温泉に一泊

DSC_0251_convert_20111031203049.jpg
 土日で十勝岳温泉の、カミホロ荘というホテルに一泊してきました。
妻の仕事の関係で、とある旅行雑誌のモデルとして、「カミホロ荘に家族で宿泊するとこんな感じ」みたいなテーマで撮影されながらの一泊旅行でした。

 まー僕なんかはソワソワしちゃっていけません。普段は写真を撮る側なので、撮られる方になると緊張してダメですね。「あ!今撮られる」とか分かっちゃうから余計にドキドキ。終始顔が引きつっていました。息子二人は撮影用の見本の料理をバクバク食べるし、カメラマンさんも大変だったでしょう。

 まーお陰様でとてもゆっくり、快適にくつろがせて頂きありがたい週末を過ごせました。ありがとございます。



 話題は変わり、今日の出来事。

 仕事中に、良く行く珈琲屋さんに寄ったんですが(仕事しろよ!)、そこに最近自分の店(これまた珈琲屋さんなんですが)を出したばかりの方も来ていて、久しぶりにお話してきました。
 彼の珈琲とか食器、サービスに対する意気込みは素晴らしい物があり、これからの旭川の飲食業のちょっとした指針になれば良いのになー、と勝手に期待をしているんです。

 会話の中で「残念な飲食店が多いね」という話題になりました。
素材はとても良いのに、調理法が至らずにパッとしない。とか、味は良いのにサービスが悪い、店内が汚い。なかなか難しいバランスですね。

 本当に些細な部分、料理を出す際テーブルに食器を置く瞬間は「カチ」とか「ガシャ」って音を絶対立てない、ウエーターは歩くときに足音を立てない、食器を下げる時は音を立てない、お客さんのグラスのお水は空にさせない、お店がキレイ、テーブルセットはきちんとしてる、グラスの汚れがない、食洗機特有の擦れたキズがない、とか本当に小さなことの積み重ねが、良いお店へと繋がると思うんです。
 たまに、灰皿と食器を同じスポンジで洗うお店もありますが、これも匂いが付くので良くないですし。先ほどの彼とも同じ考えでしたが、札幌に行けばこれらを簡単にクリアするお店はざらなんですよね。

 こういう点に気が付いて、注意をするお客さんが札幌は多いですし。先ほど話した彼のお店なんかは、旭川じゃなかなかお目にかかれない高級な食器なんかも多いですが、札幌だと「お!アウガルテン置いてるんだね」「私はそこのマイセンで飲みたいわ」とかなりますが、旭川だとそうもなりにくいようです。
 でも、珈琲もケーキもパンも美味しいね!って気が付く人は多いそうです。きちんとしていれば、なんとなくでも美味しいのは伝わるし、素晴らしいのも伝わるんですよね。

 街の規模も違えば、住んでいる人の嗜好も違うから何もかもが札幌と同じ必要はありませんし、高級食器で珈琲を飲んでも紙コップで珈琲を飲んでも味はさほど違いません。(厳密に言えば食器で味の感じ方は違うんですが・・・)
 でも、旭川にもこれくらいの行き届いた良店が数店ある方が面白いし、素敵だな~とか思ったりもします。彼のお店はそんなことにも行き届いたお店なので、きっとこれから旭川が自慢できるお店になるはずです。
 
 こんなこと書いてますが、僕は別に美食家でもなけりゃ、高級料理店を知ってるわけでもなく、ただの屁理屈たれなだけなんですがね・・・。今日も晩御飯は、すき屋かなか卯でしょう。
 でも、これはこれで素晴らしいですよ。利益を追求すると飲食業はこうなります!というある意味究極の形ですからね。
 照明の配置、カウンターの高さ、調理システム、店内のレイアウトなど参考になる点は多いですね。

 回転率を上げるために、あまりくつろげないイスと立ち食いに近いカウンターの高さに設定、お客さんに長居されると回転率は下がり、売り上げは伸びません、なんて感じでしょうか?
 先ほど長々と屁理屈を書いた飲食業のスタイルとは真逆ですが、これもまた成功であり正解であるんです。色々な商売に触れるのはとても面白いです。色々と勉強になります。

 僕が昔修行していた珈琲屋さんのマスターと良く話しましたが、「ミスドのコーヒーほどドーナツに合うコーヒーは他にはないね!あのコーヒーは美味いよ!」ってのを思い出します。
 ここにも、珈琲とコーヒーで違いますが、喫茶店業の成功例がありますよね。確かにおいしいですもん、ミスド。僕も大好きですしね。
 
 飲食業に限らずですが、美装屋もそうでしょう。自分の考えに合うお客さんが集まってくれ、至らない点は指摘して頂き、独自のサービスを追求する。そして、成功とか正解は自分自身の尺度で、自分にとっては何が正解かとか見極めるのが大切なんですね。
 Beクリーンも遠くない将来社長は引退するでしょう、そうするときっと今のお客さんは「社長が引退したなら、息子とは付き合わない」と言うでしょう。すべてがそうじゃなくても、そういうお客さんが多数出ると思います。
 そうなっても困らないように、僕の考えに賛同してくれるお客さんをもっと増やし、期待を裏切らないサービスを追求して行かなければならないなーとドキドキ緊張します。

 どこに行っても必ず知り合いに出会う、っていう社長の強みは僕は持ち合わせていませんが、社長にはなくて僕にはある強みも何かあるはずです。それを見極めて磨いていかなきゃな~。そして僕ももっとたくさんの人にあって話をする習慣をつけなきゃならんです。
 道のりは長いですが、とりあえず5年以内にはもっと目に見える形を作りたいです。

建具の汚れ 比布町の町営住宅

DSCN0818.jpg
DSCN0815.jpg
 今日は午前中に比布町の町営住宅の掃除をさせていただきました。
このところ、町営住宅のお掃除のご依頼を頂くことが多くありがたいです。

 写真は建具の汚れを途中まで拭いた状態です。
別に、「特別汚い!」ってことは無いんですが、分かりやすいので写真を撮ってみました。
もっと汚れのひどい現場は沢山ありますから、こんなのは拭けば取れるんだし楽な方であります。

 照明のカバーもこんな感じです。分かりにくいですかね?約半分は黄色っぽく、約半分は白っぽいです。照明カバーは汚れが付きやすいですから、これくらいの汚れは見慣れています。

 DSCN0820.jpg
 上の写真の引き戸を拭き終わるとこんな感じです。真っ白ですね。
建具を拭くのにも色々な拭き方があると思います。
 洗剤をシュッと吹きかけてタオルで擦る人もいれば、メラミンスポンジで擦る人もいますし、洗剤をブラシで塗り込み拭き取る人もいます。様々です。

 メラミンスポンジは簡単に汚れが落ちて、楽なんですが、建具にしてもクロスにしても、建材の表面が思っている以上に痛むような気がして、どうもお勧めは出来ない気もします。明らかに擦っても大丈夫な建材に対してはとても有効だし、安いし、素晴らしい道具なんですがね。
 何にでも一長一短ってありますから。

ネタ切れ

ここ数日ブログに載せるような面白い現場写真もなく、ネタ切れ気味です。
半趣味半仕事の写真も撮っていませんし。

先日、義理の母の職場の若者数人が「ドラムセットを貸してください」と言い、我が家にドラムセットを取りに来ていました。
まー普段は殆ど叩かないんですが、あるものが無いとちょっと寂しい気分になりますね。

福祉職の若者なんですが、なにやら近々施設で慈善コンサート的な催しを開催するとの事です。
こういう理由なら、「おー!どうぞ使ってください!」と言ってしまいますよね。
お年寄り相手に懐メロとかグループサウンズみたいな曲を披露するとかどうとか。

僕も9年前に、福祉施設でコンサートをやったことを思い出します。その時は「明日があるさ」を演るぞ!と施設長からの命令で、一生懸命練習?したのを覚えてます。練習するほどの曲でもないんですけどね・・・。

僕のドラムセットはイスは高めだし、ペダルのスプリングのテンションは緩々なので、慣れない人には叩きにくいようです。若者もペダルのスプリングをきつくしたいと言ってましたが、自分の設定が狂うのも面倒なので、他の古いペダル(ベルト式!古い!)を使ってもらうことで解決。
しかし、ペダルなんてあと2つは持ってたはずなのに何処に行ったんだろ?全部で5個あったはずなのにな~。

ドラムのセッティングって個性が出て面白いですよね。
僕はジェフポーカロと沼澤尚好きなのに、セッティングは何故かヴィニーカリウタと同じ配置にしてります。スティックもヴィニーカリウタモデルだし。
使いもしないのに、ツインペダル。

Mr.Bigを必死でコピーしていた時にツインペダルを買ったのを思い出します。

ドラム教室でドラムを何人かに教えたことがあるんですが、(僕くらいの下手っぴが恐縮ですが・・・)その時に「俺ってどうやって練習して、これ出来るようになったんだろ?」と思ったことがありました。
要は、普段の練習に明確な課題を持ってやらないから、なんとなく練習していたものだから中身がなかったんですよね。
なんだか反省したのを思い出します。

掃除もきっと同じですね。今うちに来ている若者には同じ思いをさせたくないので、「なんで?」「どうやって?」ってのを考えてもらうようにしています。

意味があればいいなー。

汚れの落ちる洗剤が良い洗剤なのか?

DSCN0694.jpg
写真は油でベトベトレンジフードのフィルターに、ある洗剤を無造作にかけた状態です。
ブレークアップやレンジクリーン(両方とも一般的な業務用ケミカルです。もちろんBeクリーンでは使いませんが)でもかけてすぐに、こんなに簡単に、ペロッと取れはしないと思います。

ちなみに、もう一枚のフィルターには違う洗剤(こちらも油にはかなり強いとされる、業務用ケミカル、スーパーブレークアップと同等くらいです)をかけて実験しましたが、写真ほどペロッとは剥がれませんでした。

それを考えるとこのフィルターにかけた洗剤は汚れ落ちは抜群ですね。

パートさんにも「今度からこの洗剤を使いたい!」と言われました。でも、これだけ簡単に汚れが落ちても作業が楽になっても、この洗剤は使いません。

少し気になって(油用の洗剤ではありませんが、成分的には油を分解するのでは?との疑問です)、実験の為に使いましたが、Beクリーンのポリシー(健康と環境に優しい掃除)とは全く真逆の洗剤(ケミカル)なんです。

キャニオンスプレーに入れて、パートさんに渡しましたが、パートさんもむせ返る強烈さ。「こりゃ最初から採用する気は無かったけど、ますますあり得ないな」と思いました。

吹きかけた途端に咳き込み、濯いだ排水は環境に悪い。こりゃまずいですよ。
Beクリーンはエコ洗剤を使って安心安全な掃除を理想にしている会社ですからね。

それでも今回の実験では、同じような油落とし効果の期待できる洗剤(専用品ではありませんが。)でも特に、ナノレベルで洗剤が働く製品は劇的に効果が上がるというのが、体験できました。

上の写真を見て頂いたら分かりますが、洗剤を掛けただけでここまではかなりすごいですよ。

僕も業務用ケミカルを真っ向から否定はしません。代替品がエコ洗剤にはない場合は、やむを得ず業務用ケミカルも使いますから(もちろん、成分はPRTR制度クリア、MSDSも信頼できる製品)ね。
でも、出来れば原料は木の実ですとか、植物です、人畜無害ですって製品の方が好みではあります。

僕個人的な考えですが、写真のように汚れ落ちの素晴らしい洗剤が良品であるとは言えないと思っています。
ゆっくりでも、優しく油を溶かす洗剤とか、道具を使う方が良品じゃないか!と思っています。

この辺の考え方って難しいですよね。

プロだもん汚れは完璧に早く落として当たり前!ってなるとエコ洗剤は苦しい部分もあります。

年末大掃除に向けて、お勧めタオル、洗剤

Beクリーンでは仕事で使うタオルを2種類使い分けています。
バケツで濡らして使う、(僕らは濡れ拭きと言ってます)タオルはマイクロファイバーのタオルにして、濡らして拭いた後に、それを拭き取る(乾拭きと言ってます)タオルは普通の一般的なタオルを使います。

マイクロファイバーの利点はあちこちで宣伝されているので、割愛しますが、一口にマイクロファイバーといっても使いやすいものもあれば、そうでないものもあります。

これからの大掃除シーズンにご家庭でもマイクロファイバーのタオルを数枚購入するだけで、かなり作業が楽になると思います。

僕は業務用を使いますが、ご家庭だと自動車用品売り場にあるような少しだけ毛の長い(5ミリから8ミリくらいでしょうか?)の製品が使い勝手が良いのかな?と思います。
ホームセンターの掃除用品売り場の物は、使いにくい気もします。(あくまでも私見ですから、これが使いやすい方も大勢いるとは思いますが。)

洗剤は、最近はやりの重層も良いですがやはり重層だけだと重度の汚れには効きにくいので、重層に石鹸を足すとか何か加えると良いと思います。
僕も自宅のお風呂なんかは、単なるオリーブ石鹸だけで洗います。これがまた汚れ落ちがいいんです。
オリーブ石鹸を溶いた水でマイクロファイバータオルを濡らし、絞ってから無垢の木の椅子とか机を拭くとツヤも出るし汚れも落ちるし、なかなか良い仕上がりだったりします。

水垢など軽度の物だと、マイクロファイバーとオリーブ石鹸だけでするっと取れます。重度だと難しいですが、中度くらいまでならオリーブ石鹸プラス、何かしらの擦るパッドとかで十分です。(パッドは傷のつかないもの、番数で言うなら2000以上のものがお勧めです)

石鹸だと、洗い上がりのすすぎも楽ですし、万が一石鹸が残っても単なる石鹸ですから安心です。

キッチンの収納部分の手垢、とかちょっとした汚れ(醤油がはねてるとか、油がはねたとか)くらいなら、これもオリーブ石鹸で簡単に取れます。

手荒れもしにくいし、必要以上の油分を奪わないのがポイントですね。

こうやって書いてみて思うけど、自宅の掃除で僕が使う洗剤なんて
①オリーブ石鹸
②洗濯石鹸(そよ風)
③ピア
④食器洗い洗剤(やしのみ)
の4つだけな気がします。

ピアだけちょっと高いですけど、4つ揃えても¥4,000-以下で買えちゃいます。掃除屋さんにお掃除を頼むよりも安いし、お風呂用洗剤とかトイレ用洗剤とかあれこれ買うよりよっぽどお得だと思います。
別にピアはなくても大丈夫なので、ピアがなければ¥1,500-で揃います。

大掃除に向けてそろそろ道具だけでも準備しておくとモチベーション上がりますね。

僕は薪割を急がなければ・・・。薪が足りない。

作業日報

4月からBeクリーンに努めてくれている、高等養護学校を卒業した若い男の子に最近「作業日報」を書いてもらっています。
作業日報というと、大袈裟ですが、要は今日は何時から何時までどの現場でどんな作業を行いました、というのを書いてもらい、空白スペースに反省点、気づいた点、感想など自由に書き込んでもらいます。

ただの日記だろ!と言われそうですが、なかなか効果があるかな?とわずかながら手応えは感じています。

僕もそうでしたが、19歳のやんちゃ盛りの男の子が、家に帰ってまで仕事や勉強の復習なんてしないだろうし、家に帰ってまで掃除の練習なんてやらないですもんね。

半ば強制的?(語弊がありますが)業務の一環として日報を書いてもらえると、その日のうちに反省、復習が出来ると思います。

ついでに僕がコメントと文章の添削を行い、漢字を覚えてもらうとか文章を書く力もつけてもらいます。
漢字が書けないから暮らせません、って世の中ではないですが、まー書けるに越したことはないですもんね。

毎日、北海道新聞の卓上四季の欄を読んでくることも課題にしています。

彼に限らずだけど、若者と接すると「想像力」ってのが少ないのかな?とか感じたりします。「疑問を見つける力?」というのか?

「どうして洗剤で汚れが落ちると思う?」と聞いても「洗剤だからです」。
「どうして音って聞こえると思う?」「音が鳴っているからです」。
まーある意味究極の答えではありますが、なんで洗剤って汚れが落ちるのかな?とか疑問を持ってもらえれば、もしかすると洗剤を考えるきっかけになるかもしれない。
もっともっと多くの事に疑問を感じ、想像してもらえると素晴らしいな~と思いますね。

文章を日常から読んでいれば、語彙力、読解力、想像力などが付くきっかけにはなると思っています。

ちょっとした交換日記のようで楽しいですしね。

何かの縁で彼と僕の関係も始まったのだし、掃除に限らず色々と僕が伝えられることや考え方は彼と共有できればと思っています。

たかが掃除ですが、こなすだけなら誰でも出来ます。でも、覚えて考えていくには想像力も必要だし、文献を読み解く読解力も必要になります。見積もり時には計算力も必要です。
10年後に彼が日本を代表するような掃除屋さんになってたら、「俺は昔、彼と交換日記してたんだよ!!」って小自慢出来ますものね。
また、相変わらず人を当てにする性格が出てしまいましたね。

まー僕に教わっているうちは、旭川で下から2番目が僕ですから、せいぜい下から3番目がいいところでしょうか?、ですから僕も、もっと上達して彼と更にレベルの高い仕事や思考を共有できるよう努力をしなければいけません。

会社の成長ってのは一人だけじゃ成り立たなく、会社の仲間みんなが一緒にステップアップしなければいけないな~と感じる今日この頃です。
それにしても、パートさんからも「厳しすぎる、かわいそうだ!」と言われますから、もっと教え方も考えなきゃな~。こればっかりは性格だから、自分自身の根本から見直さなきゃいけません。
情けない・・・。

名刺入れ

DSCN0702.jpg
DSCN0703.jpg
ずっと名刺入れを買い替えたいと思い、あちこちのお店を見て歩きましたが、なかなか良い品に巡り合いませんでした。
今まではソメスサドル製のハノーバー名刺入れを愛用していましたが、さすがに6年?使いクタクタになっていたので。お客さんにも「加藤さんの名刺入れ年季入りすぎじゃない!」と突っ込まれるほどだったので。

昔からなんだけど、僕が使うとどんな道具もすぐにくたびれます。靴、鞄、財布、衣類、カメラ、メガネなんでもそうです。乱暴に使っているわけでもないし、雑に使うわけでもないんですがね。
体から物を劣化させる変なエキスとか出てるんでしょうか??(笑)

以前の名刺入れもそうでしたが、今回も妻からプレゼントしてもらいました。ありがたい。

今回の名刺入れは頑丈そうなものにしようと思い、つぶれにくそうな形にしました。これでまた数年大丈夫でしょう。
名刺入れ右の、頂いた名刺を入れるスペースにはダイドーの自動販売機で使えるポイントカードを入れてます。ダイドーの缶飲料が好きなんです。
ダイドー自販機を探し出す方が大変ですが、見つけると意味もなく買い物してしまいます。

ポイントカードを入れると「いつもありがとう」とか「久しぶり」とか「今日はよく来るね」とかなんだか忘れましたが、あれこれ話しかけてくれます。
たかが自販機ですが、どうせ買うんなら親しみの湧く機械がいいじゃないですか。

山の中の家

DSCN0683.jpgDSCN0689.jpg
今日の昼からの現場は家の真裏が、森で家の庭にもこんな感じで花が咲いている自然いっぱいの家でした。

家自体は築年数が40数年?くらいの歴史のある家でしたから掃除は大変でしたが、きれいになったので良かったです。

午前中の現場は窓ガラスのテープに悩まされ、午後の現場は窓のカビに悩まされでてんてこ舞いでした。
まーきれいに取れた後は気持ちいいですけどね。

やっと落ち着く

9月の約一か月に渡り受講して受験した建築物環境衛生管理技術者(ビル管)の合格通知がやっと届きました。
こんだけ時間をかけてお金をかけて(ビックリするくらいの金額が1か月で掛かってます)落ちてたら嫌だな~と心配していましたが、これで一安心です。

後は、年内に厚生労働大臣免状と修了証書が届くはずなのでこれで完璧です。

思い描いている会社の今後の道筋を進むためには、必要不可欠な資格はこれで一つ取得です。
これからは資格をどう生かすかと、その為の下準備にまた2年ほど費やそうと思います。
2年後には予想通りの形になっている予定です。

でも、5年前には「5年後にはビル管を取って、どうするこうする」とか予定していて、実際その通りになっているので、きっと今後も真面目に無理せずに手堅くやっていけば理想の形には間違いなくなっているはずでしょう。
実現していないのは、シュレッダーを手動から電動に買い替える予定だったのに、未だに手動な点くらいか・・・。ってのは冗談でまだまだ達成されていない目標は多いですが、少しずつ堅実に頑張ります。

とりあえずは、一か月の間留守を守ってくれた家族と、社長をはじめ会社の仲間と、札幌で色々と助けてくれた友人知人、先輩、後輩、一緒に受講した皆さんに感謝です。本当にありがとうございます。

マンションの共用部分の清掃

DSCN0650.jpg
今日は市内中心部のマンションのワックス掛けでした。
相棒はまだ療養中なので、昨日から修行中のパートさんと作業でした。

今日の仕事ぶりを見ていると、相棒と第二の相棒との女性2人チームでもこの規模のマンションなら簡単にワックス掛けを終わらせられるのでは?
と感じました。

今後が楽しみです。
僕はよくパートさんにも母親にさえも「冷たい男だね」と言われますが、こんな冷たい男の冷たくて(自分には甘すぎるのに人には厳しすぎる)厳しい指導にも耐えてくれありがたいです。

これで相棒と同じく、ガラス掃除とワックスを塗る作業も覚えてもらえるとたくましいですね。

ワックスの剥離 玄関タイルの洗浄

DSCN0628.jpg
今日こそ、昨日出来なかった東川町の元飲食店の店舗部分の床のワックス剥離を行いました。
写真左部分が剥離後、右側が剥離前です。
色の違いは歴然ですね。これくらいの汚れなら、新品に張り替えるよりは、剥離を行う方が簡単ににきれいに蘇ります。
DSCN0634.jpg
左側にワックスを一枚塗った状態です。
DSCN0638.jpg
仕上がり。

続いて玄関タイルの洗浄です。
DSCN0631.jpg
もともとが右上の色です、物が置いてあったのでこの部分だけきれいなままでした。

仲良くしている掃除屋さんのブログに、書いてあったタイル洗いの方法を教わっていたので、その方法で洗いました。
DSCN0645.jpg
メチャメチャ簡単にこんなにきれいになってしまいました。
さすがだなーと仲良くしている掃除屋さんの技術に感心でした。教わった通りに洗うとこのきれいさ。
「今までの俺の洗い方はなんだったの?」とガッカリです。

DSCN0642.jpg
いつもの相棒がひと月くらいずっと療養のため休んでいるために、他のパートさんにワックス掛けを一から覚えてもらっています。ポリッシャーもなかなか筋がよく簡単に動かせるようになりました。
あとは、現場の場数を踏めばOKでしょうか?

相棒のように以心伝心とはいきませんが、徐々に腕を上げてもらえば、相棒と今日のパートさんの二人でもワックス掛けが余裕で出来るようになればすごいですね。

おっと!

DSCN0618.jpg
今日は東川町の元飲食店跡地の清掃でした。なんせ建物が大きいので、3日間に分けての作業です。
「100人まで宴会OK」なんてお店でしたから、大きくて当たり前ですよね。

写真は店舗の床なんですが、この床を洗ってきれいにして欲しい、というのも注文の中の一つに入っています。
キレイには出来ると思うんですが、今日は「さー張り切って洗おう!っていうか剥離しちゃおう!!」と意気込んでみたら、

ない!?・・・・。

剥離剤を忘れました・・・・。

これじゃー剥離なんて出来ねーよ!とガッカリ。

熱にうなされ金土日を過ごし、今日も熱が下がりきらずに現場に出たらこのざまです。
これじゃ、今日の夜間作業も思いやられます。

プロなんて言ってもこんなものです、積んでるつもりの洗剤がないんです。

今晩の現場で「ポリッシャー忘れた!」とか言わないように、しっかり点検しなきゃならんです。

「今持ってる道具だけでもキレイにするのがプロだろ!」と言われそうですが、そもそも今日は洗剤すら忘れた始末。水だけじゃ剥離も難しいな~。

しかし、この経験が皆さんにお約束した、ご家庭でも簡単に剥離が出来る方法のキッカケになるはずです!(ならないかな???)

お茶碗を洗う洗剤とプラスアルファでワックスが剥がれる。なんて出来たらすごくないですか?
以前、洗濯石鹸とプラスアルファで剥離をしたことがありますが、意外と効果があったのを思い出しました。
いっそのこと、明日も剥離剤忘れてみようかな?(パートさんに怒られますね)

雑記

昨日今日と熱があるようで、体は重く(重いのは風邪のせいじゃないか・・・)節々も痛み、寒いです。
こんな時はいつもくだらない考えで頭がいっぱいになります。

とある芸術家が「経済は文化のしもべでなくてはならない」と言っていました。

これって今の世の中にもぴったり当てはまりそうな言葉ですよね。

文化なんて忘れ去られて経済だけが優先して独り歩きしているように感じることが多い毎日です。

ここで言われている「文化」というのは、単純に伝統文化とか日本の文化という範疇を超えた、人々の日常の当たり前の暮らしの事も含まれているように思います。

広く民族学で使われる文化、あるいは文明の定義とは、知識、信仰、芸術、道徳、法律、慣行、その他、人が社会の成員として獲得した能力や習慣を含むところの複合された総体のことである


とは、エドワードタイラーの言葉ですが、原子力発電所の近くで暮らしていた人たちが、住んでいた地域で暮らせない状況を考えると、上の文言の中の「人が社会の成員として獲得した能力や習慣」という部分の文化なんて全く無視されている様に思えますよね。
これだと、文化が経済のしもべになっているようにも思えてきます。

僕は学者でも政治家でもないただの一市民なので、難解な事情は分かりませんがなんか複雑な気持ちになりますね。原発のおかげで地域が潤っていた現状もあるわけですから、一概に文化を無視されてるとも言い難いです。

話は変わり、知人が「芸術に触れられない、貧しい子供の為に自分が財団を作り、誰にでも平等に芸術に触れる機会を作るために、芸術作品を買い集めたい」と言っていたことを思い出しますが、なんだか「?」って感じです。

芸術とお金の関係の葛藤を高村光太郎は「美の監禁に手渡す者」という詩の中で詠んでいますが、これは分かりやすく上手にまとまっていると思います。

財団を作るために激しい経済闘争を勝ち抜かなければいけない、そうすると自ずと負ける人が出てくる、これが貧しい人につながります。それに、貧しいとされる人が本当に芸術作品に触れる必要があるのか?明日の食べ物にも事欠く人間に、一枚の素晴らしい絵画を見せたところで、まったく空腹は満たされません。
お金で強引に売買されている芸術作品に、作家の創造に対する真意が残っているのか?とか疑問だらけです。

貧しく暮らす人にの生活の中にも、どんな芸術作品よりも素晴らしい日常の一コマは存在すると思います。
こんなことを考えると、芸術品を収集するのも、財団を作るのも、「文化」を忘れているようにも思えちゃいます。

こんなことばかり書いてるから、Beクリーンの加藤はちょっとおかしい奴なんだよ。とか噂になるんですね~。
同業者さんが、知人に僕を紹介してくれる時も「腕はいいけど、ものすごい変人だから!」と紹介してくれることが最近多いですもんね。

僕の持論ですけど、変人に根の悪い奴はいない、ってのがありますから、ありがたい褒め言葉だと受け止めてます。

フローリングのワックスのデメリット

DSCN0609.jpg
写真は旭川市内のマンションのフローリングですが、所々黒ずんでいるのが分かると思います。
床がカビているのではなくて、ワックスが汚れて黒くなっているのです。

様々な原因が考えられますが、ワックスを塗りすぎなのと、定期的にきちんとした手入れをしていないのが大きいと思います。

このようになってくるとなかなかきれいに回復させるのは、プロに依頼しなければ難しいと思います。
ヘラでひたすら削り落とせば取れたりもしますが、手間も体力もかなり必要です。

フローリングのワックスに関するお問い合わせはとても多いですが、「プロに頼むのが一番」というアドバイスもただの宣伝と変わらないので、ご家庭でもこんな状態になったワックスを剥す方法をご紹介します!

と言いたいところですが、考えても考えてもご家庭で簡単にきれいにする方法を思いつきません。なので、今月中には良い方法をご紹介できるよう、ホームセンターに売っている洗剤でもきれいにする方法を研究します。

とはいってもなんとなく目星はついていて、「あの洗剤とあの道具を使えば、意外といけるんじゃないの?」なんて想像はしています。

業務用の剥離剤はものすごく高いですし扱いは難しいし、ご家庭で使うにはリスクがありすぎますからね。

年末に向けた大掃除の相談なんかも、最近は受ける機会も多いですから、ワックスに限らず皆さんのご参考になる情報をお伝えしていこうと考えています。

旭川のマンスリーマンションを掃除

DSCN0597.jpg
今日は旭川市内のマンスリーマンションの清掃を行いました。4部屋一気に行う予定でしたが、ゴミが多すぎてゴミ捨てに手間がかかり3部屋で終了でした。
終了というか、今日は夜間作業もあるのでやめたんですが。基本的には5時には現場は終わらせるようにしていますし。
そうもいかずに、8時、9時、10時となる日も多いんですがね・・・。

僕も先月は1か月札幌のマンスリーマンションで暮らしましたが、マンスリーマンションってのは家具やちょっとした調理器具(やかん、ガス台、レンジとか)もあるし、希望すれば布団も貸し出してくれることが多いようです。
一か月の家賃は高く感じますが、まー水道光熱費込で家具寝具など一式揃っていることを考えると適正価格かもしれませんね。

旭川でイス洗い

先日からお預かりしていた、イス洗いを行っています。
天気のいい日じゃないと、乾かないのでなかなか進みません。

Beクリーンはこんな感じで、イスを洗ったりも出来るのです。
DSCN0581.jpg
DSCN0578.jpg
ジャブジャブ濡らせば良いってものでもないので、洗剤の塗り加減とか色々と気を使います。
写真はあまりに乾かないので、パートさんにタオルでバンバン叩いてもらっている所です。

不格好ですが、乾燥はこんな感じで乾かします。
DSCN0583.jpg
イスはもちろん、布張りのパーテーションとか事務所用品のクリーニングもお受けできます。

お客さんが多数いらっしゃる事業所さんなんかは、目には見えませんがイスなんかもかなり汚れています。専用の機械で洗うんですが、汚水なんて真っ黒です。
こういうのって、男性はあまり気にしないようなので、事業所の事務員さんが「社長!イスが臭いので洗ってください!」なんて進言してくれると、うちも助かるな~。

カメラが・・・

ブログ用に使っていたNikonのクールピックスP50が壊れてしまいました。
2台持っていたんですが、2台ともダメになってしまいました。

何故?Nikonタイマー?そんなもんないですよね。

代わりにNikonのクールピックスP5100を用意しましたが、こちらは長持ちしてくれるといいんですが・・・。

最近は高級コンパクトデジカメも増えてきて魅力的な機種が多いです。

キャノンのS95とかフジフィルムのX100とかX10、リコーのGRデジタルⅢとか良さそうな機種は本当に多いです。

コンパクトデジカメも魅力的ですけど、メインの一眼レフの方も最近は不調で困ります。壊れた個所をテープで貼って使ってる始末。
仕事でも使うからどうにかしたいんですが、やはりカメラは高いですからね。

カメラ買うならバーニッシャーを買いたい。年末の一般住宅の固定のお客さんのお宅のワックス掛けにもバーニッシャーは必要ですからね。

道具を使って仕事をする職業の宿命ですが、道具がダメになると本当に困ります。道具がなければ出来ない仕事も多いですし。
道具に振り回され、道具を追いかけるスタイルも疲れますが、まー仕方ないです。世の常ですね。

昔のフィルムカメラを簡単にデジタルに出来る、フィルムバッグみたいなものが出てくれれば楽なんですが。それを出しちゃうとカメラメーカーも儲からないから出ないですよね。

旭川市内でお風呂掃除

DSC_0196_convert_20111011155045.jpgDSC_0197_convert_20111011155121.jpg
DSC_0198_convert_20111011155151.jpgDSC_0200_convert_20111011155225.jpg
DSC_0204_convert_20111011155257.jpg
枚数が多いですが、上の写真が掃除前の写真です。
あずき色?何色って言うんですかね?(僕はよく色盲なんじゃないの?って言われるほど、色の感覚が人とずれてるので、分からないんですが)
水垢とか石鹸カスで真っ白になってひどい状態です。
これを落とすのは簡単なんですが、今回は清掃後にコーティングもしてほしいとの要望だったのでコーティングまで行いました。

でも、コーティングを行うには前処理というか完璧に水垢を落とさないといけないのでハンドポリッシャーで入念に水垢を落とします。

その後コーティングを行い下の写真のようになりました。
0013_convert_20111011155325.jpg0014_convert_20111011155352.jpg
0015_convert_20111011155414.jpg0021_convert_20111011155444.jpg
0024_convert_20111011155505.jpg
ツヤツヤです。

個人的にはコーティングは好きではないのですが、ご要望があればこんな感じで行います。
手研磨だけでこれくらいツヤツヤに出来る掃除屋さんもいるんですが、僕の技術じゃコーティングと同等のツヤまで回復はさせられないので、ツヤと防汚効果を得るにはコーティングに頼らざるを得ないのが現状です。

情けない・・・。

磨きの練習をまた頑張らなきゃならんですね~。




宣伝

ンダナ 秋の収穫ライブ!みんなの笑顔が大豊作!!

2011/10/9(日)
開場14:00 開演14:30
北星市民センター(旭川市旭町2条8丁目)
料金 大人1000円/学生500円当日大人1500円/学生700円
(幼児無料)
ご予約&問合せ たねぽたあに09062156765(加藤)



「ンダナ」というグループなんですが、彼らはパーッカション中心で世界各地のリズムを消化して、彼らなりにアレンジして吐き出してくれるとても面白いグループです。

毎度毎度、小さな赤ちゃんからお年寄りまで色々な人がニコニコ笑顔で踊りながらライブを聴いているのが印象的です。
メンバー一人一人の経歴も面白く、人間的にも面白い。

お勧めです。

僕も趣味でドラムを叩くんですが、太鼓ってのが人間の本能に一番働きかける楽器な気がします。赤ちゃんでも太鼓を渡したら、ドタドタ叩きます。ライブが始まると泣き出す子もいるけど、大体は大喜びで大絶叫です。
彼らは、障害者施設でも太鼓を教えたり、ライブをしたりと活動の幅も広いです。

プロ、アマ問わずですが、多くの経験を積んだミュージシャンのライブほど面白いものはないですよね。どんなに上手くても場数が少ないと、安心できないし。下手でも場数を踏んでいれば「おーすごい度胸だ!」と楽しくなります。
これが、上手くて場数を踏んでるとなれば素晴らしいですよね。

もっと多くの人に彼らを知ってもらえると嬉しいんですが。
まーなかなか知らないグループのライブに行くのも踏ん切りがつきにくいですよね。

明日はライブに行くと思わず、ちょっと散歩のついでに社会見学くらいの気持ちでお越しいただけたらいいと思います。全く気楽なライブです。

掃除のしにくい家

 今日は中古の一軒家の掃除だけで一日終わってしまいました。
パートさんも今日は少なく、同業他社さんに応援に来てもらい作業しました。

 汚れが酷いのもありますが、家自体が非常に掃除のしにくい構造ですし、建材も汚れが付くと落ちにくい建材でまー時間だけが無駄に流れました。

 僕は僕で、電話が鳴ったり来客とかいろいろとあり、午前中はほとんど何も出来ませんでしたし。こんな日もたまにはあるんですよね。

 しかし、新築時はどんな家だって立派できれいに見えるものですが、長い目で考えると掃除のしやすさってのは大切だと思いました。
 今日の家は全国的にも有名なハウスメーカー施工の家です。築年数は14~15年くらいでしょうか?暮らす人の生活スタイルにもよって汚れ方は変わってきますが、今日の家は明らかに家に問題があるせいで汚い家だと感じました。
 
 ほんと、住宅って難しいですよね。チラシとか広告はどの会社も良いことしか書かないし、最近じゃどこでも「エコ」とか「環境に優しい」「シックハウスでお悩みのあなた!」とか(あ!Beクリーンのホームページも書いてあるじゃん・・・・・・僕も良いことしか書いてませんね~)素敵な文句しか謳ってないですから。
 その中から本物を見つけるのは至難の業です。でも、少ないながらも本物もあります。それを見極めて、100年先もしっかり建っていて、環境負荷の少ない住宅、そしてサービスを見つけるのが今後の世の中のためにもなるし、自分自身のためにもなると考えます。

 

風呂掃除

DSC_0208+(2)_convert_20111007185510.jpg
写真は今日、旭川市内のマンションを掃除した際の、お風呂の様子です。
光が入り込んで分かりにくいかもしれませんが、ピンクの浴槽が全体的にオレンジ色に変色して、尚且つ石鹸カスみたいな白いカチカチの汚れで汚れています。

ご家庭でもお風呂がこんな感じに汚れることって多いと思います。
こうなってくると、マジックリンとかクレンザーだけじゃなかなかきれいには落とせないです。
お風呂って掃除してもすぐにカビるし水垢はたまるし面倒ですよね。

作業後はこんな感じです。
DSC_0226_convert_20111007185540.jpg
僕は一切ノータッチでパートさんが掃除したので、何を使ってどうやってきれいにしたかは知りませんが(それも無責任な話ですが・・・)きれいにはなってますね。
Beクリーンでは基本的な清掃方法は最初に教えますが、それ以降は指定された時間内にBeクリーンの水準をクリアするきれいさに仕上げてくれれば、どうやって作業してもいいよ。といった方針です。

まー洗剤はエコ洗剤とかパッドは傷がつきにくいパッドとか道具の制約はありますが、その範囲内で自由に作業してもらいます。

多分だけど、汚れの酷い箇所に酸性の洗剤を塗りこんで、その間に壁・天井なんかを優しい洗剤で洗う。それからフタとか小物類を洗い、蛇口などの光物を磨く。鏡を磨く、ドアを洗う、最後に浴槽周辺の汚れ落とし、床洗い、仕上げの乾拭き。といった感じで作業したんでしょうか?

最近思うけど、洗剤って必ずしも「強力」とか「ねこそぎ」「スプレーするだけで」「瞬間」とか、強くて濃ければ良いってもんじゃないと考えてます。
「強い」「弱い」ってのも語弊はありますが、「弱い」洗剤でもバランスが優れていれば、汚れに対しては非常に有効だと思います。

エコ洗剤とか天然素材の洗剤なんかは、一般的には「弱い」「薄い」「溶けにくい」といったイメージを持たれがちですが、そうではないんですね。
こういった洗剤にプラスアルファで何かを足せば、非常にバランスが良くなり扱いやすい、汚れ落ちの素晴らしい洗剤になったりすることも十分あり得ます。

エコ洗剤での掃除に興味はあるけど、どうもうまく使いこなせないとか、汚れが大した落ちないから使えない。なんて悩んでいる方はメールで相談してください。
アドバイス出来ると思います。
「企業秘密だから教えないよ!」なんて言うほどの大した秘密も持ってない会社ですが、毎日エコ洗剤を使ってるので、少しは知ってることもあるかもしれません。

作業の特殊性

 先日、妻との会話で息子が通う幼稚園のワックス掛けはお母さん達がボランティアで行っていることが話題になりました。

 ワックスは何故か?建具屋さんから購入しているとの事。息子が通う幼稚園は自然の森と山の中でのびのび遊ばせる、ちょっと変わった?幼稚園なんですが、ワックスの種類とか建物に含まれる化学物質の問題なんかには特にこだわってはいない様子です。
 いつも書きますが、別に化学物質が出てたって今までこの幼稚園で、建物が原因で死んだ人なんていないんだし、気にしすぎるのも良くないんですが・・・。
 僕のこだわり的には気になりますよね。もし、この建物で空気測定したら??どれだけ出てくるかな???とか。

 それで、ワックスの原価というか、施工する場合に実際はワックス代は幾等くらいって話をしました。それを幼稚園のお母さん達に話したそうですが、「え~!そんなにワックス代って安いのに、何故施工してもらうと代金はうん万円もかかるの!?」ってなことになったそうです。

 掃除に限らずですが、缶ジュースだって原価を知ったら「なぜ120円もするの?」とか思いますよね。喫茶店の珈琲も「なぜ一杯600円?」とか洋服なんてさらに「これだけしかかかってないじゃん、なのになぜ数万円?」ってな感じですね。

 それでも世の中の人は当たり前に120円払って缶ジュースを買います。原価は数円~数十円でも製造から流通、販売までの人件費、缶の製造の代金、自動販売機の維持管理料金など様々な要因が積み重なって、120円なんでしょうね。
 ワックスも似たようなもので、2LDKの部屋にワックスを1枚塗るんだったら、ワックス代だけ見ると「数百円」で終わるでしょう。でも、ワックスを部屋まで運び、塗れる状態まで床をきれいに掃除する、そして施工する人間の人件費、誰でも簡単にきれいに塗れるものではありませんから、その技術に対する技術料などを考えると、「数百円」なんかでは足りないんですね。

 世の中「技術料」ってのが高くついてますよね。「知識料」とか?。法律は全く分からないので、弁護士にお願い。そろばんは苦手なので、税理士にお願い。車は分からないから車屋さんに。

 こうやって考えたら、原価だけで考えられるのも寂しいですよね。三方良し的な考え方にならないですし。

 現場でも「2人で来て、2時間で作業が終わったから一人の時給を800円と考えて¥3,200-にガソリン代¥500-で足りるね」とか言われたら、びっくりですよね。そんなんじゃ会社としては利益¥0-ですよね。むしろ材料代とか諸経費分赤字です。
 うちにはうちの適正価格があり、他社とは違うのが当たり前。他社より高い時もあるし、安い時もあるし。でも最近の世の中は「原価そんだけなのに、なんでこんなに料金かかるの?」っていう人が多い時代です。

 「適正価格で良い仕事」ってのが理想的とは思うんですがね。節約したい気持ちも分かるし、少しでも理想の価格にしたい気持ちも分かるし。世の中って妥協の連続ですね。

事務用品展示会

昨日は地場産センターで開催されていた、事務用品の展示会に行ってきました。

Beクリーンがいつもお世話になっている事務用品屋さんが毎年案内状をくれるので、ありがたいです。
新しい商品に触れると、色々なアイデアが生まれてくるから刺激的で有意義な時間を過ごせます。

昨日は特に、会場に知り合いが20人は来ており、一人一人と立ち話をするだけでも結構な時間でした。
「あー知り合い増えたな~」とかしみじみ。

会社のコピーファックス複合機も不調なので色々と物色しましたが、「お!いいね!」と思うものもありました。価格も5万円台とお得。

普段の掃除の作業にプラスアルファの付加価値を考えると、最新の事務用品を工夫するのも有意義なことだと考えます。

例えば、ポータブルの簡易スキャナでお客さんに見せて頂いた図面をすぐスキャン、その後PCに取り込み精度の高い見積もりと清掃作業計画書の作成。
現場の作業写真を文庫本サイズのプロジェクターで、お客さんの事務所で投影。今後の作業の対策などを協議と
か。
10センチの幅も出力できるテプラで「清掃済」とか「定期清掃のお知らせ」とかのテープを作成。作業の信頼度をアップとか。
現実的にどうかは別としても、思いつくだけタダですからね。

スマートフォンとかiPadなんかを駆使して、会社内の仕事のスケジュールを複数名で管理とか、作業の参考価格を仮想サーバー上に置いておいて、営業マン同士の価格のばらつきを防ぐとか、考えただけで面白いです。

ビル管講習会で知り合った人と話をしていても、掃除だけでもものすごく出来ることが多いですし、掃除屋でもこんなことも出来るんだ!って発見が多かったです。
事務用品もそうだし、今まで知らなかった人もそうだし新しいものに触れるのは面白いですね。

今日は一日で現場5件。僕は3件しか行ってないけど、まだまだ体は以前のようには戻りません。一か月って短いようで長いんですよね。体を鈍らせるのには十分な期間のようです。

理想だけど、いつかは趣味の延長で二級建築士とか取りたいな~。設計施工から美装までなんでも出来る美装屋。ゆりかごから墓場までみたいなイメージですか?
夢の夢の話だな~。

1か月ぶりに現場作業

DSC_0179_convert_20111003213831.jpg
今日は約1か月ぶりに現場での作業でした。ずっとビル管講習会に通っていたので、まー体が動かない。
とても疲れました。

剣淵で新築一軒家の清掃でしたが、途中で激しい雨がさっと降りすぐに止みました。そしたらこんな大きな虹が!
虹の根元まではっきり見えました。
カメラの画角の関係で半分しか写っていませんが(後ろに下がればいくらでも入るんですが、下がるのも億劫で)、きれいに半円形に見えました。

久しぶりのきれいな大きな虹でした。

こりゃ、現場復帰早々縁起がいいですね。いいことありそう。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード