寒いです

昨日まで雪が降っていたので気温が急に低くなった気がします。
午前中の現場では久しぶりにジェットヒーターを焚きながらの作業でした。
現場によってはお日様の入り方でとても寒い部屋があります。現場が冷えていると洗剤の効きが悪かったり、汚れの落ち方がいまひとつになったりと、問題が色々と出てきます。
作業中は動いているから暑いくらいですが、いくら自分が暑くても清掃する対象物が冷えているとやりにくいので部屋全体を暖めます。

雑巾やパッドでゴシゴシ擦るエネルギーが部屋の暖房の熱に変換できる装置とかあれば、画期的ですよね。まー夢の世界の話ですが。

shika.jpg

写真は今年の年始くらいに山の中を歩いていたら出てきたシカです。なかなかこんなに近くに寄ってくることも珍しいので撮っておきました。
数日前の新聞では市街地にまでクマが下りてきて大騒ぎになった記事がありました。
僕達人間が便利を求め、山を削り森を切り倒し家を建て道路を作り続ける結果がこんな出来事に繋がるんでしょう。

必要以上に自然の中に人間が踏み込まないためにも、今ある住宅を長く使うっていうのは一つ効果的な取り組みだと思います。新しい土地を開拓しなくても、人が住む場所はもうすでに十分確保されてますからね。
長持ちするしっかりした住宅や街作りを行い、掃除に始まり日々の様々な手入れを行き届かせていればもっと無駄のない暮らしが実現するだろうと思います。

とうとう

旭川市ではとうとう雪が降りました。
毎年毎年当たり前に降る雪ですが、例年の異常気象や地球温暖化の影響でいつかは降らない時代もくるのかな?なんて心配になったりもします。

見積もりがあり美瑛町へ行きましたが、市内よりも雪がありました。僕もそうですが、写真が趣味の人間にとってはまた写欲の沸く季節ですね。しょっちゅ美瑛方面へは仕事で行きますが、なんだかんだ言ってもやはりきれいな町です。毎年多くの観光客の皆さんが訪れるのも納得です。

見積もりの話ですが、とてもロケーションの良い場所に建ったログハウスの屋根の汚れは落とせるのか?というものでした。試験的に一部汚れを落としてみましたが、良好な結果が得られました。
ロケーションもいいし豊かな自然に囲まれた場所ですから、可能な限り洗剤や薬剤の使用を控えて作業したいと思い、道具だけで落とす方法で作業しようと思っています。
いくら住宅がきれいになっても、その弊害で周辺環境に悪影響を与えてしまってはせっかくのロケーション住宅も台無しです。

また、屋根の汚れや木から落ちてくる落ち葉や木の実なんかは放置しておくと屋根自体を傷めてしまう原因にもなるそうです。放って置けば雨風で落ちそうですが、そうも行かない場所もやはりあります。

自然の中に自然な物を多く取り入れて、なるべく自然に建てられた建物には自然に負担をかけない清掃方法で作業するのが本来のエコのスタイルに近いんじゃないかな?と考えます。

書類作成

毎日毎日何かしらの書類は書いているんですが、契約書を1から作成するとなると頭を悩ませます。
もちろん専門家にお願いしなきゃいけないほどのガチガチの書類ではないんですが、お客さんが大手になればなるほど契約書は必要になってきます。

Beクリーンの書式でいいので、一応契約書を作ってください。と言われるんですが、インターネットで調べても契約書の書式もパターンも多種多様です。
今までも何枚も作成してきましたから、じゃーそれを流用すれば・・・と思うのですが、そうも行かないことも多く毎回頭を悩ませます。

今回もきっちりかっちり作って「これで問題ないだろ!!」と思っていたら、もっと簡単に用紙1枚に収めるよう社長から指示されました。
人間増やすことは簡単にできても減らすことは苦手な生き物です(体重然り、家財道具然り、色々当てはまりますよね)、「ここは削ってもいいのかな?とか、これとこれをくっつけたいけどどうやって書けば契約書っぽい?」とか得意の独り言が事務所に響き渡ります。

僕も一応大卒ですが、なんせ福祉系。これが有名大学やなんかだと、同級生に法律関係がいるから電話して聞いてみよう!と気軽に行くんでしょうね。しかし僕の友人は福祉ばかり・・・。聞けない。むしろ逆に聞かれる方が多い・・・。

煮詰まるとこうしてブログに逃げてくる辺りに人間としての弱さを感じますね(笑)

知り合いに、契約書大好きで何をするにも契約書を交わさなきゃ気がすまない人がいますが、よく毎回毎回落ち度のない素晴らしい契約書を作成できるなと、感心します。

こうやって悩み苦しみ人は成長していくんだな~とものすごく大袈裟に実感します。本屋さんで調べたり、インターネットで調べたりもっと努力しなさいってことですよね。

ガラス磨き

SN3J0752.jpg
写真は窓ガラスにべったりシールが貼られている状態です。
キレイに貼られているなら剥がさないでそのままでもアリかな~なんて思いますが、誰かがちょっと剥がしてしまったみたいですし隙間も開いているので剥がしました。

こういうシールも何種類かあり、剥がしやすいものもあればそうでないものもあります。
この現場は比較的簡単に剥れました。剥がした後のノリの除去と、色々な角度から見たときにシートが貼ってあった跡というかなんと言うかが見える場合があるのでそんなことも気にしながら拭いてゆきます。

キレイに取れたな~と自己満足してたら、突然男の人がやってきて「あんたの窓掃除見てたけど丁寧だしこんなにキレイに磨けるんなら、うちのガラスも磨いてくれるか。」と言われました。
とりあえず急なので、居間のガラス一枚だけ拭いてきました。

窓掃除なんて結果がキレイになれば過程はどうだっていいじゃない。とか思っていましたが、拭いている動き方とか色々と見られているものだなーと思いました。
札幌で一番の高級すし店の社長が「自分が板場からカウンターに出てきて、お客さんにすしを出すまでの全ての所作も含めて一巻の寿司だ」。「お客さんはお金を出して‘非日常‘を買うんだから、日常的な仕事をしていたらありがたみがない」と言っていたことを思い出しました。

窓を掃除するのも拭き始めから拭き終わるまでの動きを効率よくして、一般家庭で行う窓掃除とは違ったプロっぽい見せ方、ある意味パフォーマンス的な要素も必要かな?と思った出来事でした。
偶然にも、この飛び込みのお客さんは市内にマンションや一軒家など不動産をいくつか持っているそうですし、今お住まいの住宅も売りに出すそうです。
今までは他の美装屋さんに仕事を頼んでいたけど、お客さん曰く「あんたの仕事振りに感心した、今頼んでる会社よりいいね」との有難いお言葉も掛けていただいたので、もしまた縁があれば窓拭きでもさせてもらえればいいなぁと思います。

まー人生の先輩方はお世辞が上手いですから、僕も褒められてうかれちゃって「いやいやガラス一枚しかやってないし、お代は○○円しか頂けないですよ~」なんてサービスしちゃったし、もしかしたらお客さんのプロを褒めるパフォーマンスに僕が上手いこと乗せられただけだったりして(笑)
褒められても謙虚に「いやいやまだまだ修行中の身ですから」って言える慎ましさを身に付けてから、パフォーマンスのことは考えていった方が良さそうですね。

ノンワックスフローリング床へのワックス掛け 研究

SN3J0751.jpg
最近時間を作って、現場で不要になったフローリングの切れ端などを譲っていただきワックスがきちんと密着するかのテストを行っています。
写真はナショナル建材のノンワックスタイプフローリングです。ブログにも何度も書いていますが、ノンワックスでもワックスを塗って欲しいお客さんは依然として多いです。
そういう場合に対応できるように日頃から実験は欠かせません。

先日清掃用品の問屋さんが来て言っていましたが、同様のトラブルで結局塗ったワックスを剥離することになり、その剥離が原因で床やその他の建材などの総取替えになってしまい、200万円ほどの弁償をした掃除屋さんがいたなんて話も聞きました。
家を建てたことのある方ならご存知と思いますが、新築引渡美装の金額なんて「?」って思うほど他の設備、大工工事などの金額から比べると低いのが現状です。そんな現状なのに、弁償は200万!って。

こんな話も明日はわが身と気持ちを引き締め、塗ったワックスに水をかけて放置したり、擦ったり、洗剤をかけたり色々と試してみてトラブルが起きる可能性の少ない製品や塗り方、仕上げ方の研究をします。
最近だとノンワックスフローリングにも対応って書いてあるワックスでさえ、すぐに剥れますからね。

しかし、新築引渡美装の金額を1坪当たり1500円くれる工務店さんがあると聞きましたが、業界全体的にそれくらいの水準まで掃除に対する金額が上がれば嬉しいですよね~。まー「掃除なんて自分でも出来るんだけどさ、時間がないから頼むんだ」なんて言われてるうちは夢のような話ですね。意外と大変なんだけどな~。なんてちょっと思います。
掃除のイメージを覆していかなければ、価格破壊の流れは止まらないのかな?と大きな事を考えてしまいましたが、僕は今日も小さな窓ガラス一枚キレイにするのに頭を悩ませているくらいですから、生意気言うなと諸先輩方に怒られますね。


改造マシン

マンションのワックスを掛けていると「Beクリーンさんかい?」と声を掛けられました。
そのマンションの一階テナント部分に入居している掃除屋さんでした。しょっちゅうマンションには行っているのに掃除屋さんが入居しているのは知りませんでした。

事務所内でコーヒーをご馳走になりながらあれこれ話をさせていただきましたが、この掃除屋さんは機械を改造するのがとても得意な方でビックリです。ポリッシャーなんかも自分であれこれ部品を足し引きしてオリジナル使用にしてあるし、素晴らしいです。
大きな現場が多いとの事で、大きな現場での効率などを研究した結果が機械の改造に現れていました。

僕は機械いじりは好きですが、得意ではないのであんなに改造できる人は尊敬しますね。掃除のほかにも塗装や内装なんかも行うとの事でした。器用な人は仕事の幅が広がるのでビジネスチャンスが増えますね。

Beクリーンは掃除しか出来ません(写真部門もあるけど・・・)から他に何か始めましょうかね?掃除したついでにお部屋の御祓いもします!とか。怪しい宗教みたいですね(笑)これは冗談として、他の業者さんとの違いは出していく必要があるな、と思いました。

事情があり土曜日からほとんど眠っていないので、体が重たいです。疲れたり眠たい訳ではないんですが、重いです。太っただけか・・・。

強化ガラス

一般の家庭ではあまり使用されないようですけど、強化ガラスと言うものがあります。
強化とは言っても割れることは割れるんですが、割れ方が通常のガラスとは違い怪我をしにくいように割れるとか色々と利点は多いようです。

でもこれ、掃除屋さんには曲者で3枚刃とか刃物を入れるとすぐにキズだらけになってしまいます。
傷を付けずに刃物を入れる方法もありますが、ちょっとコツが必要で難しいです。
強化ガラス用の刃物(厳密には刃ではないんですが)もありますが、何の役にも立ちません。

Beクリーンでも過去に何度か傷をつけてしまい、とんでもないことになってしまった経験があります。
触った感じが違うので気を付ければ分からないことも無いのですが、判断は難しいです。

数ヶ月前に新築引渡美装を行った大きなスーパーなんかは玄関のガラスが全て強化ガラスで、キズを付けずに拭くのに1日一杯かかりました。

最近、とても良い洗剤を小売していただいたのでこれに含まれている天然の溶剤成分がコーキングを優しく溶かすことが出来るかな~?なんて考えています。
もしこれで上手くいけば、ガラス清掃のリスクが減りそうだな。
まー色々と実験するのが重要ですね。

実験で思い出しましたが、自宅のキッチンステンレス(ヘアライン仕上げ、一般的なちょっとくすんだ感じの仕上げ)を鏡面仕上げ(鏡のように映り込むまで磨く仕上げ)に施工したものが1ヶ月以上経った今でも輝きとツヤを失っていません。多少のすれなんかはありますが、十分きれいです。
これにコーティングを施す実験を合わせて行い、結果が出れば面白いですよね。

築浅の中古物件を購入した方なんかは、購入時に清掃が行われていることが一般的でしょうけど、これとは別に水周りをさらに磨きコーティング処理を施すことで、素材の痛み方も汚れ方も格段に違ってくるはずです。
床も、コーティング(ワックスではなくコーティングです)を施すことにより耐久性が向上するはず。
こういう美装が出来る業者がいる事をもっと知ってもらえればお互いにメリットが多いと思います。

中古住宅にも1ランク上の美装と仕上げを行うことで、付加価値を高めることは可能なんじゃないかなーと思います。
現状では中古を引き渡す時点での清掃には限度がありますから(売主さんの掃除に対する考え方や予算の兼ね合いなど色々な理由がありますね)、購入した方がご自分の考えで家を大切にしたいと思えば、追加施工が出来るんだろうなと思います。

最近じゃマンションなんかも入退去時に清掃料金を取らない不動産屋さんも増えています(要は清掃は行いませんってことですね)、このように掃除屋はたかが掃除屋と思われている部分もありますから難しいです。

あるマンションに引っ越された方から不動産屋さんに、掃除がひどすぎるとクレームがあり僕が手直しに行ったらビックリ。僕らはその部屋の掃除は行っていませんし誰も掃除した形跡もありません、でもお客さんは僕に「こんな仕事しかしなくてあんたの会社にはプロ意識はないのか?」なんて怒り心頭です。いやいや実は僕はこの部屋の掃除はしておらず、不動産屋さんに頼まれて手直しに来ただけですと事情を説明し理解していただけました。話を聞けば清掃料金はこの方も支払っていないとのこと。
お客さんは「掃除代くらいケチらず払うから、きれいな部屋で新しい生活を始めたいと思うのが普通じゃないの?」と言っていました。僕もそうは思いますが、僕はあくまでも掃除屋ですからその辺の判断は僕が出来ることではありません。
こんなエピソードを振り返って、やはり中古住宅の掃除こそキレイにする事は当たり前でそれにプラスアルファで魅力のある付加価値を付けられなければお客さんの本当の満足は得られないのか?と思いました。

ビルのワックス掛け


ここ数日、旭川市内の高層マンションのワックス掛けが続いています。
共用部分が狭いマンションもありますが、とても広いマンションもありますから、作業の手順が重要になります。
不動産屋さんにも、早いねと言われますが、何年もやっているので効率良く少ない人数での作業方法を考えました。

やはり、共用部分がきれいに保たれているマンションは空室も少ないように感じます。
根拠はありませんが、建物の内外全てのキレイさは入居者の数に関係しているように思います。

旭川駅

SN3J0738.jpg
日曜日にふと思い立ってニセコにある薬師温泉に一泊してきました。120年だか130年の歴史のある温泉で、泉質は素晴らしいです。日帰り入浴は何度も行っていましたが、宿泊は初めてでした。
僕はネコアレルギーなので、旅館にいたネコの毛で喘息の発作が起きてゼーゼーヒーヒー言いながら眠りましたが、温泉は素晴らしいので満足です。

行きも帰りも、中山峠の大渋滞を警戒して小樽経由で高速道路を使い移動したのでかなり楽でした。月曜日は旭川市が巨額の予算を投じて開催したイベントを見学してきました。
まー感想は人それぞれですよね。食に関するイベントだから人の数は多かったです。

ついでに新しい旭川駅舎を見学してきました。なんだかビックリでした。こんなにでかいのに中身はスカスカです。札幌駅の小さい感じかと想像していましたが、旭川駅がただ大きくなってスカスカになっただけでした。
こちらも感想は人それぞれだから、素晴らしい!!って思う人もいるんですよね。「電車に間に合わない!!」っていう感じでホームまでダッシュしているひとが何人かいたのが印象的でした。

補修も出来ます

SN3J0733.jpg
SN3J0734.jpg
やっと今日で一週間終わりです。今週も忙しかったです。でもこれからBeクリーンで行っている旭川市内あちこちの日常清掃(掃除の女性が掃いたり拭いたり病院とかデパートでやっているような掃除です)の現場の点検に行かなければいけません。
任せっきりも良くないので、時々点検に回ります。品質維持のためには必要な事ですね。

さて、上の写真は旭川市内のアパートの一室の巾木(壁と床の境目に付いている木の板みたいなものです)の写真です。上の写真では、巾木が剥れて下地の色が出てしまっています。
補修すると下の写真のようになります。この後、はみ出た部分を拭き取り、表面を均して完成です。
同じ要領でフローリングの補修も行うこともあります。
まーBeクリーンは掃除屋ですから補修は専門ではありません、でもこの程度の仕上がりには仕上げることは出来るので、お客さんから補修を頼まれることもしばしばあります。

会社の基本になる業務もしっかり技術を磨きつつも、お客さんからの要望に幅広く応えられる応用力をもっと身に付けなければいけないなーと思います。
なんでもやりすぎて、本業も他の仕事もどれもこれも中途半端なんて言ったら本末転倒ですからバランスが大切ですね。

お風呂のシミ抜き

朝からお風呂のシミ抜きを行いました。
ずーっとシミばかり見てると、シミがあるかないかも目がチカチカして分からなくなりますね(笑)

一応シミは抜けたので良かったです。
後は確認してもらって、問題なければ終了ですね。
他の業者さんが先にシミ抜きに挑戦していたらしく、洗剤が残っていました。僕が薬剤を塗っても反応しなかったので、もしかしてと思いリトマス試験紙で確認してみると、なるほどこれでは取れないと納得。

しかし、先に作業した業者さんは何を使ったのか?妙に油っぽいものが残ってました。
知らない洗剤があるのは情けないので会社に戻ったら、調べてみます。

シミ抜きの基本をマスターすれば、もっとスマートに抜けるんでしょうけど、僕は我流ですから現場で薬剤を混ぜて調合しながらアタフタしてます。「ヤバい!なんかスゲー刺激的なガス出てきた!」とか一人で焦ってます(笑)
招待されていた事務用品の展示会に顔を出し、今富良野に向かっています。
長いハシゴを積んでるので燃費悪いです。

雨降り

朝から富良野市で新築引渡美装を行いました。雨降りでしたから、外窓は拭いたそばから濡れていきます。なんだかもったいない気持ちになります。
僕は日頃テレビはほとんど見ないので、天気予報は新聞に頼っていますが最近は当たらない。自分の中で何時から外窓を拭いて、どうしてこうしてなんていう段取りが頭の中にあるんですが上手く行かないです。

持って行ったハシゴでは高さが60センチくらい足りずに、作業できない箇所があったので明日再度富良野に行くことに。棒か何かを使えば届かないことも無いんですが、新築だし養生なんかも付いているので直接触れてやりたいです。
高い箇所のガラスほど汚れが目立ったりしますよね。

今日も3チームに分かれての作業でした。会社で使用している車が3台ありますが、最近は足りないこともしばしば。1台借りて4台で今は稼動していますが、そろそろもう一台車を買わなきゃいけないのかな~。
次は軽のワンボックスタイプがいいですね。安く売ってないものか?買うのは簡単ですが、維持するのはとても大変なのが自動車の悩みどころです。僕の車の夏タイヤもツルツルだし。車に乗られる生活です。

おかげさまで会社の予定表も真っ黒く埋まってきています。この調子でもっと忙しくなってきたら、会社のシュレッダーを手動じゃなくて自動に買い換えよう!(夢が小さいですね)

蕎麦祭


当麻の蕎麦祭に来ていますが、ものすごく混んでいます。
やはり、食に関する催しは年代を問わずに人気がありますね。

店舗の美装



今日は旭川市永山のROUND1の中に新しくオープン予定の、ドーナツ屋さんの引き渡し美装の現場に行きました。
3チームに分かれて、中古一軒家・マンション一件・一般住宅のレンジフード清掃という日程です。
僕は朝から一人で、以前の店舗の名残の窓ガラスのカッティングシート剥がしからスタートです。

しかしまー剥がれない(笑)よく、界面活性剤使うとかシール剥がし使うとか、温めろ、下から剥がせなんて聞きますが、実際どれもこれも大した効果はありません。
地道に剥がすのみ。これが近道でしょう。他の業者さんも同情してくれる、地道な重労働です。
一部強化ガラスの様な手触り(手触りで分かるのか?って言われそうですが、普通のガラスとは違います。と僕は感じます。)だったので、ナルビーは使わず、植物性の溶剤を含む洗剤でノリを取ります。簡単に取れます。

普通のガラスはナルビー(三枚刃とかガラスカッターとかいいますね。ナルビーは商品名だったはず。)でノリを取ります。こちらも簡単に取れます。

二時間で剥がし終わり、手には豆が出来ました。
去年、札幌の東急百貨店のガラスのカッティングシートを剥がした時は、今日の3倍はあったなー。あの時も一人での作業でした。

まーとりあえず、終わって良かったです。
月曜日は札幌で6階建てのビルの外窓清掃とワックス掛けです。
このペースで年末まで忙しいといいなー。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード