ジュータン クリーニング

今日の午前中は在宅のお客さんのジュータンを洗ってきました。
敷き詰めという元々ジュータンが貼ってあり、剥がせないタイプのやつです。

20171106161709844.jpg 

そもそもがキレイだったので劇的な変化はありません。
それでも、洗って回収された汚水は真っ黒です。カーペットの毛の中に入り込んだ汚れが回収されたんだと思います。

もちろん今回も僕のカーペットクリーニングは永山システムで施工です。永山システムはなかなか悪くないと思います(笑)高額ではない汎用機でキレイに出来ますから。
アメリカシステムだと機械が高いし、デカイシ。

ジュータンとかカーペットって剥がせないタイプだと尚更ですけど、想像以上に物凄く汚いです。スリッパで歩いたり、裸足で歩いたり、座ったり寝転んだり、何かの食べこぼしが付着していたり、汗とか色々な物が染み込んでいます。

肌着なりハンカチなりを何年も洗濯しないで使い続けると汚れたり臭くなったりするのは簡単に想像できると思います。

ジュータンだって布ですからね。数年洗わないでキレイを保つ布なんてありません。自動車のシートとカーペットとソファーは数年間洗わないでも気にならない人が多いですけど、なんでしょうね?

ファブリーズのCMで分かりやすく映像になっているので、あちこち汚れが染み込んでいるのは皆さんご存知だと思います。ファブリーズで洗濯ができるか僕は分かりませんけど。。。

剥がせないタイプのジュータンやカーペットは定期的に洗うのがいいと思います。僕は仕事柄特にでしょうけど、車のイスも時々水で洗っています。自分の車ですけど相当汚いです(笑)
汗とか砂埃とか色々な物が繊維の中に詰まっているんでしょうね。

まーBeクリーンでは車のシートの洗浄は仕事としては一切お引き受けしていません。
車の清掃をやっている人はすごいなーと思います。僕は絶対やりたくないと思っています。


段通絨毯の洗浄

今日は朝から晩まで見積もり見積もり現場調査、打ち合わせとかあっち行ったりこっち行ったりしていました。そんな合間を縫って段通という絨毯のクリーニングを行いました。

ダンツーって言うそうです。ジュータンと言っても、カーペット、段通、ペルシャ絨毯とか色々種類もありますし、段通と言ってもシルクとかウールとか種類もありますし、見分けとかお手入れの方法とか意外と難しいんですね。

カーペットクリーニング専門の会社があり、カーペットのクリーニングだけでご飯が食べれるくらいの専門性の高さです。僕は専門じゃありません。。

僕の勝手な解釈ですけどジュータン洗いには大きく3種類あり、中東式、アメリカ式と日本式で全く違う考え方で洗うんだと思ってます。アメリカ式でも細かく細分化されていますし、日本式もいくつかに手法は分かれると思います。

僕のは永山式ですかね?(Beクリーンが北海道旭川市永山8条11丁目6番という場所にあるだけなんです)

カーペットは突き詰めると素材によって仕えない洗剤や、水分量の間違いで絨毯がダメになるとか色が抜けるとか毛が抜けるとか、乾くと汚れが戻ってくるとか、化学繊維と天然繊維は云々とか難しいんです。僕は突き詰めてないから詳しくないけど。

DSC_2019.jpg 

今日はバルチャーって機械じゃなくて普通のポリッシャーで洗いました。

48v22011nov22.jpg 

これがバルチャー。定価87万!驚きです。僕はバルチャー2台持ってます!!すごいでしょ!!
でも、2台とも貰ったんです。。。。。。買えません。貧しいから。

DSC_2020.jpg 

こんな日本でメジャーな低スペックな機械でもカーペットはきれいになります。

外国製のスンゲー機械じゃなきゃきれいにならないって言う人も居ますけど、まーまーまー。

昔札樽道で走ってるとスンゲースピードのポルシェとフェラーリがぶっちぎっていき、それをレガシーの覆面パトカーが見事に追い抜いて逮捕ってのを見ましたし(笑)。。

山の中でクロカン遊びをしていると車高も高くてマッドテレーンを履いたジムニーがスタックしてました。「埋まっちゃって出れないんです。4駆にしてるのに」って若者が居ました。どうみても出れそうだから「運転代わって」というと分かったんです。
「お兄さん!トランスファーは4Lだけど、ハブロックかかってないよ!!」って(笑)

これじゃ3駆くらい?(笑) 使いこなせなきゃ宝の持ち腐れですよね。

僕はアメリカ式をちょっと勉強して、日本式に戻り、中東式はユーチューブで勉強して(笑)結局は永山式に落ち着いたローカル工法なんで偉そうなこと言えないんですが。

意外と好評なカーペット洗いの様子をお伝えしました。

でも、やっすいドンキホーテで買ったようなカーペットなら買い換えたほうが安いと思います。

ゴミの問題とかを考えれば洗えば長く使えるので、エコです。

僕個人的には洗って長く使って欲しいですが、それは個々人の考え方の違いです。

適切なメンテナンスで質感を保ちながら長く使用する。資産の価値を減少させない。素敵です。本当はこういう考えが広まれば良いけど、そういう人って少ないな。って感じます。

なのでヤフー知恵袋でカーペットの洗い方とか書いてあるので、自分で洗えば一番良いんじゃないかな?ってのが結論です。

スティーブヴァイはペルシャ絨毯のクリーニングはどうしてるのかな?



カーペットの凹みを起こす

最近カーペットや絨毯洗い、エアコン清掃、床のワックス掛けばかりやっている気がします。

今年の春に閃いたカーペットモフモフ工法!これは面白いな~と思います。

DSC_1953.jpg 

こんな凹みが敷き詰めのカーペットには多いと思うんです。

僕のカーペットモフモフ工法で洗うと。

DSC_1964.jpg 

完璧ではないですけど結構目立たなくなりました。

もっとあちこちで実験してもっとモフモフを目指します。


どーでもいい余談ですけど、美容師さんや床屋さんでドライヤーで髪の毛を乾かしてもらうと自分で乾かすよりもフワフワでツヤツヤになる気がします。プロだから上手なのは当たり前なんでしょうけど、何が違うの?
ドライヤーが業務用だから?熱量が違うの?
何の違いでフワフワモフモフになるの??

と今年のお正月に考えました。美容師さんと理容師さん3人に聞きました。(たった3人かよ!って突っ込まないで下さい。。)
カーペットモフモフ工法はそれから3ヵ月後に試験施工が成功でした。



旭川 ジュータン洗い

旭川市内のマンションに敷き詰められているカーペットクリーニングを行いました。
個人的に思うんですが、敷き詰めの剥がせないタイプのカーペットとか思い入れのある高級絨毯とかじゃない限りは買い換えた方が安いのかな?ってここ数日感じてます。
お値段以上のニトリに行けば素敵で安いジュータンが沢山売ってますし(笑)

洗って長く使うほうがゴミも出ないし、地球には優しんでしょうけど。僕ら掃除屋さんとしては「カーペットは洗いましょう!」って押し売りできない時代です。

今日の現場は買い換えよりは洗うほうがお得な現場でした。
20140513-_DSC7145.jpg
20140513-_DSC7146.jpg
写真でストーブとかテレビ台を置いていた場所だけ白っぽく元の色のままで、他の個所がねずみ色っぽく薄汚れているのが分かります。

Beクリーンでジュータン洗いに使う機械はものすごく高価な物もありますが、基本的には掃除屋さんから見ると「性能がいま一つ」とか「本当のプロはアメリカ製の高性能機じゃないと」とかちょっと笑われる程度の機械です。決して安いわけではないんですが。

「機械がどこどこ社製じゃないとプロじゃない」とか「一般的な業務用の機械ではよい仕上がりにはならない」っていう掃除屋さんが結構いるのが僕は嫌です。

日本で有名な村上ポンタ秀一さんってドラマーなんて3万円でお釣りがくるようなドラムセットを使っても、数百万のドラムセットを使っても素晴らしい演奏を聞かせてくれます。

で、自称一流の掃除屋さんから見たらBeクリーンの貧弱な装備でも下の写真のような仕上がりになります。

20140513-_DSC7155.jpg
20140513-_DSC7152.jpg

完全に色の差が消え去り、カーペット自体もきれいな色にもどりました。きれいになりすぎて違うカーペットに見えるほどで、なんだかサギっぽく見えます(笑)

もちろん豪華で高性能な装備で掃除をするのは仕上がりも良くなりやすいですし、見た目もプロっぽいです。
「貧弱な装備の掃除屋さんに頼むのは間違いだ!」って言い回しで営業も宣伝もしやすいです。

僕はその辺にあるものや、プロとして一般的な装備、洗剤で道具の性能を120%引き出し、汚れと洗剤の特性を理解し、なおかつ技術で道具すらもカバーする方法が素敵に見えちゃいます。

ちなみに今日の装備は
1、ケルヒャーのアップライトバキューム (プロ仕様じゃないと馬鹿にされやすいです。僕はメチャメチャ気に入ってますが)

2、サイメックスのバルチャー(タイタン?) これは100万円近い機械でプロでも買いたくても買えない機械の一種です。Beクリーン唯一の贅沢な道具です。時代遅れで今流のカーペット掃除ではあまり選ばれないのも現状。最新式はおーびたる回転のマシンですね。

3、ケルヒャーのリンサー。エクストラクターではなくリンサーです。米国ではプロは使わない道具です。僕はエクストラクターも所有してますが、ケルヒャーのリンサーでも日本のマンションなら十分問題ないと感じてます。

4、洗剤は最近ならホームセンターでも購入できる植物油脂の物のみです。

5、経験と技術(笑)



僕の尊敬し師匠と勝手に崇めてる掃除屋さんは「そこらへんにあるもとあんなものやこんなものだけできれいになります」ってよく言ってますけど、これが「素敵だな~」って思っちゃいます。

ミーハーなんで師匠に憧れすぎですね。

別に僕がカーペット掃除がめちゃめちゃうまいとか言いませんし、カーペットの仕事を増やしたいとも全く思いません。今の仕事量で多いくらいです。僕よりうまい人なんて旭川にもたくさんいるし、日本や世界を見渡せば僕なんかはへたくその部類に入ります。
ただ、装備の違いだけで他社さんを否定的にいう掃除屋さんが増えているのが残念でなりません。

確かに「これが無きゃあれは絶対にできない」って仕事もあります。でもないならないなりにプロの仕上がりに持っていけなきゃ寂しくないですか?

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード