フローリングにカーペットの跡

当麻町でフローリングにカーペットの跡が付いたって現場で床をキレイニしてきました。
当麻町役場からのご依頼です。当麻町役場建設課ですかね?なんかすごそうに聞こえます。官公庁の仕事!まー僕の幼馴染が勤めているだけの縁なので、Beクリーンが評価されているわけでもなんでもないんですが。。。

一般的なポツポツシマシマみたいなものかと思っていったら、そうでもなくてちょっと「道具が足りない、、、、、」って思いました。


DSC_0973.jpg 

DSC_0974.jpg

もろにカーペットの裏のネパネパが無数に残ってました。これだけなら取るのは簡単ですけど、2LDK全部についてるから、手作業じゃ厳しいし、床を洗う機械につけてこういうのを剥がせる道具は持ってきてないし、、、

なんとかかんとかモロ残っているブツブツを取ると、一般的なポツポツシマシマ跡見たいのが出てきます。

この一般的なヤフー知恵袋で「困ってます」って相談している人が多いポツポツ跡も、洗ったりワックスを塗るだけでは消えませんし、お酢をシップとか消しゴムで擦り落とせ、とかそんなことで消えるわけも無く、、、

しかも今日なんて床を洗う洗剤も持っていくの忘れましたから(笑)さーどうするべ?といった具合でした。

ついでに面倒なのが、ワックスは塗らないで!って条件付です。塗って光沢とか光の反射で目立たなくするのも手なんですが、それが出来ないと違うアプローチで施工しかありません。

完全には消えないという人もいますが、そんなこともないかな?って思います。

洗剤を忘れたので現場でゴムを溶かせる薬品と、このネパネパポツポツシマシマの原因であると思われる添加剤(なんちゃら酸エステル、みたいなやつですかね?詳しくは知りませんが、、、、)を分解させるであろう薬品を混ぜてオリジナル洗剤を調合です。エステルを加水分解ってイメージですか?イメージだけで正しいのかどうかも僕には分かりません。。。。北星学園大学社会福祉学部福祉臨床学科卒業です。もーこてこての文系ですから、理系はさっぱりです。

洗剤は忘れても原料は積んである、理科準備室のような文系な僕のハイエースです(笑)

で、作業後がこれ。
DSC_0979.jpg 

DSC_0980.jpg

DSC_0984.jpg

現場で僕の老眼鏡越しに見た限りでは薄くなったとかうっすら残ったとかでなく、完全に消えたように見えました。どうなんですかね?
自分の作業ですから贔屓目です(笑)

もちろんワックスなしです。地味すぎてつまらない作業でスミマセン、、

新築時に補修された跡や、新築時の施工で床が溶けている箇所があるんですが、そこはさすがに戻せません。
何故新築時を知っているかというと、この物件の新築引渡美装も僕たちが行ったからです(笑)

今日の施工は薬品の妙もありますが、ポリッシャーの回し方がとても大切な施工だと思います。
やっぱりポリッシャーが上手なのは掃除屋さんの中でもビルメンさんだと思います。僕は旭川や札幌で評判のビルメンさんに教えてもらったこともあり、ビルメン風のポリッシャーの使い方も見よう見まねで覚えたのがラッキーでした。

ポリッシャーって誰でも使えるんですが、意外とおくが深いです。丸いパッドの10時のところを意識するとか、2時のところ、7時、4時とか人それぞれですが、僕が見てきた敏腕のビルメンさんは常に全面が床に当たっているように見えます。全面を常に床に当てて作業ってとても難しく思います。
でもこれが出来るとウレタンの下地処理のときにもムラが出ませんし、とても合理的な洗浄が可能になってくると思われます。

こんな長文をここまで読んでくれた人は相当な物好きだと思うので(笑)以前この施工方法を教えて欲しいといっていた方がいたので、物好きついでにヒントです(偉そうですみません、、僕なりの考え方ですので、あくまでもご参考程度に)

薬品でなんチャラエステルやゴム分はある程度取れると思いますが、それだけではうっすら残ります。ワックスを塗ってもこの跡はうっすら見えてしまいます。
無垢じゃないフロア材は表面に薄い紙みたいなシートが貼ってあります、それか工場出荷時になんらかのコーティングがしてあると思います。
このコーティングにカーペットのペタペタが合体してくっついてるんだと思います。
なので、薬品で溶かしたり分解したりするだけでは合体した部分は消えません。
ここをミリ単位とかミクロン単位で削るイメージです。

僕もそんなにシビアに削れる自信はありませんが、あくまでもイメージでいいんだと思います。
ちょっと削っているとツヤがなくなります。それからつやを上げるための研磨で磨いていきます。
フローリングなので濡らしすぎはトラブルの原因です。

一工程ずつウエットバキュームで完璧に吸い取りブロアーでサネの水を吹き飛ばして、完全に乾かしてから次の工程です。

僕が今日使ったのはSPPファインとツイスターの3000番と、マイクロファイバーです。

これで一番下の写真のような工場出荷時に限りなく近い光沢には戻るんだと思います。

洗剤なり薬品はゴムを溶かせるものはなんとなく探せばありそうですけど、なんちゃらエステルを加水分解するのは水ではダメだと思われます。
きっとナノテックシステムの考え方にヒントがあるんでは?と僕はかってにこじつけてます。

ではではいつも通りパットしない分かりにくいヒントでごめんなさい。

猫 臭い 消臭

ちょっとだけ面白い現場があったのでネタにしてみます。

旭川市にも便利屋さんって何社かあるみたいで、その中のお一方からのご依頼での消臭でした。

下見に行きましたがとってもすごい量のゴミで部屋が埋もれており、そのゴミに猫がオシッコやウンコなどを大量にしており、生ゴミが腐ったり、色々腐ったりとろけたり、タバコのヤニや漏れた灯油など、なんだか消臭脱臭のテストがあるなら「これを消しなさい」って問題に出来そうな、臭いの全ての要素が詰まりに詰まったエキセントリックなお部屋でした。

旭川の便利屋さんで消臭や脱臭をきちんと勉強して施工が出来る会社さんは今の所皆無なようで、みなさんそれぞれ工夫して施工をしているようであります。

消臭や脱臭と言っても、松竹梅じゃないですけど、お客さんのご予算でどこまで施工できるかって変わってくるんです。
松竹梅のどのコースを選ぶか?臭いの強さや種類は?どこまで工事をするか?様々な要因で価格や施工に必要な日数など大幅に上下するのが消臭の難しいところです。

よく「一般的にはいくらですか?」ってお問い合わせがありますけど、それってナンセンスです。

僕の経験だと数千円から数百万円まで幅がありますから、一般的も何もありません。消臭のお問い合わせに関してはゆっくりお互いにお喋りして、出来れば現場も拝見させて頂いて詰めていくのが理想的ですね。お見積もりは無料ですし。

僕は生まれ持った天性か?汚いとか臭いとかグロいとかに関してものすごく許容範囲が広いというか寛大なんです(笑)
よく同業者さんにも驚かれますが「この部屋にそのカッコのまま入れるの!!??」とか「それ触れるの?」とか「よくこの空間で呼吸できるね!?」とか。

並大抵の状況では驚かないので恥ずかしがらないで見せて下さいね(笑)

DSC_0945.jpg 

DSC_0944.jpg

DSC_0943.jpg

便利屋さんがゴミを片付けてくれて内装もそれなりに取っ払ってくれて普通の部屋に戻りました。

ここから消臭です。今回は竹コースですかね?

DSC_0942.jpg 

アパートの2階なのでアクティボは重たくて運びにくいのでパンサーで作業です。

色々な名残が床を取り除いてもシミで残ってます。気にしません。。

仕上げのお掃除も便利屋さんが行うそうなので、今回僕は消臭のみです。脱臭は竹コースだと程々しか出来ませんね。

臭気強度指数(0~5)で言うところの5が2まで下がりましたし、竹コースならいいところじゃないでしょうか?

今回の消臭の何が面白かったかというと、普段はBeクリーンが直接請けますから、もっと色々と打ち合わせを詰めて、消臭の効果が120%発揮できるような条件での施工ですが、今回は僕は直で請けてませんから「さーこれでお願いします!」っていう、僕としては「これじゃー。。。。」って所がスタートです。

臭いの原因物質の除去もせずに、原因物質がまだ何箇所か残っている状況で消臭はどこまで勝負が出来るのか?
Beクリーン独自の臭気シールド工法も使用しません。

これ結構難しいですよ。キムチがあるのにキムチの匂いを消せ!って言うのと同じですから。

オゾンとか僕が使っている消臭剤は臭気の分子を分解したり違う分子に変えてしまって匂いを消すものです。ファブリーズは良い臭いで臭いにおいを分からなくするものですよね。バクテリアの力で臭いの元の細菌を消してしまう消臭剤もあります、あとは臭いの分子に適当な分子をくっつけて、人間の鼻の中の臭いを感じる部分では臭いを感じられない位の大きさに変えてしまう消臭剤とかもあります。光触媒とかも面白いですね。エコカラ?とかも光触媒的な消臭方法ですよね。これも素敵だな~って思います。

ヒドロキシルラジカルとか難しいことを言ってみます。。深い意味はありません。。
近頃はカーペットのシミを抜くのに紫外線を使ったり、コーティングを硬化させるのに紫外線を使ったりもします。そしてわざとに酸化を促して酸化皮膜を強制的に作ってしまう技術もお掃除の世界では流行ってます。

この辺をとってもとっても考えてカルモアさんの消臭剤にとある薬品を添加して、ついでにあれも使って、それからちょっと面白い施工方法で施工したところ、キムチがあるのにキムチの匂いを感じられない。って状況を再現できたように思います。

これをBeクリーン独自の「火災警報器がなっちゃって怒られちゃったよ工法」と名付けますか?いやもっと良い名前を考えます。。

名前を考える前にこの施工が日常的に安定して化学反応を起こすことが出来るのか?あちこちで実験しないといけません。今回は2度目の挑戦ですから、まだまだ「出来るよ!」というには確信が持ちきれない施工であります。

このネーミングから僕の今回の施工方法が分かってしまった人は連絡下さい!「お願いだから秘密にしておいて」って頭を下げますので(笑)



顔で分かる。。。

人間って不思議なもので、性格とか生き様とかって顔や振舞い方、態度なんかにはっきりと出るものですよね。
意地悪な人は意地悪な顔してますし、かったしーって人はかったるい感じだし。自分に都合が良くなるように必死な人は打算打算でずるいの見え見えだし。。

江原さんじゃないですけどオーラ?みたいなものって出てますよね。

今日はなんだか状況が良く分からない現場で急遽呼ばれて、よく分からないまま作業がありました。
まーそれはいいんですけど、来た担当者が「それおかしくない?」ってことが多くて残念でした。
普段は今回の担当の上司としか仕事をしていないので、会社は知っていてもこの担当者は会ったことも無いですから、なんか感じ悪かったです。

急遽呼んだのに担当者が時間を守らない、挨拶もなしにいきなり話し始める(初対面なのに)、帰り支度が済んで片付けてあった荷物を「写真撮りたいので道具を入れて撮りたい」といって勝手に動かし始める。写真撮り終えると握り締めていた名刺を無造作に出して「請求はここに」って。
しかも一方的に話をしてこっちの話は聞かないし、会話にもならない。

DSC_0936.jpg 

そして勝手に動かした道具を元に戻すことも無く、居なくなる。。。。

挨拶できない、名刺の渡し方も最低限のマナーがあるだろうし、僕が渡したものもグチャット握ってポケットに、荷物も勝手に移動したなら、元に戻すのが普通じゃないのか??
帰り際も頼んでいるならもう少し部屋を出るときの出方ってあるんじゃないの??

人それぞれ当たり前とか常識って違いますから、相手にしたら僕がおかしいかもしれませんけど、なんか違うんじゃないの??ってとっても感じました。

急な追加作業もあったし、打ち合わせ金額よりも割り増し請求で行きたいと思いました。
業者も人間ですから変な態度だと気分悪いですよね。

10年先を考えて

僕は意外と計画的に物事を進めるのが好きだったりします。
仕事も数年後にこうしたいから今はこれをやらなければいけない。とか具体的に考えてます。

なんかすごい人みたいですね(笑)

考えるといっても「来年はブリを釣りたいから、今年は遠くに投げる練習をしておこう!」とかその程度なんですが。。。。

で、札幌にあるリライブルさんという会社の鈴木さんとお話しする機会を作って頂きあれこれお話できました。

遺品整理とか特殊清掃とか便利屋さんとか消臭脱臭とか、しっかりきっちりやっておられて、遺品整理士協会主催のセミナーでは講師を勤められるような立派な方なんです。

それでこれから色々と協力し合って北海道の清掃や特殊清掃、消臭脱臭の仕事の底上げとか本州の企業さんに負けないレベルに持ち上げていこうというような話題になりました。

とっても楽しい時間であっというまにお話終了でした。

やっぱりしっかりした人だな~と戦々恐々としてしまいました(笑)きっちり明確なヴィジョンをもって物事を進めている人はお話していて楽しいです。とても良い刺激も受けましたし、本当に有意義な時間でした。

これから北海道の清掃に関する業者さんたちは色々変わって行くんだろうな~と思った出来事でした。がんばって掃除屋さんの社会的な地位向上を目指したいと思います。

まだまだ実力不足。。。

旭川市の隣町東神楽町のひじり野という地域は掃除屋さん殺し?といっても過言ではない凄まじい水垢が付きやすい地域です。
この地域で撃沈した掃除屋さんを何人も知っています(笑)

キッチン天板。
DSC_0561.jpg 
キッチン天板。
DSC_0562.jpg
お風呂。
DSC_0862.jpg
お風呂。
DSC_0864.jpg
お風呂。
DSC_0867.jpg

硬すぎるんです。温泉か?という固まり方です。

OYG酸を塗ってコネコネコネコね。

お風呂。
20170512073516980.jpg 
お風呂。
20170512073524951.jpg
お風呂。
20170512073537755.jpg
キッチン。
DSC_0912.jpg 
キッチン。
DSC_0914.jpg
キッチン
DSC_0917.jpg

師匠にはまだ水垢がとりきれていないのがばれましたが(笑)その後きちんと手直しして納めました。詰めの甘さが自分流でした。。

お風呂もキッチンもとりあえず、映り込みがそれなりになるくらいまでには回復させることが可能でした。
久々に機械がフル活躍でした。普段は基本機械使わないんですが。

20170512073507156.jpg 

こんな感じです。インパクトも日立なんですが、ミニサンダーとか本気のサンダーとかブロアーはマキタでした。延長コードは現場で拾ったコードです。エコでしょ?


作業のついでに師匠を追い越せるか?と思いステンレスを磨きましたが、まだまだ遠く及びもしませんでした。。。。。
師匠だと髪の毛の枝毛も見えるレベル(笑)ですが、僕のは自分のシルエットしか確認できませんでした。

DSC_0896.jpg

お風呂もキッチンも、あれこれまだまだ自分の実力は鼻くそみたいなもんだな~と痛感した現場でした。

深川市でエアコン清掃

今日は朝から深川市のスナックでエアコンを洗いました。
2台洗いましたが、1台が相当汚れていました。

DSC_0809.jpg

DSC_0810.jpg

DSC_0811.jpg

DSC_0812.jpg

ファンもモーターも基盤も全部下ろしましたが、どこもかしこもヤニとカビでした。

ここまで汚れるとやはり分解して洗わなければ、汚れは落ちないな~と思います。カバーを外してシューっと洗剤をかけるだけでは無理でしょうね。

オープン間近とあり、カラオケの機械の業者さんも来て設定をしていましたが、テスト用の音楽がセンスよくて素敵でした(笑)

エアコン洗浄で色々と考えるところがあり、新たな道具をを注文してみました。これで僕が悩んでいた問題が解決されればいいな~と期待しています。
色々と相談に乗ってくださったサニテックの中野さんに感謝です。ありがとうございました。

ついでにエアコン洗浄用のカバーも古くなってきて破れてきたので、新しいものが欲しいなと思ったりしています。

今年もエアコンが多そうです。

最近の洗面台って、、、

最近の新しい住宅に多い洗面台ってどうなんですかね?

なんかよくわからないプラスチックみたいな洗面台。あれです。

DSC_0806.jpg 

これは蛇口の右側のところです。全然つやがない。新品はツヤツヤです。
自分で掃除しようと思って擦るとすぐツヤがなくなります。新築住宅の清掃時でも業者さんが間違ってボンドとかを垂らしてしまうとそこだけツヤがなくなってるのを見かけます。

陶器の方がいいな~。磨けば光るし。こんなにズタボロにならないし。

これは蛇口の左側です。磨きました。
DSC_0805.jpg
コーティングは無なのでちょっと寂しいですけど、 戻せないこともないですけど一生懸命磨かなきゃいけません。
これは大変ですよ。ゴシゴシグルグルギュイーンと。

これから家を立てる人は洗面台とトイレは陶器の方がいいと思います。
家って高いですから、洗面台とかトイレとか価格が安くてパット見素敵なほうがいい気がしますけど、長く住もうと思うなら長持ちする建材を選ばなきゃ、切ない感じになりますよね。

汚れてズタボロになったから家を建て替えるような裕福な人なら別ですけど。

僕個人的には、洗面とトイレは陶器、キッチンはゴチャゴチャしていないステンレスのもの、お風呂もテカテカしてないもの、床は無垢材か、普通の安いフローリングか二択だと思います。
ノーワックスの洒落た床は意外とすぐダメになりますよ。穴が開くとか凹むとか剥がれてくるとか。なんか汚らしくなるとか。

家を立てる人はモデルルームもそうですけど、お家賃高めの賃貸も見に行くと良いかもしれません。憧れの素敵な建材がズタボロになった状態も見ることが出来るのでは?
と思ったりします。。

夢も希望もない話題ですみません(笑)

Steve Vai

今日はマンションの共用廊下のワックス掛け清掃でした。

メーカーさんがしばらく貸してくれるとのことでコードレスポリッシャーを借りての作業でした。
DSC_0791.jpg 

バッテリー式でコードがありません。便利でビックリ。

僕なんてコダワリ派ですから、スティーヴヴァイみたいにコード式にものすごく拘ってましたから(笑)分かりにくいネタですみません。。
コードがない機械に驚きでした。

先日の日曜日は息子たちと姪っ子とダムラーしてきました(ダムでラーメンの略です)

DSC_0755.jpg 

DSC_0760.jpg

昔は泥沼でも岩場でも車で走り回って「うまってしまった!!」ってニコニコして遊んでましたが、最近はそういうアクティブさも無くなってきて無難に林道ツーリングとまりです。

子供のころから親父に連れられキャンプや車中泊やヤマラー(山でラーメンの略です)したり、キャンプ道具は持ってるけどテントがはれないお父さん、火がおこせないお父さん、キャンプ場で新品の道具を開封して使い方すら分かっていないご家族にキャンプの仕方を教えてあげる仕事をしたり、個人的にもあちこちでキャンプや野宿をした経験から、一番使いやすいのはイワタニのカセットコンロという結論に至りました。。

下の写真ですね。
DSC_0762.jpg

コールマンとかのキャンプ用コンロやあれこれ便利なキャンプ用品一式持ってますが、まず使いません。ランタンもあるけど使いません。

コンロはイワタニ、炭火は七輪、照明は現場用の充電式LED,ハンモックを吊るロープは現場の荷締めベルト、タープは現場用ブルーシートを車のルーフラックから近くの立ち木にロープで結びつける、見た目はダサいですが実用的。質実剛健ですね(笑)

これにホットサンド用のフライパンと、普通のフライパン、お鍋が、小麦粉、水、塩があればバッチリです。チャパティも焼ける、お湯も沸かせる、米もたける、パスタも茹でれる。

どーでもいい話題でした(笑)

先日の釣りの結果は大漁で沢山釣れたんですが、そんなに食べないので2匹だけ持って帰りました。
黒ソイ。
DSC_0746.jpg 


故人の好物?

カーペット清掃が続きました。
最近カーペットの凹みをどこまで起こせるか?ってのが面白くてあれこれ試して、結構いい感じに凹みが起こせるようになってきました。
Beクリーン独自のカーペットモフモフ工法と名づけます!素敵。

これはなぞの汚れが付いていて落とせますか?って現場でした。落ちますね。とのことで施工です。

DSC_0742.jpg

DSC_0743.jpg

すっきり。

滝川市でお葬式場のエアコン清掃をしました。

DSC_0740.jpg 

DSC_0737.jpg

7尺と9尺の脚立で作業です。
天カセ1台と壁掛け1台でした。壁掛けは家庭用と言っていたのに業務用?大きな壁掛けでした。残念。
天カセエアコンはカバーを外すとくすだまが割れたときのようにオメデタイ感じでグラスウールが振ってきて全身かゆくてかゆくてチクチクしてたまりませんでした。。

DSC_0741.jpg 

お葬式場で見かけた不思議な商品。故人の好物シリーズ?お供えするのかな?

僕が死んだらタイカレーをお供えしてもらおうと思いました。


旭川市 エアコン清掃

ここ数日エアコン清掃のご依頼がバタバタ増えてきています。
Beクリーンではエアコン清掃は僕しか施工していないので、受けられる台数に限りがあります。

そんななか今日のエアコンは珍しい?コロナ製でした。

DSC_0723.jpg 

DSC_0724.jpg 

DSC_0726.jpg

カビが結構生えてます。カビのにおいは少ししますが、それ以上になんかアロマみたいな臭いが気になります。

エアコンの消臭はどんな素晴らしい消臭剤を使っても脱臭機を使っても分解清掃出来なければ施工は不可能ですから、エアコン分解清掃が出来て消臭もできる業者さんを見つけなきゃいけません。

そんな会社どこにあるんですか?はいBeクリーンです。とコマーシャル風に書いてみました。が、ちょっと大袈裟ですね(笑)

実際はエアコンの消臭はエアコン分解清掃が出来て、適切な洗剤を使用して洗ってくれる業者さんなら必ず可能だと思います。分解して洗えばカバーだけ外して洗剤をかける洗い方と違って、全てを完全に洗えますから。
そんなことどうでもいいから安く洗ってくれれば仕上がりなんて程々でいいんだよ!!ってお客さんもいますから、それならそれで素敵な業者さんも沢山いますし。

自分が求めている仕上がりと代金の折り合いが付く業者さんを探されるといいと思います。

僕は毎日毎日お電話の問い合わせで「高い!」 「そんなに?」 「検討して後ほど掛けなおします」 「ふざけてるの??」 「ダスキンなら○○円だぞ!」「素人だと思ってふざけるな!」 とか言われすぎて、ちょっと気持ちがくたびれています(笑)

正直言うと「そんなこと俺はしらねーよ」と思っています。。。。回っていないお寿司屋さんでお腹一杯食べて、お会計時に「一万円です」って言われてブチギレてるのに近い気がします。。。。

それくらい掛かりますよ。回ってないんだから。

って思うけどお客さんには言いませんけどね(笑)

「すみません、うちはこれ以上安く出来るほど実力が無いもので、、、、」と謝ってますが。

バラバラにして丁寧に洗って30分とかで施工できるほどの凄まじい実力があれば安くても利益が出るんでしょうけど、僕の修行不足ですね。

さーこれからもう一件現場に行ってきます。いつになったら落ち着くのかな。

ゆっくりのんびり休みたい。。

お風呂の鏡の白い汚れ

DSC_0684.jpg

こんな汚れを落とすのは簡単で。時間を計りましたが2分で。

DSC_0686.jpg

こんな感じです。細かいところは追い込んでないので未完成ですが、これくらいにするだけなら2分。。

この仕事を始めたときは鏡の水垢が取れるなんて知らなくて「取れる掃除屋さんがいる」って聞いたときは驚きでした。それから試行錯誤で今思えばとんでもないですけど、茶色のスコッチで擦ってみたりダイヤモンドはダイヤモンドでも200番とかとんでもない番手で擦ってみたり。。。

今じゃよっぽどのことがない限りはダイヤも使わず素敵なパットと洗剤で手で擦ります。

昔のお客さんにはごめんなさいって謝りたい仕上がりはたくさんありますね。申し訳ない。。
そのときに出来る精一杯はやっているつもりなんですけど、やっぱり技術って日々進化しますしね。

窓掃除もベランダサイズで6時間も掛かっていました(笑)今なら15分か20分です。カビ取りも含めても50分くらい。

掃除屋さんを始めた当時は掃除屋さんが嫌で嫌でいつ辞めてやろうって常に考えていました。今じゃ掃除屋さん楽しいな~って思いますから不思議ですね。

師匠が「敵は昨日の自分です」って言ってましたが、あの人に勝ちたいとか思っても大した意味は無くて、昨日の自分よりもすごいことをしてやろうって思ってないと面白くないと思います。

昨日は落とせなかった汚れが今日は落とせた!!ってすごくすごく小さいことで本人も気に留めないかもしれませんが、それって素敵なことで、そんな些細なことを毎日楽しいと思えたら掃除に限らずですけど、どんどん上手になっていくんだろうな~って思います。

とっても地味な作業ですけど自分が出来ないことと出来ることをノートに書き出して、出来ることはどうして出来るようになったのか?出来ないことはどうして出来ないのか?どうやれば出来るようになるのか?そんな想像ゲームみたいなことをすると客観的に色々と考えられて面白いなと思ったりします。僕は大学生のころそんなことをしていました(笑)

大学生のころ僕は写真家になりたくてとても真剣に写真に取り組んでいました。当時お付き合いしていた女性が僕よりも3つ年上で学生写真界ではとてもとても有名な人でした。
トゲトゲしていた僕はすごくコンプレックスでした。なんで同じ場所に写真を撮りに行ってるのに彼女は素晴らしい作品を沢山作り出せるのに俺はダメなの?

なんで毎日一緒にいて彼女の考えにも一番近くで触れているのに理解できなくて消化できないのか???とってもっとってもコンプレックスでした。
個展を開いても彼女と比較されることがとても多かったですし。

それで先に書いたみたいなノートの取り組みをして気がついたのは、他人と同じにはなれないということでした。そんな当たり前のことに気がつくのに何年も掛かりました(笑)

それから僕もそれなりに学生の中では有名になれて雑誌に取り上げてもらったり評論家の人に褒めてもらえたりしました。嬉しかったです。

人に関心がありすぎて自分に無関心だったのがダメでした。

自分が得意なことが何かを知らなかったからどこを伸ばせばいいかが分かりませんでした。

得意なことを伸ばせばいいんだなと思うとちょっと気楽ですね。

ということで今日は久々に写真を撮りに行ってみようと思います。

しつこい

しつこいですが今日も風呂の染抜きでした。
_DSC5228.jpg 

別に許容範囲じゃないか。。。って僕は思いましたがお客さんはこの微妙な変色が許せなかったようです。まー正解なんてお客さんが決めるものですから僕は「施工します」って言うだけです。
確かに真ん中を境に上と下で若干の色の違いが出ています。

分かりますかね?上が若干オレンジっぽくて下が青緑がかった白っぽい色。
黄色の補色が青紫ですから、黄色に青紫を足すと白っぽく見えますかね?

元がベージュっぽい色に青緑っぽい色を足すと白っぽくなるのか???よく分かりません。


_DSC5236.jpg

白くなりました。真っ白。
我ながら良い出来栄えです。

今日は早くて30分で終了でした。

この作業は時間がピンキリで早ければ30分、時間が掛かるときは3時間とか掛かります。

釣りに行きたい。2日間くらい自分のペースで好きなだけ釣りをしていたいな~って思う今日この頃です。

お風呂の青いシミ

久しぶりにブログを更新したと思ったらまたまたお風呂の青いシミの記事になりました。。

なんせご依頼が多くて、こればっかりやってる気がします(笑)

DSC_0678.jpg

DSC_0679.jpg

DSC_0680.jpg

こんな感じです。
パソコンやスマートフォンのモニターによって見えたり見えなかったりするかもしれませんが、浴槽底面にも丸いシミや、何かが垂れてしまったシミなど青いシミだけではなく黄色いシミやオレンジのシミもたくさんある、シミの盛り合わせみたいなお風呂でした。

正直なところ「これは抜けないかな~??」とも思いましたが、意外といけました。

DSC_0692.jpg 

DSC_0695.jpg

DSC_0696.jpg

すっきりです。

今日はまた色々な発見があり、僕の染抜きの引き出しも3つくらい増えましたので面白い施工になりました。

こういうシミってエコジョーズの給湯器が付いているお風呂にとっても多い気がします。エコジョーズじゃなかったらエコキュートですかね?
なんせ高性能ボイラーのお宅はシミが出やすい。

たぶん水のイオンと給湯器の中の配管のイオンがくっ付きやすいんですかね?やっすいアパートとかのやっすいガス湯沸かし器なんかだとほぼこういう症状が出ないです。

ひどいところだと新築でお客さんに引き渡す前の試験運転で浴槽にお湯を張っただけでシミが出来てしまい「引渡切迫してるから、浴槽取替えなんて不可能だしなんとかしてくれ!!」って問い合わせもありましたし(笑)

高性能ボイラーって何かあるんですね。。

FRP浴槽の青い輪ジミ

なんだかシミしか抜いてないんだろと思われそうなブログですが、シミ以外にもあれこれお掃除はしてるんです。
ただ、個人的に「面白い!」って作業でもありませんからネタにはなりません。。。

DSC_0646.jpg

DSC_0647.jpg

今回のお風呂はこんな感じです。

キッチンペーパーでシップした跡がものすごく付いていたんですが、スマホカメラじゃ写せませんでした。

FRP浴槽のシミを抜く作業は難しいですから、誰かが変な洗剤とか薬品で触っちゃうと落とせなくなることが多いです。何を使ったか分かれば解決できるんでしょうけど、僕に話が来るのはあの手この手で悪戦苦闘した末の最後の最後ですし、誰が何をしたかも分かりません。

DSC_0655_201704101105003f5.jpg 

DSC_0656.jpg

ほらやっぱり残りました。。。
触られると残るんです。。。。。。

残ったので飛び道具のハンドポリッシャーまで出しましたが、削ってもシミは抜けないあたりをみると、相当浸透して変質してしまっているのか?

浴槽の染抜き作業は完全にシミが抜けるわけではありませんから、ある程度の回復しか出来ません。塗装で塗り替えとか浴槽交換が完璧なんでしょうけど、これらの作業は高額ですしね。
そこまで予算は無いけれど、ある程度の回復はさせたいという方にはちょうどいい作業なのかもしれません。

浴槽の染抜き作業は本当にご依頼が増えている作業ですし、大手の不動産屋さんも何度も何度もリピート利用してくれていますし、需要はあるんでしょうね。

業者に頼みたくないけど自分でやってみたいというお掃除熱心な奥様からのご相談がありましたので、電話では伝えにくかった細かな部分を大サービスで書いてしまいます。(あくまでも家庭で出来る作業としての方法です。トラブルの責任は一切負えません)

用意するもの。

洗面器、酸素系漂白剤、マジックリン(アルカリ性のもの)、お風呂用のゴムスポンジ、マイクロファイバータオル(ふかふかのが良さそうです)、キッチンハイター、(マジックリンが嫌でしたらアルカリ性の洗剤でなるべくpHが7以上のものを探して下さい)

・まずはマジックリンを洗面器にちょっと入れて、ゴムスポンジでやさしーく塗ってみて下さい。
・ちょっと取れてきたなら、それをひたすら繰り返して下さい。
・取れなければ一旦シャワーでキレイにすすぎ、タオルで水分をふき取って乾かして下さい。
・45度くらいのお湯(500cc)に酸素系漂白剤を大さじ2杯くらい溶かして下さい。
・溶かした洗剤をマイクロファイバータオルでやさしーくやさしーくひたすら塗り続けて下さい。
・20分くらいひたすら塗り続けて下さい。
・取れればラッキーです。
・取れなければ、またきれいに濯いで下さい。拭き取り乾かして下さい。
・キッチンハイターを塗ってみて下さい。10分くらい何度も何度も塗り続けて下さい。
注意することはなんせ強く擦らないこと。ガリガリガサガサしたスポンジは使わない。
浴槽には栓をして塗って流れて溜まった洗剤を何度も何度もシミのところへ塗りのばす。


といったところです。

付着して間もない青色なら多分これで簡単に取れると思われます。出来るだけ自分できれいを維持できたらいいですね。

壁紙のシミ

今日もシミを抜いています。Beクリーンです。

今日のシミはこちらです。

DSC_0632_20170331214115895.jpg 

DSC_0633.jpg

お客さん曰く「入居していた人がジュースをこぼした」とのことでした。

う~ん?ジュースで出来るシミですかね???飲み物だとしたらワインとか?でもこれってもっと違うものな気がします。染み方が早いですよね。ジュースなら垂れて流れ落ちてこんなにくっきりしみないと思います。

あれこれ考えてこんなに早く浸透する染み方で、家庭によくありがちなものは?と考え「あれじゃないの???」と目星をつけて作業です。

過酸化水素が大好きすぎて僕みたいに髪の毛が金髪に脱色されている程の過酸化水素中毒患者の方なら見たら分かるんじゃないかと思いますが、この類のシミは過酸化水素では抜けないことが多いように思います。

ナノコロイドと酵素の力を借りてあれこれ試して。とんでもない関係ない道具も使ったりして(笑)抜いていきます。

DSC_0634.jpg 

DSC_0635.jpg

若干残りましたが、ここにシミがあったと知らなければ気がつかない程度までは回復されたかな?と思います。

過酸化水素中毒の僕としては過酸化水素を使わない染み抜きはもの寂しささえ感じます(笑)

目指せ染抜きマスターへの道のりはまだまだ果てしないなと感じる今日この頃でした。

北海道 シミ抜き

もうすぐ3月も終わりです。忙しさはまだまだ続きます。

ここ数日の作業の様子を載せてみます。

まづはアコーディオンカーテンの漂白作業です。アコーディオンカーテンって買い換えると高いんですよね。染抜きは少しだけ得意です。
DSC_0618.jpg 

DSC_0619.jpg

DSC_0621.jpg

黄ばみや焼けで黄色というかオレンジです。さすがに新品に戻すのは不可能ですが、許容範囲かな?って程度には戻せたりします。
DSC_0626.jpg 

DSC_0627.jpg

DSC_0628.jpg

こんな感じ。うん素敵。

DSC_0615.jpg 

次はウォシュレットの分解清掃。Beクリーンでは初宣伝です。
作業は可能でしたが、あまり推してなくて宣伝してませんでしたが、出来るんです。
ウォシュレット分解の大先輩ryoさんのホームページやブログの写真をメチャメチャ拡大して研究したので多分間違ってないはず(笑)

DSC_0610.jpg

ついでに水質検査の写真です。残留塩素測定、色度濁度測定中です。

北海道のハウスクリーニング屋さんは「窓しか拭けない」「床しか出来ない」とか言ってられません。試される大地北海道ですからなんでも出来なきゃご飯は食べられないんです(笑)


そんなバカな。。。。

毎日色々な電話が来ますがちょっと面白い話があったので。

なんだか分かりませんが300平米くらいの施設の清掃の話。
床は洗ってワックス塗布。
ガラス内外拭き。
ブラインド除塵。
レジスター清掃。
エアコンフィルター清掃。
グリストラップ粗集籠清掃。
トイレなど拭き掃除。
キッチン換気扇拭き掃除。
などなど。
これらを4時間で仕上げなきゃいけないと。

対応できるか?とのことでした。

詳しい価格は実際に作業している業者さんから電話をさせるとのことでした。

これだけ聞いても普通に考えたら数十万円は当たり前な作業だと思うんです。

実際の面積を聞いたら300平米は冗談なのか?600平米弱とか400平米越えが殆どでした(笑)

実際に作業をしている業者さんはこの内容全て行って35,000円で作業してるって。。。。。絶句です。。。

各会社さんに色々な事情があるでしょうから価格が適正なのかどうかってのは僕には分かりませんが、どうなんでしょうかね?

あくまでも僕個人の意見ですけど、こういう掃除屋さんをバカにした、人を人とも思わないようなひどい価格で作業を発注する人もおかしいと思うし、それで請けちゃう人がいるから「掃除ってそんなもんでいいんだ」って勘違いしちゃう人も増えると思うんです。他の掃除屋さんの足を引っ張ることになりますから、はっきりいって迷惑ですし。
これじゃー悪循環で掃除屋さんの社会的地位の向上ってあり得なくなると思います。
価格って一度下げると上げるのって難しいですからね。

巡りめぐって施工している業者さんも自分の首を絞めることになるんじゃないかな?って思ってしまいます。


安く安くってのは消費者の心理ですから仕方ないかもしれませんが、安いなら安いなりってのが世の常じゃないでしょうか?
100円の商品に1万円の商品の品質やサービスを求めたって、言いがかりと同じなのと一緒ですよね。まー最近はなんでもかんでもクレームクレームってのが増えてますから、理不尽な世の中だとは思いますが。

なんか寂しい話ですよね。

北海道 火災 消臭

昨年は北海道斜里町で公営住宅の火災現場の消臭作業を行いました。

今度は北海道根室市で公営住宅火災消臭作業が始まります。

今日これから根室市へ出発して、とりあえずの現地調査、臭気測定など行ってきます。

きちんとした成果が求められる役所の仕事ですから、オゾンショックトリートメント法で施工でき臭気測定によるデータの提出、脱臭マイスター資格者在籍のBeクリーンへのお問い合わせが多いのがありがたいです。

それっぽく仰々しく書きましたが(笑)北海道にはBeクリーンの他にもOST法(オゾンショックトリートメント法)で施工をしてくれる会社さんもありますし、脱臭マイスター資格保有者もいますし、僕が全てを請けられるわけでもありませんし、価格の問題とかもありますからご縁があってBeクリーンにご依頼をいただけたお仕事はがんばります。

オゾン脱臭機を買うかどうか悩んでいて「買ったらいいよ!」って僕がお勧めした人で僕よりも消臭の仕事で実績を上げている方もいますし(笑)ホームページもブログも素晴らしくて僕もお願いしたくなるような聖人の様な人格者のお方です。すげーなーと思います。

それにしても僕も大小色々な現場を合わせると年間数百件消臭脱臭の仕事をしてますし、北海道は勿論ですが本州からも消臭のご相談を受けたり、メーカーからも施工方法を知りたいと相談を受けますから、技術は自信ありますけど。ネット戦略とか文章の構成とかは僕の学力のなさが災いして寂しい感じです(笑)

過去には日本でもトップクラスの会社さん。僕も所属している協会の会員さんですが。。。
そこが火災現場の消臭を行ったが臭いが消えておらず、僕がその後の消臭を行ったという大規模商業施設もあったりしました。。。。

こういうこと書くとまた嫌われるからダメですね(笑)お掃除も消臭も僕のことを目の敵にする人が多いんです(泣)

下町ロケットじゃないですけど、大手とかきっちりかっちり教科書みたいな宣伝の会社さんとかも素晴らしいとは思いますけど、地方の零細企業の技術も捨てたもんじゃないと思いますよ。

とりあえず負け惜しみっぽくなりましたが(笑)Beクリーンは2月からゴールデンウイークまではとりあえずものすごく仕事が多くて忙しいです。
体調に気をつけ運転も気をつけ出来ることを増やしながら面白おかしく自分の道を進んで行こうと思います。


卒業式

DSC_3315.jpg

卒業式シーズンです。

Beクリーンにはお掃除のほかに映像部門ってのがあり、写真撮影やビデオ撮影の仕事も行っていたりします。

僕はBeクリーンのほかにも加藤大輔写真事務所って名前でひっそりと撮影の仕事もしていたりしますし。

基本的には時々いる「作品を売ってほしい」っていう方に作品を買ってもらうだけの仕事なんですけど、あちこちの写真館さんやカメラマンさんに「手伝って!」って声を掛けて頂きあれこれ撮影の仕事も引き受けています。

もともとは社長が何十年も趣味で写真を撮っており、社長の持ち前の好奇心というか新しいもの好きが高じて、イベント撮影から商品撮影、風景、動物、殆どの撮影技術を広く独学で覚えてゆき、その中であちこちから撮影の仕事を依頼されるようになり、写真道展入選したり、某航空会社の機内誌で写真付きで連載したり、その他あれこれ世間の皆さんの目に触れるような仕事も沢山していった経歴があります。

親父がそういう趣味ですから僕も自然と覚えていきました。

とはいえ高校生時代は親父が「いいか!露出はこうでよ!」とか「ライティングは」とか言われるのが嫌で(笑)親父とは違う撮影だ!と思いビデオカメラマンのアシスタントを始めました。

中学生のときから写真スタジオで時々雑用をさせてもらっていたし、ビデオカメラマンの雑用も出来るだろうと安易な考えでした。

ビデオの世界はまた難しく雑用からカメラマンへと昇格は出来たけど、それはもう泣きたくなるくらい厳しかったりしました(笑)

大学時代も写真撮影とビデオ撮影のアルバイトをやっていて、某テレビ局のニュースとか中継で使う映像を撮影したり、写真も有名な美容室や洋服店の広告を撮影させて頂いたりああちこちの商品撮影をさせて頂いたり、あれこれ働きました。

でも僕はカメラマンよりは、作品を展示して見てもらう写真家ってのに憧れてたので、写真の個展を何十回も開催したり写真展にも出展したり、おそらく大袈裟ではなく100近くは何らかの形で作品を発表する機会を設けたと思います。ですから未だにアーティストよりは芸術家でいたい!って思ってますし、掃除をしていても「僕のお掃除作品を汚さないで使ってね」って思ってしまいます。

そんな感じで今に至っているんですね。

DSC_3588.jpg 

もちろん掃除が本業ですから優先は掃除ですけど、写真もきちんと責任は持って仕事しています。
僕は皆さんには「自分は幸運なアマチュア写真家です」と言ってます。
今は本業カメラマンじゃないですから、完璧なプロというわけでもありませんし。でも「これ本業にしてもご飯食べられるな」って思うくらい仕事はありますし。

掃除も写真も魚釣りもドラムも好きなんですけど、どれもこれも中途半端にしたくないな~と思います。
すべてに本気で取り組めないと死ぬときに「俺は俺の人生を生きた!」っていえないと思うので(笑)

それに色々なことを本気でやっていると全てはどの仕事にもどの趣味にも通じるんだろうなってつくづく思います。

しかしながら仕事で写真も撮っているわりには僕の掃除現場の施工写真はセンスがないのはご愛嬌ということで悪しからず。。

北海道でオゾンショックトリートメント法による消臭脱臭

3月はやはり忙しいです。
忙しいので僕は年齢的なこともあるのか?個人差なのか?足が臭いです(泣)

しかし僕は消臭脱臭のプロフェッショナルですから(笑)

自分の靴をオゾンショックトリートメント法で脱臭です。

20170315194542193.jpg 

靴にオゾンガスを薫蒸しています(笑)

これは効き目抜群でしょう!

日本中の業者さんでもパンサーをこういう用途で使う人は僕くらいでしょう!!

靴の湿度は必要充分ですからozzzオゾンが効くはずです。

さーさーこれで明日からまた頑張れます。

旭川 排水洗浄

旭川市から程近い比布町で排水管の高圧洗浄を行いました。

DSC_0499.jpg 

DSC_0498.jpg

お風呂のお湯を流すと溢れるみたいです。

洗濯するとお風呂から水が溢れるとかお風呂の水を捨てると溢れるとか、こういうときは排水管の高圧洗浄が必要かもしれません。

市販のパイプ洗浄剤とかも良いんでしょうけど、そんなに効き目はありませんよね。

排水管の中をカメラで撮影すると分かりますが「パイプマンも使ったんだけどね~」というご家庭も何も汚れが取れてない、、、、ってことが往々にしてあります。

旭川のハウスクリーニングBeクリーンはこういうお仕事も請け負っていたりします。

現場によって高圧洗浄機もパワフルなものから程々のものまで使い分けますし。
強すぎても良くないんですよね。排水管が壊れちゃいますし。

弱すぎるとウォシュレットじゃないですけど、気持ちいい程度で汚れもあまり取れませんし。

このジャンルも始めた頃は今ひとつ良く分かりませんでしたけど、床下にもぐり排水管の接続方法を確認したり、実際に排水管を切断して断面を見てみたり、設備屋さんに教えてもらったり、建築途中の現場で設置を見せてもらったり、あれこれ試してやっと理解できました。

日々勉強だな~って思います。


動き出してます

賃貸物件、売買物件の空室清掃をやっている僕たちみたいなジャンルの掃除屋さんはこの時期は「俺いつまで生きていられるかな?」って思うほど忙しいです。

普段Beクリーンは社員さんに任せている空室清掃と、僕がソロ活動で動いている特殊な清掃とか在宅の清掃の2部門で活動しています。

繁忙期は僕もソロ活動は休止で空室清掃に入ります。

僕は日程的要因や契約金額の面で無理なものは別として、作業の内容の面で出来ないとは言いたくないので、清掃のジャンルはほぼ全て請け負っています。

新築物件の引渡清掃も行いますし、ビルやマンションの定期日常清掃も請け負います。消臭も排水管もあれこれやります。
3月は空室清掃のほかに新築の引渡清掃も入ってきますからもーそれはそれは忙しいです。

お客さんには「使う美装屋はBeクリーンだけ」って言ってもらえるのはありがたいですが、日程的に無理なものは無理なので、美装屋さんは複数社使って下さい。うちは独占したいなんて微塵も思いません。とお伝えしています。

だって、丁寧に仕事しようと思うと一日に施工できる件数なんて限られますよ。

そんな多忙の中でも色々と計画し種まきしていた仕事の芽が出てきています。少しずつですが僕の計画通りに色々と動き出しているのが面白いです。

先日お客さんと話していて言われましたが 「出来ないんじゃなくてやらないんだ?」って。
そうなんですよね、この現場は100円って決めたら150円分相当の仕事はしているつもりですが、200円相当の仕事を求められても僕は一切行いません。

200円相当のサービスを求めるなら200円払ってもらいたいし(せめて150円)。200円くれるなら250円分相当のサービスを提供してお得感は感じて頂けると思いますが。

自動車のガラスが割れて修理に出しただけで、凹んでいたバンパーもサービスで直って帰ってこないのと同じ。なんでバンパーは直さないの??修理のついでにさっと直しておいてよ。ってクレーム言いますか?

もしもガラスの修理代金だけでバンパーも直してくれるボランティアみたいな修理工場があるならば、僕もお願いしてみたいです(笑)

以前も書きましたが、僕は掃除できれいになるとお客さんが喜んでくれるのが励みになります。って考えはあまり持ち合わせていません。
自分が納得できる仕事をすればお客さんも喜ぶに違いない。という自分本位な部分が多いです。

もちろんお客さんが求めている正解はどこなのかをすごく考えますけど。

正解よりもちょっと上を目指すのみで、過剰なサービスは一切行わないのが僕の考えです。商売ですからお互いに利益が出なければいけないと思ってます。

過剰に丁寧すぎる喫茶店でお茶をしていると、逆に落ち着かないですけど、出すぎず行き届いたサービスってのが理想です。
「コーヒーの温度はどうですか?」「お水足りてますか?」「椅子のすわり心地どうですか?」「店内寒くないですか?」「もっと広いテーブル空きましたけど移動しますか?」「クリーム足りてますか?」「コーヒー飲み干されたようですけどお代わりはいかがですか?」とかひっきりなしに言われたら「うるせーよ!」ってなりますよ。

300円の契約で600円分のサービスを求められていると感じれば、はっきり「それでは足りません」って言いますし。これで「あいつ冷たいな」って思われるなら残念ですけど、まー仕方ないですよね。僕は価格ドットコムじゃないし最低価格を競ってないし。

まーまーただの愚痴ですよ。

旭川フローリングワックス剥離

フローリングのワックス剥離を行いました。

DSC_0462.jpg 

DSC_0463.jpg

黒ずみがひどいです。
ノーワックスフロアではありませんが、ワックスの密着が悪い部類のフロアです。

DSC_0472.jpg 

奥が剥離した後、手前が剥離前です。

いつもの剥離剤を使わない剥離作業で進めます。

イノベーターの井上君がグイングイン動きます。

DSC_0468.jpg 

すっきりです。

ひび割れも膨れも無しです。


マーフィーの法則

昔マーフィーの法則って本が流行りました。
僕も流行りに乗って読みました。

本って面白くて沢山読んでも全てが記憶に残らないですし、本のある部分だけが鮮明に記憶に残ったりします。

10年以上前に読んだ江国香織さんの小説を最近買いなおしましたが、全く覚えていない。覚えているのは植木にお酒を飲ませてる?だったかな、そんなことだけ(笑)

マーフィーのどの本かも記憶がありませんが

「いかなるものも変化しつつある。これは真理だ。だから貴方がいまどんな苦境にあろうとも、その状態を保持する努力をしない限り、永久に続くはずはないのだ。」

って書いてありました。

これいい言葉だなと思います。

昨日、今日とお話ししていた業者さんは「○○さんが苦手で」みたいなことをえらくずーっと喋ってましたが、自分で苦手な状況を続けようと努力しない限りは苦手な現状って続かないんだろうな。と思って聞いています。

僕の師匠も苦手な人にこそ自分からアプローチしよう。的なことを言ってましたが、そうですよね。相手との間に垣根を感じるなら、垣根を作っているのは自分なんだろうと思います。

さきほど僕が「ちょっと苦手だな」と思っていた営業マンが来ましたが、自分で垣根を越えれば違うのかな?と思い、そういう気持ちでお話していると、普段はすぐに帰るのにゆっくりしていってくれました。

マーフィーの法則。いいじゃないですか。


臭いって難しい

ここ数年面白くてどっぷりはまっている作業に消臭、脱臭があります。

臭いのメカニズムとか色々と詳しいことは超大手のカルモアさんとか大和サービスさんとかがとっても詳しいですからそちらの情報を是非ご参照下さい。

ここ数年相当の件数の消臭や脱臭作業を行ってきて感じるのは、意外と殆どの臭いは消せるということ。時間が掛かったりお金が掛かったりしますから絶対とは言えません(こちらの条件を全て受け入れてくれないお客さんの作業はほぼ消えません。それと嘘をつく人。部品交換してないのにした!とか取り替えた!って嘘。これ一番困りますね)

意外と殆どの臭いは消せることが分かると自信も付くんですけど時々「まだ臭いがする!」って人がいます。
本当にするなら「すみません、僕の手落ちです」となるけど、臭気測定器でも数値が出ない、複数人が嗅いでも問題ない、無臭という現場で「まだ臭い」って言われると困りますよね。

臭いって難しいもので、、おそらくですけど最初に嫌なにおいを嗅いだ人って記憶に残るんだと思います。「あ!あの臭いだ!!」って、そして無臭になってもその臭いを思い出します。その現場の景色とか立地とか壁の色とか色々なものが記憶を呼び覚ますでしょう。くんくん「あ!臭いが!!」って想像力が臭いまでもを補完するんじゃないかと思います。

梅干の写真を見ると酸っぱくなる現象に近いのかな?とか思ってます。

僕も生まれて初めて、真夏の孤独死で腐乱してしまった人が見つかった部屋に入ったときのあの臭い。未だに覚えています(笑)今は普通に人が暮らしているこのお部屋の前を通るたびに「うん、臭かったな」って思い出しますもの。

しかしこの人間の素晴らしい補完能力はやっかいですよ。
無いものを消す作業。
本人は「臭ってるのに分からないなんてお前の嗅覚おかしくないか??」みたいなこと言いますが、こちらも年間数百件は消臭をしているプロですし、客観的に臭いをかぐ訓練はしています。絶対に僕が正しいとは断言は出来ませんが、経験や今までの臭いの仕事量を総合的に判断してもらえればどちらが信憑性が高いかはなんとなく判断されますよね。

こんなときに松岡修三さんみたいに、なんだかよく分からない理屈だけどものすごい説得力のある話し方が出来れば納得して頂けるんでしょうけど、あいにく僕はそういう話術は持ち合わせていません。

さーどうしようか。ちょっと考えます。

石の床にコーティング

ここ数日はちょっと面白い作業が続きました。
玄関に貼ったタイルにコーティングを塗る作業は思っていたよりもきれいに仕上がり驚きでした。

DSC_0409.jpg 

DSC_0410.jpg

見た感じ「え?塗ったの?」って感じると思います。

僕はこの「え?塗ったの?」ってのがコーティングでは素敵なんじゃないかと思っています。

もっとツヤツヤにも出来ますし、滑らないコーティングも可能ですが、質感はほぼ変わらずってのが燻し銀かなと思います。

今回のコーティング剤はもっとツヤのある素材に塗ればテカテカになりますし。面白いですよ。

塗るのにはアプソンのモケットモップが使いやすい気がします。

ワックスとは違うコーティングの世界です。

玄関にタイル張りはよくある仕上げですけど、バサモルの具合が良くない場合、濡れるとエフロが出て真っ白になります。

IMG_1002.jpg 

こんなんです。

これって酸洗いすれば消えますが、また出てきます。モルタルに水がつくと出るものですから、施工の段階の問題ですね。ほぼ出ない施工ってのも可能なようですが。。。。。




他には「洗濯機を使ってたら排水管が詰まって水が溢れてきた!」って現場で排水管の高圧洗浄を行いました。

溢れている排水管にいきなり高圧洗浄すると水が流れないのに、大量の水を押し込むことになりますから、さらに水が溢れかねないので、始めはワイヤーみたいなものでゴミが取れないか試します。
それである程度取れたなら高圧洗浄がいいのかな?って僕は思ってます。

排水管の詰まりも解消されお客さんも喜んでくれたので良かったです。
見えない部分を意識して施工って本当にイメージ力というか想像力が必要だなと感じます。


go-pro

今日は臭いで困るお客さんの下へ臭気調査に行ったり、マンションの水質検査に行ったり特殊な作業の日でした。

そんな中、僕の社会人になってからの数少ない友人の一人とゆっくりお話が出来ましたが、とてもとても沢山の発見とひらめきの連続な素敵な時間でした。

彼はものすごくものすごーく天才的な変態といいますか(失礼)、才能の塊な人なんです。まー色々と素晴らしいのです。

僕が昨年の12月19日から悩んでいた問題の答えもスパッと明確に導き出してくれ、僕はとても嬉しい気持ちになりました。

やはり僕の持論の「雑談の中にヒントがある」ってのと「ロック音楽の中に人生の全ての答えが詰まっている」ってのに間違いはないなと改めて感じた出来事でした。

明日から僕は明確になった答えを実践するためと、更にその先の突拍子もない出来事に向けて気持ちも新たに行動しようと思いました。

ありがとうございました。

FRP浴槽の青いシミ

立て続けに施工したお風呂の染抜きです。
水が出ないと出来ない作業なので、冬はあまりやらないんですが、水を出していいから施工してほしいとのお願いなので。。。

_DSC5070.jpg 

_DSC5071.jpg

_DSC5072.jpg

_DSC5073.jpg

なんか汚い。空室清掃をした掃除屋さんは落とせなかったとか。
大家さんが8社くらい掃除屋さんを呼んで見積もりしてもらったけど、みんな無理だとのこと。

僕も正直言って絶対取れるという約束が出来ないのが情けないところです。「やってみないとわからない」って作業です。
時々なんですけど、30回に1回くらいほぼ変わらない現場もあります。

_DSC5079.jpg 

_DSC5080.jpg

_DSC5081.jpg

_DSC5082.jpg

うっすら残ってしまいました。。。
汚れが取れると写真も露出が変わるので詐欺っぽいのが悲しいですが。。。

横線がうっすら残っています。

これも取れれば素敵なんですけど、僕の今の技術じゃこれが限界です。

最初から比べるとかなり良くはなりましたが、完璧ではないです。

完璧ではないですが、この作業を教えて欲しいという人が多いので、ちょっとヒントを。

_DSC5076.jpg 

_DSC5074.jpg

これは途中の写真なんですけど、青いシミが茶色くなってるのが分かりますかね?この状態で2工程目の途中の状況です。
青いシミが茶色くなるのが上手くいっている証拠なのかな?って思います。これがもっと真っ黒いシミに変わる場合もありますが、それも問題ないと思います。

僕の感覚的には青いシミ、黒いシミ、茶色いシミ、薄い茶色、オレンジ、また黒っぽくなる、茶色、取れる、って進み方でしょうか?

数人にやり方を伝えましたが、皆さん茶色とか黒に変わった時点で驚いちゃって焦るみたいです。

ヤフー知恵袋だとアンモニア水で擦ると取れるって意見が多いですが、まーそういう場合もありますが、僕にご依頼が来るのはそれでは落ちないケースが98パーセントですから、そういうときの落とし方?はもっと違うと思うんです。

僕は、最初は酸で洗います。その次アルカリで洗います。そのあと中性で洗います。そのあと還元させます。そのあともう一度酸で洗います、ここで使う酸にはほんの少し助剤を添加して酸を発砲させつつ揉み込みます、失敗すると洗剤が爆発?します危ないです。ここで様子を見てもう一度還元させるか、アルカリで洗うかを考えます。そのあと、軽く漂白してみます。これで取れる場合も多いです。
これでダメなら、ナノコロイド的な薬品なり洗剤で揉んでみるかチオグリコール酸アンモニウムを試すかとかしてみます。それから還元か漂白で仕上げです。
これが薬品で落とすパターンですね。

削るパターンなら、上のやりかたの途中に研磨の工程を入れて作業です。僕はほとんどやりませんが。。。


荷崩れ

北海道旭川市もここ数日ちょっと暖かいです。
暖かいとは言ってもマイナス気温なんですが。

ちょっと暖かいと道路の雪が溶けてものすごい轍ができます。轍はハイエースの天敵です。もーメチャメチャ揺れるんです。

乗用車だとそうでもありませんが、ハイエースは貨物車ですからすごいんです。

20170214200650937.jpg 

荷物が倒れて消臭の現場に来たのに消臭剤が全てこぼれてなくなった写真(泣)
現場は水が出ないのに。。。。

20170214200645261.jpg

荷崩れしないように作った棚ですが、やはり崩れてきます。

20170214200640691.jpg

延長コードとか照明がバタバタ揺れて、その音がパンクバンドのライブのようです。


洗剤は使いにくいですが深めの鞄に入れてます。エアコン用の腰バックは揺れっぱなしです。

20170214200632496.jpg

引き出しは走ると勝手に引き出します。

20170214200627711.jpg

モップのハンドルやあれこれはグチャグチャです。排水管洗浄のときに使う外の枡のレベルを計るスケールがちらっと見えています。

20170214200621753.jpg

バケツに貼ってあるのはママチャリ12時間耐久レースを完走した猛者のみが手に入れられるステッカーです(笑)ハイエースなのにとても狭く見えます。。。。

20170214200613603.jpg

こんな感じです。。。


次回は僕の釣り用車のランクルを紹介します(笑)冗談です。。。


北海道 オゾンショックトリートメント法

北海道旭川市でオゾンショックトリートメント法(OST法)で脱臭の仕事を行いました。(行ったというか、日常的に行ってますが、、、)

ちょっと面白い現場が続いたので載せてみます。

一つ目が

これです。

新築の住宅なのにストーブの故障で不凍液が漏れており、しばらくの期間誰も気がつかなかった。
気が付いたときにはあちこちに不凍液が染みており、不凍液の臭いを消してほしいとのご依頼です。

不凍液の主な成分はエチレングリコールというものです。
これが、なかなかやっかいで多量の水で洗い流せば落とせますが、新築住宅の壁や床を多量の水で洗えませんからね。

あれこれ工夫して、臭気測定器で計測しても全く問題ないレベルまで臭気は下がりました。

次が、旭川の飲み屋さんで嘔吐した人がいて(そんな人は毎日たくさんいそうですが、、、)吐いた場所がソファーでした。
ソファーがゲロ臭いので脱臭と除菌をして欲しいとのご依頼です。



ソファーに染みたゲロはエクストラクターなどでキレイに洗い吸い取り。
除菌消臭剤で下処理。消臭剤でもう一手間。
オゾン脱臭機で脱臭。
乾燥で仕上げでした。

ソファーのシミもなくなり、臭いも消え終了です。

北海道、旭川で消臭脱臭が必要でしたら是非ご相談ください。

ちょっと足りない

本日お客さんからあったクレーム。「居間の真ん中だけワックスが抜けてる」と。

20170206202326152.jpg 

Beクリーンのワックス修行中のメンズが塗ったようです。

う~ん、ちょっと足りない。。。。

こういうのをきれいに直すのが僕は得意でよかったです。。お客さんには大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでしたが。

ワックスって誰でも塗れますが、誰が塗ってもきれいに塗れるわけではありませんから難しいです。また部屋に対してフローリングが長手に貼ってあるか?短手に貼ってあるか?これでも塗り進め方ってかなり違いますから、慣れるまでは塗る前に「どうやって塗り進める」とか「どこで区切って、どこから仕切りなおす」とかあれこれシュミレーション出来なきゃいけないですね。


この数日色々な人と色々なお話をしていた中で感じたのは、上にも出てきましたがシュミレーション能力?って大切だねってことです。

「こういうことしてみたい!」って誰でも思いますね。個人的な趣味の範疇なら思い立ったらすぐ行動!!でいいと思います。僕もそうですし(笑)

これが仕事や仕事に関わる事だとそうもならない気がします。責任とかお金とか様々な人の思惑や利害など大人の難しいしがらみが付きまといますからね。

僕はBeクリーンの従業員さんたちによく言うんですが「2~3分で100パターンのシュミレーションを頭の中で行って、それから行動」って(笑)

まーまー正直2~3分で100パターンなんて無理ですね。将棋の名人じゃあるまいし。

それにしても2~3分あれば3パターンは閃くでしょう。上手くいった場合、失敗した場合、そもそも出来なかった場合とか。

「やってみて」と言われて、すぐに「教えてください」とか「分かりません」って言う人と、しばらく試行錯誤した上で「分かりません」「出来ません」って言う人って、このシュミレーション能力が違うのかな?って僕は思い込んでいます。

僕は高校生のときに授業中に先生に質問されて「分かりません」と答えたら「分からないんじゃなくて考えてないだけだろバカヤロー」って怒られたことがあります(笑)
当時は僕もアホでしたから先生に「BONJOVIのキーボーディスとの名前は?」って逆に質問し返して、先生が「そんなもの知るか」と言ったのに対して「考えてないだけじゃないですか?」って抵抗したんですが、そういう問題ではありませんでした。ごめんね先生。

話はそれましたが、考えてから答えを出すとか様々なシュミレーションを行ってから行動するってのは本当に大切なことだと思うんです。ということを言いたかっただけです。

自動車のタイヤを交換することを例にとっても、ナットを軽く緩める、ジャッキアップ、ナットを外す、タイヤを外す、タイヤを付ける、ナットを仮締め、ジャッキダウン、ナットを増し締めとか色々あるじゃないですか。
シュミレーションをすると「ナットが外れなかったら?」とか考えると色々必要なものが出てきます。油をさす?パイプを使ってレンチを回す?インパクトを使う?、でも待てよ!それでボルトが折れたら?とかジャッキの油圧が抜けてたら??コンプレッサーが壊れてたら?

結局はスタンドで換えてもらえよ!って結論になるんでしょうけど(笑)


考え出すと不安なことが増えるかもしれませんが、沢山シュミレーションしている人は不安になりがちな状況でも冷静に次の手を出してくるのでは?と思います。

僕は高校生のときに「もしもBONJOVIが当麻町の改善センターでコンサートを開いて、そのときにドラマーのティコが右腕を骨折、誰か当麻町でBONJOVIの曲のドラムを叩けるやつはいないか?!」ってなったときにどうしよう!!ってシュミレーションをしてBONJOVIの全ての曲のドラムが叩けるように練習しました。BONJOVIは当麻に来なかったし、ドラマーは骨折しませんでしたが。。。。



プロフィール

Beクリーン

Author:Beクリーン

北海道旭川市の美装屋

Beクリーンのブログです。



最近では旭山動物園です

っかりお馴染みになった旭

川を中心に皆さんの身の回

りのお掃除に関するありとあ

らゆることを取り扱ってます。

地域密着型のお掃除屋さん

を目指して日々努力しています。
エコ洗剤の使用による健康と環境
に優しい掃除の実践や、地元旭川
の活性化を目標にしてイベントなど
も行っています。



詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www3.plala.or.jp/Be-clean/












アフィリエイト・SEO対策




最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード