子供と


妻が出産間近で、出歩けないので、息子は運動不足でエネルギーを持て余しています。
仕事が忙しくて、帰宅時間が遅い日が続いていますが、夜な夜なあちこち運動に連れて歩いています。
今日はイオンでママゴト遊びです。

予定日も過ぎているので、いつ産まれるのかドキドキです。
今回も自宅出産予定ですが、産婆さんの身内に不幸があり、東京へ行ってしまいました。
どうなることやら、そわそわです。

なんでもやります



写真はマンションのキッチンのカウンターです。
木なので水がかかるとどうしても、剥げてきます。
僕ら掃除屋もこれくらいなら、素人ながらも色を塗り補修したりします。もちろんその分は少しだけ料金頂きますが。
他にも建具調整やクロスの補修、床の補修、コーキングなど 出来る範囲で住宅の現状回復に努めます。
今の時代は美装屋も七つ道具と言いますか、なんでも道具をもっていないと仕事にならないのです。
パートさんには何屋?と聞かれたりしますが、お客さんの役に立つ掃除屋でありたいですね。

トイレ掃除

先日清掃を行ったトイレの写真です。
SN3J0386.jpg
結構な汚れでブログに載せるのも迷ったのですが、ビフォーアフターの極端な例でいいかな?と思いました。
お客さんの所へ寄ったりして、遅れて現場に着いたのですがパートさんが「トイレやる?」と言うので、僕はトイレも見ないで「いいよ」と言ったらこのトイレでした。
「あーこりゃやりたくない訳だ」と思いましたが、今までの経験でこれよりももっともっと酷いトイレは沢山あったので僕としてはそんなに気になりません。「見た目が派手なだけで、そんなんでもないかな?」と言った感じです。

Beクリーンのポリシーで「極力ガリガリ削りたくない」という部分があるので雑巾二枚と百円のブラシとスコッチのくたびれたパッド、それと洗剤二種類のみで作業しました。時間も無かったので20分以内で仕上げようと思いました。
普段はトイレ掃除は15分です。
作業後の写真です。
SN3J0387.jpg
どうでしょうか?汚れが取れるのは勿論ですが、ツヤも多少復活しています。
大まかな汚れは水で濡らした雑巾だけで落として、こびりついている汚れはフニャフニャスコッチに酸性洗剤をたらして拭きます。
尿石が固まってガチガチにこびりついた汚れは、ドライバーや金属製のヘラなんかで削れば早いんですが、削りたくないので、秘密の洗剤を20cc便器にたらして伸ばし浸け置きです。その間に床とか壁とかペーパーホルダーとかを掃除します。
浸け置きした洗剤がもったいないので、またフニャフニャスコッチでさっとなでて完成です。
所要時間25分でした。予定より5分オーバーですが、久々のトイレ掃除だったので仕方ないですね。

ノンワックスフローリング


先日ノンワックスフローリングの床の剥離作業を行いました。
ノンワックスの床でもワックスを掛けて欲しいとの要望がある場合が多いです。
今回はワックスを掛けて作業終了のはずだったんですが、ワックスが乾きかけた時に誰かが部屋に入ってしまい、べったりと足跡が付いて剥離作業を行なうことになってしまいました。
普段なら、ワックス塗り立てですから入室禁止です、と貼り紙を作って貼るようにしてますが、たまたま品切れしていたのでした。
嫌な予感は的中して、この結果です。

剥離せずに収めたかったのですが、上手く行かず、結局はマンションの居間全部を剥がしました。

仲良くしている美装屋さんにも相談しましたが、剥離しかないとの答えでした。
作業時間が取れずに、夜の8時から10時半までかかり無事に作業終了でした。
他の箇所を汚さない為の養生に時間がかかります。

石狩市の現場はとっくに終わるはずでしたが、大工さんの作業が終了せず、僕ら美装屋は待機です。8時から旭川のお客さんに会わなければいけないのですが、間に合うかどうか。
いつも現場は予定通りに進まないものですね。

ワイパー


ワイパーと言っても、我々美装屋が普段窓掃除に使うスクイジー(T字のワイパー)ではなく、自動車のワイパーです。
運転席側はこの間新品に交換しましたが、助手席側は二年目のままです。
どうせ、もうすぐ春だし夏用に取り替えるしなぁと思うと、買い替える気持も失せてきますが、全く拭き取らず不便です。
ワイパーも買えば一本3~4千円、なかなかの出費です。
カメラマン時代の先輩は、よっぽどの富豪じゃない限り自動車を所有したら車に乗られる生活だよ、なんて言ってましたが、正にその通りだなぁと感じます。
ワイパー一本に悩む小市民に自動車は贅沢品ですかね。
でも自動車は仕事の道具の一つだし。
そんなことを考えながら、石狩市の現場に向かっています。
忙がしさは更に加速し、一日に戸建てや3LDK、2LDKのマンションを三件、四件ペースで終わらせても、未だ現場は山積みです。
加えて、特掃(ワックス掛けなどです)の時期になってきて大変です。

今月頭にワックスを100リットル買っておいて正解でした。
もう残り50リットルですが、なんとか足りそうです。
使わない時は一月20リットルで足りるから、波がありすぎますね。

キッチン ステンレス


先日掃除をさせて頂いた、新築住宅のキッチンのステンレスに写真の様なシミが出来ていました。

新品だと少しの水でも、すぐに拭き取らなきゃシミになり、取れにくくなります。
Beクリーンで最近行なっている、ステンレスの研磨作業を行えば、大体の場合はキズを付けずに再生出来るのですが、作業に時間がかかるのでサービスで行なえないのが、心苦しいです。

キッチンのメーカーさんからも、お客さんからのクレームで困っていますと、依頼を受けたりします。
お客さんにすれば、新品のはずなのに何故シミがあるの?と思って当然ですよね。

でも、設備の点検で水は出さなきゃいけないし、難しいですよね。

新築はやはり、何かと気を使いますね。

火防部長研修会


町内会の火防部長研修会に出席しています。
仕事が忙しいのですが、普段お世話になっている町内会の代表として参加することにしました。

僕たち美装屋も普段は衣食住の住に携わる仕事ですから、防火対策の研修会に出席するのも勉強になると考えます。

しかし、若者は僕一人なので、ちょっと浮いている感じもします。

遠くの現場

今週前半まで石狩市でグループホームとデイサービスの新築の現場があり、何度も通っていました。
落ち着く暇も無く、今度は岩見沢で牛丼の「すき家」の新築の現場が始まりました。
今日は荒掃除(現場の途中途中で行う、簡単な掃き拭きなどです)があり朝から岩見沢へ向かいました。
6:30に出たのに、吹雪や渋滞やなんだかんだで到着したのは10:00でした。
旭川市内の現場も詰まっており、パートさんの割り振りの都合が付かずに、ここ数日は一人で現場を回ることが多いです。「すき家」はこれまで市内で2件、札幌で1件清掃させていただいているので慣れてきましたが、ステンレスの壁や調理台など気を使う部分は多いので慎重に行います。窓の養生(キズが付かない為のカバーみたいなものです)が特殊で剥がすだけでも2時間くらいかかります。

明日は富良野の現場の手直しがあり、朝から富良野へ向かいます。
パートさんに清掃してもらった現場の点検と仕上げを行うのに、旭川市内にいる日でも一日中あちこち走り回っています。
僕の自動車を普段見てくれているスタンドや工場の人は、走行距離の多さにいつも驚いています。僕もそんなに走っているつもりはないのですが、毎月オイル交換(5000キロ毎に変えてます)をしなければならず、手間が掛かります。

北海道は広いので、どうしても走行距離や移動時間が長くなりますね。都会だと交通渋滞で移動時間がかかると聞きますし、スムーズに走れるだけ有難いのかな?

石狩での現場の帳場さんに毎度毎度怒鳴られて厳しいことを言われました。「専務が現場に入ると仕事が悪い」とか「専務がしっかりしないから現場の仕上がりのレベルが低いとか」「素人か!」とか。
周りのパートさんも業者さんもビックリするくらいの怒鳴られ具合なんですが、僕はこの帳場さんが「お前がもっとしっかりして腕とか目を鍛えろよ、応援してるよ」って意味で怒鳴ってくれているのが分かるので、ありがたいなーと毎度感じます。怒鳴られるのは落ち込みもしますが、愛のムチだな~なんて前向きに捕らえています。怒鳴られた後は普通に笑い話なんかするくらいですしね。

僕は昔の現場は知りませんが、最近はものすごく怒鳴って業者さんを育ててくれる帳場さんや現場って少ないらしいです。ダメならひとしきり怒られて、その後仕事が来ないとか、何も言われずに次から仕事がこないとか。
これって、業者としては悲しいですよね。うちのどこが不満だったの?とかもう一度チャンスを下さいとか思うじゃないですか。
お互いに色々と言える関係は大切だと思います。それだとこちらからも、「もっと養生しなきゃ汚れ取れなくなるよ」とか、「あのボンドだと美装でも落とせないから違うボンドを使ってよ」とか提案も出来るし、「こんなことで困ってるんだけど、美装でなんとか出来ないかい?」とか相談も受けられるし。そんなやり取りがあってこそ成長するんじゃないかな?と僕は思うんですが。もちろん無いに越したことはありませんが、それでも、クレームは財産だな~と感じますね。

やっぱり僕らでも落とせない汚れがあるのは現場経験の長い帳場さんだと知っているので、それを防いで現場をより完璧に仕上げていく業者同士の連携とか信頼関係とかの大切さを改めて感じるここ数日です。

忙しいです

連日現場が終わり会社に戻る時間が23時というのが続いています。
パートさん達も疲労が蓄積しているようで、申し訳ないのですが、忙しいのは良いことと思い頑張っています。
おそらく明日で大体目処が立ちそうなので、来週からは少し穏やかに戻れそうです。
うちだけでは手が回らずに、同業他社さんの応援をお願いしながら、なんとか仕事をさせて頂いています。
助けてくれる、パートさんや仲間に恵まれ有難い気持で一杯です。
これくらい年中忙しくなるように、平均した営業努力が必要だなと感じます。
さー明日も頑張ろう。

買物公園


昨夜は市内の企業の会合があり出席してきました。
各企業の経営者の方々のお話はとても興味深く勉強になります。
会場のターミナルホテルから自宅までは徒歩15分か20分で到着するので、帰り道は歩きました。途中で、昔から親しくさせて頂いている、宮越屋珈琲さんで珈琲を飲みました。
マスターの古屋さんもいつも言ってますし、僕も歩きながら感じるのですが、夜の買物公園はほとんど人がいないです。
僕も昔は宮越屋の親戚店で働いていたので経験しているのですが、珈琲店って夜の9時過ぎから深夜1時までが忙しいものだったりします。
なのに通りに人がいないって、なんだか寂しいですよね。

多くの人が中心街の活性化策を挙げていますが、なかなか効果的ではないような気が…。
街は人混みがすごくって、なんて愚痴が出るくらい街に人が戻ってきたらいいですよね。

素敵なイベントご案内

草木染・手織り『うさとの服展』を旭川で初開催!!

うさとの服展

【日時】3/6~/7 11時~17時
【場所】パラダイスファーム

    (旭川市東旭川町東桜岡50-1 cafe good lifeさん隣)
【お問合せ】09062156765(emy)

草木染・手織り『うさと』の展示販売会を旭川で初開催!!



自然の恵みをそのまま活かした"うさと"の服は、タイの多くの人々の手を通して作られています。
綿、ヘンプ(大麻)、蚕を育て、それらを紡ぎ、撚り、糸にする。

その糸を草木で染め、素朴な織機で布を織り、その布がうさぶろうのデザインにより服となります。素材を吟味し、時間をかけながら心を込めて作られたものには、自然の命が感じられます。

本物の自然素材。


うさとデザイナー
さとう うさぶろう


日本で企業デザイナーを経験した後、
欧米でオートクチュール、
ウェディングドレスなどの創作活動を行う。

1994年から命のエネルギーを感じる
本物の素材を求めて世界を旅し、
1996年タイ・チェンマイに行き着く。

タイの伝統的な手織り、
草木染めの布等、
素材を活かしたデザインの服を
創作し続けている。

2004年から『Celebration of Oneness』と題した
平和の祈りのイベントを うさとの縁で結ばれた
人たちと一緒に全国各地で開催している。

北海道南富良野出身。
現在タイ・チェンマイ在住。

タイの女性たちがまごころ込めて一着一着手作りした

手紡ぎ、手織、草木染めの服“うさと”
身につければ心地良く、きっと何かが伝わるはず…
自然のエネルギーに包まれた優しい服を体感しませんか。

うさと公式HP http://www.usaato.com/top.html


妻が、旭川での『Celebration of Oneness』の実行委員を務めたご縁で今回展示会を行うことになりました。
うさとの服や布は、本当に心地が良く独特の優しさが感じられます。
是非会場にお運びいただいて、実際に手にとってご覧いたら素晴らしさが伝わると思います。



桜岡空想の森シネマキャンプ~『空想の森』上映&監督を囲む会~ 

kusounomori.jpg

【日時】3/6(土)18時~21時
【場所】パラダイスファーム(旭川市東旭川町東桜岡50-1 cafe good lifeさん隣)http://www.goronta.net/


【参加費】1500円
(18時~上映。その後持ち寄りのごはん会費込。時間の許す方は是非!)
【チケット申し込み&お問合せ】
 *メール farm_torinosu@agate.plala.or.jp


 *電話 0166-84-3910(12-13時&18時以降 とりのす農場 藤原まで)


■注意 大正時代の納屋を移築したお店なので寒いです。地べたで鑑賞なので、
敷くものを持参ください。(座布団・毛布・寝袋など)椅子は後方に10席程度あります。 

終日会場使用可!飲んでも寝袋で泊まれます。(寝袋などはご持参ください♪)


●発信元 とりのす農場 藤原有二●
当麻で農家をやっている藤原です。普段はたべものを育てています。たまには外
の世界と接点を持ちたくなり、今回映画の上映を主催しました。
この映画はとても言葉で説明しづらいです。7回見たら7回、胸がきゅんとなり
ます。それもそれぞれ別の場面で。
大切なものが大切だと思い返す人が、ひとりでも増えることを願っています。
すてきな映画です。ぜひ見に来てください。
とりのす農場 http://torinosu-farm.jugem.jp/
★併設 good dayマーケット 3/6(土)~7(日)11時~17時



【ものがたり(公式HP参照)】
新得共働学舎(社会に馴染めない人、障がいを持つ人、色んな人たちと共に生きていこうとする農場)で子育てをしながら野菜をつくっている山田聡美さん。彼女は共働学舎に来て13年目。結婚して娘も生まれ、これからの暮らし方を改めて考えていました。自分にとって共働学舎とは、野菜をつくることとは…。家族で独立しようか、思い悩む若い夫婦。
1970年代後半に、食べ物をつくって暮らしていこうと、京都から新得町に入植した宮下喜夫さん。3人の子供はそれぞれ独立し、妻の文代さんと2人で、極力機械を使わず、自分の体を使って日々畑で働いています。自分たちの暮らすスタイルを確立した夫婦。この2家族を軸に、食卓の風景、土の上で働く姿など、何気ない日常の中に、色々な感情がわきおこり、明日への希望が垣間見えてきます。

空想の森公式HP http://www.soramori.net/


こちらのイベントも同じく桜岡のパラダイスファームさんで行われます。
映画自体は、主催のとりのす農場の有二くんも書いている通り説明しづらいのですが、面白い内容だと思います。
とりのす農場さんやパラダイスファームさん、その他このイベントに携わっている人達との交流も出来ると思うので、とても楽しい催しになるはずです(皆さん良い意味で奇人変人ばかりですから 笑 )。

週末お時間のある方は是非、パラダイスファームへ遊びに来てみてください。パラダイスファームのお隣のカフェグッドライフさんもとても面白い場所なので、週末の桜岡は魅力的です。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード