石材の清掃

今日は市内の現場で石の壁の清掃を行いました。

DSC_2267.jpg

DSC_2268.jpg

DSC_2269.jpg

もともと黒かったのに白くなってしまったので黒く戻したい。というご依頼です。

石種が不明なんですが、ストーンマスターの新井田さんに相談すると「御影石のように見える」ということでした。僕の写真も微妙なので新井田さんも判断しにくいと思いますが、いつも親切に対応して下さるので本当にありがたいと感じます。

ツヤツヤにはしないで黒くなればいいとのことです。ツヤツヤにしないで黒色だけ回復させるって、今の僕の技術じゃ難しいな~というのが正直なところです。
写真じゃ分かりにくいですけど、石と石の高さがあっていないので、ガタガタです。ハンドポリッシャーが当てにくい。。

あれこれ試して黒くはなりましたが、なんだかな~って仕上がりでした。

DSC_2270.jpg 

DSC_2271.jpg

DSC_2272.jpg

御影石か大理石か分かりませんが、やっぱりツヤがあったほうが素敵だとは思うんです。ただツヤがあるのが正解じゃない場合もありますから、その辺の落としこみ方をもっと勉強しなければいけないと痛感でした。

まだまだ修行も勉強も足りないな。って思う今日この頃です。

もっともーっとたけもっと♪、ってくらい「なんじゃいそれ!」っていうぶっ飛んだインパクトのある実力を目指そうと思いました。

タイル洗い、撃沈、、

お世話になっている建築屋さんの社長からお電話があり、お客さんのお宅の玄関タイルを洗って欲しいとのご依頼でした。

最近フランチャイズで独立を目指す方々に人気のあるコーティング専門の業者さんが施工したが、全く汚れが落とせなかったとの事だそうです。

DSC_1890.jpg 

DSC_1891.jpg

コーティング業者さんの施工後でこの状態です。

ツルツルのタイルなら簡単なんですけど、イメージは御影のバーナー仕上げみたいなタイルでザラザラで穴が多い、そして水をすごく吸い込むタイプです。築年数的にも元々はもう少し艶やかだったんでしょうけど、様々なことがあって表面が削れたりなんだりかんだり色々なんでしょうか?

すごく苦戦しました。そして結果は微妙でした。。。情けない。もっと勉強して練習しなけりゃいけないな~と痛感でした。

酸性洗剤7種類使ったけど、若干薄くなる程度。アルカリ洗剤は5種類使ったけど微動だにせず。フッ化も使ったけど、ピクリともせず。ダイヤのパッドや、極線君も使うも微妙。過酸化水素や次亜塩素で漂白を試みるも何も変わらず。。。

こりゃコーティング屋さんが何も出来なかったのも心中お察しいたしますという感じです。

あの手この手で頑張った結果がこちら。

DSC_1893.jpg 

DSC_1895.jpg

DSC_1896.jpg

まーまー良くはなったけど僕のイメージではもっともっと真っ白になるはずでした。撃沈です。
建築屋さんは「ずいぶん良くなった」、このお家の奥さんは「すごく白くなった」とは言ってくれましたが、まだまだいけると思うんです。。。

僕もコーティングは出来ますけど、コーティング屋さんの面子もありますから、コーティングはコーティング屋さんが行うそうです。
まーいいと思います。

しかし自分の勉強不足にがっかりでした。11月は東京に行って勉強しなおしてきます。ガックシ。。

厨房の床の油汚れ

厨房の床を洗ってきました。

お客さんがケレンで削ったらしいですけど、さっぱり落ちなかった。とのことでした。健闘した跡もありましたし、時間を掛ければご自分でも可能かと思いますが、大変だし気持ちも疲れますからね。

DSC_0991.jpg

DSC_0993.jpg

真っ黒です。ネパネパです。油臭いです。
こういう汚れも新井田さんのオイルステインリムーバーで落とせば早いんですけど、厨房でジャブジャブ使うには高価すぎますから(笑)貧乏な僕はお手軽な洗剤で頑張ります。
クオリティさんのZAKってブラシがあれば便利なんだろうな~と思いました。持ってません。。こちらも高額ですからね。

DSC_0994.jpg

DSC_0995.jpg

DSC_0997.jpg

すっきりです。乾いていないところは濡れ色ですが、乾けばコンクリート色に戻ります。

厨房の油汚れってコンクリートについてしまうと洗っても黒っぽいままということも多いですが、ちょっと工夫すると比較的きれいに戻ります。
今日の現場は施工の条件も良かったですし、忘れ物も無かったので、頭の中のシュミレーション通に進みました。

錆び跡も抜けますが、今回はこの上に塗装をするか床を張るとのことですから、プライマーなりボンドが密着する程度に脱脂されていればOKという現場です。
そこまで攻めて施工代金を膨らませるのはお客さんにとっても、お店の完成形を考えても正解ではありません。

正解のちょっと上くらいの施工で僕はいいと思っていますので、自分の技術すごいだろ!!って自己陶酔もしませんし、どうだい!俺上手だろ!!って自慢したいわけでもありませんし。。

お客さんの正解のちょっと上を目指せるように、昨日の自分よりも素敵な仕上がりが提供できるように、毎日自分と競争です。

去年のクリーンEXPOの後の飲み会はとっても楽しかったな~、って思い出します。

今日の晩御飯はジャージャー麵です。それじゃーお疲れ様です。。

石の床にコーティング

ここ数日はちょっと面白い作業が続きました。
玄関に貼ったタイルにコーティングを塗る作業は思っていたよりもきれいに仕上がり驚きでした。

DSC_0409.jpg 

DSC_0410.jpg

見た感じ「え?塗ったの?」って感じると思います。

僕はこの「え?塗ったの?」ってのがコーティングでは素敵なんじゃないかと思っています。

もっとツヤツヤにも出来ますし、滑らないコーティングも可能ですが、質感はほぼ変わらずってのが燻し銀かなと思います。

今回のコーティング剤はもっとツヤのある素材に塗ればテカテカになりますし。面白いですよ。

塗るのにはアプソンのモケットモップが使いやすい気がします。

ワックスとは違うコーティングの世界です。

玄関にタイル張りはよくある仕上げですけど、バサモルの具合が良くない場合、濡れるとエフロが出て真っ白になります。

IMG_1002.jpg 

こんなんです。

これって酸洗いすれば消えますが、また出てきます。モルタルに水がつくと出るものですから、施工の段階の問題ですね。ほぼ出ない施工ってのも可能なようですが。。。。。




他には「洗濯機を使ってたら排水管が詰まって水が溢れてきた!」って現場で排水管の高圧洗浄を行いました。

溢れている排水管にいきなり高圧洗浄すると水が流れないのに、大量の水を押し込むことになりますから、さらに水が溢れかねないので、始めはワイヤーみたいなものでゴミが取れないか試します。
それである程度取れたなら高圧洗浄がいいのかな?って僕は思ってます。

排水管の詰まりも解消されお客さんも喜んでくれたので良かったです。
見えない部分を意識して施工って本当にイメージ力というか想像力が必要だなと感じます。


アフガニスタン産の大理石を磨いてみた

ちょっと時間があったので、会社で使っている灰皿を磨いてみました。

_DSC4761.jpg 

_DSC4765.jpg

磨く前です。ツヤはあまりありません。

_DSC4773.jpg 

ちょっと出てきました。灰皿の底面が完全に平らではなく円形にくぼんでいるので光が歪んでしまうのが残念です。

_DSC4776.jpg 

もっと光りました。分かりにくい角度なので、違う角度からも撮ってみました。

_DSC4778.jpg 

_DSC4777.jpg

ぼやけてますが、映り込みが出たのが分かります。

もっと技術があれば、灰皿底面のくぼみも取り除けて、映り込みが歪まなくなるんでしょうけど、僕はまだそこまでの技術には到達していません。

それでも、この光沢程度でしたら再現可能ですから、旭川で大理石の研磨のご依頼があればBeクリーンに御問合せ下さい。


旭川 人工大理石研磨

旭川市内で人工大理石のキッチンワークトップを磨きました。
古めでナショナルの製品です。今はパナソニックですかね?

_DSC4607.jpg 

_DSC4608.jpg

_DSC4609.jpg

分かりにくいですが、黄ばんでしまっておりツヤもありません。何も映り込みがありません。
まずは染み抜きからはじめます。

シミを抜いた後です。これくらいの簡単なシミなら5分もあれば抜けちゃいます。染み抜きは得意です。
_DSC4614.jpg 

_DSC4615.jpg


磨いてゆきます。
_DSC4620.jpg 

_DSC4621.jpg

分かりにくい。。。違う角度から。

_DSC4622.jpg 

_DSC4627.jpg

どうですか?最初の写真では写りこみは全くありませんでしたが、リビングの照明まで写りこんでいます。これにコーティングまでかけるともっと光るんです。別料金ですが。。

旭川で人工大理石のつやが無くて困った人は御問合せ下さい。まだまだ勉強中ですからオプションのコーティングも含めて特価でご提供します。

ちなみに人造大理石は勉強中なので、まだサービスとしては行いません。

石材メンテナンスの勉強


東京で石材メンテナンスの勉強をしています。
今まで独学でやってましたが、やはり限界を感じるので、基礎からしっかり石材メンテナンスの先生に習いたいと考えました。

今日は初日でしたが石材の分類など、自分には全く無かった知識を教わり大変参考になりました。

明日はさらに実技が増えるとのことでしっかり覚えて、北海道の旭川市にもきちんとした石材メンテナンスを持ち込めるように頑張ろうと思います。

しかし東京は人が多いです。
歩くだけでも疲れますね。

コンクリートの汚れ 旭川市永山で

住宅基礎部のコンクリートの汚れを落とすように言われて、作業を行いました。

_DSC2690.jpg

微妙に黒ずんでます。

_DSC2692_20150826172615095.jpg

黒ずみは取れました。

日陰になる場所ですし、築年数20年くらいの建物ですから、カビでしょうか?

住宅外部の美装ってなかなかお金をかける方は少ないですが、外壁や基礎の汚れ、インターロッキングの汚れなど美装で十分にきれいになる場合が多いです。

基礎といえば、僕が修行していた珈琲店やレストランなんかでよく言われたんですが、仕事の基礎を覚えるには仕事の始めと終わりを知らなきゃ駄目だと言われました。
お店が始まる前の準備から、お店を閉めてからの片付けまで全部通しで覚えろといわれ、何度か朝から深夜まで通しで働いたりしました。

カメラマンの勉強をしていた時は仕事が終わってタイムカードを切った後も職場に残って先輩と話し込んだり、邪魔だ邪魔だと言われながら写真の編集や、動画の編集、カメラの手入れを横で見てたり、先輩の休憩時間に先輩の機材を触らせてもらい露出だとか設定を盗み見たりして仕事を覚えたもんでした。

そんなことをしながら、自分が普段使う道具が当たり前に使えるのも誰かが手入れしているからだとか理解できましたし、働く準備が出来ているのも、前日に誰かが段取りしてくれていたからだと理解できました。
邪魔にされながらも横で先輩の仕事を見せてもらい、そのうちに「お前もやってみる?」なんて言われて少しずつ出来ることが増えていくとか。

飲食もカメラマンも短気な人が多かったので、しょっちゅう怒鳴り散らされて「帰れ!」とか「給料泥棒」とか「何回教えれば覚えるのよ!」「もっと勉強しろ」「努力しろ」と怒られっぱなしでしたが、今思えば楽しかったな~と思います。

「向いてない」とか「辞めちまえ」とか何度も言われましたが、「続けさせて下さい」って言って続けさせてもらえただけありがたいですよね。

まー話は脱線しすぎましたが、会社を始めてから数年は現場で使う道具や洗剤の補充、タオルの洗濯などすべて自分でやってましたが、最近はパートさんや社員さんに任せっきりでした。今日は久しぶりに自分でタオルを洗って洗濯をして「毎日当たり前に使ってるタオルだけど、誰かが洗って干してくれて、破れたタオルは捨てたりしてくれてるから、現場ですぐに使えるんだよな~」としみじみ感じました。

最近は朝こそ早めに来てますが、仕事の終わりはパソコンで事務仕事ばかりして、掃除屋さんの基本の道具の手入れなんてしてなかったな~と基礎を洗って、基礎が自分から抜け落ちていたことを反省したのでした。。。

旭川市内で玄関タイルの掃除

旭川市内で玄関タイルの洗浄を行ってきました。

完璧に落としきれなかったのが悔やまれます。

20150527-_DSC1824.jpg

20150527-_DSC1825.jpg

20150527-_DSC1827.jpg

20150527-_DSC1828.jpg

こういう汚れって僕たち美装屋さんにとっては難しい部類に入るんです。難しい部類なもんだから、各メーカーさんがきれいに取れた写真を沢山使って「うちの洗剤なら塗って、さっと擦って流すだけ!この写真みたいにきれいさっぱり汚れが取れます」みたいな宣伝で、20ℓで3万円5万円です6万円です!!みたいなものすごく高い洗剤を沢山出してるんです。

で、買っちゃう人が多いから値下がりしないんですね。

僕も買ったことあります。でも「落ちないじゃん。。。」メーカーに電話しても「使い方が違うんじゃないか?」「実際に現場を見ないと分からない」「濃くしろ」「薄くしろ」と納得いかない説明ばかり。

しまいには「うちで出してるハンドポリッシャー用のブラシを買えば取れます」とか。そんなもの買いませんよ。「だって洗剤で落ちるって自信満々に宣伝してんじゃん!」って思うじゃないですか。普通なら。

かれこれ9年掃除屋さんを続けて行きついた答えが、自分で作った洗剤とケルヒャーの高圧洗浄機が一番取れる。ってことでした。ケルヒャー万歳です。みなさん高圧洗浄機とドライ&ウエットバキュームはケルヒャーにしましょう!安いし性能良いし文句なしです。
たくさん買物した人はケルヒャーのカッコいいツナギがもらえると素敵なのに。

20150527-_DSC1829.jpg

20150527-_DSC1830.jpg

20150527-_DSC1831.jpg

若干残ってしまった部分もありますが、タイルの寿命もありますし(25年くらい前のものですし)僕の技術の限界もあります。
僕の自作洗剤、僕の化学の先生の作った洗剤、もう一度別の僕の自作洗剤、ケルヒャー、自作洗剤、ケルヒャーという具合で、こんな感じです。もちろんハンドポリッシャーとかポリッシャーとかは使いません。ブラシとスポンジのみです。機械はケルヒャーだけです。

今日は本気出して、ケルヒャーの150キロの圧力の高圧洗浄機を使いました。ちょっとした暴走族みたいなエンジン音です(笑)

作業が進むにつれてカンカン照りになってきて汗が止まりませんでした。暑いっす。

作業場所のすぐ横に奥様のピカピカに磨き上げられた乗用車が駐車されており、水が跳ねないように養生するのに時間がかかりました(笑)車の養生って難しいんですね。

旭川市で人工大理石の研磨

ちょっと実験で人工大理石の研磨をしてみました。

ちょっと分かりにくいんですが、右半分が軽く研磨した後、左が染み抜きだけ。
左の方が白いのは白いですが、右半分は照明が写ってます。

達人はもっともっとクッキリビカビカに磨きますが、とりあえず機械は使わないざっくり手研磨でこれくらいなら、まーいいでしょう。
もっともっと練習してクッキリビカビカを目指します。

僕も東京とか本州に住んでいれば、受けてみたいセミナーとかものすごくたくさんあるんですが、如何せん北海道住まいです。
生の情報も体験も資機材も少な目です。

自分で断片的にかき集めた情報と知識と資機材を試行錯誤して、僕の目指す達人掃除屋さんたちに追い付きたいです。

タイルの洗い

 僕の心の師匠が玄関タイルの洗いを行った記事をアップしていたので、僕も昨日洗ったタイルの写真を
載せてみます。

 まだまだ師匠には及びませんが、僕なりに工夫してこんな感じです。

20141204-DSC00058.jpg
 くすんだ感じが

20141205-DSC00069.jpg
 すっきりしました。

 タイルの目地のモルタル部の汚れがもっと抜ければなお良いんですが、酸性の洗剤なしで洗っているのでこれくらいでしょうか?
 
 北海道旭川市はお掃除していても洗剤凍るし、タオルも凍るような寒さになってきました。
もっと寒くなると吹き付けた洗剤がシャーベットになったり、ガラスは拭いたそばからバリバリに凍りつく、窓枠は分厚い氷で溶かすところからお掃除スタート、床なんて洗っても次の日になっても乾かない、こんなことが当たり前です。
 
 最近テレビCMで氷を入れたお水に溶かしても効く洗濯洗剤、なんて放送してますが、僕が主に使う環境と健康に優しい洗剤は寒いと効かない物が多いです。洗剤を温めても対象物が冷え切りすぎており効かないとか。
 氷点下でも効き目が変わらない洗剤。お掃除業界でもこういう洗剤がメジャーになれば、冬の北海道では爆発的に売れるんだろうと思います。

 氷点下でも洗剤を効かせるにはアレとアレを配合すればいいのでは?というおおよその目星は付いていますが、購入して試すには未だ至っていないのが、僕の行動力の情けないところです。

 おかげ様で12月も予約でほぼビッチリです。

旭川市中心部でタイルの洗浄

テナントビルの正面玄関のタイルを洗ってきました。

20141101-DSC_0744.jpg
20141101-DSC_0743.jpg
ちょっと分かりにくいですけど、サビが全体的に出てきてオレンジ色っぽく変わってしまっています。

最近は大理石や人工大理石、人造大理石の掃除に興味津々であれこれ勉強して、道具も揃えていますからこれくらいのタイルの汚れは落とせなきゃもっと先の達人たちの域には達することが出来ませんからサクッと取ります。

20141101-DSC_0748.jpg
20141101-DSC_0749.jpg

「詐欺じゃないか?」「画像補正か?」と言われそうですけど、一切加工なしの写真です。
もの凄く色が変わりました。

これが元々の本当の色ですね。

使おうかと思って使わなかった道具だけ写真に写ってしまっています。ゴチャゴチャしていてみっともなくてお恥ずかしいです。

北海道の旭川市です。11月にも入ると寒いですから石が冷えていますし、濡らすと乾きにくいです。
こういうシミとか変色を除去するにはやはり温度が大切ですから、作業自体は難しくありませんが、乾燥と加温で作業全体の8割くらい時間がかかります。温めて乾かしている間はただ見守るだけ。寒いです。

ここ数週間休みらしい休みもなく、体の疲れが抜けません。
温泉でもゆっくりつかって息抜きしたいです。

洗面台磨き

洗面台を磨きました。
町内全戸良質の地下水で有名な東川町です。
掃除屋さん泣かせで有名な名水です(笑)なんせ硬い。
去年の東川で別現場でしたが、メチャメチャ水垢が酷かったお風呂は全部で10時間かかりました(笑)
掃除屋さんが悲鳴を上げる街東川です。
20140707-_DSC7834.jpg
20140707-_DSC7835.jpg
こんなのが、
20140707-_DSC7841.jpg
20140707-_DSC7840.jpg
これくらいなら数分ですが、もっともっとツヤツヤに出来ないもんでしょうかね?

去年の今頃はここまでに数十分かかりましたが、最近は道具とクレンザーの見直しでこれくらいなら数分です。もう少し光らすならやはり数十分かかります。
数分でもっともっと光らせる技術が欲しいです。

Beクリーンは比較的優しい洗剤しか使いませんから緩やかにしか汚れが落ちません。時間かかります。
もっとあっという間に落とすならそれなりの洗剤も数多く業務用には存在しますし。
僕の勝手なこだわりでパートさんは苦労してますね(笑)

まーケースバイケースというか、僕もさすがに老健施設とか公共の施設?大手ビルメンさんが掃除のおばさんに普段はまかせっきりのトイレとか強い洗剤で釉薬まで荒れ果てた陶器なんかは、優しい洗剤は使いません。
はっきり言って無駄ですし、意味がないですから。

しかし今日は暑かったです。暑いのが苦手な僕につらい季節です。。。。
明日は札幌出張です。疲れるのでJRで行ってきます。

旭川市で大理石研磨

旭川市で大理石の研磨を行いました。
あまり上手に写真が撮れなくてパッとしないんですが(笑)
20140705-_DSC7797.jpg
20140705-_DSC7810.jpg
別に水垢がびっしりとか汚いわけではないんですが、ツヤがありません。

3工程だけで僕がそれなりに写り込む位まで磨いてみます。

20140705-_DSC7807.jpg
20140705-_DSC7817.jpg

まだまだ修行が足りないので、くっきりはっきり写り込むまでは磨けませんが、最初から比べればツヤツヤです。
水垢は取れてます、手触りもツルツル、でももっと磨くことが出来れば写り込んでいる自分がもっともっとはっきり映るはずです。

本州にはもっともっとビカビカの鏡みたいに磨いちゃう達人が沢山いますから、僕も追いつけるように修行を積まなければいけません。

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード