秘湯?

うちの次男がアレルギーかなにかで、皮膚がただれてしまって気の毒なので、早く治ればと思い温泉に行ってきました。

僕自身がアトピーで悩んでたときも、長男の時も、極力自分の自然治癒力を高めて治したくて、あまり薬に頼らず治療したのを思い出します。

僕も長男も今ではアトピーの跡すら全くありませんし、自然に治れば一番いいなと思ってます。

旭川から遠くなく(片道二時間圏内で)お湯の良い温泉?と僕の頭の中の温泉データベースを検索(笑)して、岩間温泉と幌加温泉の鹿の谷にしようと決めました。

温泉マニアの間でも北海道有数の秘湯と呼ばれたりもする岩間温泉には、長男は連れて行ったことがありますが、次男は行ってないはずなので、一度連れて行きたかったですしちょうど良かったです。



こんな感じで山奥にぽつんと湯船だけあります。
川の向こうなので、丸太の橋を渡って行きます。昔より渡りやすくなっていました。

温泉までの道中も車で川を渡らなきゃいけない場所があり、秘湯感?漂います(笑)

子供たちは大喜びで「こんな山の中のお風呂に入りたかった‼」とニコニコでした。
まだ7歳と5歳ですけど、僕の記憶だけでも50箇所は道内各地の名湯、秘湯を中心に連れていってますから、温泉にうるさい子供です(笑)その息子達が一番良かった温泉だと言ってますし、いいお風呂ですよ。

岩間温泉を出て、息子達は林道途中の川に入り泥まみれになってました。。。せっかく風呂に入ったのに。まー岩間温泉の後に鹿の谷に行くつもりでしたしオッケーですか。

息子の皮膚のただれも少し良くなり、いい湯治ツアーでした。

片道二時間ちょっとが近場だと感じられる人なら、旭川近郊で本当にお湯の良い温泉ってこの二軒かなー?と僕は思ってますので行ってみて下さい。

行ってみて車が壊れたとか、スタックしてひどい目にあったとか事故や災難の責任は持てません。携帯電話圏外の場所ですし、自己責任でお願いいたします。

札幌市の鍼灸整骨院

僕の弟が東京から北海道に戻ってきまして、札幌市でオーロラ鍼灸整骨院という治療院を開業しました。

011.jpg
(画像は無断で拝借しましたが、弟だし許してくれますか。。。)

ホームページはこちらhttp://aurora-seikotsu.com/

僕は慢性的な肩こりやもの凄い回数の交通事故で体もボロボロで札幌や旭川などあちこちの整骨院や鍼灸院、マッサージ、カイロなんかに行きましたが、兄弟だから贔屓目とか抜きにして弟は技術が卓越していると思います。
修業期間が長くて殆ど家に居なくて、家事やら何やら任せられっきりで、実験台にもされていた奥さんはとても苦労したと思いますが(笑)その分本当に上手いです。
詳しい事はホームページの院長の紹介?経歴?みたいなところに書いてありました。

こんな体のボロボロな兄が旭川にいるのに、札幌で開業した弟にちょっと恨めしい気持ちもありますが(笑)札幌で体が痛い方は電話してみてください。


うちの息子が生まれて間もないころ、便秘気味?便が出なくて困っていて、あれこれ試しましたがウンともすんとも出なかったことがありました。
ちょうど東京から帰省していた弟に相談すると、軽くマッサージしてくれて、その直後にオムツからはみ出して服まで汚れるくらいの量の便が出てきたのを思い出しました。


薪の準備


今年も北海道の長い冬がすぐそこまでやってきています。

我が家は薪ストーブを焚いているので、毎年薪の工面に忙しいです。

山があるので切り倒して来ればいいんですが、そんな暇もないので。
知り合いの敷地のいらない木を倒してくれと頼まれ伐採してそれを細切れにして斧で割ったり、建築廃材を燃やしたり。あれこれやってます。

今年は友人が焚かなくなった薪を譲ってくれたのでそれを焚きます。

軽トラックや自家用車で何度か運びましたが、きりがないので4トン車を借りて運びました。
自宅には積みきれないので会社の敷地にとりあえず仮保管。

きれいに積みたかったんですが、腰痛と腱鞘炎で途中で断念。自宅の薪で一か月は焚けるし、今回の量で二か月は余裕だと思います。足りない分は足りなくなったら考えます。

切って割れば焚ける乾いた薪は沢山あるんですが、なんせ朝から夜中までびっちり仕事してますから暇がない、、、

自宅の建て替えが済めば薪の量もぐっと少なくて済むはずなんですが、工務店さんが忙しい様で依頼してから1年経ちますが、いまだ見積もりも出来ず。。。僕も無理を言ってあれこれお願いしてるのでお互い様ですが。

明日は予定が変わり現場の順番が変わるようで、予定通りの現場数を終わらせられるか心配ですが、まーなるようにしかならないですから。雨が降らなければいいけど。

ハンドクリーム

20130129-_DSC3197.jpg
新しいハンドクリームを購入しました。
ヴェレダというメーカの物で、自然な暮らし好きな方とか自然療法、代替医療が好き、シュタイナーが気になる、ヴィーガン?(動物実験は行わない会社なので)とかにはお馴染みのメーカですから説明御不用ですか。

 一応メーカーリンクをはりますね。ヴェレダ。

 今回の物はザクロのハンドクリーム。ザクロは不妊治療とかホルモンバランスの改善なんかに役立つのは知っていましたが、肌荒れなんかにも効果が期待できるそうです。
 自然なものですから、石油系のハンドクリームなんかから比べれば緩やかな効能なんでしょうけど、体に石油を塗りたくるよりは気分が良いです。香りも良いですし。

 Beクリーンはエコ洗剤の使用が殆どですから、洗剤による手荒れってのはそこまでないんですが、北海道の冬はお湯が必須です。お湯は手荒れを加速させます。特に僕は常に素手で作業ですから手袋を履く人よりも手荒れは酷いです。

 良く「天然成分」とか「エコ洗剤」使っているので手荒れしないんでしょ?と言われますが、ケミカル洗剤よりは確かに優しいですが、絶対とは言えません。
 時々「エコ洗剤にこだわっているので、うちの作業員の手はきれいです」なんて言っている掃除屋さんがいますが、むしろ「なんで手荒れしないの?」って教えてほしいです(笑)
 洗剤以外にも水も使えばお湯も使うし、それに自然って人に優しいばかりではないですよね。

 山の中の漆に触ればかぶれるし、海の荒波にもまれていれば髪は痛み肌はボロボロになる。良い香りのオレンジでさえ、自分の手が荒れていればしみて痛みますし。

 厳しくも優しいのが自然ですよね。

 僕が好んで使っている薬品の一つなんかは、使い終われば水と空気に戻る薬品ですが、作業中なんかは室内にいられない位の気体に変わり、分解されるまでちょっと大変です。しかも髪の毛が茶色になっていくんです。
 僕はもともと生まれつき茶色い方でしたが、最近なんかはさらに茶色の髪です。染めてるんでもなく、脱色しているわけでもなく、仕事をしてると色素が無くなっていく。
 「いい年して茶髪かい?」なんて言われるけど、茶色くなってしまうものは仕方ない。

 人は見た目で判断できませんから、「見た目はあんな奴だけど、真面目で誠実だよ」というほうが人間らしいじゃないですか。見た目も中身も誠実で清潔。政治家みたい?信用します??

 

ライヴへ

 土曜の夜は僕の好きなミュージシャンが旭川に来ていたので、ライヴに行きました。
 

 会場はお寺です。入場無料。おじいちゃんおばあちゃんから、赤ちゃんまでたくさん人が来てました。

 知る人ぞ知る的なすごいミュージシャンですし、本当にレベルの高い人ですから、始まったとたんに鳥肌が立つくらい感動的でした。

 音楽も写真も同じだと思うんですが、アーティストと芸術家って全くの別物だと僕は思っています。
 今回のメンバーは間違いなく芸術家タイプ。
 素晴らしかった。

 旭川の街のなかにも、こんな素敵なライヴが出来るような(手続きも申請も簡単で、担当者の偏見に左右されない)スペースとか、写真や絵画、インスタレーションなどの発表会が気軽に出来る(固いことばかり言わないで、融通のきく)スペースがあれば素晴らしいのに。
 
 駅前に花畑作っているより、市民の才能を引き出す仕組みとか、旭川市民のモチベーションをもっと高める仕組みとか、ないもんですかね?


 「経済は文化のしもべでなくてはならない。」 もっともっと文化のレベルの高い旭川なら楽しいな。

冬に備えて

久しぶりに何もないゆっくりした休みです。ほんとに久しぶり。

ですが自分のやりたいことばかりもしてられず、休日ともなれば薪割りです。

昔の人は薪割りをして、畑を作って、冬食べる食料まで秋までに支度して。一年中忙しかっただろうなー。と思いを巡らせます。
僕が朝から四時間もかけて割った薪なんて、冬になればたったの一日で灰になるんですから。
薪ストーブの暖かさは素晴らしいけど、薪割りはなかなか堪えます。

自然のエネルギーでなるべく暮らす。簡単にいうけど簡単でもない。でも昔の人はやってたんだし、現代人にも出来るはずなんですよね。
将来、石油などがなくなっても、我が家の子供は薪割りが出来るから、寒い思いはしないのかな?なんて、訳のわからない想像してます。

薪ストーブ

 
 まだ風邪も治りきってませんが、家の横に積んである薪の量が淋しくなってきたので、薪を運びました。

 
 今回は軽トラックに山盛り一杯持ってきたので、置場所も足りなく玄関前にも積んでみました。
 薪ストーブは薪の支度が大変ですけど、暖かいし、ただ捨てられるだけの木を燃やすんだから環境には優しいですよね。

 しかし、疲れました。朝から軽トラックを駐車場から出すのに、大雪のせいで一時間もかかり、それからトラックに乗って秩父別まで。帰ってからずっと薪を下ろして積み重て、雪はねして。

 さーこれから、楽しみにしてる大河ドラマ見て寝ます。

デトックス

 昨日から風邪が悪化して寝込んでいます。風邪はデトックスという考え方もあり、薬などで症状を押さえ込んで治すよりは、症状を全て出しきることで、毒出しになり体の抵抗力がアップするという事です。

 今日は出張専門の整体師さんに来てもらい、マッサージを三時間くらい受けました。「風邪の時にマッサージするとよけい具合悪くなるかも」と言われましたが、デトックスの為に出しきりたいので、全身くまなくお願いしました。

 好転反応と風邪の症状の加速もあってか、今は吐き気、頭痛などさらにグッタリです。仕事が忙しい時期にはこんな治しかた出来ませんが、比較的落ち着いてる時期なら、体の為にゆっくり治します。

 

薪集め



今日は高原温泉の麓で倒木の無料配布が行われていたので息子と二人で、もらってきました。
二枚目の写真が会場の風景です。
ものすごく沢山ありました。

でも、太い木とか大きな木はチェーンソーで切るのも、斧で割るのも大変なので細くて小さな木を選んで貰いました。

誰かが持っていかなきゃ、ただ腐ったり、無意味に焼却処分されるだけだしもったいないなと思います。
電気のストーブなんて重油の無駄遣いに一役買うみたいで嫌ですし、灯油も必要最低限で抑えたいので我が家は薪ストーブです。

薪を積み込んだ後は温泉へ。
高原温泉に行きましたが、息子は満足せず、岩間温泉に行きたいと言い出しました。(岩間温泉だなんて、3歳にしてものすごい温泉の趣味)
さすがに薪を積み込んだ車で渡川は難しいので、鹿の谷で妥協してもらういました。
その後なんだかんだあり、愛山渓温泉に行き、帰宅でした。

最初の写真は高原温泉の柱と梁なんですが、めちゃくちゃ太い!冬は雪で埋る場所ですから、頑丈に造らなきゃもたないですよね。

見事に加工されて100年も200年も建物を支える木もあれば、薪になり暮らしを暖め豊かにしてくれる木もあります。ただ捨てられ無駄に焼却処分される木もあるし、様々ですよね。

こんな時代こんな世の中だし、原発はもちろん反対だけど、電気のない暮らしは正直難しい。自然エネルギーでの発電で足りるくらいの電気があれば十分暮らせる暮らし片へ徐々に変わらなきゃならないですよね。
薪を炊いた熱が長時間持続し、暖かい家とか、温泉の地熱みたいなもので発電するとか、普段の暮らしにの中でも可能性は沢山ありますよね。

素敵なイベントご案内

草木染・手織り『うさとの服展』を旭川で初開催!!

うさとの服展

【日時】3/6~/7 11時~17時
【場所】パラダイスファーム

    (旭川市東旭川町東桜岡50-1 cafe good lifeさん隣)
【お問合せ】09062156765(emy)

草木染・手織り『うさと』の展示販売会を旭川で初開催!!



自然の恵みをそのまま活かした"うさと"の服は、タイの多くの人々の手を通して作られています。
綿、ヘンプ(大麻)、蚕を育て、それらを紡ぎ、撚り、糸にする。

その糸を草木で染め、素朴な織機で布を織り、その布がうさぶろうのデザインにより服となります。素材を吟味し、時間をかけながら心を込めて作られたものには、自然の命が感じられます。

本物の自然素材。


うさとデザイナー
さとう うさぶろう


日本で企業デザイナーを経験した後、
欧米でオートクチュール、
ウェディングドレスなどの創作活動を行う。

1994年から命のエネルギーを感じる
本物の素材を求めて世界を旅し、
1996年タイ・チェンマイに行き着く。

タイの伝統的な手織り、
草木染めの布等、
素材を活かしたデザインの服を
創作し続けている。

2004年から『Celebration of Oneness』と題した
平和の祈りのイベントを うさとの縁で結ばれた
人たちと一緒に全国各地で開催している。

北海道南富良野出身。
現在タイ・チェンマイ在住。

タイの女性たちがまごころ込めて一着一着手作りした

手紡ぎ、手織、草木染めの服“うさと”
身につければ心地良く、きっと何かが伝わるはず…
自然のエネルギーに包まれた優しい服を体感しませんか。

うさと公式HP http://www.usaato.com/top.html


妻が、旭川での『Celebration of Oneness』の実行委員を務めたご縁で今回展示会を行うことになりました。
うさとの服や布は、本当に心地が良く独特の優しさが感じられます。
是非会場にお運びいただいて、実際に手にとってご覧いたら素晴らしさが伝わると思います。



桜岡空想の森シネマキャンプ~『空想の森』上映&監督を囲む会~ 

kusounomori.jpg

【日時】3/6(土)18時~21時
【場所】パラダイスファーム(旭川市東旭川町東桜岡50-1 cafe good lifeさん隣)http://www.goronta.net/


【参加費】1500円
(18時~上映。その後持ち寄りのごはん会費込。時間の許す方は是非!)
【チケット申し込み&お問合せ】
 *メール farm_torinosu@agate.plala.or.jp


 *電話 0166-84-3910(12-13時&18時以降 とりのす農場 藤原まで)


■注意 大正時代の納屋を移築したお店なので寒いです。地べたで鑑賞なので、
敷くものを持参ください。(座布団・毛布・寝袋など)椅子は後方に10席程度あります。 

終日会場使用可!飲んでも寝袋で泊まれます。(寝袋などはご持参ください♪)


●発信元 とりのす農場 藤原有二●
当麻で農家をやっている藤原です。普段はたべものを育てています。たまには外
の世界と接点を持ちたくなり、今回映画の上映を主催しました。
この映画はとても言葉で説明しづらいです。7回見たら7回、胸がきゅんとなり
ます。それもそれぞれ別の場面で。
大切なものが大切だと思い返す人が、ひとりでも増えることを願っています。
すてきな映画です。ぜひ見に来てください。
とりのす農場 http://torinosu-farm.jugem.jp/
★併設 good dayマーケット 3/6(土)~7(日)11時~17時



【ものがたり(公式HP参照)】
新得共働学舎(社会に馴染めない人、障がいを持つ人、色んな人たちと共に生きていこうとする農場)で子育てをしながら野菜をつくっている山田聡美さん。彼女は共働学舎に来て13年目。結婚して娘も生まれ、これからの暮らし方を改めて考えていました。自分にとって共働学舎とは、野菜をつくることとは…。家族で独立しようか、思い悩む若い夫婦。
1970年代後半に、食べ物をつくって暮らしていこうと、京都から新得町に入植した宮下喜夫さん。3人の子供はそれぞれ独立し、妻の文代さんと2人で、極力機械を使わず、自分の体を使って日々畑で働いています。自分たちの暮らすスタイルを確立した夫婦。この2家族を軸に、食卓の風景、土の上で働く姿など、何気ない日常の中に、色々な感情がわきおこり、明日への希望が垣間見えてきます。

空想の森公式HP http://www.soramori.net/


こちらのイベントも同じく桜岡のパラダイスファームさんで行われます。
映画自体は、主催のとりのす農場の有二くんも書いている通り説明しづらいのですが、面白い内容だと思います。
とりのす農場さんやパラダイスファームさん、その他このイベントに携わっている人達との交流も出来ると思うので、とても楽しい催しになるはずです(皆さん良い意味で奇人変人ばかりですから 笑 )。

週末お時間のある方は是非、パラダイスファームへ遊びに来てみてください。パラダイスファームのお隣のカフェグッドライフさんもとても面白い場所なので、週末の桜岡は魅力的です。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード