フローリングのワックス

mokusyou mae
最近の住宅のほとんどはフローリングが多いそうです。
ジュータンなどから比べるとダニやほこりの問題は少なく、管理しやすいのが
フローリングの良い点の一つだと思います。
全てのフローリングにワックスが必要なわけではありません。
僕の経験だと、大きく分けて3種類に分けられると思います。

一つ目が無垢材のフローリング、値段は高いですが質感も手入れのしやすさ
も断トツではないかと思います。主にオイルステイン仕上げか蜜蝋系の天然ワ
ックス仕上げが普通です。
二つ目は合板のフローリングです、これがとても一般的な床材ですね。コストパフォ
ーマンスに優れ、見栄えも良いです。通常のワックスを塗布するのが普通です。
三つ目が合板ですが、表面に紫外線照射によるコーティングを施してある、ノンワッ
クスタイプのフローリングです。
ノンワックスというくらいですので、基本的にはワックスの必要はありません。表面
がとても固いので傷が付きにくいです。
通常のワックスを塗ると、場合にもよりますが半年以内にワックスが剥がれてきて
床がとても汚らしく見えます。塗ったすぐ後はきれいに見えるのがトラブルの元です。
塗るならノンワックス専用のワックスが必要になります。

床材もワックスもとても種類が豊富ですので、ツヤがある方が好みな方もいればそうで
ない方もいたり、滑る方が好きな方も滑らない方がいい方もいますから、ご自分の希望を
業者にきちんと伝えてワックスの種類選びをしてみるといいかもしれません。
mokusyou ato
「床は家庭の大地」なんて言うほど、大切で体に触れる部分ですからご自分が気に入り
なおかつ健康にも良いワックスを指定できればそれに越したことはないと思います。


連休です

例年になく1~4月までびっちり忙しかったのですが、ここにきてやっと落ち着いた休みを
取れるような気がします。
忙しいことは言い訳にはなりませんが、1~4月の間の仕事ではお客様からのクレーム
が普段よりも多かったです。

一つの現場を何度も手直しにいったり、同じお客様から立て続けにクレームが出たりと
いったことがありました。
クレームが出てしまうこと自体は、とても良くないことであり申し訳ないことなのですが、
これをチャンスと捉えて技術のレベルアップにつなげることを考えると、とても有難いこと
だと思います。
一度の失敗で見限るのではなく、再びチャンスを与えていただけるお客様が多いことに
感謝です。

そんなこともあってか、1~4月の間で僕もパートさんたちもお掃除の技術や見る目がレ
ベルアップしたと感じています。
連休でゆっくり休み、明けてからはこれまでよりも良い仕事が出来るように楽しく仕事
をしていきたいなと思います。
kurage

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード