーニング屋を根底に「ワックスも掛けれるよ」「特殊な掃除も得意さ」ってなスタンスで行きたいです。頑張ってビルメンさんみたいに会社組織を巨大にするつもりは全くありません。

 ビルメンとハウスクリーニング。同じ掃除ですが、似て非なる部分が多いと思うんですよね。どちらも得意不得意ありますし、どちらが技術的に上とかもありません。一般的だと、ビルメンさんの方が会社として大きくて人も多い。外注が当たり前に行われる業界。ってなとこですか。ハウスクリーニングは暇なし金なし、的なものすごい零細企業が多いですよね。

 Beクリーンも時々外注を受けたり、出したりもしますがそもそも「外注」って言葉が好きじゃありません。だからあまり受けません。というか殆ど受けません。下請けもやりませんし。
 大きな会社だと始めから「うちはやらないけど、あいつの会社に仕事振るか~」ってな考えで仕事を受けるだけ受けて、作業代金もピンはね。それで仕事を受けてからあちこちに「こんな仕事あるけどお前のとこで受ける?」ってな言い方をします。これが嫌いなんです。
 「出来ないなら最初から断ればいいじゃん・・・」と思ってしまう。まだまだ子供です僕は。

「 受けたは良いけど、忙しくなりすぎてどうにもこうにも現場に行けない」とか「本当に困ったから助けて」っていう話なら受けますよ。お互いに助け合いです。「10000円で受けたんだけど、Beクリーンは15000でやる作業なら、5000円はうちで持ち出しするから、それでも助けて」くらいの心意気の人じゃなきゃ付き合えないですもん。仲良くしている掃除屋さんなんかだと、Beクリーンが送った請求書の額よりもいつも多く払ってくれたりします。別に多く払えなんて強要もしませんが、これくらいの心意気が「この人とは長く付き合おう」と思います。だからうちもお願いするときは「10000円で受けたけどもっとかかるなら、言われただけ払う」とかいうし、余裕をもって受けた現場で、相手が8000円で良いと言ってくれても「電話賃だけ抜きたいので、9800円でお願いします」とか必要以上にピンハネしないし。

 「外注」じゃなくて「お願い」「協力」。こういう人たちと付き合いたいです。いつだかもお世話になっているビルメンさんに空室清掃を頼まれ(しかも繁忙期に急に)「大輔のとこ3LDK幾ら?」と聞かれ「35000か40000」と話したんですが、そこの社長は「うちは20000で受けてしまった。でも大輔が言うなら40000でも払う」と言ってくれました。こういう心意気には弱いので、うちは確か15000で請求出しましたよ。Beクリーンは大赤字とは言いませんが利益は0です、ビルメンさんも赤字じゃ気の毒だしお互いに良いようにしようよ。って考えです。

 こういうのが僕の理想です。

 もちろん「今回は本当に予算もないからこれだけで勘弁してください」ってな話もありますよ。それならそれで、最初からきちんと言ってくれればOKです。値段も決めないでやるのも好きじゃないし。終わってから「じつはこれだけしか出せない」とか言われても「そんなバカな話あるかい!」ってなるしね。

 なんかグダグダ書きましたが、最近「仕事くれ」とか言われること多いし、「出来ない?」とか言われることも多いですが、義理人情を大事にしたいの僕は。ってことを伝えたかっただけです。本当に困っていて仕事を頼むのに、ピンハネしようとするその根性が好きじゃない。そこは利益は考えなくていい部分だろ?とか思っちゃう。
 経営者向きじゃないんです、僕。

  

腕が


 昨日も六花亭に行ってました。今朝帰ってきて、そのまま仕事でした。
 30時間不眠で作業。疲れた。

 六花亭では外国製のポリッシャーを使います。普段は日本製のポリッシャーです。
 何が違うかと言うと、色々違うんですが、重さ?外国製のポリッシャーは日本製よりもさらに10キロくらい重いです。
 日本製で40キロ、これに水を僕は満タン入れる派なのでプラス12キロくらい。
 六花亭のポリッシャーは50キロに水を15リットル入れますから65キロ。これを九時間動かし続けたら腕パンパンです。

 九時間で様々な種類の床材を、何千平米も剥離ですから、重くて回転数の調整、トルクの調整等が出来る機械の方が日本製を使うよりもかなり効率が上がります。
 床への圧着も外国製の方が優れていますし。
 これにバッテリー式のバキュームでどんどん汚水を吸い取ります。ちり取りなんかじゃ追い付かない広さと、作業時間の制限です。

 こんな感じのやり方もあれば、旭川に戻ってからの現場は、上の写真のマンションです。こちらは日本製のポリッシャーとちり取りで汚水を回収。
 バキュームなんて使ったら騒音で苦情です。

 ワックス掛けひとつとっても、現場によっても作業方法は違うし、会社によっても作業方法は全く違います。
 古いやり方もあれば新しいやり方もあります。
 
 様々な作業方法を体験して、其々の利点を理解し自分の技術にしていければいいなーと思っています。
 自分とは違う方法を否定しがちですが、お互いに理解し合い、決して否定しないでいけたらいいな。と思いました。

やはり

約一月振りの休みも、神様は休ませてくれず。
今朝6時半過ぎに会社出て、家で風呂だなんだで、7時半にやっと寝ました。
が、9時にお客さんからの電話で起こされ、今大急ぎで現場に向かってます。

いつ休めるんだろう?つらい。

ワックス剥離

土曜日は長かった。朝から普通に仕事を始めてやっと会社出ました。今日曜の朝6時半です。
さすがに疲れた。

土曜の夜からワックス剥離でした。面積は200平米程度で知れてるのですが、30年一度も剥離したことないらしく、Beクリーンが清掃を担当する前は、大手ビルメンさんがポリッシャーも使わず、モップで拭くだけでワックスを何十層も塗り重ねていたそうです。
ちなみにワックスを五枚でやっとサランラップ一枚の厚さ。土曜の現場はワックスが3ミリ以上ありました。相当です。


右が剥離前の床、左が剥離後の床。これだけ床が汚れていたんですね。

常に人が行き来する場所だし、ワックスは厚すぎるしで大変でした。

旭川市の椅子掃除

DSCN2437.jpg
 旭川市の仕事で合同庁舎のロビーの椅子を洗っています。
Beクリーンは下請けけ?なので詳しい経緯は良く分かりませんが・・・。

 お世話になっているビルメンさんからのご依頼ですので、手間がものすごくかかるんですがお引受け致した次第です。

 DSCN2439.jpg

 まー沢山ある。運ぶのも2トントラック?4トン?で運びました。現場で洗わせてもらえると楽なんですが、それはダメみたいで。

 DSCN2441.jpg
 こんな機械を使います。椅子専用のエクストラクター。カーペット用よりもウォンドが小さく、椅子にピッタリ合うように出来ています。吸い込みもカーペット用よりははるかに強力です。

 今13:30ですがやっと昼休み。朝から洗い始めてやっと半分です。天気が良ければ楽なんですが雨が降ったりやんだり。仮設の屋根を付けての作業です。写真にチラチラ写っている茶色のボロ小屋がBeクリーンの事務所兼倉庫です。怪しいでしょ(笑)Beクリーンの事務所を見た人は決まって「いかがわしい・・・」と呟きます。
 僕はとても気に入っているんですが。使いやすいし、快適だし。夏暑くて冬寒い。素晴らしいじゃありませんか。

 DSCN2443.jpg

 今日は夜間の作業もあります。20:30スタート終了は早くても2時か3時の予定。体もつかな。もーかれこれ僕だけ1か月近く休みがありません。もー限界。

 こんなに働いているのに痩せずに太るから困りもんです。のこり半分。頑張って洗おう。20:30までビッチリ現場の仕上げとか書類のまとめとか、終わらせなければならないことは山のように残っています。

 

メガネ男子?

 一昔前はメガネの若い男の子はメガネ男子と呼ばれてたようですね。
 僕の場合はメガネ小太りオヤジです。はい。

 
エアコン掃除を終えて、一通り組立て終えました。「あれ?ファン回ってないじゃん?はまってない?」なんて思い、指を入れたら、まー勢いよくぐるんぐるん回ってました。指切れた。(泣)

 メガネ作り替え時か?回ってるのに止まって見えた。オジサンだから目も霞みますよ。

 

 

肩こり


 清掃作業監督者という資格の講習を受けてます。本日2日目。札幌です。

 やってる内容は昨年の建築物環境衛生管理技術者の講習の簡易版と言ったところなので、難しいことはなにもないのですが、朝から夜までひたすら座り続けるのがつらい。
 普段の仕事より疲れます。

 そもそも建築物環境衛生管理技術者を持ってるのだから、清掃作業監督者にしても貯水槽清掃作業監督者などにしても講習は不要な気もするんですが?試験一発でいいと思う。

 監督者講習の内容は昨日もそうでしたが、建築物環境衛生管理技術者のテキストの一部の抜粋のみ。データだとか、具体的な空気中、水中の微生物類の数字もなし、化学式の記載もなし。さわりだけです。

 今回の講習では建築物環境衛生管理技術者の有資格者は10数名のみだそうなので、講習が必要なのはわからなくもないけど、
建築物環境衛生管理技術者を持ってる人は講習の免除とかあれば助かるのになー。

 今日も夜までびっちりです。つらい。

タイル掃除 タイル洗い 

20120709-DSCN2413.jpg20120709-DSCN2412.jpg
 今日は旭川市内の一軒家の玄関タイルの洗浄を行いました。
建築屋さんに「タイルの汚れなんだけど・・・」無理なら無理って言ってねと言われてましたが、この程度なら簡単かな~と思いやってみました。
 ちょうど仲良くしている掃除屋さんのブログにも玄関タイルの洗浄の記事が出ていたので、うちも出来るかな?と挑戦です。

20120709-DSCN2419.jpg20120709-DSCN2418.jpg
 作業後です。

 作業前もそれほど汚れていたわけではないんですが、それでも白くなりました。洗った後に人が歩いてしまったので、よく見ると足跡が付いてしまっているんですが、まーそれを差し引いても全体のくすみはすっきりしましたね。

 明日から札幌です。旭川市内の現場も立て込んでおり、札幌に行っている場合でもないんですが行かなきゃならないので仕方がない。

 来週は帯広です。お菓子で有名な六花亭の工場のワックス掛けです。今回で最後なので張り切ってやりますか。しかし帯広は体力的につらいんですよね。15時に旭川を出て、18時くらいから作業スタート。翌朝8時くらいまで、1チーム(4人か多くても6人で)最低でも2,000㎡をひたすら剥離ですからね。それを3日。しかも泊りじゃなくて、その都度旭川に帰ってくる。ってのを4週続ける。約一か月毎週3日六花亭。これを年3回だったかな?

 次回からは帯広の美装屋さんがきれいにしてくれるんでしょうか?以前も一度帯広の美装屋さんが作業したそうですが、時間内に終わらすことが出来ず、しかも仕上がりも論外だったらしく結局ダメだったそうです。今度からはもっと腕のいい地元業者さんが入ることを期待ですね。僕も六花亭の仕事には精神的にも技術的にも鍛えられたので「今回で最後か~」と思うと感慨深いですね。

一軒家の外部清掃

 暑くて暑くて立ってるだけでも精一杯でしたので、写真なんて撮れませんでしたが、今日は毎年Beクリーンをご指名下さっている当麻町の大きな農家さんのご自宅の、外ガラス全てと外壁全てのお掃除でした。

 大きな農家さんですからお家もメチャメチャでかいんです。それでもってガラスも多いし、畑の中にあるお家ですから虫がすごいんです。クモの巣を払うだけでも大変。蜂の巣を壊したらハチが怒って僕を刺しに来るし。

 今日はハシゴ係りが2人と下側の係が3人でした。去年は7名で行いましたが、今年はお休みのパートさんもいたのでね。

 今日現場で気が付いたけど「高圧洗浄機使えば簡単じゃん!」って。来年からは使おう。なんで会社出る前に気が付かなかったんだろ。壁全部掃除するんだし、ガラスも拭くんだもん、洗浄機で濡らしたって何も問題ないじゃないか~。と今朝気が付きました。

 たぶん暑さで頭がやられてるんでしょう。現場が終わったときも「なんか車がバタバタうるせーなー」と感じましたが、よく見てみるとボンネットの上に道具を置いたまま走ってましたし。「落ちなくてよかった~」。

 明日は日曜日ですがもちろん仕事です。明日の現場もかれこれ5年くらいBeクリーンに仕事を依頼してくださっているお客さんです。

 こうやって毎年ご指名頂けるのはありがたいですね。僕は年々太っていきますが、掃除の品質は年々向上しているはずです、去年よりも素晴らしい、来年はもっと素晴らしい仕事を!と頑張りすぎない程度に、僕らしく脱力しつつも技術の追求はしていきます。

 来週は札幌でホテル暮らしです。ネットで見るとエアコンなし扇風機のみ。と書いてました。節電の夏にはうってつけの素晴らしいホテルですね。はたして僕はそんな暑い環境でやっていけるのか?もー今から心配です。

備忘録

人生の中の仕事であって、仕事の中の人生ではない。

いい言葉だな。

カーペット洗い

DSC_0704.jpg
 お昼からは会議があり、その後カーペット清掃へ。
今回はアップライトバキュームの写真です。カーペット専用の掃除機でなければ吸い込めないゴミって多いんですね。普通の掃除機では吸いきれないゴミをアップライトバキュームできれいに除塵してから、洗いの工程に入ります。

 カーペットって白とかピンクだときれいになった!とか分かりやすいですけど、写真みたいな柄だとさっぱり分かりませんよね。写真は洗う前ですけど、洗った後も見た目は一緒(笑)せいぜい濡れて色が変わるくらい。面白くないので、写真はこれだけですね。

 先ほどの灰汁洗いの記事の別写真を載せます。先ほどの写真だと「なんかパッとしない」との声があったので、こちらだと分かりやすい。
 洗ったのが左側、洗ってないのが右側。
20120703-DSC_0700.jpg
 これだと白くなったの分かりやすいですよね。何度も書きますが、白くしろと言われればもっと白くも出来ます。今回は色々な理由でここでストップしたんですが。

 しかし暑かった。

旭川市で白木のアク抜き

20120703-DSC_0699.jpg20120703-DSC_0701.jpg
 午前中のうちに旭川市内で、一軒家の和室部分の白木のアク洗いを出来るかい?と言われ、見積もりだけのつもりでしたが、「すぐやってもいいよ。」と言われたので、作業しました。携帯カメラなので実際と色が少し違うのが残念ですが・・・。

 クロス屋さんがクロスの張り替えを行っており、制限時間は2時間しかなかったので、洗いは1回しか出来ませんでした。お客さんは「真っ白になった!」と喜んでいましたが、大工歴50年の工務店の社長の点検が終わっていないので、もう一度洗いに行くかもしれません。とりあえず途中経過。

 もっと真っ白にも出来るのですが、他の部分の木の色を考えるとこれぐらいが妥当なのかな?と思い、これで止めておきました。

 すこし灰色っぽい仕上がり。

 現場で社長に「オイルステインで仕上げてあるみたいだわ」と言われ内心「やべー無理かも?」とたじろきましたが、まー出来ないとは言いたくないので「とりあえず、色整えるのは後回しで自然に灰汁だけ抜いてみますね」と断り、作業スタート。

 数年前までは僕も普通に灰汁洗いと言えば「アクロン」という白木のアク洗い洗剤があるんですが、それを使っていました。が、これだとメーカーのパンフレットみたいにきれいに出来た試しがないんですね。使い方が下手なんでしょうけど。

 それで、最近は過酸化水素とか苛性ソーダとか使わずに全く違う方法で灰汁抜きするようになりました。そもそも灰汁が抜けていないのに、漂白だけしてもパッとしないんですよね。

 まずは灰汁を抜きます。でも今回はオイルステインが塗ってあるので、簡単に抜けてきません。まずはオイルを完全に抜き去ります。そのあとで、本番の灰汁抜き。その後、黄ばまないように色を止めます。で、さらに薬品が染みすぎないように目止め。で、灰色っぽくするのに色を整える。乾燥。で終了。

 社長にもっと真っ白に!と言われればもう一度作業して、真っ白に色を整えます。
クロス屋さんにも「あと2時間作業したら邪魔だよね?」と聞くと「邪魔だから、俺らが終わってからもう一回やれば?」と言われたので、とりあえず撤収でした。これでOKならそれで終わりなんですが。

 僕の尊敬する掃除屋さんは色を、赤とか黄色とか白、灰色とかなんせ好きな色に整えられるようですが、僕の技術では今のところは白と灰色これが限度です。どうやって調色してるんだろ?

今日も仕事

日曜日でしたが、勿論?仕事でした。

今日は、いつもの相棒ともう一人、
ワックス掛け初参加のパートさんと三人で作業でした。



加工してみました。掃除の写真らしくない。

相棒と初参加のパートさんと二人でポリッシャーで床を洗い、ワックスまで仕上げている所です。頼もしい。



乾かしてます。Beクリーンの送風機は掃除屋さん専用のプロ機ではなく、ただのホームセンターの安いモデルです。
専用の送風機は良いらしいんですが、買えません。

午前中の工程では、僕がSPPの使い方に慣れず?こだわりすぎて?実験しすぎ?モタモタ洗いすぎて去年より30分時間が多く掛かりましたが、午後からの工程では昨年よりも一時間短縮で終了しました。
去年は二人で行ったので、今年は1人多い分早く終わるのも当たり前と言えば当たり前ですが。まー上出来です。

しつこいですけど、SPPなかなか良い感触です。
欠点もたくさん見えてきたけど。

耐久性がなさすぎます。新品もカタログで言うほど持たないし、すぐにヘナヘナニくたびれる。
でも僕は展示会で見たときから、このすぐにくたびれる品質の悪そうなSPPは「絶対使い道ある!」と思ってました。

道具ってメーカーの意図とは違う使い道があったりするので、そういうの見つけると面白いですね。
SPPもあと10枚くらい買っておきたいです。もちろん、メーカーの意図とは違う使い方で使うんですけど。
ほんとにけなしながら誉めてますが、まー素晴らしく使い道のある残念な商品?(ものすごく気に入ってるんですよ!)

SPPは素晴らしいけど、メーカーの言う水だけで剥離とか強力洗浄とかに使うには品質が寂しすぎるので、水だけで剥離とか強力洗浄の為の高品質高耐久性のパッドは別に見つけなきゃなー。

いくつか目星はつけてるので、何かの機会に買ってみます。
試したいものたくさんあります。

そういえば明日は試験なのに全く勉強してめせん。受かるかな?

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード