石の床にコーティング

ここ数日はちょっと面白い作業が続きました。
玄関に貼ったタイルにコーティングを塗る作業は思っていたよりもきれいに仕上がり驚きでした。

DSC_0409.jpg 

DSC_0410.jpg

見た感じ「え?塗ったの?」って感じると思います。

僕はこの「え?塗ったの?」ってのがコーティングでは素敵なんじゃないかと思っています。

もっとツヤツヤにも出来ますし、滑らないコーティングも可能ですが、質感はほぼ変わらずってのが燻し銀かなと思います。

今回のコーティング剤はもっとツヤのある素材に塗ればテカテカになりますし。面白いですよ。

塗るのにはアプソンのモケットモップが使いやすい気がします。

ワックスとは違うコーティングの世界です。

玄関にタイル張りはよくある仕上げですけど、バサモルの具合が良くない場合、濡れるとエフロが出て真っ白になります。

IMG_1002.jpg 

こんなんです。

これって酸洗いすれば消えますが、また出てきます。モルタルに水がつくと出るものですから、施工の段階の問題ですね。ほぼ出ない施工ってのも可能なようですが。。。。。




他には「洗濯機を使ってたら排水管が詰まって水が溢れてきた!」って現場で排水管の高圧洗浄を行いました。

溢れている排水管にいきなり高圧洗浄すると水が流れないのに、大量の水を押し込むことになりますから、さらに水が溢れかねないので、始めはワイヤーみたいなものでゴミが取れないか試します。
それである程度取れたなら高圧洗浄がいいのかな?って僕は思ってます。

排水管の詰まりも解消されお客さんも喜んでくれたので良かったです。
見えない部分を意識して施工って本当にイメージ力というか想像力が必要だなと感じます。


go-pro

今日は臭いで困るお客さんの下へ臭気調査に行ったり、マンションの水質検査に行ったり特殊な作業の日でした。

そんな中、僕の社会人になってからの数少ない友人の一人とゆっくりお話が出来ましたが、とてもとても沢山の発見とひらめきの連続な素敵な時間でした。

彼はものすごくものすごーく天才的な変態といいますか(失礼)、才能の塊な人なんです。まー色々と素晴らしいのです。

僕が昨年の12月19日から悩んでいた問題の答えもスパッと明確に導き出してくれ、僕はとても嬉しい気持ちになりました。

やはり僕の持論の「雑談の中にヒントがある」ってのと「ロック音楽の中に人生の全ての答えが詰まっている」ってのに間違いはないなと改めて感じた出来事でした。

明日から僕は明確になった答えを実践するためと、更にその先の突拍子もない出来事に向けて気持ちも新たに行動しようと思いました。

ありがとうございました。

FRP浴槽の青いシミ

立て続けに施工したお風呂の染抜きです。
水が出ないと出来ない作業なので、冬はあまりやらないんですが、水を出していいから施工してほしいとのお願いなので。。。

_DSC5070.jpg 

_DSC5071.jpg

_DSC5072.jpg

_DSC5073.jpg

なんか汚い。空室清掃をした掃除屋さんは落とせなかったとか。
大家さんが8社くらい掃除屋さんを呼んで見積もりしてもらったけど、みんな無理だとのこと。

僕も正直言って絶対取れるという約束が出来ないのが情けないところです。「やってみないとわからない」って作業です。
時々なんですけど、30回に1回くらいほぼ変わらない現場もあります。

_DSC5079.jpg 

_DSC5080.jpg

_DSC5081.jpg

_DSC5082.jpg

うっすら残ってしまいました。。。
汚れが取れると写真も露出が変わるので詐欺っぽいのが悲しいですが。。。

横線がうっすら残っています。

これも取れれば素敵なんですけど、僕の今の技術じゃこれが限界です。

最初から比べるとかなり良くはなりましたが、完璧ではないです。

完璧ではないですが、この作業を教えて欲しいという人が多いので、ちょっとヒントを。

_DSC5076.jpg 

_DSC5074.jpg

これは途中の写真なんですけど、青いシミが茶色くなってるのが分かりますかね?この状態で2工程目の途中の状況です。
青いシミが茶色くなるのが上手くいっている証拠なのかな?って思います。これがもっと真っ黒いシミに変わる場合もありますが、それも問題ないと思います。

僕の感覚的には青いシミ、黒いシミ、茶色いシミ、薄い茶色、オレンジ、また黒っぽくなる、茶色、取れる、って進み方でしょうか?

数人にやり方を伝えましたが、皆さん茶色とか黒に変わった時点で驚いちゃって焦るみたいです。

ヤフー知恵袋だとアンモニア水で擦ると取れるって意見が多いですが、まーそういう場合もありますが、僕にご依頼が来るのはそれでは落ちないケースが98パーセントですから、そういうときの落とし方?はもっと違うと思うんです。

僕は、最初は酸で洗います。その次アルカリで洗います。そのあと中性で洗います。そのあと還元させます。そのあともう一度酸で洗います、ここで使う酸にはほんの少し助剤を添加して酸を発砲させつつ揉み込みます、失敗すると洗剤が爆発?します危ないです。ここで様子を見てもう一度還元させるか、アルカリで洗うかを考えます。そのあと、軽く漂白してみます。これで取れる場合も多いです。
これでダメなら、ナノコロイド的な薬品なり洗剤で揉んでみるかチオグリコール酸アンモニウムを試すかとかしてみます。それから還元か漂白で仕上げです。
これが薬品で落とすパターンですね。

削るパターンなら、上のやりかたの途中に研磨の工程を入れて作業です。僕はほとんどやりませんが。。。


荷崩れ

北海道旭川市もここ数日ちょっと暖かいです。
暖かいとは言ってもマイナス気温なんですが。

ちょっと暖かいと道路の雪が溶けてものすごい轍ができます。轍はハイエースの天敵です。もーメチャメチャ揺れるんです。

乗用車だとそうでもありませんが、ハイエースは貨物車ですからすごいんです。

20170214200650937.jpg 

荷物が倒れて消臭の現場に来たのに消臭剤が全てこぼれてなくなった写真(泣)
現場は水が出ないのに。。。。

20170214200645261.jpg

荷崩れしないように作った棚ですが、やはり崩れてきます。

20170214200640691.jpg

延長コードとか照明がバタバタ揺れて、その音がパンクバンドのライブのようです。


洗剤は使いにくいですが深めの鞄に入れてます。エアコン用の腰バックは揺れっぱなしです。

20170214200632496.jpg

引き出しは走ると勝手に引き出します。

20170214200627711.jpg

モップのハンドルやあれこれはグチャグチャです。排水管洗浄のときに使う外の枡のレベルを計るスケールがちらっと見えています。

20170214200621753.jpg

バケツに貼ってあるのはママチャリ12時間耐久レースを完走した猛者のみが手に入れられるステッカーです(笑)ハイエースなのにとても狭く見えます。。。。

20170214200613603.jpg

こんな感じです。。。


次回は僕の釣り用車のランクルを紹介します(笑)冗談です。。。


北海道 オゾンショックトリートメント法

北海道旭川市でオゾンショックトリートメント法(OST法)で脱臭の仕事を行いました。(行ったというか、日常的に行ってますが、、、)

ちょっと面白い現場が続いたので載せてみます。

一つ目が

これです。

新築の住宅なのにストーブの故障で不凍液が漏れており、しばらくの期間誰も気がつかなかった。
気が付いたときにはあちこちに不凍液が染みており、不凍液の臭いを消してほしいとのご依頼です。

不凍液の主な成分はエチレングリコールというものです。
これが、なかなかやっかいで多量の水で洗い流せば落とせますが、新築住宅の壁や床を多量の水で洗えませんからね。

あれこれ工夫して、臭気測定器で計測しても全く問題ないレベルまで臭気は下がりました。

次が、旭川の飲み屋さんで嘔吐した人がいて(そんな人は毎日たくさんいそうですが、、、)吐いた場所がソファーでした。
ソファーがゲロ臭いので脱臭と除菌をして欲しいとのご依頼です。



ソファーに染みたゲロはエクストラクターなどでキレイに洗い吸い取り。
除菌消臭剤で下処理。消臭剤でもう一手間。
オゾン脱臭機で脱臭。
乾燥で仕上げでした。

ソファーのシミもなくなり、臭いも消え終了です。

北海道、旭川で消臭脱臭が必要でしたら是非ご相談ください。

ちょっと足りない

本日お客さんからあったクレーム。「居間の真ん中だけワックスが抜けてる」と。

20170206202326152.jpg 

Beクリーンのワックス修行中のメンズが塗ったようです。

う~ん、ちょっと足りない。。。。

こういうのをきれいに直すのが僕は得意でよかったです。。お客さんには大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでしたが。

ワックスって誰でも塗れますが、誰が塗ってもきれいに塗れるわけではありませんから難しいです。また部屋に対してフローリングが長手に貼ってあるか?短手に貼ってあるか?これでも塗り進め方ってかなり違いますから、慣れるまでは塗る前に「どうやって塗り進める」とか「どこで区切って、どこから仕切りなおす」とかあれこれシュミレーション出来なきゃいけないですね。


この数日色々な人と色々なお話をしていた中で感じたのは、上にも出てきましたがシュミレーション能力?って大切だねってことです。

「こういうことしてみたい!」って誰でも思いますね。個人的な趣味の範疇なら思い立ったらすぐ行動!!でいいと思います。僕もそうですし(笑)

これが仕事や仕事に関わる事だとそうもならない気がします。責任とかお金とか様々な人の思惑や利害など大人の難しいしがらみが付きまといますからね。

僕はBeクリーンの従業員さんたちによく言うんですが「2~3分で100パターンのシュミレーションを頭の中で行って、それから行動」って(笑)

まーまー正直2~3分で100パターンなんて無理ですね。将棋の名人じゃあるまいし。

それにしても2~3分あれば3パターンは閃くでしょう。上手くいった場合、失敗した場合、そもそも出来なかった場合とか。

「やってみて」と言われて、すぐに「教えてください」とか「分かりません」って言う人と、しばらく試行錯誤した上で「分かりません」「出来ません」って言う人って、このシュミレーション能力が違うのかな?って僕は思い込んでいます。

僕は高校生のときに授業中に先生に質問されて「分かりません」と答えたら「分からないんじゃなくて考えてないだけだろバカヤロー」って怒られたことがあります(笑)
当時は僕もアホでしたから先生に「BONJOVIのキーボーディスとの名前は?」って逆に質問し返して、先生が「そんなもの知るか」と言ったのに対して「考えてないだけじゃないですか?」って抵抗したんですが、そういう問題ではありませんでした。ごめんね先生。

話はそれましたが、考えてから答えを出すとか様々なシュミレーションを行ってから行動するってのは本当に大切なことだと思うんです。ということを言いたかっただけです。

自動車のタイヤを交換することを例にとっても、ナットを軽く緩める、ジャッキアップ、ナットを外す、タイヤを外す、タイヤを付ける、ナットを仮締め、ジャッキダウン、ナットを増し締めとか色々あるじゃないですか。
シュミレーションをすると「ナットが外れなかったら?」とか考えると色々必要なものが出てきます。油をさす?パイプを使ってレンチを回す?インパクトを使う?、でも待てよ!それでボルトが折れたら?とかジャッキの油圧が抜けてたら??コンプレッサーが壊れてたら?

結局はスタンドで換えてもらえよ!って結論になるんでしょうけど(笑)


考え出すと不安なことが増えるかもしれませんが、沢山シュミレーションしている人は不安になりがちな状況でも冷静に次の手を出してくるのでは?と思います。

僕は高校生のときに「もしもBONJOVIが当麻町の改善センターでコンサートを開いて、そのときにドラマーのティコが右腕を骨折、誰か当麻町でBONJOVIの曲のドラムを叩けるやつはいないか?!」ってなったときにどうしよう!!ってシュミレーションをしてBONJOVIの全ての曲のドラムが叩けるように練習しました。BONJOVIは当麻に来なかったし、ドラマーは骨折しませんでしたが。。。。



旭川市内のマンションの排水管高圧洗浄

_DSC5031.jpg
旭川市内の4階建てマンションの一室で排水管の高圧洗浄を行いました。

排水からチョウバエが沢山発生しており、臭いもすっぱい臭いが充満していました。

Snap_002.jpg Snap_012.jpg

ちょっと分かりにくいですが、排水管の中をカメラで撮影した画像です。

ホースみたいなカメラでグイグイ排水管の中に潜り込んでパシャっと撮影します。僕の使っているカメラはPCに接続可能で、PCで画面を見ながら送り込み、とりたい場所でボタンを一つ押せば記録できるので便利です。
ビデオも取れるんですが、データが無駄に重たいですし、汚い動画なんて見ても仕方ありません。

本当は排水管も上流ではなくて下流からアプローチが理想的なんですが、そうもならない現場も多いですからね。

作業時間はそれほどでもありませんが、段取りとか仕込みに時間が掛かります。

数年前に排水管を洗ったときは、建物の地下にもぐり、排水管の洗浄口を開けたとたんに○ンコとか溶け切れてないトイレットペーパーが吹き出てきて、全身に浴びたのを覚えています。。。。

自分は洗濯と入浴でリセットできますけど、汚物が漏れた床下の処理に難儀しました(笑)

町の小さな掃除屋さんは何でも出来なきゃいけません。排水管だって洗えます。大手に頼むのも仰々しいから零細でいいや、というお客さんがいれば是非ご相談ください。


塗装仕上げ床の研磨

最近ブログのネタが無くて更新もポツポツです。

ちょっとだけ面白い?現場があったのでネタが出来ました。

DSC_0326.jpg

北海道のマンションやアパートって本州と違い共用廊下は室内にある場合が殆どです。
ですので床もビニール床、長尺とかPタイルとかが多いです。
コンクリート打ちっぱなしもあるんですが、それだと歩行音が響き渡りますから、コンクリートにウレタン塗装とかアクリル塗装とかで仕上げてある場合もあります。塗膜があると歩行音が吸収されて少し響かなくなるそうです。知らないけど。。。

今回はそんな塗装仕上げの床にビルメンさんがワックスを塗りたくって分厚く(3ミリくらい)ビルドアップさせてしまい、尚且つワックスがえぐれて穴が開いたから補修してくれとのご依頼でした。

見たところ、えぐれた箇所はワックスが無くなっていて、ついでに塗装面も少しえぐれています。ワックスを剥がしても、えぐれた塗装面は生き返りませんから、他の箇所もえぐれた塗装と同じ深さまで削らなければいけません。

使ったのは忍者パッドでした。多分ググッても出てこないだろうな~。笑

SPPだと研削力が足りないし、剥離のパッドだと塗装面が死んでしまうし剥離剤は塗装を溶かしますから、それでいて絶妙な加減で削りたいので忍者パッドです。

3ミリ程度のワックスなら忍者パッドは簡単に削り落とします。削れ過ぎ注意で泡泡にしてちょっと削れ加減をセーブします。

そのあと忍者パッドに水研ぎで塗装面をミリ単位で削り落とします。

で、完了です。

塗装は残して傷は消す。面白かったです。

忍者パッドのいい所はまず誰も知らないところ(笑)SPPより安い。SPPより削れる、SPPより大雑把。悪いところは使い方で大暴れする。微妙な加減がしずらい。届くのが遅い。
ですかね。

床以外にも使えそうなので追加注文です。


新しいタオル







新しいマイクロファイバータオルを買いました。
厚手のマイクロファイバータオルが好きなんですが、北海道だといいものがあまり売ってないので、中厚手くらいのものを購入です。

サンプルも使用感が良かったので250枚まとめ買いです。

ついでにワックスのサンプルももらいました。

気になってたワックスなので嬉しいです。

これからどんどん使ってみます。

保育園のワックスかけ


今日は保育園のワックスかけ作業でした。

午後からの仕事は急にキャンセルでした。早くわかってたらなと思いましたが、まー仕方ないですか。

日曜日らしくない日曜日でした。明日から月曜日です。

最強寒波だそうです

ニュースでは最強寒波が来ていますとこの数日雪の画像ばかりです。

2m雪が積もったとか1m雪が積もったとか各地で皆さん大変な思いをされているようで、雪による事故などに気を付けて安全に過ごして頂けるといいなと思います。

北海道旭川市はニュースでやっているほど大した雪も降らず、寒いのは寒いですけどいつも通りの冬だなという感じです。

北海道がマイナス29度になったとか話題の日は僕は海で釣りをしていました(笑)もー寒いのなんのって。
釣れた魚も雪の上に置いておくだけで鮮度を保ったまましめられんじゃないか?という寒さでした。
それでも僕の他にも釣り人が港で釣りをしているんですから、釣り人に寒さは関係ないという感じですね。

ダイヤモンドダストなんて家の玄関を開けたら目の前に見え、木が凍る樹氷ですか?それもその辺で普通に見られる、寒すぎて積もっている雪がキラキラキラキラしているし、雪は寒すぎてサラサラで息でフッと吹き飛ばせるほどのパウダー、深夜に写真を撮ろうと山の中へ出かけると光柱?ライトピラー?が普通に見える。そんな寒さの中生きてます。(さすがに毎日はそんなに寒くないんですけど、大袈裟に書きすぎましたね)

僕が子供の頃はもっともっと寒くて、寒すぎて学校がお休みなんていうこともありましたし、金魚鉢が朝起きたら凍りついていて、金魚が氷漬けになっているとか最近は寒いと言ってもたかが知れている気がします。

ニュースで吹雪の日に車に乗っていたらホワイトアウトで何も見えなくなる。と注意しています。これはとても危険で本当に何も見えなくなりますが、こういう現象も道民には日常茶飯事な気がします。
自分の運転する車のボンネットの先すら見えない。うん、あるある、ですね。普段仕事ではハイエースですから、もともとボンネットなんてありませんが。。。。

まーまー大袈裟な話はさておき、道民は元気ですよ。

北海道の掃除屋さんは窓を拭くときはレールに固まりついた氷をバーテンダーみたいに砕きながら、ガラス全面に貼りついた氷をかき氷の機械みたいにナルビーでシャリシャリ削り落としながら拭き、いくら乾拭きしたって水分がいつまでも飛んでくれない建具や床をあの手この手で乾かしながら毎日毎日働いています。

明日はワックス掛けの作業です。乾くのかなワックス。。。



ステンレスを磨く

ちょっと時間があったのでステンレスを磨いてみました。
いつもの会社の流し台です。

元が汚いのは実験のために汚れを溜め込んでいるからです。。。。。。

いつもと違う磨き方でどういう風になるのか試したくて、部分的にしか磨いていないためちょっと微妙な結果です。

_DSC5015-2.jpg 

左が磨いたあと、右が磨く前です。

_DSC5016-2.jpg

真ん中が磨いたあと、左右の何も映り込みがない部分が磨く前です。

僕の技術だとキズと凹みは消せないので、微妙なんですが。

もっと練習して師匠のような凄まじい鏡面を目指そうと思います。



フィンランドの木製窓メーカー「DOMUS」(ドムス)

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

昨日の現場であった窓の写真です。
DSC_0269.jpg 

DSC_0271.jpg

DSC_0268.jpg

DSC_0272.jpg

ドムスというメーカーの窓です。
性能だとかあれこれはググッてもらえれば詳しく書いてあるホームページが沢山あります(笑)

写真が上手に撮れないんですが、ちょっと変わった窓です。
一番下の写真のL字の金具がなければ窓の開閉が出来ません。

僕はこの窓の清掃をする機会がとても多いので、写真のL字金具は僕の自前のものです。掃除のためだけに買いました(笑)
Beクリーンのお客さんはグレード高めの住宅を施工する工務店さんや素敵なお宅にお住まいの方が多いので、他にもノルド、オリンピア、ベルックス、ペラ、マーヴィンとかちょっとお高い窓に触れる機会が多かったりします。

話は戻り、ドムスは下から2つ目の写真の金具だけで大きな窓が固定されています。

窓の中にブラインドが付いています(たぶん断熱ブラインドだと思うんですけど?)

使いやすいとかどうとかは僕はなんとも言えませんが、まー性能はいいという人が多いです。ちなみに僕はエクセルシャノン窓のドーレキップ窓タイプかオリンピア窓が一番作業しやすくて大好きです。。。

また脱線です。ドムス窓は新築時はガラスに薄い膜?なのかなんだかが着いており一回拭くだけではきれいになりません。拭くと逆にムラムラになります。ナルビーというガラス清掃用の刃物でガラスの表面を削るんですが、それでも完全には薄幕はとりきれずに一枚のガラスを拭くのに数回拭かなければきれいにならないのが難点です。

そして高気密にするための何か?木材に染み込んでいるオイルなのかボンドなのか?何かがとてもはみ出しており、これも簡単にはすっきりきれいになりません。

外国製サッシに多いですが(国産窓にも一部ありますけど)窓が内側に開くのはいいと思います。ガラスを拭くのに外に出なくていいんですから。内側から全部拭けます。二階の窓を内側から拭けるって素敵ですね。

ガラスって拭かないと汚れます。汚れるとおうちに入り込む太陽の光も減るでしょうし、家の中の暖かさに影響すると思うんです。

昨日つくづく感じました。ドムス窓の本場フィンランドの美装屋さんは新品のドムス窓をどのように拭いているんだろう?って。
拭いても拭いてもムラムラムラムラムラ。何年もドムス窓との勝負は1勝6敗くらいで。7回勝負してやっと1回勝てる程度です。

拭き方教えてください。。

今年もお世話になりました

Beクリーンは本日で年内の現場は終了しました。
明日は事務所仕事があるので会社にはいますが。

今年はあまりブログの更新ができない年でした。例年になく色々な分野に攻めていたので出来る事の幅はものすごく広がりました。

僕がずーっと続けている「何年後にこうするために今はこれをやらなきゃいけない!」って中期長期の目標設定もうまく進み、撒いてきた種が花開いていった年でもありました。

来年は今年以上に攻めの仕事で進みたいと思います。

すでに5年後10年後の目標も出来ており、それに向かって準備してきたあれこれを更に推し進めるつもりですし、また新たな分野に挑戦するつもりでいるので、そのための準備を進めたいと思っています。

とりあえず2月にまた東京に行き勉強してきますし。

そして今年は例年になく色々な掃除屋さんから「困った!助けて!!」とか「教えて!」とか「相談があるんだけど」と言った技術的な相談やこれからどうすればいいか?という相談がとっても多い年でもありました。
相談されるから僕が偉いというんではなくて、それくらい気軽に声をかけてくれる仲間が増えたんだな~と嬉しい出来事です。

そういった色々な会話の中で僕自身もあれこれさらに閃きますし、勉強にもなりますし、雑談の中にすべてのヒントが詰まっていると僕は思っているので、とても収穫の多い年でした。

体の面では今年は大きな風邪もひかずに休日も例年よりも少なく働けました、でも今迄で一番あちこち怪我?故障?痛い場所が増えたとか痛くて動けないとか年のせいか?メンテナンス不足か?そういった不調は多かったです。
来年は体のメンテナンスも大切に考えてもっと運動をしたり休みを増やしても売り上げは落ちない仕事にシフトしなければいけないなと強く感じました。

すごい大企業のように経営者が経営だけしていればやっていける会社じゃないですし、僕なんかはバリバリの現場上がりですから現場に出れなきゃいけませんから。
現場もそれ以外の仕事もきちんと行える体力と体と精神力を身につけたいです。

それに僕は会社をやりたいんじゃなくて掃除をやりたいんであって、会社の運営に一生懸命で掃除が一生懸命じゃなきゃ掃除屋さんじゃなくてもっと違う会社でもいいんだと思いました。
掃除屋さんが楽しいんですから。

根っこが腐った木は倒れちゃうという人がいますけど、本当ですよね。掃除屋さんが掃除を忘れたら駄目ですよ。なのでもっと掃除がしやすくなる環境を整えるために、来年は物置を増やしたいな~と思ってます(笑)
道具が会社に入りきりません。。。。日曜大工で物置を建てようか?

そんなこんなで今年も大変お世話になりました。

また来年もよろしくお願いいたします。

20161229175542477.jpg 

今日の最後の現場です。施工未施工でつやが違います。


北海道 色々な染み抜き

タイトルが大袈裟です(笑)

最近はあちこちから色々な染み抜きのご依頼とか相談とかが多いです。

お風呂の染み抜きなんて函館からもご依頼があります。
旭川から函館!飛ばしても片道5~6時間かかりますよ。500キロは無いかもしれないけど、450キロはありますからね。

条件が合えばもちろん行きますけど、作業代金よりも出張料が高額になりますから現実的ではありません。

染み抜きに関わらずお掃除の相談を同業者さんからも沢山うけるようになってきています。「この汚れおとせるの?」「これがうまくいかない、やり方教えて」とか「面白い仕事をやりたいけどアイデアないかな?」とか様々なご相談が多いですね。嬉しいですね。

僕ももっともっと勉強して何を聞かれても答えられる知識と技術を身に付けなくてはいけないな~と思います。やっぱり人との雑談の中にこそヒントやチャンスがあると思うので、たくさんの人と真面目なお話が出来るのが楽しいですね。

それで、自分のさぎょうですが、今日はD社さんが落とせなかったというカビ?シミ?
20161219151131991.jpg 
壁の黒いところがそうです。ただのカビに見えますがそうでもないようです。

確かにタオルで拭いても、ブラシでこすっても、パットで擦っても、カビキラーをかけても何の変化もありません。まったく取れない、消えない、薄くもならない。

20161219151134226.jpg 
画質が悪くて申し訳ありませんが、作業後は消えています。

良いところだけ載せて見栄を張りましたが(笑)どうしても消えない個所もありました。
お客さんはかなり目立たたなくなった!と喜んでくれましたが、うっすらと残った個所が残念です。


今日の発見は刷毛ひとつとってみてもメーカーによって薬品の効き方が全然違うんだな~と感じたことでした。
師匠から頂いた刷毛の素敵さを改めて感じた現場でした。

旭川市で店舗の床ワックス管理

年末は店舗の床ワックスがけが増える時期です。
ほぼ毎日朝から夜中までずーっと掃除です。
もークタクタです(笑)

昨晩はエンボスの床でした。

こんな感じ。
洗うとキレイになります。

今回はボンドワックスのクリーンブラシパットで洗いました。
クリーンブラシパットで洗った後にSPPファインでもう一度洗うとツヤツヤ感が上がって素敵な感じです。

今日はいつもの歯医者さんの床ワックスがけです。歯医者さんはワックスが密着しない床材です。
ちょっとあれこれ特殊な技術で密着させて、あんなことやこんなことをしてワックスを塗るだけでは絶対に出せない劇的な艶をだす施工で納めています。

Beクリーンは普通の床のワックスがけはあまりやりませんから、ちょっと特殊なワックス施工とか、普通に緑パットで洗うだけではキレイにならない床を洗うとか、面白い作業を選んで請けてます。

普通のワックスがけなら出来る人はたくさんいますし、Beクリーンより安いでしょうし(笑)

先日の在宅の水周り清掃でお客さんから頂いたミカンが甘くて美味しくて、疲れた身体に染み渡ります。ありがとうございました。

店舗のワックス掛けの練習

20161210153426408.jpg

昨晩の夜中の作業です。

柱の陰に一人、ウエットバキュームを使う一人。二人は兄弟です。

Beクリーンのベテランさんに床清掃のあれこれを習っているところです。

本当は僕と兄弟と3人で行く予定でしたが、僕の教え方は「背中を見て盗んでくれ」という寡黙なスタイルなので(笑)ベテランさんは心配になったのでしょう。。

僕よりもとってもとっても丁寧に教えていました。

今まで僕と一緒に作業をした人はみんな「何も習ってない」と言います(笑)
「あれやっといて!」「これやっといて!」で覚えてきた人たちは丁寧です。喋らない人から教わる不自由をよく理解してるんですから。


今日はフローリングのワックス剥離を行ってきました。いつもの剥離剤を使わない剥離で作業しましたが、水分吸収率が高いフロアで、年式も古め、状態はとても悪いフロアでした。

ほぼ簡単に剥がせるんですが、一部難しい個所がありました。もう少しで剥離剤を使わない安心で簡単な剥離作業が完成するんですが。あと一歩か二歩工夫が必要です。


新商品

20161208184311426.jpg

まっていた品物が届きました。
色々と試したい場面があるので試行錯誤して上手な使い方を見つけたいと思います。

ここ数年清掃資材の業界も新しくて面白いメーカーさんが増えている?(自分が知らなかっただけ?)なので物欲がすごいです。

カビをとる

Beクリーンは社員さんたち率いる売買物件とか賃貸物件の清掃チームと僕のソロ活動の在宅清掃とか特殊な清掃のソロチームとに分かれています(笑)

そんな僕のソロ活動のチケットはソールドアウト気味でもう一杯一杯です。。

最近ならお布団に入ったら40秒も意識が保てません(笑)もう少し早くなればのび太君クラスにランクアップです!

年末ですからお風呂掃除とかあれこれ大掃除で大変な部分のお掃除のご依頼が多いんです。
今日は窓の周りのカビが気になるお客さんとか、お風呂のカビが気になるお客さんとか。

20161207171453893.jpg

 20161207171457889.jpg

20161207171445666.jpg

20161207171449974.jpg

完全に取りきれない個所もあるのが自分の腕の無さにガッカリなんですが、おおむね落ちています。

そのあとエアコンを1台バラバラニしました。

20161207171505553.jpg

分解前です。何故かカバーの底面がうねうねしています。誰か外そうとしたのか?外したけど上手に納められなかったのか?なんか美学を感じない仕上がりです。

この機種は背抜きにしないとドレンパンが洗えない?機種です。詳しい分解は僕の遥か遥か彼方を独走する師匠や、大先輩の皆さん、悔しいくらい芸術的な洗い方をしているロックンロールな掃除屋さんのホームページに素敵に載っているんじゃないでしょうか?こんな単純機種はわざわざ記事にもしませんか。。。

この時点で16時位でした。
このあともう一台エアコンを洗う予定でしたが現場についてみたらパナソニックかな?ナノイーって書いてあるずいぶんふっくらしたエアコンでした。現代のエアコンの不要な機能がふんだんに盛り込まれたエアコンでした(笑)勝手にお掃除してくれるはずのエアコンの中身がとっても汚いんですから不思議ですよね。

それを見て、「今日は銭湯に行きたいし、後日にしよう」と自分に言い聞かせて帰ってきました。

そういう盛り沢山な機種だって知ってたら朝から行ったんですけど。

お恥ずかしい話ですが、まだ若い僕も老眼が進んでおり夕方になるとすこぶる見えないんです。ビスが+なのか?-なのか?六角なのか?見えないんです。「これ汚れ?いやちがうわ、影だわ!」とか「このFケーブル抜けないな~。あ!抜くときに押すボタンじゃなくて、そのちょっと上の何もない場所押してたよ!!!」とか情けないです。見えないんです。

そういうときはいい仕事になりませんから、逆にカッコ悪い仕上がりになっては申し訳が立ちません。後日ですね。目がパッチリ開いてる時間が良いです。

この時期の北海道って水が使えないことが多いんです。
空室清掃では当たり前ですけど、今日の僕の作業みたいに「清掃はいいので、エアコンだけ分解清掃してください」って場合でも水は出ないことが多いです。
完璧な水落としを行わなければ水道管が凍結して破裂してとんでもないことになりますから。

出ないから100ℓ200ℓとか持ち込むんですけど、通常の荷物も沢山あるのにそれに加えて水ですよ。20ℓのタンクを4つとか2階に運んだら80キロくらい。
しかも寒いんです。

それだもん銭湯に行きたくなります。

自宅のお風呂にバブをいれるよりも銭湯の塩素臭いお湯でもいいから体を伸ばすのが幸せです。




 

しばらくぶりの投稿

ご無沙汰しております。
13日間斜里町で仕事をしていました。。。。世界遺産知床の入り口の町斜里町です。

旭川からは片道4時間。宿泊がほとんどでしたが、所々旭川~斜里を何度も往復したりと非常に厳しい現場でした。

役所関係の仕事でしたが、火災で全焼したお部屋の脱臭消臭という仕事でした。

北海道ですとオゾンショックトリートメント法で火災臭の対応が出来るのが弊社くらいしかなく、仕事を請けた次第です。
オゾンショックトリートメント法に明確な決まりはないようですが、エコゾン社のアクティボかタイガーという機械を使用するのが望ましいようです。パンサーという小型機もエコゾン社では発売していますが、パンサーでは火災で全焼のケースではオゾン濃度が若干足りない気がします。

20161117183748690.jpg 

こんな感じです。

もっともっと悲惨な状態でしたが色々と片付けをして作業が可能な状態になりました。

今回は予定の工期よりも大幅に遅れてしまいました。反省です。
僕のシュミレーションが甘すぎたのもありますが、言い訳させてください(笑)

ものすごく寒いんです。液体は一晩で氷になり、ストーブを止めると吐く息で室内真っ白になり霧のようになる寒さです。消臭剤で湿度を上げていますが、消臭剤も凍りつく寒さ。
スケルトン状態のRC造の建物ですから断熱材がないと外よりも冷え切ります。

ジェットヒーター(現場用のバズーカーみたいなストーブです)を一日中炊いてもマイナス気温のまま。

これでは消臭剤もオゾンガスも効きません。

あれやこれやと手を打ちBeクリーン独自の臭気シールド工法という工法プラス、アクティボとパンサーの2台体制で氷点下の中オゾンガスをなんとか反応させて作業でした。

最後には初日の臭気指数よりも大幅に臭気指数を下げられ、生活に全く問題の無いレベルまではもっていくことができ無事にお引き渡しが終了でした。

アクティボやパンサーを販売している会社の社長の細貝さんにも「火災の現場でそんなに日数かからないよ!」と言われましたが(笑)まー寒いんです。

僕も本当は早くて3日、時間がかかって4日、不測の事態に備えて7日間と思っていましたが、寒さに負けました。。。。
東京の人には想像が出来ない寒さなんです(笑)

まさか火災で全焼の現場で薪ストーブを炊くわけにもいきませんし(笑)薪じゃなければ暖まらない寒さでした。。。

28日は斜里の現場を引き渡してすぐに歌登町へ向かいました。斜里から歌登!片道5時間です。
もー遠いんです。

歌登では町立診療所のエアコンを洗いましたが、エアコンは簡単ですよ。終わりが確実に見えるんですから。分解がどうこうとか難しい部分はありますけど、そういうの抜きにしたら汚いものがきれいになる。それが目に見える。単純明快。

臭いは見えないから難しいです。

まー今までの僕の消臭メソッドでは詰めが甘いということを痛感した非常に学ぶべきことが多い現場でした。

最後は現場の中で深々と頭を下げて「ありがとうございました」といって、終いには建物に手まで合わせて斜里を後にしました。




旭川市内で事務所の床ワックスがけ

最近のテーマは僕が死んだら会社はどうなるか?(笑)です。
ということで、Beクリーンの女性達だけでワックスがけを行ってもらいました。



特に問題なくキレイになっていました。

僕以外の男三人組、チームサンボは別現場でガラスを拭いてもらっています。

男性も女性も頼もしくていいことです。

旭川市内で壁クロスの漂白洗浄

壁クロスの漂白洗浄作業がとても増えています。
何度も書きますが、僕の髪の毛が金髪なのはこの作業の行いすぎで髪の毛が脱色されている為なんです。

今日もさらに金髪になりました(笑)数年後はツルッパゲです(笑)



写真の上側が未施工、下側が施工済です。
すごい違いですよね。

クリーンEXPOにもクロスの漂白?再生?の業者さんが出ていました。他にもクロス洗浄の業者さんも多いですし、専用の機械を使って撫でるだけ!みたいなのもあったはずです。

どれもこれもすごいと思います。

僕の今の手法は、旭川のクロス洗浄の第一人者の友人から教えてもらった方法をベースに、自分なりのアレンジを加えた、旭川システム?(笑)です。旭川システムはなかなか素敵だと思います(笑)僕に教えてくれた友人がそもそもすごい水準で作業してますし。

正直にいうとクリーンEXPOに出ていたクロス洗浄の業者さんの作業は「それしか落とせないの?」とか「それは無理なの?」という部分がありました。
それなら友人の方がキレイじゃん、、、、、って思ったりしてました。

都会は色々な事が進んでますけど、田舎は田舎で独自に発展しているものもあるんだなーと思いました。


閃き

先日の一コマ。

このカビが落とせなくて落とせなくて。CMみたいにカビキラーなんて効きません。僕の大好きな過酸化水素も効きません。
あんなことやこんなことをしても落とせない。

こんなカビ師匠なら簡単に落とすんだろうなーと悩みに悩んで閃きました!



取れました‼

もちろん浴槽の水垢は簡単に取れてます。だからキズも無くつやっと反射してるんです。

数年前まではなんでもかんでも根拠も無い自信があり無鉄砲で、怖い‼って思うものも少なかったです、なので無理矢理進んで大失態が多かった。

最近は怖い事がものすごく増えました。それでも怖い事や心配事、ストレスなんかを上手く乗り越える知恵は増えたし、閃きが増えました。

なんか、自分に都合が悪いこととか、不安なこと自信がないことをなあなあにして、言い訳して、見ないふりして逃げている人はカッコ悪いなーと思ってしまいます。

もっともっともっともっと出来るんだと思います。

届いた!

東京から帰ってきて、昨日は事務所には寄ったけど現場で必要な道具だけ作業車に積み込みすぐ出たので、気がつかなかったけど、アメリカから輸入したパットが届いていたようでした。

日本にはうちにあるだけ!すごいじゃないですか。

何に使うか?ポリッシャーには着けません。

あとは僕が欲しい素晴らしいブラシがイタリアにあるんです。それをなんとか輸入したいんですけど、難しい。。。

これはイタリアに行って自分で買ってこなきゃいけないですかね?


まずはイタリア語の勉強からです。

風連町で水垢を落とす







なんか分かりにくいです。
水垢がバキバキです。

お客さんも何をやってもびくともしないと困っている状態でした。

僕の自作のOYG酸を塗って、こねこねこねこねすると、





こんな感じでツヤツヤに戻ります。

余裕な感じで書いてますが、同じ建物内のキッチンを先日磨きましたが、その時は手作業では無理で機械も使ってしまいました、、、、

昨日までの東京での盛り上がった気持ちが冷めずに、今日の陶器は「こんなものを数分でビカビカに出来ないなら大先輩たちには追い付けないよ!」と勝手にハードルを上げました(笑)

クリーンEXPO2016

一昨日から東京で開催されていたクリーンEXPOを見学に来ていました。

展示会自体も北海道、特に旭川市で行われるものとは規模もモチベーションも全く違い刺激を受けました。

僕の今回のテーマの次世代コーティングに近い仕上がりとメンテナンス性を既存のシステムの改良で再現するという数年かかりの実験を完成させる(大袈裟ですが、、、)為に必要な道具もいくつか良さげなものがありましたし。

消臭の品質をあげるための道具や、考え方も仕入れました。

メーカーさんもまだまだ試作段階の製品もこっそりプレゼントしてくださり、これもまた楽しみです。



昨日の夜は狐塚さん、ryoさん、ナオキンさんをはじめとする、日本のハウスクリーニングのトップを走り続けている大御所の皆さんともお酒が飲めて良かったです。



今日も時間があるので、東京ならではのものを見学して帰ろうと思います。

今回ご一緒させて頂いた皆さんや、東京に行く機会を作ってくれたBeクリーンの従業員の皆に感謝です。ありがとうございました。

業務用厨房清掃の日々

昨日の夜中は老人保健施設の厨房の床清掃とグリストラップ清掃を行ってきました。

atm (1 - 2) 

写真はうちのサンボが洗管デビューの様子です。

見てると簡単に見える洗管ですが、洗管ホースが排水管の中で何処を向いていて、そのように動いているかのイメージが出来なければ全く奥まで進んでいきません。

サンボは比較的順調に進めていたので、出だしは上々だと思います。

写真だと細いステンレスワイヤーですが、横引管は法律に順ずる圧力をクリアできるホースで作業です。もっともっと太いです。縦管は太いホースですと入りませんから、圧力だけ高くしてクリアします。

グリストラップの清掃はとってもグロい画像になるので(笑)ここでは掲載できません。。

今日は旭川市内の居酒屋さんの厨房清掃です。明日も引き続き行います。

20161025193810616.jpg 

油が酷すぎて天井作業時や高所作業時に洗剤や油が垂れてきて、アルカリ火傷や皮膚のただれを防ぐために、Beクリーンの課長(右)と主任(左)はお百姓さんになれそうなくらいの完璧な装備で勝負です(笑)

こういう油がひどすぎる現場ではエコ洗剤も使用しますが、写真にも写っているグリラーネオという毒々しいケミカルも使っちゃいます。

洗剤も効かないので削り落とすしかない箇所も多々あります。
ナルビー検定1級(笑)の僕の名刀正宗ナルビーも全く刃が立たず、刃こぼれするレベルです。。。。。

もう少しで免許皆伝かと思ってましたが、まだまだ修行が足りませんでした(笑)

明日はさらに重装備で勝負しに行きます。

ロール網戸の洗浄

普段は行わない作業なんですが、今回は「網戸洗って!」と言われて「いいですよ~」と請けたら、物を見たらロール網戸だった(汗)というパターンで仕方なく洗浄です。。

20161022172241718.jpg 

汚いです。汚れが見えやすいように地面においてみました。

20161022172234435.jpg

洗剤でブラッシング、高圧洗浄、ブロアで水を吹き飛ばしで作業です。
飛ばした水が跳ね返ったり、高圧の水が飛散らないように、捨てる予定のストーブの安全用カバーで台の代わりです。跳ねない!

20161022172225404.jpg

昨日は雪が降った旭川市です。寒い。今日は雨ですが、高圧洗浄機が濡れすぎるのも良くないので傘を付けました。これはケルヒャーのオプションにもありません(笑)

20161022172220700.jpg

全部で20本くらいかな?真っ白になり良かったです。
普段は絶対に断るロールスクリーンも2本紛れ込んでおり、今更出来ないというのも面倒なので、洗いました。ロールスクリーンもムラにならずすっきり洗いあがり一安心です。

普段は何故ロール網戸とかロールスクリーンを断るかと言うと、取付後のクレーム率が高いんです。動きが悪くなったとか、(最初から破れてたのに)取り付けたら破れた!とか、ムラがあるとか。

網戸もスクリーンも稼動部がありますから、水洗いはその辺のグリスもダメージを受けるでしょうし、サビに強い金物を使用しているわけでもないでしょうから、さびが出たり、動きが鈍くなったりするでしょうし。

その辺は責任持てません。だからお断りです。

普段なら「ガラス屋さんか、カーテン屋さんに相談してみれば?」と言う様にしてます。


浴槽についた青いシミを落とす

今日は他社さんが清掃し終わっているけど、落とせなかったという浴槽のシミを落としてきました。

ほぼ真っ白にはなりましたが、一部だけ何をやっても落とせない箇所があり惨敗でした。

a-1_20161020183047142.jpg 

なんか分かりにくいんですが、現場で見ると真っ青です。
落とせなかった掃除屋さんが何かの洗剤を湿布した跡が残ってました(笑)
努力はしたんですね。

a-4.jpg 

旭川は今日は雪が降る予報でしたから、寒くて寒くて微力ですが電気ストーブを持っていきました。
お風呂だけなら充分暖まりました。

a-3.jpg 

a-5.jpg

a-6.jpg

a-7.jpg

今日使った道具全てです。洗剤と薬品は他にも7種類ほど使いましたが、写真はありません。

作業中に緊急の仕事が入り、薬品を塗っている間1時間くらい開いてしまった為にシミが還元されすぎて、青いシミがまっ茶色になってしまいました(汗)

まー還元されすぎたものはまた酸化させれば戻るだろう、という勝手な理論で再度参加させる作業です。

キズを付けずに洗剤を揉み込むとか、ちょっとだけ汚れに刺激を当てたいときは写真のナノスクラブがとっても役に立ちます。

a-8.jpg 

作業後の写真です。排水キャップのチェーンの下辺りに若干シミが残りました。

この作業が出来る掃除屋さんは旭川にはほとんどないらしく、あちこちから御依頼を頂きます。

最近はこの作業以外にも道内あちこちから「色々調べて問い合わせたけど、北海道ではこの作業が出来るのはBeクリーンさんだけみたいで」というご依頼が増えており、嬉しいというか複雑な気持ちです。しかも問い合わせてくれるのがすごい大手とか、その分野ではトップ企業みたいな所からもあります。すごいことなんですよね。

確かにBeクリーンなら出来るけど、さすがに遠い。。。。ってのが正直なところです。

そんな僕らでも出来ない仕事も沢山あります。

今取り掛かっている現場もそんな1つです。

事情は伏せなきゃいけませんが、技術的にというか、もー酷いですよ。最近流行のモンスター○○みたいな。
従業員全員胃薬持参で仕事です(笑)

仏教に因果応報って言う言葉がありますが、まーこれ以上は何も言いませんが。


気の毒だな。としかいえません。

旭川市内でソファーのクリーニング

1年に1回から2回くらいしかご依頼がないんですが、Beクリーンではソファーのクリーニングも請け負ったりしています。
ご依頼がないというか基本的には宣伝もしてませんし、あまり進んで請け負う仕事でもないんですが(笑)

今回はスウェード生地のソファーです。革は洗いにくいのでドキドキですね。

DSC_0011.jpg 

DSC_0014.jpg 

DSC_0015.jpg

DSC_0016.jpg

シミやカビ擦れなどが多いです。パートさんが写っている写真は染み抜きの為に熱を掛けているところです。現場で「捨ててくれ!」と言われたドライヤーを使ってます。エコです。

写真では分かりにくいですが、猫がいるお宅で、ネコの毛やネコが吐いた跡等も無数にあり、臭いもネコの臭いが素晴らしいです。

DSC_0025.jpg

DSC_0026.jpg

DSC_0023.jpg 

DSC_0022.jpg

洗い上がりはこんな感じです。
汚れも完全にリセットされ、臭いも消えました。

スウェードなので目の立て方で色ムラがあるように見えますが、実際はきれいです。

お客さんも「捨てて買い換える!」と言っていたんですが、洗い上がりを見て「新品に戻った!買い変えなくて良かった!!」と喜んでくれました。



旭川市内で壁クロスのシミを抜く

最近僕は通常の空室清掃にはほぼ参加せずに、フローリングのワックス剥離だとか、消臭、染み抜きとかそういった類のちょっと手間の掛かる仕事でソロ活動が多いです。

今日は雨漏りで壁にシミが出来てしまい、さらに壁クロスの下地の石膏ボードのさらに下の木部のアクが浮き出てシミになった壁クロスの染み抜きでした。

石材の染み抜きから比べると簡単でしょうか。
相変わらずスマートフォンのカメラが不調でなんだか夢の世界のような写真でお恥ずかしいんですが。
20161006162915005.jpg 
わかりますかね?スイッチの左上にシミがあるの。
カメラ不調ですみません。

こんなシミが部屋中あちこちに出来ています。

20161006162918852.jpg 

夢の世界の写真なので分かりにくいんですが、すっきり消えました。

昨日行ったフローリングのワックス剥離もいい具合でしたが写真はありません(汗)

僕が一番難しいと思う年式のフローリングでしたが、今回の作業によるひび割れや剥がれは無しでした。いつもの剥離剤を使わない剥離作業の改良版のテスト施工も兼ねましたが、安全性は増した分、ワックスを剥がすのに時間が普段より気持ち掛かります。

アメリカから輸入してもらったパッドが良いようです。さらに良いパッドがないかさらに輸入をお願いしています。メーカーさんも取り寄せ初らしく、日本にはまだ僕の手元の1枚のみ!すごいですね(笑)さらに数枚違う種類が届いたら面白そうです。しかも3Mより安い。これも良いですね。


話は変わり、次世代床コーティングに限りなく近い施工を既存のシステムの改良で行う、みたいな僕のここ数年のテーマを実験していた店舗のコーティングを2日前に全面リセットしてきたんですが、これも面白かったです。
深夜3時までかかりましたが、とても興味深い結果でした。

3年ほど前に下地で作ったコーティングがまだ生きていて、コーティングを剥がして出た汚水も、通常のワックスの剥離で出る汚水とはまるで違う汚水の色と質感でした。

ただ、課題もいくつか見つかり、それをクリアするための試行錯誤も楽しそうです。

それでついでに今月末にクリーンEXPOを見学にいけることになり、そこで僕が色々考えている面白い作業の材料になりそうなものを発見できればと考えています。

そして大発見はほぼ徹夜明けに普通に仕事をして、その足で海まで釣りに行き、徹夜に徹夜を重ねて来ての出来事ですが(笑)新しく買ったバイブレーションというメタルジグがまーまー素敵なんです。本当に震えます。

僕の夢の90センチ越えのブリも現実になりそうです(笑)

プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード