フローリングのワックス剥がし(剥離)

SN3J0306.jpgSN3J0307.jpgSN3J0308.jpg
上の写真は左から、ワックスを塗っていない状態、一枚塗った状態、二枚塗った状態です。
依頼があり、フローリングのワックス剥離(全て剥がす作業)を行い、再度ワックスを塗り直しました。

最近は市販品でもワックス剥がしの薬剤は売っているので、ご家庭で作業することも可能なのかな?と思います。僕は市販品を使用したことがないので、効き目の程は分からないのですが。

フローリングのワックスは、最悪床が剥れたり、割れたり、ヒビが入ったり、床鳴りするようになったりと難しい作業ではありますが、行った後と前とでは床のキレイさは全く違い、写真のように気持ちの良いツヤが出ます。
もちろん、ツヤなし仕上げも、天然ワックス仕上げも可能ですが。

プロの間では「フローリングの剥離には手を出すな」みたいな部分も少なからずあるほど、リスクの高い作業でもあるんですが、Beクリーンでは塗装屋さんと大工さんの知恵から生まれた方法?(大袈裟なものでもありませんが)で作業をするようになり、割れ剥れヒビ床鳴りなどのリスクが大幅に減ったように感じています。もちろん通常のアルカリ剥離剤で作業できるので、洗剤を増やすことなく作業出来ちょっと楽です。

今まで、通常作業ではどうしても、木が痩せたりヒビとかが少しだけ木になっていたのですが、宮大工さんと寺社仏閣を塗装出来る塗装屋さんの経験と知識というのは素晴らしいもので、写真のフローリングでは全くトラブルがありませんでした。

まあ、何にでも絶対ということは有り得ないので、今後ともフローリングの剥離には細心の注意を払って取り組まなければいけないと感じてはいます。
皆さんももしご自分で作業されるなら、床を傷めないようにご注意くださいね。

グループホーム新築

今日は石狩で新築工事が行われているグループホームの荒掃除(工程の途中途中で行う簡単な掃き拭きなどです)に行ってきました。
九時に現場着との事でしたし、今日の作業を手伝ってくれる人を札幌まで迎えに行ってから石狩に向かうことを考えて、朝の五時に旭川を出発しました。
予定通り八時半前に石狩の現場に到着して、すぐに作業を開始しました。

まだまだ建築途中ですから、ほとんど鉄骨が剥き出しでまだ溶接をしていたりと、ホコリやら火花やら怒声やらが飛び交う賑やかな現場でした。
僕達は床材を張る前のベタコンの清掃と、左官屋さんが足摺(アシズリ・しきいみたいなものです)を入れる前の溝の清掃でした。

ついでに窓清掃も行いたかったのですが、まだ完成まで時間が掛かるので早すぎるとの事で諦め、本日は床清掃のみで作業終了でした。
しかし、全身真っ白になりました。髪の毛も鼻の中も耳の中もホコリで真っ白です。あんな中で毎日作業する大工さん達は只者じゃないな~と感じました。

高い場所にある窓ガラス

SN3J0298.jpg
写真はある住宅の吹き抜けに設置されている窓ガラスです。吹き抜けに窓があると明るいし、開放感もあり気持ちがいいと思います。
でも、たまにお客さんから「自分たちで吹き抜けの窓ガラスを拭くには?」なんて質問を受けます。
正直答えに困ります。ホームセンターで売っている高所用の窓拭きポールを使う手がありますが、きれいにはなりません。僕達もポールを使う場合もありますが、ごくごく稀です。
逆に、ポールを使うと窓が汚くなる場合の方が多いです。せっかく掃除して余計に汚くなるなら、触らない方がいいと僕は思います。

結局お客さんには「はしごがあればはしごを使う」か「完璧にはきれいにならないけど、窓用ポールを使うか」と答えてはいます。
でも、通常のはしごだと、室内に入れるのが大変ですよね。僕達はタケノコ式のニョキニョキ伸びるはしごを使うので楽なんですが。タケノコ式も通販で安く売っているものだと、良くないようです。業務用は結構な値段ですが、長いはしごを室内に入れて、室内を傷つけ弁償することを考えると必要な道具です。

プロに依頼してもお金が掛かるし、自分で拭いてもきれいにならない。う~ん難しいところですよね。
子供のおもちゃにある、ペンで書くと面の砂鉄が字になるおもちゃがありますが、あれを消す原理で備え付けの棒を左右させれば窓も拭ける装置(?)があれば便利かも??

休日


今日は久し振りに息子と二人で遊びに出掛けました。
妻が未来の食卓という映画を見ている間の留守番です。
神居のワクワクエッグで遊んで来たんですが、子供子供子供ですごかったです。
いやいや、楽しかったー!

ブラインド清掃 実験

SN3J0302.jpg
こんな真冬に野外でブラインド清掃を行いました。ホースからお湯を出したとはいえ、すぐにブラインドが凍って作業しにくいことこの上なかったです。
気温が下がりすぎると、洗剤が効かなくなり汚れも落ちにくいです。作業の方法は以前のブログにも書いた通りなので夏も冬も仕上がりは一緒です。

ブラインドの本数が8本と多かったので、少し実験してみました。
SN3J0301.jpg
ブラインドの左側だけ水をはじいてるのが見えると思います。右側はブラインドに張り付いています。
左側だけに撥水効果のある洗剤で洗浄、右側は親水効果のある洗剤で洗浄です。こんなに違いが出ると面白いですね。

撥水と親水ではどちらが優れているということは無く、求める用途によって使い分けをするのが必要になります。お風呂の鏡なんかは親水の方が良いようです。
窓ガラスの外面は撥水がいいのかな?
僕は個人的には撥水はあまり好きじゃないので、ブラインドは親水の面を多くして実験でした。

この結果を踏まえて、今後も色々と新しい施工方法を模索していきたいと思います。

珪藻土の壁 など 

先日、芦野組さん施工の新築住宅の美装を行ってきました。

僕達美装屋は家の中の殆ど全ての箇所を触り清掃するので、大工さんの仕事の丁寧さとか、各業者さんの仕事の具合なんかが意外と目に付いたりします。
新築、中古含めて年間かなりの件数の建物に触れていると、自然と「この家は○○だな」とか「ここは○○だな」とか思ったり分かったりするようになってきます。
そんな中でも芦野さんの建てる家には毎度関心します。
仕事もとても丁寧ですし、現場の雰囲気も良いし、なにより暮らしやすそうな家なんです。

僕は勉強も兼ねて、建築士の参考書を読んだり、仕事の合間や時間のあるときには新築住宅のモデルルームの見学に良く行くんですが、全体のバランスが整った家って少ないように思います。
素材などにこだわっていても暮らしにくそうとか、この造りなら結露酷いだろうなとか、新築なのに何故床鳴りするの?とか。水道管がここにあって冬場は凍らないんだろうか?などなど素人ながらに疑問やなんかがやたらと出てきます。

最近流行の珪藻土の壁一つ取ってみても、職人さんの違いで仕上がりが大きく変わるように思います。
SN3J0295.jpg
写真は巾木と壁の境目なんですが、芦野さんの家だとここを拭いても絶対に壁はポロポロ崩れてきません。見学に行ったりして触ってみると、ここがポロポロ崩れてくる住宅も多いのです。
こんな小さなところを一つ取ってみても良し悪しが出てくるんだなと思い、建築の仕事にちょっとでも携われることの面白みを感じたりします。

聞いた話ですが、こだわりの家なんて謳っている工務店の新築住宅の養生を剥がしたらフローリングも一緒に剥れたなんて事があったそうです。
念願のマイホームを手に入れたけど、化学物質に悩まされ結局家を売った人や結露やカビに悩み手放す人、家の故障が多く手放す人などもいるそうです。
こんな事を考えると、どんなタイプの家にしろ業者がいかにお客さんのことを考えているかとか大事だと思うし、僕達美装業者もいかにお客さんが健康に快適に過ごせるかを考え、使用する洗剤の見直しや判断、そして汚れの着きにくい施工や暮らし方の提案など、おせっかいなくらいに関わることが大事なのかなと考えます。
ケミカルな洗剤で拭き上げたお風呂にそのままお湯を張って入浴なんて考えただけで不健康です。美装屋が掃除したんだもん、そのままの状態で使用しても安心、清潔だよ。と思ってもらえる品質と信頼が大切だなとつくづく思います。

訂正

修正しました

一戸建ての清掃

留萌戸建窓景
今日は留萌市で一戸建ての清掃の現場がありました。
窓から海も見えロケーションがいい家だな~と思いました。でもやはり、海の近くの家ですから、風が強くて作業が大変でした。
写真は一時の晴れ間を見つけて撮影しましたが、ずっと猛吹雪でした。
清掃していると、窓から雪が入ってきて雪まみれになりながらの作業でした。

しかし、留萌は道路が滑ります。旭川とは違って坂道が多い上に路面がツルツルで運転が怖かったです。スタッドレスを新品に履き替えたのですが、新品でも滑るものは滑りますね。

この家は汚れがひどい上に水が出せず、旭川から約二時間かけて水を150リットル持ち込み作業しました。冬でも戸建は水を出して作業を行えれば楽なのになーと思いました。

旭川は吹雪です

今日はものすごく吹雪いたり止んだりと、どっちとも付かないお天気です。気温は0度くらいと暖かかったので作業は行いやすかったです。

旭川の駅周辺にコーチャンフォーが出来るとか出来ないとか?
僕も学生時代は札幌で暮らしていたのでコーチャンフォーがどれだけ魅力的な書店かは良く知っています。コーチャンフォーには取り扱っていない書籍やCDは無いのでは??と錯覚するほど圧倒的な品揃えです。
旭川出店には賛否両論あるようですが・・・。

もし、コーチャンフォーが出来たら、旭川の美装屋がワックス掛けとか出来るチャンスはあるんでしょうかね?大手古書店なんかは、札幌や東京の大手の会社が仕事を請けて、その会社の孫請けくらいで旭川の業者が安く仕事をするなんて構図なようですが。
せっかく、色々とお店やビルやホテルが出来るなら地元の小さな業者も仕事に携われるような機会があればいいですよね。

やはり、地元にお金を落とすような社会がいいな~と思います。我が家は微力ながら、地域の商店や八百屋さんなんかで買い物をしたり、多少価格が高くても地元の企業に色々とお願いするようにしています。

時々参加させて頂く、異業種交流会には普段お会いすることも難しいような社長さんや経営者の方が多数集まり最初から最後までひたすら飲み続けていますが、その中でやはり皆さん「地元でお金を落とせば自分に帰ってくる」と仰っています。だからこの会も地元の居酒屋さんなどが会場になります。

コーチャンフォーの話に戻りますが、コーチャンフォーが地元の人々に書籍とCDの恩恵しか与えてくれないのなら、旭川の本屋さんが地域の人たちと協力して、魅力的で足を運びたくなるようなお店を考え話し合い立ち上げた方がいいなーと思ってしまいます。
どうせ同じ本屋さんなら、同じ街で暮らしている本屋さんにお金を使いたいと僕は思います。

お風呂のシミ抜き

風呂の浴槽に青黒っぽく輪染みのような跡が出来ており、そのシミを抜いて欲しいとの事でしたので通常の空き部屋清掃と合わせて行ってきました。
見てみると、浴槽の底面が黒ずんでまだらになっており、内側は青というか黒というかシミが出来ていました。

この汚れは色々な原因があるようで、配水管の銅が水に溶け出し出来る銅石鹸というものや入浴剤が浴槽の傷に入り込み汚れが付く場合もあるそうです。僕も詳しくは分からないので、昔お風呂の製造をしていた方の所へ強に行って教えていただきましたが、一概に全てが金属石鹸という訳ではなさそうです。

原因が様々ですので、シミの抜き方にも多種多様な方法があるそうです。金属石鹸に効果的な洗剤もあるのですが、在庫がなく今回は特殊な薬品で抜くことにしました。
普段はあまり使いたくない薬品なんですが仕方がありません。なぜ使いたくないかというと、臭いや刺激がとても強いのです。作業中は写真の様なカッコで行います。
SN3J0285.jpg
防毒マスクとメガネ着用の完全防備スタイルです。

個人的な意見ですが、こんなにシミが付きやすかったりする最近の浴槽よりも昔みたいにステンレスの浴槽の方が手入れも維持もしやすいんじゃないかな?なんて思います。
まー最近の浴槽の方が便利な点や快適性が高いからステンレスから移行していったんだろうし、利点の方が多いのでしょうけどね。
それか、銭湯みたいにタイルのお風呂とか。これもちょっと気をつければ快適な気がします。
自分がもし家を建てるなら、お風呂はタイルがいいな~。と思います。妻には嫌だよと言われますが、タイルの方が「風呂!!」って感じがしませんか?


マンション 空室 清掃

仕事柄、汚れに対しては許容範囲は広い方だと自負しているんですが、今日の現場は「いやいや」と声が出る汚れ具合でした。普段は一時間半で終わる現場も今日は三時間ほどかかりました。

朝日プラザレジスター 前朝日プラザ クローゼット 前
朝日プラザ窓 前朝日プラザ風呂 前
建具などはヤニ汚れやカビが繁殖して汚れも臭いもひどいものでした。お風呂は水垢や石鹸カスなどそれはひどい状態でした。
建具やレジスター、窓などはエコ洗剤ピアできれいにしていきます。お風呂はBeクリーンが最近試験的に使用している秘密兵器(注文している洗剤が届かないので、ただの代用品なんですが・・・皆さん忙しいので届かないなら届かないなりにガマンですね)を塗布して放置です。
それと並行してお風呂は壁・天井の仕上げを、他にはトイレやキッチンなどを清掃します。
窓は塗らすとすぐに凍りつくので(今日はマイナス10度でした)濡らさないように清掃です。(これが意外と難しい)

朝日プラザレジスター 後朝日プラザ クローゼット 後
朝日プラザ窓 後朝日プラザ風呂 後
朝日プラザ風呂 後2
お風呂のゴム部分のカビは取りきれませんでしたが、他はキレイさっぱり落ちました。代用品の秘密兵器洗剤も塗布するだけで、ほぼ水垢などを剥がしてくれるので重宝します(価格の問題をクリアすれば常用なんですが)。クローゼットも片方だけ黄色くなっていたのを大家さんが気にしていましたが、ほぼ差がなく白くなりました。
窓も乾式清掃の割には汚れもきれいに取れて良かったです。夏のようにもっと水を使えればより良いのですが。

クロスと床が新品に張り替えてあったので、建具など什器備品がきれいになりこれでバランスよくキレイに見えますね。
エコ洗剤は漂白・消臭効果も期待できるので、清掃後は臭いも気にならなくなったように感じました(鼻が慣れただけ?)。
しかし、冬場の汚れのひどい現場は寒さで汚れが落ちにくいですから大変ですね。ひどい時はお風呂場に洗剤をかけただけで洗剤がシャーベットになりますから。窓なんてかけると氷のコーティングです。
もっと、部屋を満遍なく温められるジェットヒーターってないもんですかね??

市販の洗剤

ここ数日、仕事で使用するのに必要な道具を購入しにホーマックへよく行っています。
普段は洗剤コーナーになんて目も向けませんが、たまたま見てみるとビックリしました。

業務用洗剤の取り扱いの多いこと!一般の人はなかなか購入できないような専門的な洗剤
もホーマックには沢山売っていました。
ワックスなんかも、僕達が使っているものと全く同じ商品も置いてあったりして「これは
プロの掃除屋さんの仕事が減るわけだ」なんて妙な納得をしたりしました。
しかも、価格も問屋から買うよりもホーマックの方が安いものが多いです。

このように、一般の方にもプロ資材が簡単に手に入れられるようになると「お客さんの掃除
の仕上がりに対する見方も厳しくなるんだろうな」と思いました。
「掃除なんて誰でも出来る」とよく言われますが、誰にでも出来る掃除とは一つも二つも上の
仕上がりやサービスを目指さなければいけないなと改めて感じました。

そして、もっと清掃技術や洗剤、薬品の知識を豊富にしなけらばなと思います。
今日、買い物に行った薬品の問屋さんの事務員さんに「そんなことも知らないの?なんで素人がここ
に買い物に来るの?いやいやいちいち説明が面倒だ。」というような怪訝な態度を露骨に表されてしま
って、なんだか残念な気持ちになりました。
もっと知識をつけて、清掃に関する質問などに、親切丁寧に受け答え出来るようになれば、地域の
皆さんの役にたつ掃除屋に近づけるなと思いました。

特殊な掃除 ステンレス研磨

シンク磨く前
以前の日記にも書きましたが、ステンレスの研磨再生の練習の途中経過の報告です。
今日新しく、磨き方を考えたので試してみました。今回から機械も少しだけ使ってみます。
本当は全て手作業で出来れば理想なんですが、とりあえずキレイにする感覚を身に付ける
方が先かとの考えです。
シンク磨いた後
シンク磨いた後2
どうでしょうか?前回の練習結果よりはキレイになったように見えませんか?今日は一眼レフを忘れてしまい
携帯電話のカメラなので、見た通りに写しにくかったのですがそれでも、キズが目立たなくなりかなり光沢も
回復しているのが分かるかと思います。

この調子で、練習していけばBeクリーンのお掃除メニューの中に「ステンレス再生研磨」の項目が増える日も
遠くないかな?と思います。

キレイにキズを付けてごまかすでもなく、最後にコーティング剤でごまかすでもなく、本当にキレイに磨き
上げることの出来る技術力のある掃除屋を目指したいものです。
旭川は人口の割りに掃除屋さん多すぎますからね。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード