キレイに見えるコツ


ちょっとしたことで掃除の仕上がりがキレイに見えたり、そうでなかったりします。
例えばスイッチ。
昨日の再美装の現場もスイッチはこんな状態でした。
拭いた跡はありますが、なんかパッとしない。

今度はどうでしょう?
なんとなくキレイに見えますよね?

掃除屋さんには「当たり前のことだろ!」と突っ込まれそうですが、この当たり前が出来てなくて再美装、しかも他の掃除屋さんに話が行くなんてことになりえますから。
バカに出来ないですよね。

僕たちの業界では、なんとなくキレイに見えない。ってのは汚いと同じです。
「おー!明るくなった!」って言われる仕上がりだとイメージ違いますよね。

再美装

6x6_normal_20120427163737.jpg
6x6_normal_20120427161938.jpg
夕方に急遽依頼が入り、現場が一つ増えました。
昨日までどこかの掃除屋さんが清掃を行っていた現場だそうですが、不動産屋さんの営業マンさんに「汚すぎる!」とクレームを言われ、代わりにBeクリーンが清掃を引き受けることになりました。

とりあえず水回り中心にサッとでいいから手直しをとの事でしたが、まー酷かったです。
ガラスは手直ししませんでしたが、「拭いたの??」と驚く感じですし、換気扇も油がベタベタ。お風呂の排水口もカビが酷いとか、建具も手垢だらけ。ワックスも塗ったのか塗らないのか知りませんが、あちこち抜けてる。

旭川に掃除屋は大小(法人にしていない個人も合わせ)合わせて約300あるそうです(以前タウンページの営業マンに聞きました)そんな中、どの会社も仕上がりはプロレベルとは言えないのが残念な感じです。

それぞれ会社ごとに考え方も清掃のポイントや施工方法も違うので、汚いのが悪いとは言い切れませんが、それにしても、こういう仕事をする掃除屋が増えると、掃除屋さんのイメージが悪くなるのが残念です。

いつかも営業に行った際に「以前掃除屋に頼んだことあるけど、自分でやるのと何も変わらなかった」なんて言われたこともあります。「これくらいなら自分でも時間を掛ければ出来るよ」という声も多いです。

品質の良くない掃除屋さんに当たってしまったお客さんは、当然掃除屋に対するイメージって悪くなりますよね。上に書いたような印象を持っている方が実際結構な数いるんですから。

悪い印象を持たれないように、きちんとした仕事をやらなくてはいけないな~と改めて感じた現場でした。

クロス補修


クロスに汚れが着いていて気になる。との大家さんからの要望で、クロス洗浄も行いましたがぱっとしないので、張り替えました。
僕もプロではないので上手くはないですが、困っていると言われればやらないわけにはいきません。

剥がしました。下手なのでマスキングで念には念を入れます。

終了です。

なかなか?そうでもないかー。
まーとりあえず、Beクリーンはなんでも出来ますよ!とさりげなくアピールです。

人の出入りのある会社

Beクリーンの社長がよく「用事のあるなしに関係なく、人が出入りする会社は良い会社だ」と言っていますが、Beクリーンも最近はなんだかんだでお客さんが来てくれます。


会社設立当初なんてお客さんどころか仕事もまったく入ってこず、1週間事務所で「会社のホームページ作ろうかな~」とかボーっとしていたのに、最近はほぼ毎日お客さんも来て下さるし、仕事だって受けきれないくらいになっている。
なんかすごいなーとしみじみ感じます。

儲かっている儲かっていないは別としても、会社が少しずつは前に進んでいる証拠ですからホントありがたいですね。

名寄で新築引渡美装

今日は朝から名寄市で新築一軒家の引渡美装を行ってきました。
Beクリーンの現場ではないのですが、お世話になっている美装屋さんがどうしても行けないから、代打でお願いとのことでしたので。

点検もしていただき問題なしとのことで一安心です。
Beクリーンの現場もごたごたしていて忙しいんですが、かなり前から頼まれていたのでなんとかやりくりが出来ました。

まー名寄は寒かったです。雪もまだけっこう残っているし、車でわずか1時間30分ですがこれだけの距離でこんなに気温差があるんだもん、北海道は広いな~と改めて実感です。

田舎の家と言うと失礼かもしれませんが、やはり旭川の家とはなんとなく造りも違いますね。その土地その土地に合ったライフスタイルというものがありますから、家の形も造りも違って当然なんですよね。
工務店さんによっても考え方も工法も違いますしね。

この仕事やってると色々な住宅を見られるのはとても面白いし、いずれ自分が家を新築するかも?(いつになるのか??)しれないときに、参考になるはずです。

しかし、最近のノーワックスのフローリングは扱いにくいですね。住んでからの掃除もしにくいだろうし、あまり良い点って少ない気がするんですが?どうなんですかね?
ワックスを塗らなくても良い、という点では素晴らしいですが、それにしても扱いにくい。

もっと良い方法はないもんですかね?

洗剤レビュー

そういえば、先日ブログに書いた洗剤のレビューです。
結論から言うとめちゃめちゃ落ちる。予想通り!

が、濃すぎました。
垂れないようにと、感想を遅らせる目的で粘度を上げましたが、すすぎ落とすのに大量の水が必要。
あと、親水性がありすぎるのか「塗装も溶けた?」と焦るくらい、汚れを抱き込んで白濁します。結果塗装は無傷なんですが。

もっと薬品配合のバランスを見直さなきゃならんなんと感じました。難しい。

ワックスのツヤを考える

1334888074559.jpg
 たびたびこのブログで書いてますが、僕個人的には「ワックスは塗らない方がいいでしょ」って持論です。
 確かにワックスを塗らなければ、床自体にキズが付きやすいですし汚れも付きやすい。床材の保護や、美観維持を考えればワックスを塗る方がメンテナンスは楽と言えば楽です。
 ワックスを塗らない分、洗浄の回数を増やす方が安上がりだし、いいと思うんですけどね??

 しかし、Beクリーンも含めワックスを黄変(ワックスは時間が経つと、だんだん黄ばみます)を起こさずに1年や半年床を維持できる美装屋さんってそうそういないです。
 ワックスを塗り重ねることで皮膜は厚くなり、ツヤは出ますが黄変はどんどん進む。きちんと表面洗浄を行わなければ汚れも抱き込みやすいです。

 表面洗浄時に使う洗剤のアルカリ分が黄変の原因の一つです。洗剤を使わずに洗浄する手法も増えてきていますが、それでも空気と触れることでの酸化や紫外線による変色も避けられません。

 意外と知られていませんが、通常の表面洗浄だとポリッシャーによる洗剤洗浄後はだいたい水による濯ぎは1回、もしくは行わないことが多いようですが、すすぎを7回行えば黄変はかなり抑えられるそうです。
 でも、すすぎ7回って通常では考えられません。それに7回も行えばその分人件費など(大袈裟に言えば機械の損料だって増えますよね)コストが増えます。これはよっぽどこだわっている美装屋さんでない限りは、出来ない作業です。

 塗れば塗るほどツヤは出ますが、なんか疑問。
1334888361688.jpg
1334888597664.jpg
 光ってます。明らかに光ってます。でも僕は「どうなの?」としか感じません。
掃除屋のくせにワックスに疑問って!とよく言われますがね(笑)

 少しずつですが、黄変しないワックスも増えていますし洗剤を使わない洗浄のシステムも普及してきています。未だに知名度は低いみたいですが・・・
 Beクリーンも少しずつ機械や道具を導入して、洗剤不要のシステムに移行しています。年内には必要な高額の機械を借金して(笑)購入する予定です。購入したらしばらくはご飯に塩だけで食事ですね・・・(笑)

 仕事柄どうしてもワックスを塗らない!とは言えませんから、せめてワックスの枚数を減らし、しかしツヤは2枚3枚塗り以上のツヤを提示できればお客さんも文句ないと思うんです。このシステムですと、傷もワックスを塗り重ねる方法と同等につきにくいですし。
 しかも、洗浄時には洗剤不要となれば、環境負荷も限りなく減らせます。なんせ水だけで洗浄ですからね。

 放射能汚染で世間は悩み苦しんでいますが、放射能以外にも洗剤による環境汚染など地球の浄化機能の限界は目に見えて近いと思います。せめてBeクリーンや環境に目を向けたいくつかの掃除屋さんだけでも、地球への負担を最小限に抑えたシステムで清掃を行わなければ、本当に地球には住めない時代がくると心配です。
 
 さー帰ろう。洗濯も終わりました。

ワックス補修

事務所のワックス補修の作業中です。
結局キズの深さまでワックスを削りましたが、キズが床に達していた様子。
ワックスを全て剥がしてから、キズが見えなくなるまでワックスを塗り重ねます。

キズの補修を行う訳じゃないので、ごまかしみたいなものですが、今回はあくまでも見た目の改善を求められている現場ですから。
お客さんの要望に合わせた作業計画で進めます。

しかし、改めて思うけど、MRバーニッシャーがあれば楽なのに。

下がワックスを剥がした状態。上がワックス二枚目の状態。
もう少し塗り重ねます。

再美装

少しずつですが、他社さんが掃除した現場の再美装の依頼が増えている感じがします。
まー値下げ競争の厳しい昨今、低価格で高品質を維持するのは無理ですから、お客さんの納得のいかない仕事になってしまうのも解らなくもありませんが。

昨日の再美装の現場も、見た目だけなら「キレイかな?」って感じでしたが、キッチンの収納内とか、排水口、ガラス、サッシなどBeクリーンならOKの出ない仕上がりでした。
他社さんの手直しをやってると、ここ気を付けなきゃとか、あーここ汚いからキレイに見えないんだ!とか発見が多いので面白いです。

でも、お客さんにしたら、安くて汚いとこに依頼して、再美装とかで二度手間になるくらいなら、最初から適正価格でキレイにする会社に頼めば経済的だったなーと後悔ですよね。

世の中色々と難しいですね。

旭川は快晴

天気いいですね。眠くて眠くてかないません。

昼からはとある事務所のワックス補修の仕事です。
引越の際に数百キロの金庫を引きずって床にキズがついたとのこと。
元々のワックスがものすごく分厚くバフも掛かっていて、床自体にはキズは無い様子。
最悪は剥離も考えてますが、キズの分だけワックスを削りおとして、なんとか収まらないかと思っています。

ただバフまでかかっているものすごいツヤですから、他の箇所とツヤよのレベルを合わせられるかが心配です。

まー腕の見せ所か。

旭川市内のマンションワックス掛け


昨日も今日もワックス掛けです。
写真は昨日の現場。
あまり汚れてはいませんが、汚れる前に一度剥離します。
剥離すると、ワックスを全て取り去るので、単なる表面洗浄よりはキレイになるのが利点。ただし、金額も表面洗浄の倍から三倍になるのが難点。

剥がし終わった状態。
ツヤが消えて白くなってます。

これで再度ワックスを塗るとキレイになります。
写真のマンションは剥離の代金は頂いてませんが、数年間固定契約ですから、年間作業計画のなかでやりくりして、剥離も入れてます。その方がキレイだし、僕たちも楽ですから。

洗剤




調合完了。うまく効けばいいけど。
固まりかけてネパネパの油をスルッと溶かして、軽いブラッシングだけで洗い流す洗剤になったはず?
しかも塗装は痛めない。はず?

下の写真の試薬たちは特に関係ないんですが、それっぽいでしょ?

詳しくは分からないけど、界面と過炭酸、発泡てのが今日のテーマ。どうしても過炭酸を使いたかった。発泡で界面がさらに油をさらってくれるのでは?と期待。
洗剤作り出すと「もっと化学を学ぶべきだった」と後悔しますね。
究めるとメーカーになれますね。

多分だけど泡立たせる度合いを間違えると、逆に使いにくいんですよね。日々研究です。
いつかはBeクリーン化学薬品部門も出来る日がくると楽しいなー。

週末

今日からちょっと大変な4日間になりそうです。
今日はこれから夜間作業。終わるのは朝方?
明日は朝からマンションのワックス掛け。明後日もワックス掛け。明々後日も昼も夜間もワックス掛け。
もちろんワックスがけ以外にも空室清掃や、お客さんとの打ち合わせなど色々とビッチリです。

まー体が疲れる。
昨日からは右ひざがものすごく痛く、寝てても痛い。そして左手全体的にしびれて力が入らない。

力が入らないし、しびれて手の感覚もいつもとちがうものだから、今日のお風呂掃除ではポリシー違反ではありますが、網目タイプのヤスリを使い作業でした。

職人というほど大袈裟ではありませんが、僕も技術職の端くれ。手の感覚など体の感覚はとても大切で、手に伝わる微妙な汚れを感じて力の入れ具合や道具の使い分けなんかをしますから、その感覚が普段とは違ってくるととても仕事がやりにくいです。

どこかで時間を作って整体に行くとか病院で頭の検査するとかしなきゃいつか倒れそうで不安です。
男31歳。少しずつ体の不安も出てくる年頃ですね。

古くても

先日カーペット洗いのお手伝いに行った現場ではサイメックスのタイタンを使ったんですが、まー楽でした。
重すぎて最低二人はいなきゃ持てないような機械なんですが、高価格には訳がある。楽です。きれいになるし。
Beクリーンにはサイメックスが2台(大きいのと小さいの)あるので、今後どんどん活用しようと思いましたね。

ずーっと使わずに眠らせていた機械なだけに「おー!!こんなにすごいのかい!」と驚きでした。

ブログに使えそうな写真を撮ろうと思うんですが、最近は疲れが抜けきらず、体も不調続きでだるくて気持ちも余裕がありません。

今朝の道新かな?に書いてましたが、ミシュランガイドで星を獲得した上富良野のお蕎麦屋さん、「まん作」さんは気持ちに余裕が無いといい仕事が出来ないから、家族との時間なんかを今後も大切にしたい。的な事を話していたそうです。

まさにその通りと感じます。しかもこのまん作のご主人は僕の後輩(?大袈裟ですが)にあたるそうです。後輩とはいっても年上です。蕎麦屋を始める前に接客を覚えるのにとある珈琲店で修業したそうです。その珈琲店こそ僕が修行していたお店なんですね。僕が辞めた後に修行にきたそうで。

珈琲店のマスターも同じことを言ってました。普段の生活にゆとりがないと、上質のサービスってのは提供できません。

忙しくなるとイライラもするし、気持ちに多少なりとも焦りが出ます。お客さんは忙しなく眉間にしわを寄せた人よりはニコニコした人を選ぶでしょう。ゆったりと素早く丁寧な仕事に感心するでしょう。
忙しすぎるとこれが無くなります。

最近ゆとりのない自分。掃除の品質は下がっていないか?お客さんに「頼んでよかった!」と思われているのか?改めて自問自答です。

そして、もっとゆとりを持ったライフサイクルに転換できるような、会社体制の構築に向けて舵を切り替えていかなければならないな~と本当に感じます。

もし息子のどっちかが「Beクリーン継ぎたい!」と言っても現状なら「こんな寝る暇もなくて、家にも帰れず、家族も趣味も犠牲にする仕事はやらせたくない」と僕なら言いますよ。そりゃ、普通に務めるよりは色々と楽なこともあるし、食いっぱぐれることもないとは思いますがね・・・。
こんなこと書きますが、僕は楽しく仕事してるし、今のところは多少睡眠不足でもなんとかなるし、掃除をもっと究めてあれこれとか野望はあるんですよ。「おーこの汚れ落ちたー!!」とか毎日面白いし。


とりあえず、今年は転換に向けた種まきに徹します。来年から4年後には会社の業務内容の比重が変わっているはずです。そしたら楽になる。写真も撮りに行ける。

頑張ろ~。

ひどい

他の掃除屋さんの代わりに、新築の引渡し美装にきてます。
建物のドアをあけたとたんに、パートさんみんなも僕も頭は痛いし咳は出るし。すごい家です。
シックハウスの原因物質は最近じゃ使えないはずですから、適合品なんだろうけど、たまらないです。
暮らす人がかわいそう。

腰が

ぎっくり腰が完治してないんですが、最近は落ち着いてました。が、また痛んできた。

座っているだけでズキズキ痛い。困りました。

終わった

2時です。やっと終業。

パチンコ屋さんのワックス掛けでしたが、23時スタートで1時には終わらせなきゃならない。結構しんどい。僕の前にやってた掃除屋さんは4人で1時半とか2時まで掛かっていました。
うちは24時まで3人、24時から二人で1時までに仕上げだから辛い。

まー僕は慣れてるからいいけど、ついてくるパートさんや協力業者さん(その時によってメンバーは変わるのでね)はグッタリですね。「早く早く!」「もっと急げないのかい!」「遅いってんだろ!!」とか僕にまくしたてられながらの作業はさぞかし大変だと思いますが、皆さん懲りずに手伝ってくれてありがたいです。

品質を落とさず作業速度を上げるってのは、相反する要素な気もしますが両立させなきゃ利益も出ないし、お客さんにも「まだ終わらないの?」と不満を持たせてしまいます。

いつもパートさんや手伝ってくれる方にも、どうやって伝えればスピードをあげることが可能なのか?と悩みます。

自分はどうやって今のスピードになったのかを振り返ります。が、解決策は見つかりません。
僕の場合は「加藤君!ワックス一人で2枚塗りで全部塗っておいて!」とか「いつになったら終わるのさ!」とか無茶振りばかりされて、「こんなに広いのに一人で全部なんて無理だろ~」とか途方にくれながら作業してただけですもの。

どの会社の手伝いに行っても「遅い」とか「帰れ!」とか「役に立たない」とか「覚える気あるのか?」とか「全然違うって言ってんだろーがよ!!」とか怒られてばかりでした。「加藤君の会社はいいね~、そんなのんびりやってお金もらえるんだ?」とかチクチク言われたりもしました。

そんな感じですから、僕が人に教える参考になる事例がない。余所の会社ってどうやって教えてるんですかね?手取り足取り?デモを見せる?ひたすらやらせる?

ワックス掛けって難しくて、現場によって求められ事が違います。

ただただ光ってればOKとか、剥離して当たり前、それなりでいいよ、剥離の予算はないが汚れをきれいに落としてくれ、とか。色々。

パチンコ屋さんは光ってればとりあえずOKって感じですから、そのような作業ですし、Beクリーンの普段のワックス掛けは基本的に剥離してワックスですから、時間も掛かるし手間もかかる。
選ぶパッドも最近はものすごく種類が多いですから、光沢を下げずに汚れを落とせるパッド、昔ながらの茶とか緑の光沢も落ちるし汚れも落ちるパッド、タイネックスじゃなきゃダメって人もいるし、ツイスターシステムみたいな画期的な方法もある、洗剤の選択も間違うと作業性が悪いし。

こんな様々な組み合わせがあり、状況によって即座に判断しなければいけなく、求められるものは何か?ってのを理解してもらう。色々と伝えたいこともあるし、覚えてほしいこともある。
教えるってのは難しい。

まーまーとりあえず帰って寝ます。明日も朝から仕事です。(もう5時間もしたら動き出さなきゃならんのか・・・明日ってか今日だし・・・)

まだ忙しい

今年はなんなんですか?まだ忙しい。ありがたいことなんだけれど、「明日までに」とか「明後日までに」とかいう依頼が多い。
毎日ギリギリのところでやりくりしている状態ですから、急に「急いで!」と言われても困るんですが、断れないのが僕らの商売。それでも泣く泣くお断りする仕事もあるんですが。

「どうにかならないかい?」とか「なんとか」と言われると断りにくいし、困ったときはお互い様なんですが、これが僕たちから「なんとか日程ずらせませんか?」と頼むと聞き入れられなかったり。
力関係の現れですよね。

掃除屋さんにも何種類かあり、

①ひたすら安く安くで品質はそっちのけ、とりあえず現場が動けばいいタイプ。クレームが多い。
②お客さんに言われた価格に従い、品質は可もなく不可もない。気が付いたらお客さんが他の美装屋に鞍替えしてたりする。「自分で掃除してもこれくらいなら出来る?」とか思われる。
③若干高いが、品質は価格以上。お客さんに「もう少し安くならないの?」とよく言われる。
④ずば抜けた品質で、価格もずば抜けている。お客さんの都合ではなく、自分の都合で作業ができるタイプ。
⑤仕事だけ受けて後は下請け下請け。悔しいことにかなり儲かってる会社に多い。

と言ったところか?

僕は4番を目指してますが、なかなか難しい。

掃除屋さんにも技術検定的なものがあればな~。ハウスクリーニング1級。とか。
なんだか怪しい団体では独自にあるみたいですが、なぜそこまでお金が掛かるの??と思うことが多いし。
国とかで出来ないのか?

ビルメンテナンスだと、昨年僕も取得した建築物環境衛生管理技術者を最上級として、そのほかいくつも国家資格はあるんですよね。
取ってみてなんだけど、これって知ってる人が少ないから特に自慢は出来ないんですね。知事登録とか大きな建物には必須ですが、Beクリーン規模の小さな会社では普段はなんの効果もない。(今年はこれを役立てる動き方をするから、大切な資格なんですよ・・・)

日本でも上位クラスの不況の街旭川市では、未だ価格競争が主流で、品質を見てくれる方は一握りなのが現状。価格を安くしていって、品質だけは維持するか上げろ!ってのは普通に考えると無理ですよね。

飲食業とか、物販業と違い仕入れ値や効率の良い機械システムでコスト削減、とかは難しいジャンルの仕事ですから。いくら素晴らしい機械があっても掃除するのは人間。キレイニするのはタオルとバケツとかですからね。タオルとバケツをいくら安く仕入れても利益にはほんの数円も違いはでません。

いつだったか見積もり時にBeクリーンは4万円と言ったら「他社さんは1万5千円と言ってましたが」と言われたことありますが、これ説明しにくいですよね。値段だけなら勝てません。勝つ気もさらさらありません。ただ品質だけなら絶対に負けません。
これを見積もり時に説明しても他社さんの悪口みたいになるし、嫌ですよね。それに「うちなら絶対落とせます」と言ったところで「口だけでしょ?」と思われても嫌だし。

旭川の地で新たに生活を始める方に気持ち良く暮らしてほしいな~とは思いますが、お金ばかりはなんとも言えない。
安く頼んでも後悔するのは目に見えている。これならやはり高くても・・・と思った時にはもう遅い。

選んでもらえない自分の実力不足。圧倒的な品質で他の追随を許さないほどの技術を持たない自分の実力不足。足りないものばかりだ。

まー今日のものすごく汚れた現場で「やっぱ加藤さんに磨いてもらったらキレイニなるわ!」「追加でまだ払います」と言ってもらえたのがありがたい。こんな一言を積み重ねていくしか、今のところは出来ないのですね。品質を認めて、安さを求めない人は確実に増えてはいるんですからね。
地道に頑張ろう。さーこれからまだまだ現場です。

キッチンの汚れ

DSC_0545.jpgDSC_0546.jpg
DSC_0547.jpg

 今日の現場のキッチンです。普通に掃除してもシンクの汚れがこんな感じで浮いてきてしまいます。
水垢の固まったものもあるし、何かを置いていた跡。それと、以前の掃除屋さんの使った洗剤か?おそらく薬品焼けみたいな個所もありました。

 特にキッチン磨きを頼まれたわけでもないですが、クレームになっても嫌なので、さっと磨いてみました。Beクリーンの考え方?会社方針?では、これ以上は追加料金といった考え方なので、あくまでも「さっと」というのを念頭に作業後写真を見てくださいね。

 DSC_0548_20120407194211.jpgDSC_0549.jpg
DSC_0550.jpg
 それでも水垢やくすみなどは大分見えなくなり、見た感じは最初よりは良くなりました。

 会社によって色々と考え方はありますが、Beクリーンではお客さんに提示された価格で契約して、その金額内でBeクリーンも利益が出て、お客さんにも満足してもらえる品質をと、考えています。
 「今回は予算がないから○○円で!」と言われれば、○○円じゃ厳しいが、○○円の範囲内で最大限努力はします。が、それ以上を求めるなら、追加で幾らかかりますよ。と言った話し合いを行った上での作業です。
 決して「○○円じゃこの程度か・・・」と思われる手抜き作業という意味ではありません。「○○円でもこれだけ!」とか「この価格でここまでやってもらえれば十分」という品質です。

 まー基本値下げはしないんですが、お互いにどうにもならない都合もありますからね。

 シンク磨きは奥が深く、僕の技術じゃまだまだ下手な方ですが、少しずつ始めた頃よりはきれいにできるようにはなってきています。「水とパットだけで磨きました」って言いたいところですが、水の出ない現場でしたし、酸性の洗剤とパッド3種類で作業でした。あとブラシもか。洗剤塗るのに。
 もっともっと技術を上げて「新品以上じゃん!!」と驚かれる品質までレベルを上げたいな~。

 まだまだ修行不足。

 明日は大きな現場のカーペット洗いです。しかも、カーペット洗い専門の会社のお手伝い。
「うちなんかで足手まといになりませんか?」と尋ねたけれど「是非手伝ってください」と言われましたし、まー自信を持ってお手伝いしてきますか。しかし不安だ。
 カーペット掃除は出来るし、不得手ではないけど他社さんの、ましてや専門店のやり方に合わせられるのか、品質は同じに出来るのか。作業時間的に迷惑かけないか?(Beクリーンは最低でも5工程から6工程はかけるから、時間が掛かります)
 う~ん。心配・・・・

クロスの汚れ


携帯のカメラなので見えにくいですが、クロスの一部に黒い汚れが着いてます。
何かでこすって着いた汚れとボールペンで書いた汚れです。
これって業務用のクロス洗い洗剤でもなかなか落ちません。僕も今までは落とせなかったんですが。

お世話になっている掃除屋さんに染み抜きの基本を教わった甲斐あり、この通り。

真っ白です。

基本を大切にしなきゃと改めて感じた現場でした。

コーキング打ち替え


黄ばんでしまったコーキング。
打ち替えると、、、、

真っ白。

コーキングの打ち替えは苦手なのでやりたくはないんですが、やってと頼まれたらやらないわけにもいかないので打ち替えます。

今時の掃除屋さんは営繕も出来なきゃ勤まりません。掃除の腕が悪いだけか(笑)

初めて見た照明

DSC_0536_convert_20120403194555.jpg
 今日の現場の居間についていた照明ですが、四角!初めて見た~。すげーと思い1枚撮ってみました。
でもこれって照明が切れた際には普通の照明よりも高上りになりそうですよね?そうでもないの?

 住宅って難しいもので、デザイン性を重視するとメンテナンス性が犠牲になったりしちゃいますよね。バランスが難しい。

 

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード