そんなバカな。。。。

毎日色々な電話が来ますがちょっと面白い話があったので。

なんだか分かりませんが300平米くらいの施設の清掃の話。
床は洗ってワックス塗布。
ガラス内外拭き。
ブラインド除塵。
レジスター清掃。
エアコンフィルター清掃。
グリストラップ粗集籠清掃。
トイレなど拭き掃除。
キッチン換気扇拭き掃除。
などなど。
これらを4時間で仕上げなきゃいけないと。

対応できるか?とのことでした。

詳しい価格は実際に作業している業者さんから電話をさせるとのことでした。

これだけ聞いても普通に考えたら数十万円は当たり前な作業だと思うんです。

実際の面積を聞いたら300平米は冗談なのか?600平米弱とか400平米越えが殆どでした(笑)

実際に作業をしている業者さんはこの内容全て行って35,000円で作業してるって。。。。。絶句です。。。

各会社さんに色々な事情があるでしょうから価格が適正なのかどうかってのは僕には分かりませんが、どうなんでしょうかね?

あくまでも僕個人の意見ですけど、こういう掃除屋さんをバカにした、人を人とも思わないようなひどい価格で作業を発注する人もおかしいと思うし、それで請けちゃう人がいるから「掃除ってそんなもんでいいんだ」って勘違いしちゃう人も増えると思うんです。他の掃除屋さんの足を引っ張ることになりますから、はっきりいって迷惑ですし。
これじゃー悪循環で掃除屋さんの社会的地位の向上ってあり得なくなると思います。
価格って一度下げると上げるのって難しいですからね。

巡りめぐって施工している業者さんも自分の首を絞めることになるんじゃないかな?って思ってしまいます。


安く安くってのは消費者の心理ですから仕方ないかもしれませんが、安いなら安いなりってのが世の常じゃないでしょうか?
100円の商品に1万円の商品の品質やサービスを求めたって、言いがかりと同じなのと一緒ですよね。まー最近はなんでもかんでもクレームクレームってのが増えてますから、理不尽な世の中だとは思いますが。

なんか寂しい話ですよね。

北海道 火災 消臭

昨年は北海道斜里町で公営住宅の火災現場の消臭作業を行いました。

今度は北海道根室市で公営住宅火災消臭作業が始まります。

今日これから根室市へ出発して、とりあえずの現地調査、臭気測定など行ってきます。

きちんとした成果が求められる役所の仕事ですから、オゾンショックトリートメント法で施工でき臭気測定によるデータの提出、脱臭マイスター資格者在籍のBeクリーンへのお問い合わせが多いのがありがたいです。

それっぽく仰々しく書きましたが(笑)北海道にはBeクリーンの他にもOST法(オゾンショックトリートメント法)で施工をしてくれる会社さんもありますし、脱臭マイスター資格保有者もいますし、僕が全てを請けられるわけでもありませんし、価格の問題とかもありますからご縁があってBeクリーンにご依頼をいただけたお仕事はがんばります。

オゾン脱臭機を買うかどうか悩んでいて「買ったらいいよ!」って僕がお勧めした人で僕よりも消臭の仕事で実績を上げている方もいますし(笑)ホームページもブログも素晴らしくて僕もお願いしたくなるような聖人の様な人格者のお方です。すげーなーと思います。

それにしても僕も大小色々な現場を合わせると年間数百件消臭脱臭の仕事をしてますし、北海道は勿論ですが本州からも消臭のご相談を受けたり、メーカーからも施工方法を知りたいと相談を受けますから、技術は自信ありますけど。ネット戦略とか文章の構成とかは僕の学力のなさが災いして寂しい感じです(笑)

過去には日本でもトップクラスの会社さん。僕も所属している協会の会員さんですが。。。
そこが火災現場の消臭を行ったが臭いが消えておらず、僕がその後の消臭を行ったという大規模商業施設もあったりしました。。。。

こういうこと書くとまた嫌われるからダメですね(笑)お掃除も消臭も僕のことを目の敵にする人が多いんです(泣)

下町ロケットじゃないですけど、大手とかきっちりかっちり教科書みたいな宣伝の会社さんとかも素晴らしいとは思いますけど、地方の零細企業の技術も捨てたもんじゃないと思いますよ。

とりあえず負け惜しみっぽくなりましたが(笑)Beクリーンは2月からゴールデンウイークまではとりあえずものすごく仕事が多くて忙しいです。
体調に気をつけ運転も気をつけ出来ることを増やしながら面白おかしく自分の道を進んで行こうと思います。


卒業式

DSC_3315.jpg

卒業式シーズンです。

Beクリーンにはお掃除のほかに映像部門ってのがあり、写真撮影やビデオ撮影の仕事も行っていたりします。

僕はBeクリーンのほかにも加藤大輔写真事務所って名前でひっそりと撮影の仕事もしていたりしますし。

基本的には時々いる「作品を売ってほしい」っていう方に作品を買ってもらうだけの仕事なんですけど、あちこちの写真館さんやカメラマンさんに「手伝って!」って声を掛けて頂きあれこれ撮影の仕事も引き受けています。

もともとは社長が何十年も趣味で写真を撮っており、社長の持ち前の好奇心というか新しいもの好きが高じて、イベント撮影から商品撮影、風景、動物、殆どの撮影技術を広く独学で覚えてゆき、その中であちこちから撮影の仕事を依頼されるようになり、写真道展入選したり、某航空会社の機内誌で写真付きで連載したり、その他あれこれ世間の皆さんの目に触れるような仕事も沢山していった経歴があります。

親父がそういう趣味ですから僕も自然と覚えていきました。

とはいえ高校生時代は親父が「いいか!露出はこうでよ!」とか「ライティングは」とか言われるのが嫌で(笑)親父とは違う撮影だ!と思いビデオカメラマンのアシスタントを始めました。

中学生のときから写真スタジオで時々雑用をさせてもらっていたし、ビデオカメラマンの雑用も出来るだろうと安易な考えでした。

ビデオの世界はまた難しく雑用からカメラマンへと昇格は出来たけど、それはもう泣きたくなるくらい厳しかったりしました(笑)

大学時代も写真撮影とビデオ撮影のアルバイトをやっていて、某テレビ局のニュースとか中継で使う映像を撮影したり、写真も有名な美容室や洋服店の広告を撮影させて頂いたりああちこちの商品撮影をさせて頂いたり、あれこれ働きました。

でも僕はカメラマンよりは、作品を展示して見てもらう写真家ってのに憧れてたので、写真の個展を何十回も開催したり写真展にも出展したり、おそらく大袈裟ではなく100近くは何らかの形で作品を発表する機会を設けたと思います。ですから未だにアーティストよりは芸術家でいたい!って思ってますし、掃除をしていても「僕のお掃除作品を汚さないで使ってね」って思ってしまいます。

そんな感じで今に至っているんですね。

DSC_3588.jpg 

もちろん掃除が本業ですから優先は掃除ですけど、写真もきちんと責任は持って仕事しています。
僕は皆さんには「自分は幸運なアマチュア写真家です」と言ってます。
今は本業カメラマンじゃないですから、完璧なプロというわけでもありませんし。でも「これ本業にしてもご飯食べられるな」って思うくらい仕事はありますし。

掃除も写真も魚釣りもドラムも好きなんですけど、どれもこれも中途半端にしたくないな~と思います。
すべてに本気で取り組めないと死ぬときに「俺は俺の人生を生きた!」っていえないと思うので(笑)

それに色々なことを本気でやっていると全てはどの仕事にもどの趣味にも通じるんだろうなってつくづく思います。

しかしながら仕事で写真も撮っているわりには僕の掃除現場の施工写真はセンスがないのはご愛嬌ということで悪しからず。。

北海道でオゾンショックトリートメント法による消臭脱臭

3月はやはり忙しいです。
忙しいので僕は年齢的なこともあるのか?個人差なのか?足が臭いです(泣)

しかし僕は消臭脱臭のプロフェッショナルですから(笑)

自分の靴をオゾンショックトリートメント法で脱臭です。

20170315194542193.jpg 

靴にオゾンガスを薫蒸しています(笑)

これは効き目抜群でしょう!

日本中の業者さんでもパンサーをこういう用途で使う人は僕くらいでしょう!!

靴の湿度は必要充分ですからozzzオゾンが効くはずです。

さーさーこれで明日からまた頑張れます。

旭川 排水洗浄

旭川市から程近い比布町で排水管の高圧洗浄を行いました。

DSC_0499.jpg 

DSC_0498.jpg

お風呂のお湯を流すと溢れるみたいです。

洗濯するとお風呂から水が溢れるとかお風呂の水を捨てると溢れるとか、こういうときは排水管の高圧洗浄が必要かもしれません。

市販のパイプ洗浄剤とかも良いんでしょうけど、そんなに効き目はありませんよね。

排水管の中をカメラで撮影すると分かりますが「パイプマンも使ったんだけどね~」というご家庭も何も汚れが取れてない、、、、ってことが往々にしてあります。

旭川のハウスクリーニングBeクリーンはこういうお仕事も請け負っていたりします。

現場によって高圧洗浄機もパワフルなものから程々のものまで使い分けますし。
強すぎても良くないんですよね。排水管が壊れちゃいますし。

弱すぎるとウォシュレットじゃないですけど、気持ちいい程度で汚れもあまり取れませんし。

このジャンルも始めた頃は今ひとつ良く分かりませんでしたけど、床下にもぐり排水管の接続方法を確認したり、実際に排水管を切断して断面を見てみたり、設備屋さんに教えてもらったり、建築途中の現場で設置を見せてもらったり、あれこれ試してやっと理解できました。

日々勉強だな~って思います。


動き出してます

賃貸物件、売買物件の空室清掃をやっている僕たちみたいなジャンルの掃除屋さんはこの時期は「俺いつまで生きていられるかな?」って思うほど忙しいです。

普段Beクリーンは社員さんに任せている空室清掃と、僕がソロ活動で動いている特殊な清掃とか在宅の清掃の2部門で活動しています。

繁忙期は僕もソロ活動は休止で空室清掃に入ります。

僕は日程的要因や契約金額の面で無理なものは別として、作業の内容の面で出来ないとは言いたくないので、清掃のジャンルはほぼ全て請け負っています。

新築物件の引渡清掃も行いますし、ビルやマンションの定期日常清掃も請け負います。消臭も排水管もあれこれやります。
3月は空室清掃のほかに新築の引渡清掃も入ってきますからもーそれはそれは忙しいです。

お客さんには「使う美装屋はBeクリーンだけ」って言ってもらえるのはありがたいですが、日程的に無理なものは無理なので、美装屋さんは複数社使って下さい。うちは独占したいなんて微塵も思いません。とお伝えしています。

だって、丁寧に仕事しようと思うと一日に施工できる件数なんて限られますよ。

そんな多忙の中でも色々と計画し種まきしていた仕事の芽が出てきています。少しずつですが僕の計画通りに色々と動き出しているのが面白いです。

先日お客さんと話していて言われましたが 「出来ないんじゃなくてやらないんだ?」って。
そうなんですよね、この現場は100円って決めたら150円分相当の仕事はしているつもりですが、200円相当の仕事を求められても僕は一切行いません。

200円相当のサービスを求めるなら200円払ってもらいたいし(せめて150円)。200円くれるなら250円分相当のサービスを提供してお得感は感じて頂けると思いますが。

自動車のガラスが割れて修理に出しただけで、凹んでいたバンパーもサービスで直って帰ってこないのと同じ。なんでバンパーは直さないの??修理のついでにさっと直しておいてよ。ってクレーム言いますか?

もしもガラスの修理代金だけでバンパーも直してくれるボランティアみたいな修理工場があるならば、僕もお願いしてみたいです(笑)

以前も書きましたが、僕は掃除できれいになるとお客さんが喜んでくれるのが励みになります。って考えはあまり持ち合わせていません。
自分が納得できる仕事をすればお客さんも喜ぶに違いない。という自分本位な部分が多いです。

もちろんお客さんが求めている正解はどこなのかをすごく考えますけど。

正解よりもちょっと上を目指すのみで、過剰なサービスは一切行わないのが僕の考えです。商売ですからお互いに利益が出なければいけないと思ってます。

過剰に丁寧すぎる喫茶店でお茶をしていると、逆に落ち着かないですけど、出すぎず行き届いたサービスってのが理想です。
「コーヒーの温度はどうですか?」「お水足りてますか?」「椅子のすわり心地どうですか?」「店内寒くないですか?」「もっと広いテーブル空きましたけど移動しますか?」「クリーム足りてますか?」「コーヒー飲み干されたようですけどお代わりはいかがですか?」とかひっきりなしに言われたら「うるせーよ!」ってなりますよ。

300円の契約で600円分のサービスを求められていると感じれば、はっきり「それでは足りません」って言いますし。これで「あいつ冷たいな」って思われるなら残念ですけど、まー仕方ないですよね。僕は価格ドットコムじゃないし最低価格を競ってないし。

まーまーただの愚痴ですよ。

旭川フローリングワックス剥離

フローリングのワックス剥離を行いました。

DSC_0462.jpg 

DSC_0463.jpg

黒ずみがひどいです。
ノーワックスフロアではありませんが、ワックスの密着が悪い部類のフロアです。

DSC_0472.jpg 

奥が剥離した後、手前が剥離前です。

いつもの剥離剤を使わない剥離作業で進めます。

イノベーターの井上君がグイングイン動きます。

DSC_0468.jpg 

すっきりです。

ひび割れも膨れも無しです。


マーフィーの法則

昔マーフィーの法則って本が流行りました。
僕も流行りに乗って読みました。

本って面白くて沢山読んでも全てが記憶に残らないですし、本のある部分だけが鮮明に記憶に残ったりします。

10年以上前に読んだ江国香織さんの小説を最近買いなおしましたが、全く覚えていない。覚えているのは植木にお酒を飲ませてる?だったかな、そんなことだけ(笑)

マーフィーのどの本かも記憶がありませんが

「いかなるものも変化しつつある。これは真理だ。だから貴方がいまどんな苦境にあろうとも、その状態を保持する努力をしない限り、永久に続くはずはないのだ。」

って書いてありました。

これいい言葉だなと思います。

昨日、今日とお話ししていた業者さんは「○○さんが苦手で」みたいなことをえらくずーっと喋ってましたが、自分で苦手な状況を続けようと努力しない限りは苦手な現状って続かないんだろうな。と思って聞いています。

僕の師匠も苦手な人にこそ自分からアプローチしよう。的なことを言ってましたが、そうですよね。相手との間に垣根を感じるなら、垣根を作っているのは自分なんだろうと思います。

さきほど僕が「ちょっと苦手だな」と思っていた営業マンが来ましたが、自分で垣根を越えれば違うのかな?と思い、そういう気持ちでお話していると、普段はすぐに帰るのにゆっくりしていってくれました。

マーフィーの法則。いいじゃないですか。


臭いって難しい

ここ数年面白くてどっぷりはまっている作業に消臭、脱臭があります。

臭いのメカニズムとか色々と詳しいことは超大手のカルモアさんとか大和サービスさんとかがとっても詳しいですからそちらの情報を是非ご参照下さい。

ここ数年相当の件数の消臭や脱臭作業を行ってきて感じるのは、意外と殆どの臭いは消せるということ。時間が掛かったりお金が掛かったりしますから絶対とは言えません(こちらの条件を全て受け入れてくれないお客さんの作業はほぼ消えません。それと嘘をつく人。部品交換してないのにした!とか取り替えた!って嘘。これ一番困りますね)

意外と殆どの臭いは消せることが分かると自信も付くんですけど時々「まだ臭いがする!」って人がいます。
本当にするなら「すみません、僕の手落ちです」となるけど、臭気測定器でも数値が出ない、複数人が嗅いでも問題ない、無臭という現場で「まだ臭い」って言われると困りますよね。

臭いって難しいもので、、おそらくですけど最初に嫌なにおいを嗅いだ人って記憶に残るんだと思います。「あ!あの臭いだ!!」って、そして無臭になってもその臭いを思い出します。その現場の景色とか立地とか壁の色とか色々なものが記憶を呼び覚ますでしょう。くんくん「あ!臭いが!!」って想像力が臭いまでもを補完するんじゃないかと思います。

梅干の写真を見ると酸っぱくなる現象に近いのかな?とか思ってます。

僕も生まれて初めて、真夏の孤独死で腐乱してしまった人が見つかった部屋に入ったときのあの臭い。未だに覚えています(笑)今は普通に人が暮らしているこのお部屋の前を通るたびに「うん、臭かったな」って思い出しますもの。

しかしこの人間の素晴らしい補完能力はやっかいですよ。
無いものを消す作業。
本人は「臭ってるのに分からないなんてお前の嗅覚おかしくないか??」みたいなこと言いますが、こちらも年間数百件は消臭をしているプロですし、客観的に臭いをかぐ訓練はしています。絶対に僕が正しいとは断言は出来ませんが、経験や今までの臭いの仕事量を総合的に判断してもらえればどちらが信憑性が高いかはなんとなく判断されますよね。

こんなときに松岡修三さんみたいに、なんだかよく分からない理屈だけどものすごい説得力のある話し方が出来れば納得して頂けるんでしょうけど、あいにく僕はそういう話術は持ち合わせていません。

さーどうしようか。ちょっと考えます。

go-pro

今日は臭いで困るお客さんの下へ臭気調査に行ったり、マンションの水質検査に行ったり特殊な作業の日でした。

そんな中、僕の社会人になってからの数少ない友人の一人とゆっくりお話が出来ましたが、とてもとても沢山の発見とひらめきの連続な素敵な時間でした。

彼はものすごくものすごーく天才的な変態といいますか(失礼)、才能の塊な人なんです。まー色々と素晴らしいのです。

僕が昨年の12月19日から悩んでいた問題の答えもスパッと明確に導き出してくれ、僕はとても嬉しい気持ちになりました。

やはり僕の持論の「雑談の中にヒントがある」ってのと「ロック音楽の中に人生の全ての答えが詰まっている」ってのに間違いはないなと改めて感じた出来事でした。

明日から僕は明確になった答えを実践するためと、更にその先の突拍子もない出来事に向けて気持ちも新たに行動しようと思いました。

ありがとうございました。

FRP浴槽の青いシミ

立て続けに施工したお風呂の染抜きです。
水が出ないと出来ない作業なので、冬はあまりやらないんですが、水を出していいから施工してほしいとのお願いなので。。。

_DSC5070.jpg 

_DSC5071.jpg

_DSC5072.jpg

_DSC5073.jpg

なんか汚い。空室清掃をした掃除屋さんは落とせなかったとか。
大家さんが8社くらい掃除屋さんを呼んで見積もりしてもらったけど、みんな無理だとのこと。

僕も正直言って絶対取れるという約束が出来ないのが情けないところです。「やってみないとわからない」って作業です。
時々なんですけど、30回に1回くらいほぼ変わらない現場もあります。

_DSC5079.jpg 

_DSC5080.jpg

_DSC5081.jpg

_DSC5082.jpg

うっすら残ってしまいました。。。
汚れが取れると写真も露出が変わるので詐欺っぽいのが悲しいですが。。。

横線がうっすら残っています。

これも取れれば素敵なんですけど、僕の今の技術じゃこれが限界です。

最初から比べるとかなり良くはなりましたが、完璧ではないです。

完璧ではないですが、この作業を教えて欲しいという人が多いので、ちょっとヒントを。

_DSC5076.jpg 

_DSC5074.jpg

これは途中の写真なんですけど、青いシミが茶色くなってるのが分かりますかね?この状態で2工程目の途中の状況です。
青いシミが茶色くなるのが上手くいっている証拠なのかな?って思います。これがもっと真っ黒いシミに変わる場合もありますが、それも問題ないと思います。

僕の感覚的には青いシミ、黒いシミ、茶色いシミ、薄い茶色、オレンジ、また黒っぽくなる、茶色、取れる、って進み方でしょうか?

数人にやり方を伝えましたが、皆さん茶色とか黒に変わった時点で驚いちゃって焦るみたいです。

ヤフー知恵袋だとアンモニア水で擦ると取れるって意見が多いですが、まーそういう場合もありますが、僕にご依頼が来るのはそれでは落ちないケースが98パーセントですから、そういうときの落とし方?はもっと違うと思うんです。

僕は、最初は酸で洗います。その次アルカリで洗います。そのあと中性で洗います。そのあと還元させます。そのあともう一度酸で洗います、ここで使う酸にはほんの少し助剤を添加して酸を発砲させつつ揉み込みます、失敗すると洗剤が爆発?します危ないです。ここで様子を見てもう一度還元させるか、アルカリで洗うかを考えます。そのあと、軽く漂白してみます。これで取れる場合も多いです。
これでダメなら、ナノコロイド的な薬品なり洗剤で揉んでみるかチオグリコール酸アンモニウムを試すかとかしてみます。それから還元か漂白で仕上げです。
これが薬品で落とすパターンですね。

削るパターンなら、上のやりかたの途中に研磨の工程を入れて作業です。僕はほとんどやりませんが。。。


荷崩れ

北海道旭川市もここ数日ちょっと暖かいです。
暖かいとは言ってもマイナス気温なんですが。

ちょっと暖かいと道路の雪が溶けてものすごい轍ができます。轍はハイエースの天敵です。もーメチャメチャ揺れるんです。

乗用車だとそうでもありませんが、ハイエースは貨物車ですからすごいんです。

20170214200650937.jpg 

荷物が倒れて消臭の現場に来たのに消臭剤が全てこぼれてなくなった写真(泣)
現場は水が出ないのに。。。。

20170214200645261.jpg

荷崩れしないように作った棚ですが、やはり崩れてきます。

20170214200640691.jpg

延長コードとか照明がバタバタ揺れて、その音がパンクバンドのライブのようです。


洗剤は使いにくいですが深めの鞄に入れてます。エアコン用の腰バックは揺れっぱなしです。

20170214200632496.jpg

引き出しは走ると勝手に引き出します。

20170214200627711.jpg

モップのハンドルやあれこれはグチャグチャです。排水管洗浄のときに使う外の枡のレベルを計るスケールがちらっと見えています。

20170214200621753.jpg

バケツに貼ってあるのはママチャリ12時間耐久レースを完走した猛者のみが手に入れられるステッカーです(笑)ハイエースなのにとても狭く見えます。。。。

20170214200613603.jpg

こんな感じです。。。


次回は僕の釣り用車のランクルを紹介します(笑)冗談です。。。


ちょっと足りない

本日お客さんからあったクレーム。「居間の真ん中だけワックスが抜けてる」と。

20170206202326152.jpg 

Beクリーンのワックス修行中のメンズが塗ったようです。

う~ん、ちょっと足りない。。。。

こういうのをきれいに直すのが僕は得意でよかったです。。お客さんには大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでしたが。

ワックスって誰でも塗れますが、誰が塗ってもきれいに塗れるわけではありませんから難しいです。また部屋に対してフローリングが長手に貼ってあるか?短手に貼ってあるか?これでも塗り進め方ってかなり違いますから、慣れるまでは塗る前に「どうやって塗り進める」とか「どこで区切って、どこから仕切りなおす」とかあれこれシュミレーション出来なきゃいけないですね。


この数日色々な人と色々なお話をしていた中で感じたのは、上にも出てきましたがシュミレーション能力?って大切だねってことです。

「こういうことしてみたい!」って誰でも思いますね。個人的な趣味の範疇なら思い立ったらすぐ行動!!でいいと思います。僕もそうですし(笑)

これが仕事や仕事に関わる事だとそうもならない気がします。責任とかお金とか様々な人の思惑や利害など大人の難しいしがらみが付きまといますからね。

僕はBeクリーンの従業員さんたちによく言うんですが「2~3分で100パターンのシュミレーションを頭の中で行って、それから行動」って(笑)

まーまー正直2~3分で100パターンなんて無理ですね。将棋の名人じゃあるまいし。

それにしても2~3分あれば3パターンは閃くでしょう。上手くいった場合、失敗した場合、そもそも出来なかった場合とか。

「やってみて」と言われて、すぐに「教えてください」とか「分かりません」って言う人と、しばらく試行錯誤した上で「分かりません」「出来ません」って言う人って、このシュミレーション能力が違うのかな?って僕は思い込んでいます。

僕は高校生のときに授業中に先生に質問されて「分かりません」と答えたら「分からないんじゃなくて考えてないだけだろバカヤロー」って怒られたことがあります(笑)
当時は僕もアホでしたから先生に「BONJOVIのキーボーディスとの名前は?」って逆に質問し返して、先生が「そんなもの知るか」と言ったのに対して「考えてないだけじゃないですか?」って抵抗したんですが、そういう問題ではありませんでした。ごめんね先生。

話はそれましたが、考えてから答えを出すとか様々なシュミレーションを行ってから行動するってのは本当に大切なことだと思うんです。ということを言いたかっただけです。

自動車のタイヤを交換することを例にとっても、ナットを軽く緩める、ジャッキアップ、ナットを外す、タイヤを外す、タイヤを付ける、ナットを仮締め、ジャッキダウン、ナットを増し締めとか色々あるじゃないですか。
シュミレーションをすると「ナットが外れなかったら?」とか考えると色々必要なものが出てきます。油をさす?パイプを使ってレンチを回す?インパクトを使う?、でも待てよ!それでボルトが折れたら?とかジャッキの油圧が抜けてたら??コンプレッサーが壊れてたら?

結局はスタンドで換えてもらえよ!って結論になるんでしょうけど(笑)


考え出すと不安なことが増えるかもしれませんが、沢山シュミレーションしている人は不安になりがちな状況でも冷静に次の手を出してくるのでは?と思います。

僕は高校生のときに「もしもBONJOVIが当麻町の改善センターでコンサートを開いて、そのときにドラマーのティコが右腕を骨折、誰か当麻町でBONJOVIの曲のドラムを叩けるやつはいないか?!」ってなったときにどうしよう!!ってシュミレーションをしてBONJOVIの全ての曲のドラムが叩けるように練習しました。BONJOVIは当麻に来なかったし、ドラマーは骨折しませんでしたが。。。。



旭川市内のマンションの排水管高圧洗浄

_DSC5031.jpg
旭川市内の4階建てマンションの一室で排水管の高圧洗浄を行いました。

排水からチョウバエが沢山発生しており、臭いもすっぱい臭いが充満していました。

Snap_002.jpg Snap_012.jpg

ちょっと分かりにくいですが、排水管の中をカメラで撮影した画像です。

ホースみたいなカメラでグイグイ排水管の中に潜り込んでパシャっと撮影します。僕の使っているカメラはPCに接続可能で、PCで画面を見ながら送り込み、とりたい場所でボタンを一つ押せば記録できるので便利です。
ビデオも取れるんですが、データが無駄に重たいですし、汚い動画なんて見ても仕方ありません。

本当は排水管も上流ではなくて下流からアプローチが理想的なんですが、そうもならない現場も多いですからね。

作業時間はそれほどでもありませんが、段取りとか仕込みに時間が掛かります。

数年前に排水管を洗ったときは、建物の地下にもぐり、排水管の洗浄口を開けたとたんに○ンコとか溶け切れてないトイレットペーパーが吹き出てきて、全身に浴びたのを覚えています。。。。

自分は洗濯と入浴でリセットできますけど、汚物が漏れた床下の処理に難儀しました(笑)

町の小さな掃除屋さんは何でも出来なきゃいけません。排水管だって洗えます。大手に頼むのも仰々しいから零細でいいや、というお客さんがいれば是非ご相談ください。


最強寒波だそうです

ニュースでは最強寒波が来ていますとこの数日雪の画像ばかりです。

2m雪が積もったとか1m雪が積もったとか各地で皆さん大変な思いをされているようで、雪による事故などに気を付けて安全に過ごして頂けるといいなと思います。

北海道旭川市はニュースでやっているほど大した雪も降らず、寒いのは寒いですけどいつも通りの冬だなという感じです。

北海道がマイナス29度になったとか話題の日は僕は海で釣りをしていました(笑)もー寒いのなんのって。
釣れた魚も雪の上に置いておくだけで鮮度を保ったまましめられんじゃないか?という寒さでした。
それでも僕の他にも釣り人が港で釣りをしているんですから、釣り人に寒さは関係ないという感じですね。

ダイヤモンドダストなんて家の玄関を開けたら目の前に見え、木が凍る樹氷ですか?それもその辺で普通に見られる、寒すぎて積もっている雪がキラキラキラキラしているし、雪は寒すぎてサラサラで息でフッと吹き飛ばせるほどのパウダー、深夜に写真を撮ろうと山の中へ出かけると光柱?ライトピラー?が普通に見える。そんな寒さの中生きてます。(さすがに毎日はそんなに寒くないんですけど、大袈裟に書きすぎましたね)

僕が子供の頃はもっともっと寒くて、寒すぎて学校がお休みなんていうこともありましたし、金魚鉢が朝起きたら凍りついていて、金魚が氷漬けになっているとか最近は寒いと言ってもたかが知れている気がします。

ニュースで吹雪の日に車に乗っていたらホワイトアウトで何も見えなくなる。と注意しています。これはとても危険で本当に何も見えなくなりますが、こういう現象も道民には日常茶飯事な気がします。
自分の運転する車のボンネットの先すら見えない。うん、あるある、ですね。普段仕事ではハイエースですから、もともとボンネットなんてありませんが。。。。

まーまー大袈裟な話はさておき、道民は元気ですよ。

北海道の掃除屋さんは窓を拭くときはレールに固まりついた氷をバーテンダーみたいに砕きながら、ガラス全面に貼りついた氷をかき氷の機械みたいにナルビーでシャリシャリ削り落としながら拭き、いくら乾拭きしたって水分がいつまでも飛んでくれない建具や床をあの手この手で乾かしながら毎日毎日働いています。

明日はワックス掛けの作業です。乾くのかなワックス。。。



ステンレスを磨く

ちょっと時間があったのでステンレスを磨いてみました。
いつもの会社の流し台です。

元が汚いのは実験のために汚れを溜め込んでいるからです。。。。。。

いつもと違う磨き方でどういう風になるのか試したくて、部分的にしか磨いていないためちょっと微妙な結果です。

_DSC5015-2.jpg 

左が磨いたあと、右が磨く前です。

_DSC5016-2.jpg

真ん中が磨いたあと、左右の何も映り込みがない部分が磨く前です。

僕の技術だとキズと凹みは消せないので、微妙なんですが。

もっと練習して師匠のような凄まじい鏡面を目指そうと思います。



フィンランドの木製窓メーカー「DOMUS」(ドムス)

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

昨日の現場であった窓の写真です。
DSC_0269.jpg 

DSC_0271.jpg

DSC_0268.jpg

DSC_0272.jpg

ドムスというメーカーの窓です。
性能だとかあれこれはググッてもらえれば詳しく書いてあるホームページが沢山あります(笑)

写真が上手に撮れないんですが、ちょっと変わった窓です。
一番下の写真のL字の金具がなければ窓の開閉が出来ません。

僕はこの窓の清掃をする機会がとても多いので、写真のL字金具は僕の自前のものです。掃除のためだけに買いました(笑)
Beクリーンのお客さんはグレード高めの住宅を施工する工務店さんや素敵なお宅にお住まいの方が多いので、他にもノルド、オリンピア、ベルックス、ペラ、マーヴィンとかちょっとお高い窓に触れる機会が多かったりします。

話は戻り、ドムスは下から2つ目の写真の金具だけで大きな窓が固定されています。

窓の中にブラインドが付いています(たぶん断熱ブラインドだと思うんですけど?)

使いやすいとかどうとかは僕はなんとも言えませんが、まー性能はいいという人が多いです。ちなみに僕はエクセルシャノン窓のドーレキップ窓タイプかオリンピア窓が一番作業しやすくて大好きです。。。

また脱線です。ドムス窓は新築時はガラスに薄い膜?なのかなんだかが着いており一回拭くだけではきれいになりません。拭くと逆にムラムラになります。ナルビーというガラス清掃用の刃物でガラスの表面を削るんですが、それでも完全には薄幕はとりきれずに一枚のガラスを拭くのに数回拭かなければきれいにならないのが難点です。

そして高気密にするための何か?木材に染み込んでいるオイルなのかボンドなのか?何かがとてもはみ出しており、これも簡単にはすっきりきれいになりません。

外国製サッシに多いですが(国産窓にも一部ありますけど)窓が内側に開くのはいいと思います。ガラスを拭くのに外に出なくていいんですから。内側から全部拭けます。二階の窓を内側から拭けるって素敵ですね。

ガラスって拭かないと汚れます。汚れるとおうちに入り込む太陽の光も減るでしょうし、家の中の暖かさに影響すると思うんです。

昨日つくづく感じました。ドムス窓の本場フィンランドの美装屋さんは新品のドムス窓をどのように拭いているんだろう?って。
拭いても拭いてもムラムラムラムラムラ。何年もドムス窓との勝負は1勝6敗くらいで。7回勝負してやっと1回勝てる程度です。

拭き方教えてください。。

北海道 色々な染み抜き

タイトルが大袈裟です(笑)

最近はあちこちから色々な染み抜きのご依頼とか相談とかが多いです。

お風呂の染み抜きなんて函館からもご依頼があります。
旭川から函館!飛ばしても片道5~6時間かかりますよ。500キロは無いかもしれないけど、450キロはありますからね。

条件が合えばもちろん行きますけど、作業代金よりも出張料が高額になりますから現実的ではありません。

染み抜きに関わらずお掃除の相談を同業者さんからも沢山うけるようになってきています。「この汚れおとせるの?」「これがうまくいかない、やり方教えて」とか「面白い仕事をやりたいけどアイデアないかな?」とか様々なご相談が多いですね。嬉しいですね。

僕ももっともっと勉強して何を聞かれても答えられる知識と技術を身に付けなくてはいけないな~と思います。やっぱり人との雑談の中にこそヒントやチャンスがあると思うので、たくさんの人と真面目なお話が出来るのが楽しいですね。

それで、自分のさぎょうですが、今日はD社さんが落とせなかったというカビ?シミ?
20161219151131991.jpg 
壁の黒いところがそうです。ただのカビに見えますがそうでもないようです。

確かにタオルで拭いても、ブラシでこすっても、パットで擦っても、カビキラーをかけても何の変化もありません。まったく取れない、消えない、薄くもならない。

20161219151134226.jpg 
画質が悪くて申し訳ありませんが、作業後は消えています。

良いところだけ載せて見栄を張りましたが(笑)どうしても消えない個所もありました。
お客さんはかなり目立たたなくなった!と喜んでくれましたが、うっすらと残った個所が残念です。


今日の発見は刷毛ひとつとってみてもメーカーによって薬品の効き方が全然違うんだな~と感じたことでした。
師匠から頂いた刷毛の素敵さを改めて感じた現場でした。

店舗のワックス掛けの練習

20161210153426408.jpg

昨晩の夜中の作業です。

柱の陰に一人、ウエットバキュームを使う一人。二人は兄弟です。

Beクリーンのベテランさんに床清掃のあれこれを習っているところです。

本当は僕と兄弟と3人で行く予定でしたが、僕の教え方は「背中を見て盗んでくれ」という寡黙なスタイルなので(笑)ベテランさんは心配になったのでしょう。。

僕よりもとってもとっても丁寧に教えていました。

今まで僕と一緒に作業をした人はみんな「何も習ってない」と言います(笑)
「あれやっといて!」「これやっといて!」で覚えてきた人たちは丁寧です。喋らない人から教わる不自由をよく理解してるんですから。


今日はフローリングのワックス剥離を行ってきました。いつもの剥離剤を使わない剥離で作業しましたが、水分吸収率が高いフロアで、年式も古め、状態はとても悪いフロアでした。

ほぼ簡単に剥がせるんですが、一部難しい個所がありました。もう少しで剥離剤を使わない安心で簡単な剥離作業が完成するんですが。あと一歩か二歩工夫が必要です。


新商品

20161208184311426.jpg

まっていた品物が届きました。
色々と試したい場面があるので試行錯誤して上手な使い方を見つけたいと思います。

ここ数年清掃資材の業界も新しくて面白いメーカーさんが増えている?(自分が知らなかっただけ?)なので物欲がすごいです。

しばらくぶりの投稿

ご無沙汰しております。
13日間斜里町で仕事をしていました。。。。世界遺産知床の入り口の町斜里町です。

旭川からは片道4時間。宿泊がほとんどでしたが、所々旭川~斜里を何度も往復したりと非常に厳しい現場でした。

役所関係の仕事でしたが、火災で全焼したお部屋の脱臭消臭という仕事でした。

北海道ですとオゾンショックトリートメント法で火災臭の対応が出来るのが弊社くらいしかなく、仕事を請けた次第です。
オゾンショックトリートメント法に明確な決まりはないようですが、エコゾン社のアクティボかタイガーという機械を使用するのが望ましいようです。パンサーという小型機もエコゾン社では発売していますが、パンサーでは火災で全焼のケースではオゾン濃度が若干足りない気がします。

20161117183748690.jpg 

こんな感じです。

もっともっと悲惨な状態でしたが色々と片付けをして作業が可能な状態になりました。

今回は予定の工期よりも大幅に遅れてしまいました。反省です。
僕のシュミレーションが甘すぎたのもありますが、言い訳させてください(笑)

ものすごく寒いんです。液体は一晩で氷になり、ストーブを止めると吐く息で室内真っ白になり霧のようになる寒さです。消臭剤で湿度を上げていますが、消臭剤も凍りつく寒さ。
スケルトン状態のRC造の建物ですから断熱材がないと外よりも冷え切ります。

ジェットヒーター(現場用のバズーカーみたいなストーブです)を一日中炊いてもマイナス気温のまま。

これでは消臭剤もオゾンガスも効きません。

あれやこれやと手を打ちBeクリーン独自の臭気シールド工法という工法プラス、アクティボとパンサーの2台体制で氷点下の中オゾンガスをなんとか反応させて作業でした。

最後には初日の臭気指数よりも大幅に臭気指数を下げられ、生活に全く問題の無いレベルまではもっていくことができ無事にお引き渡しが終了でした。

アクティボやパンサーを販売している会社の社長の細貝さんにも「火災の現場でそんなに日数かからないよ!」と言われましたが(笑)まー寒いんです。

僕も本当は早くて3日、時間がかかって4日、不測の事態に備えて7日間と思っていましたが、寒さに負けました。。。。
東京の人には想像が出来ない寒さなんです(笑)

まさか火災で全焼の現場で薪ストーブを炊くわけにもいきませんし(笑)薪じゃなければ暖まらない寒さでした。。。

28日は斜里の現場を引き渡してすぐに歌登町へ向かいました。斜里から歌登!片道5時間です。
もー遠いんです。

歌登では町立診療所のエアコンを洗いましたが、エアコンは簡単ですよ。終わりが確実に見えるんですから。分解がどうこうとか難しい部分はありますけど、そういうの抜きにしたら汚いものがきれいになる。それが目に見える。単純明快。

臭いは見えないから難しいです。

まー今までの僕の消臭メソッドでは詰めが甘いということを痛感した非常に学ぶべきことが多い現場でした。

最後は現場の中で深々と頭を下げて「ありがとうございました」といって、終いには建物に手まで合わせて斜里を後にしました。




業務用厨房清掃の日々

昨日の夜中は老人保健施設の厨房の床清掃とグリストラップ清掃を行ってきました。

atm (1 - 2) 

写真はうちのサンボが洗管デビューの様子です。

見てると簡単に見える洗管ですが、洗管ホースが排水管の中で何処を向いていて、そのように動いているかのイメージが出来なければ全く奥まで進んでいきません。

サンボは比較的順調に進めていたので、出だしは上々だと思います。

写真だと細いステンレスワイヤーですが、横引管は法律に順ずる圧力をクリアできるホースで作業です。もっともっと太いです。縦管は太いホースですと入りませんから、圧力だけ高くしてクリアします。

グリストラップの清掃はとってもグロい画像になるので(笑)ここでは掲載できません。。

今日は旭川市内の居酒屋さんの厨房清掃です。明日も引き続き行います。

20161025193810616.jpg 

油が酷すぎて天井作業時や高所作業時に洗剤や油が垂れてきて、アルカリ火傷や皮膚のただれを防ぐために、Beクリーンの課長(右)と主任(左)はお百姓さんになれそうなくらいの完璧な装備で勝負です(笑)

こういう油がひどすぎる現場ではエコ洗剤も使用しますが、写真にも写っているグリラーネオという毒々しいケミカルも使っちゃいます。

洗剤も効かないので削り落とすしかない箇所も多々あります。
ナルビー検定1級(笑)の僕の名刀正宗ナルビーも全く刃が立たず、刃こぼれするレベルです。。。。。

もう少しで免許皆伝かと思ってましたが、まだまだ修行が足りませんでした(笑)

明日はさらに重装備で勝負しに行きます。

ロール網戸の洗浄

普段は行わない作業なんですが、今回は「網戸洗って!」と言われて「いいですよ~」と請けたら、物を見たらロール網戸だった(汗)というパターンで仕方なく洗浄です。。

20161022172241718.jpg 

汚いです。汚れが見えやすいように地面においてみました。

20161022172234435.jpg

洗剤でブラッシング、高圧洗浄、ブロアで水を吹き飛ばしで作業です。
飛ばした水が跳ね返ったり、高圧の水が飛散らないように、捨てる予定のストーブの安全用カバーで台の代わりです。跳ねない!

20161022172225404.jpg

昨日は雪が降った旭川市です。寒い。今日は雨ですが、高圧洗浄機が濡れすぎるのも良くないので傘を付けました。これはケルヒャーのオプションにもありません(笑)

20161022172220700.jpg

全部で20本くらいかな?真っ白になり良かったです。
普段は絶対に断るロールスクリーンも2本紛れ込んでおり、今更出来ないというのも面倒なので、洗いました。ロールスクリーンもムラにならずすっきり洗いあがり一安心です。

普段は何故ロール網戸とかロールスクリーンを断るかと言うと、取付後のクレーム率が高いんです。動きが悪くなったとか、(最初から破れてたのに)取り付けたら破れた!とか、ムラがあるとか。

網戸もスクリーンも稼動部がありますから、水洗いはその辺のグリスもダメージを受けるでしょうし、サビに強い金物を使用しているわけでもないでしょうから、さびが出たり、動きが鈍くなったりするでしょうし。

その辺は責任持てません。だからお断りです。

普段なら「ガラス屋さんか、カーテン屋さんに相談してみれば?」と言う様にしてます。


浴槽についた青いシミを落とす

今日は他社さんが清掃し終わっているけど、落とせなかったという浴槽のシミを落としてきました。

ほぼ真っ白にはなりましたが、一部だけ何をやっても落とせない箇所があり惨敗でした。

a-1_20161020183047142.jpg 

なんか分かりにくいんですが、現場で見ると真っ青です。
落とせなかった掃除屋さんが何かの洗剤を湿布した跡が残ってました(笑)
努力はしたんですね。

a-4.jpg 

旭川は今日は雪が降る予報でしたから、寒くて寒くて微力ですが電気ストーブを持っていきました。
お風呂だけなら充分暖まりました。

a-3.jpg 

a-5.jpg

a-6.jpg

a-7.jpg

今日使った道具全てです。洗剤と薬品は他にも7種類ほど使いましたが、写真はありません。

作業中に緊急の仕事が入り、薬品を塗っている間1時間くらい開いてしまった為にシミが還元されすぎて、青いシミがまっ茶色になってしまいました(汗)

まー還元されすぎたものはまた酸化させれば戻るだろう、という勝手な理論で再度参加させる作業です。

キズを付けずに洗剤を揉み込むとか、ちょっとだけ汚れに刺激を当てたいときは写真のナノスクラブがとっても役に立ちます。

a-8.jpg 

作業後の写真です。排水キャップのチェーンの下辺りに若干シミが残りました。

この作業が出来る掃除屋さんは旭川にはほとんどないらしく、あちこちから御依頼を頂きます。

最近はこの作業以外にも道内あちこちから「色々調べて問い合わせたけど、北海道ではこの作業が出来るのはBeクリーンさんだけみたいで」というご依頼が増えており、嬉しいというか複雑な気持ちです。しかも問い合わせてくれるのがすごい大手とか、その分野ではトップ企業みたいな所からもあります。すごいことなんですよね。

確かにBeクリーンなら出来るけど、さすがに遠い。。。。ってのが正直なところです。

そんな僕らでも出来ない仕事も沢山あります。

今取り掛かっている現場もそんな1つです。

事情は伏せなきゃいけませんが、技術的にというか、もー酷いですよ。最近流行のモンスター○○みたいな。
従業員全員胃薬持参で仕事です(笑)

仏教に因果応報って言う言葉がありますが、まーこれ以上は何も言いませんが。


気の毒だな。としかいえません。

旭川市内でソファーのクリーニング

1年に1回から2回くらいしかご依頼がないんですが、Beクリーンではソファーのクリーニングも請け負ったりしています。
ご依頼がないというか基本的には宣伝もしてませんし、あまり進んで請け負う仕事でもないんですが(笑)

今回はスウェード生地のソファーです。革は洗いにくいのでドキドキですね。

DSC_0011.jpg 

DSC_0014.jpg 

DSC_0015.jpg

DSC_0016.jpg

シミやカビ擦れなどが多いです。パートさんが写っている写真は染み抜きの為に熱を掛けているところです。現場で「捨ててくれ!」と言われたドライヤーを使ってます。エコです。

写真では分かりにくいですが、猫がいるお宅で、ネコの毛やネコが吐いた跡等も無数にあり、臭いもネコの臭いが素晴らしいです。

DSC_0025.jpg

DSC_0026.jpg

DSC_0023.jpg 

DSC_0022.jpg

洗い上がりはこんな感じです。
汚れも完全にリセットされ、臭いも消えました。

スウェードなので目の立て方で色ムラがあるように見えますが、実際はきれいです。

お客さんも「捨てて買い換える!」と言っていたんですが、洗い上がりを見て「新品に戻った!買い変えなくて良かった!!」と喜んでくれました。



旭川市内で壁クロスのシミを抜く

最近僕は通常の空室清掃にはほぼ参加せずに、フローリングのワックス剥離だとか、消臭、染み抜きとかそういった類のちょっと手間の掛かる仕事でソロ活動が多いです。

今日は雨漏りで壁にシミが出来てしまい、さらに壁クロスの下地の石膏ボードのさらに下の木部のアクが浮き出てシミになった壁クロスの染み抜きでした。

石材の染み抜きから比べると簡単でしょうか。
相変わらずスマートフォンのカメラが不調でなんだか夢の世界のような写真でお恥ずかしいんですが。
20161006162915005.jpg 
わかりますかね?スイッチの左上にシミがあるの。
カメラ不調ですみません。

こんなシミが部屋中あちこちに出来ています。

20161006162918852.jpg 

夢の世界の写真なので分かりにくいんですが、すっきり消えました。

昨日行ったフローリングのワックス剥離もいい具合でしたが写真はありません(汗)

僕が一番難しいと思う年式のフローリングでしたが、今回の作業によるひび割れや剥がれは無しでした。いつもの剥離剤を使わない剥離作業の改良版のテスト施工も兼ねましたが、安全性は増した分、ワックスを剥がすのに時間が普段より気持ち掛かります。

アメリカから輸入してもらったパッドが良いようです。さらに良いパッドがないかさらに輸入をお願いしています。メーカーさんも取り寄せ初らしく、日本にはまだ僕の手元の1枚のみ!すごいですね(笑)さらに数枚違う種類が届いたら面白そうです。しかも3Mより安い。これも良いですね。


話は変わり、次世代床コーティングに限りなく近い施工を既存のシステムの改良で行う、みたいな僕のここ数年のテーマを実験していた店舗のコーティングを2日前に全面リセットしてきたんですが、これも面白かったです。
深夜3時までかかりましたが、とても興味深い結果でした。

3年ほど前に下地で作ったコーティングがまだ生きていて、コーティングを剥がして出た汚水も、通常のワックスの剥離で出る汚水とはまるで違う汚水の色と質感でした。

ただ、課題もいくつか見つかり、それをクリアするための試行錯誤も楽しそうです。

それでついでに今月末にクリーンEXPOを見学にいけることになり、そこで僕が色々考えている面白い作業の材料になりそうなものを発見できればと考えています。

そして大発見はほぼ徹夜明けに普通に仕事をして、その足で海まで釣りに行き、徹夜に徹夜を重ねて来ての出来事ですが(笑)新しく買ったバイブレーションというメタルジグがまーまー素敵なんです。本当に震えます。

僕の夢の90センチ越えのブリも現実になりそうです(笑)

掃除屋さんにお勧めアプリ

Beクリーンの現場管理の一環?スケジュールをみんなで共有しているんです。


Timetreeというアプリなんですが、スマートフォンでやパソコンで今の所は無料で使えるアプリです。

Screenshot_20160928-123015.jpg

こんな感じで請けた仕事を登録します。日付が未定な予定はキープという場所に保存。現場担当が現場が始まる時間と終わった時間をその都度入力してくれると、共有している全員に反映され、リアルタイムで予定が分かるんです。

昔は「あの現場任せているチームはどういう進展具合なの?」と思うと携帯電話に電話していましたが、僕も現場職ですからものすごく分かりますけど、ゴム手袋をはいてるとスマートフォンの着信がしづらい!シュってやっても塗れててシュってならなかったり、濡れておかしなボタンがおささったり。
電話するほうは気楽なもんですが、受けるほうは「電話だ!ゴム手袋脱がなきゃ!洗剤付いてる!今ワックス塗ってるから出られへんがな!洗剤を塗ってあと何秒以内に拭かなければ焼ける!出れない!!」とか「立て続けに電話がなると、今仕事してるんじゃい!!」って現場ならではの細かすぎて伝わらない悩みが多いんです(笑)
些細なことですが、手袋の脱ぎ履きにとか電話対応だけでも積み重なると数分数十分と時間が取られますから、「この数分で鏡が磨けた」とか「引き出しを1つ拭けた」とかなりますからね。

そしてこのアプリを入れてからは仕事を請ける際も社長のお客さんの仕事と僕のお客さんの仕事が重なってしまい、どちらかをずらしてもらうとかそういうトラブルも無くなりました。

そして予定ごとにコメントが書けるので、例えば「どうしても落とせない汚れがありました!後から落としに行って下さい!」とか「消臭も必要なほど臭いけど、お客さんに確認してみて」とかメモ的にも使えますから、便利。
全ての仕事をアプリに登録していれば、今日は全ての部屋が奇跡的にきれいで、予定していたよりも早く進んだ!という場合も、何日までの工期の仕事を前倒しで今日施工しよう!とイメージしやすいです。

でも僕は手帳も使ってますが、アプリどおりに手帳に書き写し、会社の月間予定表にも全てを書き写し。

会社創業時は1週間や2週間仕事がない、なんて当たり前でしたが、今じゃ仕事がない日が全くない状況ですからありがたいですね。ありがたいけど疲れますけど。

ずーっとアナログに徹底していた工務店さんから「最新ITシステムで現場管理を行います、説明会に参加してください!」と連絡があり、Beクリーンだってお金は1円もかけないけど少しだけITだよ。って思いブログに書いてみました。


グリスの拭き取り

20160927153602049.jpg
スマホのカメラが不調で写真がぼやけてます。。。

今日はパチンコ屋さんの外部塗装の仕上げでガラスを拭いてきました。まーガラスを拭くのは簡単です。写真は鉄の柱に鳩除けの為にグリスを塗ったという部分の清掃です。
ヌルヌルして鳩が止まれなくなるのか?謎です。グリスがあると塗装が出来ないらしく、除去しました。

もーヌルヌル。タオルもヌルヌル。


話は変わりそろそろ冬の準備も考えなきゃいけない北海道旭川市ですが、フリーペーパーやインターネットなどでも「ストーブ分解清掃」ってたくさん広告が出ています。
大手とかメーカーは安心なんでしょうけど、個人でやってる人で不思議なのが資格はあるの?(資格が絶対必要でもないですからいいのかもしれませんが、、、)あと、届出してるの?ってことです。


 条例第61条第1項の規定により火災とまぎらわしい煙等を発するおそれのある行為等をしようとする者は,次の各号に定める届出書により消防長又は消防署長に届け出なければならない。ただし,その内容が軽易なもの又は第1号,第4号及び第5号の届出の場合で,緊急を要するときは,電話又は口頭によることができる。
(1) 条例第61条第1項第1号については,火災とまぎらわしい煙又は火炎を発生するおそれのある行為の届出書(様式第12号
(2) 同項第2号については,煙火打上・仕掛届出書(様式第13号
(3) 同項第3号については,催物開催届出書(様式第14号
(4) 同項第4号については,水道断減水届出書(様式第15号
(5) 同項第5号については,道路工事等消防活動上支障ある行為届出書(様式第16号
(6) 同項第6号については,水素ガスを充填する気球の設置届出書(様式第17号
(7) 同項第7号及び第8号については,煙突掃除・取付・石油ストーブ等の分解掃除就業届出書(様式第18号
(8) 同項第9号については,少量危険物配管業届出書(様式第19号
(9) 同項第10号については,露店等の開設届出書(様式第19号の2

旭川市の火災予防規則に

上記の通り記されています。
特に(7)番。ばっちり書かれていますよね。

先日もテレビのニュースでストーブからの出火で火災、住人死亡と出てましたが、命に関わる重要な仕事ですから、価格だけで考えずに信用も判断基準に入れるのも大切な家族や家財を守るためには必用なのかな?と思いました。
旭川市は分かりませんが札幌市では消防に提出する届出書には資格の番号も必須のようです。
日本国内その他にも資格が届出に必須の地域は多いようです。

ちなみに資格マニアの僕ですが、ストーブの資格は保有していません。もちろん消防に届け出も出していません。
お客さんで「ストーブの清掃できないの?」とか「もっと奥まで掃除して」という人が多いですが、上にグダグダ書いてきた内容を考えるとBeクリーンとしては責任も取れないし請け負わないことにしています。

とはいっても自宅のストーブなんかは自分で分解清掃しています。条例を読む限り「業」にしなければ問題ないようですし。
正直言ってストーブの構造なんて簡単なものです。器用なら誰でも出来ると思います。

業者さんに頼んで「そんなにかかるの!」って思うのは経験と知識と安心安全が上乗せされているからなんですね。

僕は出来ません。頼まないで下さい(笑)高くてもしっかりしたところにお願いするのがいいですよ。

国際化

なんか最近会社に中国人が突然入ってきて「ここ何丁目?」とか「ゴミをくれ」とか訳の分からない話が多いです。
うちの会社の敷地の奥側半分は廃品回収の業者さんが回収した廃品を貯めるのに使っているから勘違いしているんでしょうけど、何も言わずに突然会社に入ってこられても困る。

廃品回収といったって色々と市の登録とかいるんだろうし、中国人の彼らはあきらかに怪しい。
偏見だ!といわれるかもしれないけど、実際に彼らにあってみると分かると思います。怪しい。

9月はほぼまともな休日がなく終わり、10月の連休も仕事になりそうです。
「仕事があるだけありがとい」というひとも多いですが、気持ちにゆとりがなければいい仕事なんて出来ませんから。
「休みたいときに休めるように仕事をコントロールできなきゃ三流だ」「心身ともにメンテナンスも大切だぞ」と先輩には言われましたがもっともだと思います。


ちょこちょこ面白い仕事はしていますが、なんだかゆとりもありませんからブログを書く気持ちも起きません。

ここ数年はお盆は知床のほうに温泉めぐりの旅、秋の連休は函館方面に温泉めぐりの旅という楽しみで過ごしていましたが、今年の秋は温泉は無しっぽいです。がっかり。。。。


シミ抜きあれこれ

いつも口癖ですが忙しい。。。

4000平米くらいある老人ホームのワックス掛けやガラス清掃、トイレ清掃などにかかりっきりで、その合間に色々と面白い仕事をしています。ワックス掛けが楽しくないわけじゃないですが。。

色々な場面の染み抜きをしていました。

_DSC4717.jpg 

_DSC4721.jpg 

_DSC4719.jpg

_DSC4723.jpg

目地は乾いていませんがタイルは乾いています。すっきりです。

うちのパートさんが落とせなかったということで僕が行ったんですが、5分もしないで取れてたのを見て「そんな簡単なの!?」と驚いていました(笑)

今回はかけるとパーマの臭いがして紫色に変わるあれで落としました。バレバレですね。

今日はイスの染み抜き。
_DSC4724.jpg 
毎年洗っているイスですが、今回はシミが多かったです。これも簡単です。

いつだったかは壁紙の染み抜きです。
_DSC4708.jpg 

_DSC4714.jpg
分かりにくいんですが、上は黄色くて下は白くなってます。
これも簡単。

さっきはエアコンを洗いました。
_DSC4726.jpg 

こんな機種。

これも簡単。

お客さんにも「簡単に落とすね」とか「5分で落ちるの?」とか言われますが、違います。
10年と5分です。

10年やったから今は5分で出来るんです。10年前は12時間は掛かりましたから(笑)

720分を5分に短縮するまでに、何人の掃除屋さんに馬鹿にされお客さんに怒鳴られ、自分にがっかりして悔しくてイライラしたことか(笑)
でも僕は生まれつきのドMですから怒鳴って怒ってくれる人がいないと伸びません。

未だに「俺の技術はこんなものか」って落ち込みますし、がっかりします。でも「何で出来ない?」「このまぐれは何が原因でうまくいったの?」とか「あの人はどうやってるの?」とかあれこれ考えをめぐらせるのが楽しいです。

努力なんて人に見せるなってのが僕の持論ですから、誰にも見られない場所でひっそりと考えて考えて練習してみます。

ここ数日のソロ活動での発見は、ポリッシャー用のパットの真中の丸いくりぬける部分があるんですが、これ!いままで隅を擦るのに使ったりしてましたが、「もっと大事にしておけばよかった!!」って思いました。

「え!これがこんなにも使えるの!!!!!!!!!!!」って驚く出来事がありました。


プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード